連絡
携帯電話の設定等を確認してください。

シュートを撃たないことがなぜ問題か

目次
1、サッカー選手に求められるもの サッカー選手に一番大切なもの
2、シュートが上手になるための環境作り シュートが上手になる環境とは

目的
シュートを積極的に撃つことの大切さを知る
理由
サッカー選手に一番大切な「シュートを積極的に撃とうとする気持ち」を奪われないようにするため

1、サッカー選手に求められるもの

  • 「シュートを撃たない」という問題

シュートを撃とうとする気持ちと、実際に撃つこと。この2つがないと、サッカー選手として問題があります。
なぜシュートを撃とうと思わない選手や、シュートを撃たない選手が問題なのか考えてみましょう。

  • サッカーは点を多くとった方が勝つスポーツ

なぜシュートを撃たない、撃とうとしないことが問題なのか、サッカーの勝敗のつけ方から考えてみます。
サッカーは、より多く点をとった方が勝つスポーツ。
点をとるためにはシュートを撃つ必要があります。
サッカー選手はシュートを積極的に撃ち、相手よりも多く枠内にシュートを決めないといけません。
勝敗のつけ方から、サッカーはシュートをより多く決めるスポーツだと言えます。
シュートを撃つ気がない選手達で行われるサッカーは、本当にサッカーと言えるのか。

  • それはサッカーと呼べるのか

シュートを撃つ気がない選手達で行われるサッカーは、サッカーと呼べるのか。
「シュートを撃つ気がない選手がサッカーをやる」という文章を変化させるといいでしょう。
「サッカー」という言葉を「シュートを多く決めるスポーツ」に変えると、次のようになります。
「シュートを撃つ気がない選手が、シュートを多く決めるスポーツをする。
どうでしょうか。何かおかしいと思いませんか。シュートを撃たない選手が、シュートを多く決めるスポーツをするというのは変でしょう。

スポンサーリンク

  • 正しいサッカー選手とは

サッカー選手は、どのような選手であるべきか。
サッカーを「シュートを多く決めるスポーツ」とするならば、サッカー選手とは「シュートを撃つ、または撃とうとする選手」でないといけません。
シュートを多く決めないといけないのに、シュートを撃つ気が無い選手は、他のスポーツをやった方がいいかもしれません。
また、シュートを撃った選手に「シュートを撃つな」と言う人も、別のスポーツをした方がいいでしょう。

  • サッカーを理解しているか

私は、サッカーを「シュートを相手より多く決めるスポーツ」だと考えているので、シュートを撃とうとしない選手は、サッカーへの理解が足りないと思います。
私はサッカーの素人ですが、勝敗のつけ方は知っています。
サッカーを勝敗のつけ方から考えた場合、ポジションに関係なくシュートを撃つことは「正しいサッカー選手の姿」であるといえるでしょう。
守備側の選手が積極的にシュートを撃つと、「守備の選手も攻撃の意識が高い」と褒めることがあります。
主にW杯優勝経験国に言われることが多いようです。
守備側が積極的にシュートを撃つことは、サッカーの勝敗の付け方を考えると自然なことです。
解説する側も、もっとサッカーを理解する必要があるでしょうね。
フォワードとは、一番最初にシュートを撃つ選手。ディフェンダーとは、一番最後にシュートを撃つ選手。ゴールキーパーは秘密兵器。
攻撃に全く関係ない選手は存在しないと思います。

スポンサーリンク

2、シュートが上手になるための環境作り

  • シュートをはずした数だけ上手くなる

シュートをはずした選手がシュートを撃つと、怒る人がいます。シュートを枠内に飛ばすために一番大切なものは、「シュートを撃とうとする気持ち」です。
シュートを枠内に飛ばす技術は、「シュートを撃とうとする気持ち」の後からついてきます。
まず「シュートを撃とうとする気持ち」を持つこと。入るまでシュートを積極的に撃ちつづけることが大切です。
シュートを撃ちつづけることでしか、シュートを枠内に飛ばす技術は手に入りません。
シュートを撃とうとする気持ちを親だとしたら、シュートを枠内に飛ばす技術が子供、シュートを確実に決める技術は孫になります。
まず親が生まれる。次に子供が生まれ、最後に孫が生まれる。この順番は変わりません。

  • シュートが上手になるための練習を邪魔しない

「シュートが枠内に飛ばない選手」がシュートを撃つことを認めないのは、シュートを多く決めるスポーツであるサッカーを否定することであり、はずすから撃つなということは、親に「子供を生まずに、いきなり孫を生め」と言うのと同じぐらい乱暴なことです。
サッカーは、シュートを多く決めた方が勝つスポーツです。
シュートをより多く決めるためには、より多くの努力をする必要があるでしょう。
この努力をするためには、「シュートを撃とうとする気持ち」が必要になってきます。
「シュートを積極的に撃とうとする気持ち」は、サッカーをする人が絶対に持っていないといけないものです。

スポンサーリンク

  • 他人に一番大切なものを潰された選手

「シュートを積極的に撃とうとする気持ち」を他人に潰された選手が行うサッカーは、サッカーの形をした全く別のスポーツでしょう。
「決定力不足」、「消極的」、「性格が」と言われるのは、サッカーを勘違いしている人が少なくないからでしょうね。
シュートを撃たない人を見て、シュートを撃てと思うのは自然なことです。
シュートがはずれたら、「こうすれば良い」と助言するのが選手への愛情でしょう。
「入らないから撃つな」ではなく、「こうすれば入りやすい」というのが正しい接し方。
素晴らしいものを持った選手を潰すのは、もったいないことです。
素晴らしいものを奪い続けると、シュートを撃たない消極的な選手が増える。

  • 付き合う人は選ぼう

車で移動するとき、自分がエンジンをかけようとしたら、助手席の人が妨害してきたらどう思いますか。
邪魔しないで欲しいと思うでしょう。
邪魔しないでと助手席の人に言ったら、「国民性が」とか、「あなたの積極性が」、「あなたの身体能力が」と助手席の人が言い訳をしてきたら、「この人、何言ってるの」と思うでしょう。私なら、邪魔をする人と一緒にいたら危険なので別の車に乗り換えます。
人に邪魔されることに、邪魔される側の国民性や積極性は関係ありません。(妨害する側の国民性は関係あるかもしれませんが)
悪意を持った人が身近にいるかどうかの問題です。
今周りの人は何がしたいのか、しっかりと理解することが大切です。出来るだけ安全な環境を整えることが大事。ドライブなら運転を妨害しない人と行く、サッカーなら健全な育成が出来る人に教えてもらう。簡単なことですが、とても大切なこと。

スポンサーリンク

  • シュートが上手になる方法とは

シュートを枠内に飛ばす秘訣を知りたい人は多いでしょう。
枠内に飛ばす秘訣を聞かれたとき、多くの人は同じことを言います。「練習をすることだ」と。
シュートが上手くなりたいなら練習を、というのは正しい答えでしょう。
試合でシュートを決めるために練習をする。出来れば試合中と同じ状態で練習出来るといいですよね。
試合で点をとることが出来ないなら、普段のシュート練習に何かが足りないはず。
試合では絶対に起こらない状況で、シュート練習をしていないか。
試合と同じ状況で練習しないと、上達は難しいでしょう。
試合では相手選手がシュートを邪魔しにくるし、相手ゴールキーパーもいる。
この状況を練習時に再現し、試合と同じ状態で練習をして初めて「試合中に点をとる練習をした」といえるでしょう。
この練習が出来ないなら試合中にシュート練習をするしかありませんし、練習が出来たなら試合で試さないといけません。
どちらであっても、試合中にシュートを撃たないといけませんね。
シュート練習に足りないものを探して試合の状況を再現するより、試合数を増やして試合中にシュート練習をする方が楽だと思います。

  • 賢い人は、入らなくてもシュートを撃つ大切さを知っている
日本の学校

日本の学校を卒業している人は、シュートを撃つ大切さを知っているはずです。
日本人が通う学校には、小学校、中学校、高校、短大、大学があるでしょう。(幼稚園と保育園は除きました)専門学校や中高一貫校もありますね。学校教育法の第1条に出てくる、いわゆる1条校を取り上げます。(インターナショナルスクールに通う日本人生徒もいるそうですが、詳しく分からないため除きます)これから扱う「学校」とは、1条校とする。

海外に住んでいる日本人の場合は分かりません。日本で教育を受けた日本人なら、実際に撃つかどうかは別として、入らなくてもシュートを撃つ大切さを知っているはずです。
日本の教育を受けていると、試験(テスト)を受けるでしょう。
大きくなるまでに、必ず一回は試験を受けると思います。
高校受験、大学受験が有名です。この受験、サッカーではとても大切になります。

分からなくてもいいから答案用紙を埋める

サッカーを指導する人は、学校を卒業している場合が多いでしょう。指導する立場にある人は、一回以上試験を受けているはずです。
試験を受けたとき、分からない問題が出たとしましょう。
このとき、どうしますか。多くの場合、分からなくても解答用紙を埋めると思います。
試験に関して多くの指導者は「正解が分からなくてもいいから、答案用紙を埋めよう」と言うはずです。
そう、「正解になるかどうか分からないけど答案用紙を埋めること」が大切です。
決して、「書いても不正解だから、答案用紙を埋めるな」とは言わないはずです。

選択肢の場合、正解になる場合もあります。筆記試験の場合でも、部分点がもらえる可能性があります。
「答えを書く行為」は「点を呼ぶ行為」でもあるのです。
例え正解が分からなくても、「点を取りにいかないと、点はとれない」
日本の学校を卒業したなら、このことを知っているはずです。サッカーの指導者達も知っているはず。
それなのに、なぜ「はずれるからシュートを撃つな」という意見を聞くことがあるのか。

日本人選手の成長を妨害する理由とは

もしかしたら、日本人の通う学校とは別のところを出ている人かもしれませんね。
外国籍の教師も少なくないそうですから、選手の成長を止めようとする指導者は日本人ではないかもしれません。日本人で無い場合、シュートを撃つなと言っても不思議ではないかも。
祖国の応援をしているでしょうから、日本人にシュートを撃たれたら困りますからね。
日本代表の試合中に、はずれるからシュートを撃つなという人は、祖国の応援をしているのでしょう。
祖国を応援しているのを他の人に気付かれるのが恥ずかしいから、日本人のふりをして祖国を応援しているのかな。
または、将来日本代表と対戦するときに祖国が少しでも有利になるように、小さいときから日本人選手にシュートを撃たないよう、選手がダメになる教育を積極的にしているのかな。
私には理解出来ませんが、祖国への愛なのでしょうかね。

サッカーでは、積極的にシュートを撃っていきましょう。
上の方に書きましたが、点をとりにいかないと点はとれません。
分からなくても答案用紙を埋める行為は、正解に近付く行為です。
答案用紙が白紙だと、絶対に正解にはならない。
例え答えが分からなくても、答案用紙を埋める。この答案用紙を埋める行為が、正解へ少し近付くことでもあります。
理想は一発で正解を書くことでしょうが、少しずつ正解に近付く方法もあります。
これはサッカーも試験も同じ。
サッカーでシュートを積極的に撃つ行為は、正解に近付こうとする行為。
自信がなくても、自信を持つためにシュートを撃ちましょう。
入るまでシュートを撃ち続け、正解に近付いた選手だけが、点を取ることが出来る。

はずすからシュートを撃つなと言われたら、はずさないためにシュート練習をしていますと答えましょう。
シュートを撃つなと言うことは、上達するために練習をするなと言うのと同じこと。
シュートを撃とうとしない選手はサッカー選手ではなく、サッカー選手の恰好をしただけの人。
点を取りにいかないと、点は入らない。
シュートを撃たないのは、答案用紙に何も書かないのと同じ。
入るまでシュートを撃ちつづけることは、答案用紙を埋めて正解に近付くことであり、点を取るための行為でもある。
ゴールキーパーも得点王を狙いましょう。

スポンサーリンク


文章を読んで上手くなるメニュー

2015年1月22日公開。初期組

スポンサーリンク


おまけ

まずは、シュートを撃つ。どの程度ボールが飛ぶか、相手の反応は良いか、戦いながら情報を集めよう。
シュートを積極的に撃つことが、サッカー選手である証。無責任な外野の声は気にせず、恐れずに何度もシュートを撃とう。試合が終わるまでシュートを撃ち続けよう。シュート練習は試合中にしかできない。


スポンサーリンク

感想を送信する

名前: 
サイトの文章の長さ: 少し短い 短い ちょうどいい 少し長い とても長い
ご感想やご意見等

サイトからの返信を希望の方は、受信メールの設定等の確認をお願いします。メールを送信できない場合もあります。

エラー等で感想を送信出来ない場合はお問い合わせを、ご利用ください。



自己紹介

はじめまして、「サッカーおでん」の竹串です。日本がW杯最多優勝国になるために、「サッカーおでん」を作りました。日本人の高い身体能力を活かす技術を習得しませんか。

「サッカーおでん」はシュート技術を専門に扱うサイト。


独り言

  日本代表には、いつも笑っていて欲しい。
  サッカーおでんは、日本代表と日本人選手を応援しています。

スポンサーリンク

ちょっとお知らせ

インステップキックのページを修正。
最終更新
2019年2月9日。

よくある悩み一覧


日の丸サッカーおでんのおすすめ

スポンサーリンク

Copyright © 2015 socceroden All Rights Reserved.