連絡
携帯電話の設定等を確認してください。

蹴り足の膝を前に引き抜くとは

目次
1、蹴り足の膝を前に引き抜くとは
2、道具を作る。膝を前に引き抜く動作を覚える準備 道具を作ります。
3、道具を使って前に引き抜く。縦に振る 足を縦に振る
4、道具を使って前に引き抜く。横に振る 足を横に振る
5、ボールを使って蹴り足の膝を前に引き抜く ボールを使う

目的
「おでん式(日本式)キック」の基本である「蹴り足の膝の使い方」を覚える
理由
サッカー選手に必要な「蹴り足の膝の使い方」を学ぶため

1、蹴り足の膝を前に引き抜くとは

「蹴り足の膝を前に引き抜く」とは、「歩くとき」に使う動作のことです。前に進むとき、「後ろにある足」を前に動かします。この「後ろにある足を前に動かす」が、「蹴り足の膝を前に引き抜く」動作になります。
この動作を使った蹴り方をすると、比較的短期間で蹴り方を習得出来ます。「普段の歩き方」を使うので、初心者でも安心です。
「ボールを蹴るとき」に「地面を蹴ること」はあっても、「歩くとき」に「地面を蹴って捻挫する」ことは少ないでしょう。「日本語サッカー」の蹴り方と違い、「地面を蹴って痛い思いをしない蹴り方」の基本になります。説明は簡単にして、「蹴り足の膝を前に引き抜く」動きを確認しましょう。

スポンサーリンク

2、道具を作る。膝を前に引き抜く動作を覚える準備

  • 筒状の紙飛行機を作る

「蹴り足を前に引き抜く」動作を覚えるための道具を作ります。今回使う道具は、「筒状の紙飛行機」です。「筒状紙飛行機」や「飛行リング」とも呼ばれているようです。ここでは、「筒状の紙飛行機」と呼びます。「筒状の紙飛行機」は、短い「こいのぼり」のような形をしています。

  • 材料と道具の準備

「筒状の紙飛行機」を作るために、「大きめの紙」と「テープ」を用意してください。
「大きめの紙」の「横の長さ(長い方)」が「自分の足の大きさの3倍」になるようにしてください。
「大きめの紙」がない場合は、「小さな紙」をつなげて使っても問題ありません。
「大きめの紙」の「縦の長さ(短い方)」は、そこまで気にしなくても大丈夫です。(出来れば30㎝以上は欲しい)

筒状の紙飛行機の作り方を説明した絵

大人の場合、「新聞紙」を使うと便利かもしれません。
「新聞紙」の「横の長さ(長い方)」が、だいたい80㎝ぐらいあると思います。
「足の大きさが27㎝」の場合、「自分の足の大きさの3倍」が81㎝になります。27㎝以上の人でも問題ないと思います。
「新聞紙」ではなく、「チラシ」を使うのもいいでしょう。
「新聞紙」と違い、しっかりとした「筒状の紙飛行機」が出来ます。
「新聞紙」をとる家庭は減っているそうなので、「携帯電話会社からくる宣伝の紙」を利用するのもおすすめです。
「携帯電話」を利用している人は非常に多いので、「新聞紙」より身近な存在かもしれませんね。

新聞紙の大きさを説明した絵

スポンサーリンク

「新聞紙」が「捏造(報道名、誤解を招く表現)」で、日本人に「呪い」をかけていたことを認めたため、「新聞」をとらない家庭が増えているようです。
「狭義の強制書き写し」に教師が加担していることも判明しています。
文字に込められた「呪い」は、何度も読ませた方が効果があるため、「入試に出る」、「語彙力がつく」、「文章力がつく」といった言葉で、日本人を「魔法陣」に誘うようです。
「呪いが込められた魔法紙」に近付くと、サッカーが下手になります。
新聞をとらない方が、日本や日本人、環境(珊瑚礁等)にも優しい。
日本や日本人、環境を傷付ける新聞はとらない方が、日本人のためになるでしょう。
どうしても読みたい場合は、インターネットで読み比べをしましょう。読み比べをすると「新聞の色」が分かりやすい。ネットで読めば、資源保護にもつながるのでおすすめです。

知り合いが、教師にすすめられて「新聞」を読むようになりました。
「新聞」を読むようになってから、攻撃的になった気がします。
「目が充血」するぐらい夢中になって読んでいたから、性格が変わったのかも。
知り合いの言っていることが全く理解出来なかった。「充血」したから、世界が「赤く」見えたのかな。
毎日ライアン嘘コネル。アサヒる、KY。

「呪い」について
「心のお守り」

スポンサーリンク

  • 筒状の紙飛行機を作る

「筒状の紙飛行機」を作ります。いろいろな作り方があるので、他の作り方を選んでも問題ありません。

「筒状の紙飛行機」には、「おもり」になる部分と「はね」になる部分があります。「おもり」の部分は2㎝ぐらいに、「はね」は15㎝ぐらいにします。
数字は気にしなくても大丈夫です。適当でいいですよ。上にあげた数字は、私が作ったときに採用したものです。
「おもり」の部分は小さくした方が、頑丈なものが出来ます。「はね」は好みで決めてください。

筒状の紙飛行機の作り方を説明した絵

「筒状の紙飛行機」を作ります。
まず、「大きな紙」を2つに折ります。「おもり」と「はね」の部分に分ける。(上の図1)
折り目がついたら、「大きな紙」を広げます。

下の部分で「おもり」を作ります。「大きな紙」の下半分を半分に折ります。(上の図2)
半分に折ったら、さらに半分に折ります。これを繰り返し、「おもり」の部分が2㎝ぐらいになるようにします。(上の図3から6)

「おもり」の部分が2㎝ぐらいになったら、「おもり」の部分を転がし巻いていきます。(卵焼きを巻くように)
「おもり」を巻いていき、「はね(まだ巻いていない部分)」が15㎝ぐらいになるまで巻きます。(上の図7)

「はね」の部分が15㎝ぐらいになったら、「大きな紙」でドーナツのような大きな輪を作ります。(上の図8)
「大きな紙」で輪を作り、「テープ」で固定したら「筒状の紙飛行機」の完成です。(上の図9)

スポンサーリンク

「新聞紙」を使って作る場合。
「おもり」の部分を作るときは、5回折る(1回目は広げる)と思います。
「おもり」の部分が出来たら、「はね」の部分が15㎝になるようにします。
「はね」の部分が15㎝ぐらいになったら、丸くなるように「テープ」で固定して完成です。

  • 筒状の紙飛行機を飛ばす

「筒状の紙飛行機」を飛ばすときは、周りの状況を確認しましょう。
「筒状の紙飛行機」が、物を壊さないか確認してください。
「新聞紙」は、「珊瑚礁」を平気で傷付けるので気をつけてください。KY、KY。

完成した「筒状の紙飛行機」を飛ばしてみてください。独特の飛び方をするはずです。
「おもり」の部分を前にして飛ばします。風を受けたときの「こいのぼり」のように飛ぶと思います。
「筒状の紙飛行機」を、「綺麗な円」に近付けるのもいいでしょう。

スポンサーリンク

3、道具を使って前に引き抜く。縦に振る

「筒状の紙飛行機」を使って、「膝を前に引き抜く動作」を覚えます。
下の図(イ)や(ロ)のように、「蹴り足の足首」に「筒状の紙飛行機」を通します。「筒状の紙飛行機」が「足の甲」に乗るようにしてください。
これからは、「筒状の紙飛行機が足の甲に乗っていること」を「足首に通す」、「筒状の紙飛行機を通した足」のことを「蹴り足」、「筒状の紙飛行機がない足」のことを「軸足」と呼びます。
「筒状の紙飛行機」が落ちないように気をつけてください。

「筒状の紙飛行機」を飛ばしたあとは、「蹴り足の膝が自然な状態(歩くときの膝の状態)」になるようにしてください。
下の図(2と4)、(BとD)のように、「おへその向き」と「膝の向き」を同じにします。

スポンサーリンク

足首に通した筒状の紙飛行機を飛ばす絵

「筒状の紙飛行機」を上の図(イ)や(ロ)のように通します。
「軸足」を一歩前に出します。(上の図1や3)
「蹴り足」を前に振り、「筒状の紙飛行機」を前に飛ばします。
「蹴り足の膝」を伸ばした状態で飛ばしてください。問題なく飛ばせるはずです。

「後ろにある蹴り足」を前に振るときの動きは、「歩くとき」の足の動かし方と同じです。
「蹴り足」を前に振るときは、少し大げさにすると「筒状の紙飛行機」がよく飛びます。
最初は上の図(イ)のように「普段の歩き方」で。しっかりと飛ばすことが出来たら、上の図(ロ)のように「蹴り足を横に向けた状態」から「筒状の紙飛行機」を前に飛ばしてください。

注意
上の図(ロ)は「インサイドキックのような形」ですが、「インサイドキックではない」ので、「蹴り足を90度に広げなくても問題ありません」。
「蹴り足を90度広げることが出来ない人」は、出来る範囲で行ってください。
「蹴り足を90度広げる」のは、「蹴る動作の最初だけ」です。「蹴る動作の途中」で、「蹴り足の膝を自然な状態(前に向ける)」にしてください。
「日本語サッカーのインサイドキック」ではないので、「完璧な90度」でなくても全く問題ありません。

上の図のように「蹴り足」を振ると、「筒状の紙飛行機」が高く飛ぶと思います。
「筒状の紙飛行機」を、しっかりと飛ばすことが出来たら問題ありません。
「蹴り足」を上の図のように動かすと、「蹴り足の膝」が「前後」に動くことになります。
「蹴る人」から見たら「前後」とは「縦」のこと。
この動作は「蹴り足の膝を縦に振る」になります。
「サッカーおでん」で良く出てくる「蹴り足の膝を縦に振る(蹴り足を縦に振る)」ですね。

スポンサーリンク

4、道具を使って前に引き抜く。横に振る

「筒状の紙飛行機」を使って、「膝を前に引き抜く動作」を覚えます。
今回行う動作で、「筒状の紙飛行機」は「色々な方向」に飛ぶはずです。
ここでは、「筒状の紙飛行機」が「前に飛ぶか」を確認してください。「前に飛べば」成功ですよ。
「蹴り足側」や「真っ直ぐ」、「軸足側」に飛ぶと思いますが気にしません。「前に飛ぶか」が大事。

  • 両足をそろえた状態から飛ばす

下の図(ハ)のように「軸足」を「斜め前(蹴り足側)」に着地させ、「蹴り足」を振ります。
「蹴り足」が「右足」なら「軸足」を「右斜め前」に、「蹴り足」が「左足」なら「軸足」を「左斜め前」に着地させます。
「蹴り足の膝」を伸ばした状態で「筒状の紙飛行機」を飛ばします。

「蹴り足」を振ったあとは、「蹴り足の膝が自然な状態」になるようにしてください。(下の図6と8、FとI)

軸足を蹴り足側の斜め前に着地させ、足首に通した筒状の紙飛行機を飛ばす絵

「軸足」を「斜め前(蹴り足側)」に着地させ(上の図5と7)、「蹴り足」を振ります。(上の図6と8)
「蹴り足」を振るときは、「蹴り足の足首」で「地面に円を描くように」すると、「筒状の紙飛行機」を飛ばしやすいでしょう。「蹴り足」を少し大げさに振ってください。
「筒状の紙飛行機」が飛ばない人は、「蹴り足」を高くあげるといいかもしれません。
「飛行機が離陸する」ように「蹴り足の足首」を動かし、「筒状の紙飛行機が無事離陸」してから「蹴り足」を着地させます。「筒状の紙飛行機」が飛ぶまでは、「蹴り足」を上昇させるようにします。

上の図のように「蹴り足」を振ると、「筒状の紙飛行機」が低く飛ぶはずです。(自分の身長ぐらいの高さより下)
「筒状の紙飛行機」をしっかりと飛ばすことが出来たら、次に進みます。
「筒状の紙飛行機」が前に進めば問題ありません。「蹴り足の振り方」で、「蹴り足側」、「真っ直ぐ」、「軸足側」に飛びます。
「方向」は気にせず、「前に飛んだか」を確認してください。「前」に飛べば問題ありません。
余裕がある人は、「色々な方向」に飛ばしてみると面白いかもしれません。

スポンサーリンク

  • おへその向きとは違う方へ飛ばす

「インサイドキックのような形」から始まりますが、「インサイドキック」ではないので、「蹴り足が90度開かなくても」全く問題ありません。「蹴り足を90度広げるのが難しい人」は、出来る範囲で行ってください。

「おへその向き」とは違う方へ、「筒状の紙飛行機」を飛ばします。
下の図(ニ)のように「軸足」を着地させます。
「軸足」を着地させ(下の図9と11)、後ろにある「蹴り足」を振り、「筒状の紙飛行機」を飛ばします。(下の図10と12)
「蹴り足」を振ったあとは、「蹴り足の膝が自然な状態」になるようにしてください(下の図10と12)。
「蹴り足」を振るときは、「蹴り足の足首」で「地面に円を描くように」するといいでしょう。
「蹴り足」をしっかりと振ると、「筒状の紙飛行機」が「低く」飛ぶはずです。
「どこに飛ぶか」は気にしません。「筒状の紙飛行機」を「前」に飛ばすことが出来たら次に進みます。

おへその向きとは違う方へ筒状の紙飛行機を飛ばす絵

余裕がある人は、「色々な方向」に飛ばすことが出来るか試してください。
「筒状の紙飛行機」をいつ飛ばすかで、「方向」を変えることが出来ます。
「蹴り足の振り方」を工夫するのも面白いでしょう。
上の図(ニ)を見ると、「インサイドキック」のように見えます。
この状態から「インサイドキック」を連想するのは自然なことです。
「おでん式(日本式)キック」では、この状態から「インステップキック」や「アウトサイドキック」も使います。
同じ状態(上の図ニ)から「インステップキック」、「インサイドキック」、「アウトサイドキック」を使うことが出来ます。
インサイドキックのように「蹴り足が横を向いていても」、「インステップキック」や「アウトサイドキック」に変化させることが出来ると覚えておいてください。

スポンサーリンク

  • インサイドキックのような形から飛ばす

「インサイドキックのような形」から飛ばすのですが、「インサイドキック」ではないので、「蹴り足が横を向かなくても」全く問題ありません。「蹴り足を横に向けるのが難しい人」は、出来る範囲で行ってください。

インサイドキックのような形から筒状の紙飛行機を飛ばす絵

上の図(ホ)のように、「インサイドキックのような形」から始めます。
「軸足」は最初から「前」にあるので、「蹴り足」を振るだけです。
後ろにある「蹴り足」をしっかり振ります。「蹴り足の足首」で「地面に円を描くように」するといいでしょう。
「蹴り足」をしっかりと振ると、「前に低く」飛ぶはずです。
「前」に飛ばすことが出来たら問題ありません。(飛んだ方向は気にしません)
「筒状の紙飛行機」を飛ばすことが出来ない人は、「蹴り足」を少し大げさに振ってください。
「筒状の紙飛行機」が飛ぶまでは、「蹴り足を上昇させる」のもいいでしょう。

軸足を蹴り足側の斜め前に着地させ、足首に通した筒状の紙飛行機を飛ばす絵 おへその向きとは違う方へ筒状の紙飛行機を飛ばす絵 インサイドキックのような形から筒状の紙飛行機を飛ばす絵

上にある図(ハからホ)のように、「足首で円を描く」ように足を動かすと、「蹴り足の膝」が「左右」に動きます。
「蹴る人」から見たら、「左右」とは「横」のこと。「蹴り足の膝」が「横」に動きます。
ここまでの動きが、「蹴り足の膝を横に振る(蹴り足を横に振る)」になります。

ここまでくれば、「おでん式(日本式)キック」で良く使う「蹴り足の膝を横に振る」が習得出来ているはずです。
「蹴り足を横に振る」動きを覚えたら、出来ることが増えるので便利です。
ここまでこれたのなら、「サッカー選手としての能力」が非常に高くなっているはずです。

「歩くとき」に使う「蹴り足の膝を前に引き抜く動作」を、サッカーでも使えるようにしましょう。
「蹴り足の膝を前に引き抜く動作」の説明は、ここで終わりです。
ここから先はおまけになるので、興味のある人が進むといいでしょう。
おまけで扱う内容は、ボールを使った「蹴り足の膝を前に引き抜く」と、「どの能力が上昇したか」です。
あと、「サッカーおでん」と「日本語サッカー」の違いも簡単に扱います。

スポンサーリンク

5、ボールを使って蹴り足の膝を前に引き抜く

ここから先は、おまけになります。まずは、「サッカーおでん」と「日本語サッカー」の違いから。「蹴り方の違い」を紹介します。

  • サッカーおでんと日本語サッカーの違い

「筒状の紙飛行機」を使って、「サッカーおでん」の「蹴り方」を紹介してきました。
「おでん式(日本式)キック」の基本は、「筒状の紙飛行機」を飛ばすことで習得出来ているはずです。
「筒状の紙飛行機」で習得出来る技術は、「蹴り足の膝を前に引く抜く技術」と「蹴り足の膝を伸ばしたまま足を振る技術」等になります。
「おでん式(日本式)キック」で良く使う「蹴り足の膝を横に振る」動きは、「日本語サッカー」では禁止されています。

「筒状の紙飛行機」を使って「サッカーおでん」の「おでん式(日本式)キック」を紹介したので、今度は「日本語サッカー」を紹介しましょう。
「筒状の紙飛行機」を「蹴り足の足首」に通し、「日本語サッカー」の「蹴り方」を試してみてください。
違いがはっきりと分かる「インステップキック」がおすすめです。
「日本語サッカーのインステップキック」の特徴に、「足首を伸ばす」、「足首を固定する」、「蹴り足のかかとがお尻につくぐらい足を引く」、「膝から下を早く振る」等があります。これらの特徴を使って、「筒状の紙飛行機」を飛ばしてみてください。
どうでしょうか。「筒状の紙飛行機」を使えば、「日本語サッカーのインステップキック」の特徴が良く分かるでしょう。

なぜ、「筒状の紙飛行機」を作るとき、「自分の足の大きさの3倍」と言ったのか。その理由がよく分かると思います。
「円の直径」と「円周(円のまわり)」の関係と、「自分の足」と「自分の足の大きさの3倍」の関係は似ています。
「自分の足の大きさ」が「筒状の紙飛行機」の「直径」になるようにするため、「自分の足の大きさの3倍」という言葉が必要でした。
「筒状の紙飛行機」と「日本語サッカーのインステップキック」の相性は、おそらくよくないでしょう。

「日本語サッカーのインステップキック」の「足首を伸ばす」、「足首を固定する」、「蹴り足のかかとがお尻につくぐらい足を引く」を行うと、「筒状の紙飛行機」が「足首」から落ちると思います。
「日本語サッカーのインステップキック」では、「筒状の紙飛行機」を「前」に飛ばすことが出来ないはずです。(予備動作で筒状の紙飛行機が落ちるはず)
「筒状の紙飛行機」を使えば、違いがはっきりと分かると思います。

「サッカーでは筒状の紙飛行機を使わないので、日本語サッカーでも問題ない」と考える人もいるでしょう。
たしかにそうですよね。「サッカーではサッカーボールを使用する」。これは正しいことです。
では、「サッカーボール」を使ったときに違いは出るのか。少し試してみましょう。

スポンサーリンク

  • ボールを使って蹴り足の膝を前に引き抜く

今までは「筒状の紙飛行機」を使って、「蹴り足の膝を前に引き抜く」動きをしましたが、今度は「ボール」を使って試してみます。「ボール」は転がすだけで大丈夫です。(飛ばすことが出来る人は飛ばしてください)
「ボール」を使って「蹴り足の膝を前に引き抜く動作」を試してみましょう。「筒状の紙飛行機」と同じ動きですよ。
「蹴り足を振る」ときは、「蹴り足の膝が自然な状態」になるようにしてください。(下の図2と4)

両足をそろえた状態からボールを転がす絵

両足をそろえた状態からボールを転がします。上の図(イ)と(ロ)
上の図(イ)の場合、「軸足」を前に着地し、後ろにある「蹴り足」で「ボール」を転がします。(上の図1から2)
「蹴り足の膝を前に引き抜く(縦に振る)動き」で、「ボール」を転がすことが出来たら成功です。

次に、「インサイドキックのような形」から始めます。(上の図ロ)
「蹴り足を90度広げるのが難しい人」は出来る範囲で行ってください。
「軸足」を前に出し、後ろにある「蹴り足」を「縦」に振り、「ボール」を転がします。
「蹴り足の膝を前に引き抜く(縦に振る)動作」で、「ボール」を転がすことが出来たら成功です。

上の図(イ)と(ロ)の状態から「ボール」を転がすことが出来れば、「蹴り足の膝を前に引き抜く(縦に振る)動き」が出来ています。「ボール」を飛ばすことが出来なくても問題ありません。(飛ばせる人は飛ばす)

スポンサーリンク


軸足を蹴り足側の斜め前に着地させ、ボールを転がす絵

今度は、「軸足」を「斜め前(蹴り足側)」に着地させてから、「ボール」を転がします。(上の図ハ)
「軸足」を「斜め前(蹴り足側)」に着地させ(上の図EとH)、「蹴り足」を「横」に振り「ボール」を転がします。
「蹴り足の足首」で「地面に円を描くように」すると、「ボール」を扱いやすいです。
「蹴り足」を「ボール」の直前で止め(転がしやすくするため)、「蹴り足」が止まった状態から「ボール」を転がすといいでしょう。
「蹴り足の膝を前に引き抜く(横に振る)動き」で、「ボール」を転がすことが出来たら成功です。(ボールを飛ばすことが出来るなら飛ばす)


おへその向きとは違う方へボールを転がす絵

「ボール」を「おへその向き」とは違う方へ転がしてみます。
上の図(ニ)のように「軸足」を着地させます。
後ろにある「蹴り足」を「横」に振り、「ボール」を転がします。
「蹴り足」を「ボール」の直前で止めてください。一度「蹴り足」を止めてから「ボール」を転がすようにしてください。
「蹴り足の膝を前に引き抜く(横に振る)動き」で、「ボール」を転がすことが出来たら成功です。(ボールを飛ばしてもよい)

スポンサーリンク


インサイドキックのような状態からボールを転がす絵

上の図(ホ)のように、「インサイドキックのような状態」から「ボール」を転がします。(足を開くのが難しい人は出来る範囲で)
「軸足」は最初から「前」にあるので、「蹴り足」を「横」に振るだけです。
「蹴り足の膝を前に引き抜く(横に振る)動き」で、「ボール」を転がすことが出来たら成功です。

「蹴り足の膝を前に引き抜く動作」で、「ボール」を転がすことが出来ました。
「蹴り足の膝を縦に振る(縦に振る)」と「蹴り足の膝を横に振る(横に振る)」は、「蹴り足の膝を前に引き抜く動き」をより細かく分けたもの。
次は、この2つの動きを使って「日本語サッカー」との違いをみていきます。

スポンサーリンク

  • ボールで分かるサッカーおでんと日本語サッカーの違い

上の方で、「ボール」を使って、「蹴り足の膝を前に引き抜く」動作を試しました。
「サッカーおでん」と「日本語サッカー」の一番大きな違いがはっきりと分かりましたね。
「筒状の紙飛行機」や「ボール」を使って「蹴り足の膝を前に引き抜いた」とき、違いに気付きましたか。
「筒状の紙飛行機」と「ボール」の位置が、「軸足」よりも「後ろ」にありますよね。
「日本語サッカー」では、「軸足をどこに置くか」を大事にするようです。
なぜかというと、「日本語サッカー」では「蹴ることが出来ないボールの位置」が存在するからです。
「蹴ることが出来ないボールの位置」とは、「軸足よりも後ろにあるボール」のこと。

「サッカーおでんのおでん式(日本式)キック」では、「軸足よりも後ろにあるボール」も蹴ることが出来ましたよね。(今回は転がしただけ)
「軸足よりも後ろにあるボールを蹴ることが出来る」とは、「軸足をどこに置くか」気にしなくてよいということ。
そうですよね。「蹴ることが出来ないボールの位置」がないのですから、「軸足をどこに置くか」考える必要はありません。ちょっと地味ですが、とっても大きな違いです。
「サッカーおでん」が、「軸足の位置」にこだわらない理由が分かると思います。
「軸足」は、「蹴り足がボールを蹴ることが出来る位置」に着地すればよい。
簡単に言うと、「ボールの近くに着地する」ということです。

機体の性能の違いを説明した絵

「サッカーおでん」と「日本語サッカー」の能力を上の図で説明するなら、「サッカーおでん」は「機体C」、「日本語サッカー」は「機体A(能力が高い場合は機体B)」になります。
「機体」が「軸足」、「攻撃出来る範囲(赤い丸や青い丸)」が「蹴ることが出来るボールの位置」。

スポンサーリンク

  • どのような能力が上昇したか

「筒状の紙飛行機」や「ボール」を使って覚えた「蹴り足の膝を前に引き抜く動作」。
「蹴り足の膝を前に引き抜く動作」で、どのような能力が上昇するのかを最後に説明します。

「機体C」
「機体C」とは、「蹴ることが出来ないボールの位置がない」こと。
「軸足よりも後ろにあるボール」も蹴ることが出来るので、「軸足をどこに置くか」を気にしなくてよくなります。
多くの「サッカー経験者」が悩むであろう、「軸足の位置」を気にしなくてよくなり、「シュート」を撃つことだけに集中出来ます。
「軸足の位置」で悩まなくなるため判断が早くなる。

「リズムの変化」
「蹴ることが出来るボールの位置」が増えるので、「ボールを蹴るタイミング」を変えることが出来ます。(ボールが軸足より前にあるときに蹴ったり、軸足より後ろのときに蹴る等)
単調になりがちな「ボールの扱い」も、自分の気分しだいで変化させることが出来ます。
「ボールをどの位置で蹴るか」でリズムを変えることが出来る。

スポンサーリンク

「ドリブルからのシュート」
「ドリブルからのシュート」が得意になります。特に「アウトサイド系」で扱った「ボール」が強力な武器になります。
「蹴ることが出来ないボールの位置」がないので、自信を持って「ドリブルからのシュート」を選択出来るでしょう。
「ドリブルからのシュート」が得意になる。

「身体能力が高いから撃てるぞシュート(小さい振りで強烈なシュート)」
そのままですね。「身体能力が高いから撃てるぞシュート」が使えるようになります。
「軸足よりも後ろにあるボールを蹴ること」を、「身体能力が高いから撃てるぞシュート」と呼ぶようです。
「小さい振りで強烈なシュート」も撃つことが出来ます。
「ボール」を使って「蹴り足の膝を前に引き抜く動き」をするとき、「ボールの直前で蹴り足を止める」とありましたね。
そこから「ボール」を飛ばせば、「小さい振りで強烈なシュート」になります。
「身体能力が高いから撃てるぞシュート(小さい振りで強烈なシュート)」を使うことが出来る。

スポンサーリンク

「ノーモーションシュート」
「蹴り足の膝を前に引き抜く動き」は「歩くとき」に使う動きなので、自動的に「ノーモーションシュート(蹴るための予備動作がない蹴り方)」になります。
「身体能力が高いから撃てるぞシュート(小さい振りで強烈なシュート)」と似ていますが、「ノーモーションシュート」も得意になるはずです。
「ノーモーションシュート」を使うことが出来る。

「シュートの撃ち分け」
「蹴り足の膝を横に振る」ことで、「シュートの撃ち分け」が出来るようになります。(「蹴り足の膝を縦に振る」は「上下」に飛ばすことが得意)
「シュート」を撃つとき、「自分に近い方(ニア)」と「自分から遠い方(ファー)」を選ぶことが出来ます。
「蹴り足の膝の角度」を変えると、同じ動きで別の方向に飛ばすことが出来ます。
「シュートの撃ち分け」が出来る。

「ゴール前(ボールを持ったとき)の落ち着き」
「撃つことが出来るボールの位置」が非常に広くなっているため、自分が好きなときに「シュート」を撃てます。
「ボールの位置を微調整(2回目のトラップ)」する必要がないので、「ボールを持ったとき」の落ち着きが違ってくるでしょう。特に「ゴール前での落ち着き方」が違います。
「ボールの微調整に使っていた時間」がなくなるため、今までよりも長く相手を観察することが出来るはずです。
「ゴール前での落ち着き」

「シュートを撃つまでの時間短縮」
「シュートを撃つまでの時間」が短くなります。
「蹴るための予備動作」は、「歩くときの歩幅」よりも小さくてすみます。
「歩くときの足の動き(走るときも含む)」を「蹴るための予備動作」に利用するため、「シュートを撃つまでの時間」が短縮されます。
「シュートを撃つまでの時間短縮」

スポンサーリンク

「トラップ」が上手に
「蹴り足の膝を前に引き抜く動き」を覚えたら、「シュート」が上手になります。
「シュート」が上手になれば、「トラップ」が下手でも全く問題ありません。
「トラップ」をするときは、「蹴り足が届く場所」に「ボール」を動かすだけです。
「蹴り足が届く場所」なら「ボール」を蹴ることが出来るので、「トラップ」の能力も上昇することになります。(扱いやすいボールの場所が増えるため)
「トラップを失敗する」ことが難しくなります。(ボールが軸足より後ろに動いても失敗にならないため)
「扱うことが出来るボールの位置」が増えるため「トラップ」が自動的に上手くなる。

「扱うことが出来るボールの回転が増える(特にアウトサイド系の回転)」等、他にもあります。「シュート」以外にも、「ドリブル(トラップも含む)」にも非常に良い影響を与えます。

  • 「サッカー」の楽しさ

「蹴り足の膝を前に引き抜く動き」を覚えると、「サッカー選手としての能力」が非常に高くなるはずです。
「どのような能力が上昇したか」では、主に「シュート」に関する能力をとりあげました。。
「シュート」以外にも、「ドリブル」や「トラップ」も上手になっているはずです。
ただし、「日本語サッカーのドリブルやトラップ能力」は、上昇していないので気をつけてください。
今回上昇したのは「サッカー選手の能力」であって、「日本語サッカーの能力」ではありません。
あまり難しく考えず、「知らないうちに上手になっていたのだな」程度に受け取ってください。
もう少し先で扱いますが「ドリブル」の能力も非常に高くなっているはずです。

「ボール」を自由に扱うことが出来たら、「サッカー」が楽しくなります。
「シュート(パスも含む)」や「ドリブル」、「トラップ」が面白くなるはずです。
今回、一番上昇した能力は「サッカーを楽しむ能力」かもしれませんね。

「蹴り足の膝を前に引き抜く動き」を覚えることで、今まで出来なかったことが出来るようになります。
今まで諦めていたことに、もう一度挑んでみませんか。
「蹴り足の膝を前に引き抜く動き」が、新しい技術を運んでくるはずです。
「蹴り足の膝を前に引き抜く動作」で、「ボールを扱う楽しさ(特にドリブル)」に気付いてもらえたら嬉しいです。

スポンサーリンク


蹴るメニュー

2015年12月31日公開。追加組

スポンサーリンク

感想を送信する

名前: 
サイトの文章の長さ: 少し短い 短い ちょうどいい 少し長い とても長い
ご感想やご意見等

サイトからの返信を希望の方は、受信メールの設定等の確認をお願いします。メールを送信できない場合もあります。

エラー等で感想を送信出来ない場合はお問い合わせを、ご利用ください。



自己紹介

はじめまして、「サッカーおでん」の竹串です。日本がW杯最多優勝国になるために、「サッカーおでん」を作りました。日本人の高い身体能力を活かす技術を習得しませんか。

「サッカーおでん」はシュート技術を専門に扱うサイト。


独り言

  日本代表には、いつも笑っていて欲しい。
  サッカーおでんは、日本代表と日本人選手を応援しています。

スポンサーリンク

ちょっとお知らせ

「決定力、得点力は着地数で決まる。決定力を上げるコツ」を修正。文章の変更と画像が表示されるようにした。
最終更新
2019年3月21日。

よくある悩み一覧

サッカーおでんのおすすめ


日の丸サッカーおでんのおすすめ

スポンサーリンク

Copyright © 2015 socceroden All Rights Reserved.