紙幣が詰まった笛は鳴らない

鳴らない笛が日本人選手を攻撃する。正常ではない笛は意外と多い。不正との付き合い方を知ろう。

紙幣が詰まった笛は鳴らない。不正が勝利を奪う。

外国製の紙幣が詰まりやすいものに新聞やテレビがある。いわゆる、報道しない自由。赤い紙幣から自分を守る方法とは。

目次
1、鳴らない笛
2、紙幣が詰まった笛
3、紙幣が詰まりやすいもの

目的
正常ではない笛があることを知る
理由
「紙幣が詰まったもの」が生み出す「不正」との付き合い方を知るため

1、鳴らない笛

サッカーの試合で使用される笛。笛が鳴ることで、試合が始まったり終わったりする。
反則があると、笛が鳴ることが多い。
笛というのは、サッカーの試合に大きな影響を与える。

反則があっても、笛が鳴らないこともある。審判も人間だ。試合で起こったことを全て把握するのは難しい。
そう、審判も人間。完璧ではない。

試合中、なぜ笛が鳴らないのか不思議に思うこともあるだろう。
なぜか笛が鳴らない。一回だけなら、たまたまかもしれない。
しかし、笛が鳴らないことが続くと、おかしいと思うだろう。
なぜ、笛が鳴らないのか。

スポンサーリンク

  • 笛が鳴らない理由

笛が鳴らない理由に、「笛が詰まっているから」というものがある。
そう、笛が詰まっているため、笛が鳴らない。簡単なことだ。
「何か」が詰まっているため、笛が鳴らない。
このようなこともある。

  • 笛に詰まっているもの

笛が鳴らないとき、「何か」が詰まっていることが多い。
「鳴らない笛」に詰まっているのは「紙幣」が多いようだ。
「紙幣」が詰まっているため、笛が鳴らない。
「紙幣」が詰まっていると、笛は鳴らないようだ。

  • 笛を鳴らそうとしても

審判が笛を鳴らそうとしても、「紙幣」が詰まっているために音が出ない。
審判は笛を鳴らそうとしているのに。
笛を鳴らすことが出来ない審判を批判するよりも、「笛の手入れ」が出来る審判を探すか、「紙幣が詰まらない笛」を開発する方が良い結果を生むだろう。
「紙幣が絶対に詰まらない笛」を開発できたら、大儲け出来るはず。

スポンサーリンク

2、紙幣が詰まった笛

  • 詰まっている笛を見つけたら

もし、「詰まっている笛」を見つけたら、「紙幣が詰まっていること」を審判に伝えよう。
きっと、審判に感謝されるはず。
「紙幣」が詰まっていることを教えても、気付けなかったことが恥ずかしく、「笛は正常だ」と言う審判もいるだろう。
そのような審判には、「あなたの将来がかかっていますよ」と伝えると、自分の過ちを認めやすくなるかもしれない。
自分の失敗を認めることは難しいし、苦しい。

「紙幣が詰まった笛」を使うと、いつも以上に強く息を吐き、苦しくなっているかもしれない。
苦しいときは、正常な判断をするのが難しい。
審判が冷静に判断出来るまで待つのもいいだろう。
審判が冷静な判断力を取り戻すまでにかかる時間は、一番早くても90分はかかるようだ。
出来れば、試合が終わる前に冷静な判断力を取り戻して欲しい。

  • 紙幣が詰まってますよ

正常な笛とは、音が出るもの。
もし、審判が「正常ではない笛」を使っているなら、「紙幣が詰まっていること」を教えてあげよう。
2つの眼で見るより4つの眼。4つの眼よりも6つの眼と、「笛が正常か」確認する人数が多いほど、「異常な笛」を発見しやすい。
「異常な笛」を周りの人が指摘するようになれば、「異常な笛」が減りサッカーもより楽しくなる。
「異常な笛」を指摘しやすい環境を作ることも大切だ。

スポンサーリンク

  • 紙幣が詰まっていることを指摘しやすい社会に

今までは、笛に「紙幣」が詰まっていても、個人が指摘するのは難しかったと言われています。
個人だと周りの人にしか伝えることが出来ないため、多くの人に伝わらない。
個人が多くの人に情報を届けることが難しかった時代から、個人も情報を発信できる世の中に変わったことで、「異常な笛」を指摘しやすくなったと思います。

特定の人達しか情報を届けることが出来なかった時代は、大変だったと思います。
素晴らしい情報も「特定の人達」が止めてしまったら、多くの人に伝わらない。
インターネットが登場し、今までは「特定の人達」が止めていた情報も集めることが出来る。
凄い時代になりましたね。
「特定の人達」しか出来なかったことが、個人でも出来る時代。
個人が情報を発信出来れば、「紙幣が詰まっていること」を今まで以上に指摘しやすくなるはず。
個人も情報を発信できる時代は、「正常な笛」が増える時代でもあるでしょう。

「笛」と「紙幣」。
ローマ字(訓令式)にすると「hue」と「sihei」。
「笛」に「紙幣」が詰まる。
「笛(hue)」の中に「紙幣(sihei)」を入れると「不正(husei)」になる。
「紙幣の(hei)」はどうしようか。

「笛」に「紙幣」が詰まると「不正」になる。
「笛(hue)」と「紙幣(sihei)」で、「ヘイ(hei)、不正(husei)」。

スポンサーリンク

3、紙幣が詰まりやすいもの

「紙幣」が詰まりやすいのは、「笛」だけではありません。
「ペン」や「マイク」にも「紙幣」が詰まりやすいようです。
「ペン」は、何かを書くときに使うもの。
多くの人に情報を届けるときに「ペン」が使われることが多いようです。

「特定の人達が使うペン」に「紙幣」が詰まっていたら、情報を正しく伝えることが出来ません。
日本国民に大事な情報が伝わらない場合、「特定の人達が使うペン」に「紙幣」が詰まっていることが多い。
私の「ペン」は、一度も「紙幣」が詰まったことがない。
どうやら、「紙幣が詰まりやすいペン」があるようです。
「報道関係者が好むペン」は、「紙幣」が詰まりやすい傾向があるようです。

「マイク」も「紙幣」が詰まりやすい。
特に「報道関係の人達が使うマイク」に、「紙幣」が詰まりやすい。

「報道関係の人達が使うペンやマイク」は、「特別なもの」が多いため、「紙幣」が詰まりやすいのだと思います。
「紙幣が詰まっている笛」を指摘したくても、「報道関係者が使うペンやマイク」にも「紙幣」が詰まっているから、視聴者や読者に「不正」があったことを伝えることが出来ないようです。

  • 紙幣が詰まったものを調べると

「紙幣が詰まったもの」を調べてみると、「特定の国と地域の紙幣」が出てくるそうです。
日本の紙幣は出てこないらしい。
日本の紙幣は質が高いらしく、「ペン」や「マイク」に詰まらないのでしょうね。

「報道関係者」は、「特定の国と地域の紙幣」が詰まりやすい「ペン」と「マイク」を好むようです。
「報道関係者」にしか分からない、「特別な何か」があるのでしょうね。

「紙幣を詰まらせる仕事」をしている人によると、「詰まらない日本の紙幣」は劣っているようです。「詰まりやすい紙幣」こそが優れているとのこと。
世界は広いですね。「詰まらない」のは優れていると思うのですが、「詰まらせる仕事」をしている人にとっては、「詰まらない」ことは劣っていることになる。
色々な考え方があって面白いですね。

スポンサーリンク

  • 紙幣が詰まったものから生まれるもの

「紙幣が詰まったペンやマイク」が生み出すものは、色々な名前がついているようです。
一般的には、「捏造(報道名、誤解を招く表現)」と呼ばれています。
「紙幣が詰まったもの」は、珊瑚に「KY」という文字を浮かび上がらせたり、「吉田」という名前に惹かれる傾向があるようです。
「嘘を毎日WAIWAIコネル」といった特殊な呪文を唱えることもあるようです。

日本国民からは「報道をしない自由」、「何とかバスターの嘘バレター」と呼ばれ、親しまれているようです。
「紙幣が詰まったものが生み出すもの」は、「アサヒる」とも呼ばれています。
「紙幣が詰まったものが生み出すもの」の正式な名称は、専門家に尋ねるといいでしょう。

「紙幣が詰まったもの」が、素晴らしいことを言うこともあります。
「資源を大切にする」、「節電」といったこと。
「資源を大切にする」ため、「新聞」をとらなくなった家庭、「節電」のために、「テレビ」を見なくなった人も少なくないようです。

「紙幣」が詰まっているから、「変なこと」を言うのでしょう。
「紙幣」が詰まらない「ペン」や「マイク」が開発されたら、「報道関係者」に贈りたいですね。

「ペン」を止める「紙幣」の力。「紙幣」は「ペン」よりも強し。

専門家によると、「紙幣が詰まったペン」は「赤く」なるそうです。
「紙幣が詰まったもの」に詳しくなると、「赤く」なっているか文字を見るだけで分かるそうです。私には「黒い文字」にしか見えなかったのですが、専門家には違いが分かるそうです。専門家って凄い。
「紙幣が詰まると赤くなる」。

スポンサーリンク

  • 紙幣が詰まったものから自分を守る

「紙幣が詰まったもの」は、日本人に「呪い」をかけることが好きなようです。
自分を守るためにも、「紙幣が詰まったもの」の攻撃を避けましょう。
「紙幣が詰まったもの」は、「子供」を好むようです。
サッカーを長く続けるためにも、周りに「紙幣が詰まったもの」が無いか確認するくせをつけましょう。
「紙幣が詰まったもの」は、日本人選手の能力を制限します。
「紙幣が詰まったもの」とは、付き合わないようにしましょう。

「紙幣が詰まったもの」には、「外国人の人権」と同じぐらい「日本人の人権」にも興味を持ってほしいですね。

「ペンやマイク等に詰まった紙幣」をとろうとすると、「表現の自由だ」と言って抵抗するそうです。
「紙幣を詰まらせること」は「表現の自由」らしい。

外国で暮らすと祖国が恋しくなることも珍しくないそうです。
身近に祖国のものがあると勇気がもらえるそうなので、「詰まった紙幣」をとろうとする人を拒むのでしょうね。

呪いについて
「心のお守り」


文章を読んで上手くなるメニュー

2015年1月22日公開。初期組

スポンサーリンク

感想を送信する

名前: 
サイトの文章の長さ: 少し短い 短い ちょうどいい 少し長い とても長い
ご感想やご意見等

サイトからの返信を希望の方は、受信メールの設定等の確認をお願いします。メールを送信できない場合もあります。

エラー等で感想を送信出来ない場合はお問い合わせを、ご利用ください。



自己紹介

はじめまして、「サッカーおでん」の竹串です。日本がW杯最多優勝国になるために、「サッカーおでん」を作りました。日本人の高い身体能力を活かす技術を習得しませんか。

「サッカーおでん」はシュート技術を専門に扱うサイト。


独り言

  日本代表には、いつも笑っていて欲しい。
  サッカーおでんは、日本代表と日本人選手を応援しています。

スポンサーリンク

ちょっとお知らせ

文字コードを変更。
最終更新
2019年7月12日。

よくある悩み一覧

サッカーおでんのおすすめ


日の丸サッカーおでんのおすすめ

検索する

スポンサーリンク

Copyright © 2015 socceroden All Rights Reserved.