怖いのは正常。恐怖心をお守りに、怖さを強さに変えよう

ボールが怖いのは正常であり恥ずかしくない。ボールが怖いのは正しい反応です。

恐怖心は人を守るお守りなので、怖いと感じるのは人として自然です。恥ずかしがる必要はありません。怖いと感じるのは正常な判断をしているから。胸を張ってください。

自分の心の中にはある、おそれと正しく付き合い怖さを強さに変えよう。

目次
1、怖いのは正常であり恥ずかしくない
2、ボールが怖いのは正しい反応
3、恐怖心は人を守る「お守り」
4、「おそれ」と正しく付き合い、怖さを強さに変えよう

目的
恐怖心をお守りに、怖さを強さに変えてサッカー選手としての心を手に入れる
理由
怖いと感じる正しい反応を活かし、自分に自信を持つため

1、怖いのは正常であり恥ずかしくない

「怖い」と聞いて思い浮かべるものは何か。
「怖いものを想像した人」を見て、どのような感想を持つか。

「サッカー」で「怖い」と感じるのは「正常」であり、「極めて正しい反応」です。
「怖いと思うこと」は、「恥ずかしいことではない」。
人によって「怖いと感じるもの」は違います。
「何が怖いか」は「どうでも良いこと」です。
大切なのは「なぜ、それが怖いのか」。

スポンサーリンク

「何かを怖がること」を「恥ずかしい」と思わないでください。
「怖さを感じること」は、「人として正常」です。
「怖いと感じること」は恥ずかしいことではありません。
「怖いもの」が存在していても、「胸を張る」ようにしましょう。
「怖いと感じる」のは「人として正常」である。

「怖い」と感じたら「怖い」と言いましょう。
「怖いもの」は「怖い」。
人間ですから「怖い」と思うのは当然です。ロボットではないのですから。

スポンサーリンク

2、ボールが怖いのは正しい反応

「怖いと感じること」は「正常な反応」です。
「サッカー」をしているときも、「怖い」と思うことがあるでしょう。
大人よりも子供の方が、「怖いと感じる回数」が多いかもしれませんね。
「痛い」や「怖い」と感じるのは、「正常な反応」でしたね。
「怖いと感じること」は「自然な反応」なので問題ありません。
「偉大な選手達」も、何度も「怖い」と思ったでしょう。

「サッカー」では、「勇敢さ」が求められることがあります。
「自分が怖いと思うことを、なぜ周りの人は出来るのか」、疑問に思ったことはありませんか。
「怖くない」のと、「怖がっていないように見える」は全く違います。
「周りから見て怖がっていない」ように見えても、「本人は怖いと感じている」こともありますよ。
「怖さ」が表面に出ない人もいます。
大人になるにつれ、「怖さ」が外に出ることは減るでしょう。
「大人でも怖いものは怖い」のです。

「痛み」を味わうのは嫌ですよね。
「ボールが当たると痛い」、これは正しい理解です。
「当たると痛いから怖い」と思うのも、「正しい反応」です。
何も間違っていないので、胸を張ってくださいね。「身体の機能は正常」です。

「偉大な選手達」も、「ボールに当たると痛い」です。
大人でも「痛いものは痛い」し、「怖いものは怖い」
子供からは「強そうに見えても」、「心の中では痛がっている」ものです。
「痛がる人」には「優しく」接してください。
「弱っている人や困っている人」を「助けられる人」が、「優れたサッカー選手」になれます。
「サッカー」とは、「究極の人助け」です。
「困っている人を笑う人」は、「サッカーが下手」。
「困っている仲間を助けない選手」と、「一緒」に戦いたいですか。
「自分を笑う人」を「助けたい」と思いますか。
「自分を笑う人」に「ボールを託したい」と思えますか。
「サッカー選手」も「人間」ですから、「感情」があります。
「自分が苦しくても助けたい選手」がいるなら、「サッカー選手」として幸せでしょう。
「自分が苦しいときに助けてくれる人」がいるなら、「人」として幸せでしょう。

「サッカーボール」は「優しい人」を愛します。

「狭い世界(学校や家庭等)」では、「付き合う人を選べない」こともあります。
出来るだけ「付き合う人」は選ぶようにしましょう。
「苦しんでいる人を笑う人」や、「怖いと思うなと言う人」とは、距離をとった方がいいです。
「サッカーを知らない人」と付き合うのは問題ありませんが、「人の心が分からない人」と付き合うのはやめた方がいいでしょう。
「怖いと思うこと」は問題ではありません。
問題があるとしたら、「怖さとの向き合い方」でしょうね。
「一緒に苦しいことと向き合ってくれる人」を大切にしてください。
その人は、あなたにとって素晴らしい人になるでしょう。

スポンサーリンク

  • ボールは怖いもの

「ボールは怖いもの」です。
「ボール」が近くに来ることで、「戦いが生まれる」のですから。
「サッカー選手」にとって、「一番怖い存在」かもしれませんね。
「怖いもの」を、「怖がるだけ」でいいのか。
「怖がるだけ」では前に進めませんよね。
あなただったら、「怖いもの」をどうしますか?
私なら「味方」にします。

至近距離で「相手のパス」が「顔面」に当たったこともあります。
そのときは「痛み」よりも「パスを止めたこと」が嬉しかったです。
「痛み」は遅れてやって来る。

「プロのサッカー選手」でも、「痛いのは怖い」です。
「相手のシュート」に飛び込むとき、「背中」を向ける場面がありますよね。
これは「勇気のある行為」であって、「恥ずかしいこと」ではありません。
「顔を背けたこと」を責めるのではなく、「味方のために勇気を持って飛び込んだこと」を褒めるべきです。
「味方を助けるため」に「勇気を出したこと」は褒められることはあっても、笑われることはないでしょう。
「痛くて怖い」と分かっていながら「味方のため」に飛び込める選手がいるチームは強くなります。
「たった一度の勇気ある行動」が、「チームの心」を奮い立たせます。
「勇敢な選手」の姿を見ると、自然と「勇気」が湧いてきます。
「勇気」と「恐怖」は「感染」します。
「勇敢な選手」は「たくさんの勇気」に囲まれて育った人。
「下手でも勇敢な選手」は、自然と「才能」が集まります。

「子供が怖がる」、「生徒に勇気がない」のなら、「周りの勇気が足りない」のでしょうね。
たとえ失敗したとしても「大人が勇気を見せること」が、「子供の勇敢さ」を育てます。
子供は「怖いぐらい大人を観察」しています。
「子供」を「たくさんの勇気」で満たしてあげてください。
「十分な勇気に囲まれて育つ」と、「周りに与える側」になります。
最近「小さな勇気」はありましたか。

スポンサーリンク

3、恐怖心は人を守る「お守り」

「恐怖心」は「人を守るもの」です。
「怖いと感じることを恥じる」のではなく、「自分を守る味方」にしてください。
「恐怖心」は「サッカー選手のお守り」です。「恐怖心」を「味方」にしましょう。
「恐怖心を味方につけた選手」は、「非常に素晴らしい選手」になります。

  • 怖さで自分の力を判断する

「シュートが当たると痛い」なら、どうすればいいか。

  1. 1、ボールから離れる
  2. 2、ボールに近付く

正解はどちらだと思いますか。
「両方正しい」ですよね。
一つずつ解説しましょう。

ボールから離れる
「ボールから離れる」ので、「ボールが当たる痛み」は防げますね。
「ボールから離れた」ため、「相手がシュート」を撃ちやすいです。
「シュートではなくパス」だったとしても、「相手側」が喜びます。
では、「味方」はどうでしょうか。

「ボールを持った選手」が自由に撃てるので、「味方の守備陣」が大変ですね。
「ディフェンダー(DF)」や「ゴールキーパー(GK)」が頑張らないといけません。
「頑張らないといけない」とは、「喜ばない」ということですね。
ボールから離れると味方は困る。

「ボールから離れる」まとめ
「ボールから離れる」と、「自分は痛くない」ので「助かる」
「相手側」は「シュートが撃ちやすくなる」ので「喜ぶ」
「味方」は「守備を頑張らないといけない」ので「困る」

スポンサーリンク

ボールに近付く
「ボールに近付く」ので、「ボールに当たる」可能性が高まります。
「ボールに接近する」ので、「相手はシュート」を撃つのが難しい。
「シュートではなくパス」だとしても、「相手側」は苦戦するでしょう。
では、「味方」はどう感じるか。

「ボールを持った選手」は「難しい状態」で撃たないといけないので、「味方の守備陣」が楽になります。
「ディフェンダー(DF)」と「ゴールキーパー(GK)」は、処理が楽でしょう。
「処理が楽」とは、「喜ぶ」ということですね。
ボールに近付くと味方は助かる。

「ボールに近付く」まとめ
「ボールに近付く」と、「ボールに当たりやすく」なる問題が。
「相手側」は「シュートが難しくなる」ので「困る」
「味方」は「守備が楽になる」ので「助かる」

両方を比較すると、「ボールに近付く」方が、「チーム全体」としては良いですね。
しかし、「自分のことだけ」考えると、「ボールから離れる」方が良い。
理想は「自分もチームも助かること」
より理想に近いのは「ボールに近付く」方法ですね。
これを改良することで、「自分もチームも嬉しい方法」を生み出しましょう。
その前に、「ボールから離れる」と「ボールに近付く」を表にして違いを強調します。

ボールから離れる方法と近付く方法を比較した表
自分相手味方
ボールから離れる痛くないシュートが楽守備が困難
ボールに近付く当たりやすいシュートが困難守備が楽

上の表を見ると、「ボールから離れる」と「ボールに近付く」の違いがはっきり分かるでしょう。
「ボールから離れる」は、「自分」「相手」「味方」の中で「自分」だけ良い状態。「良い部分が3分の1」
「ボールに近付く」は、「自分」「相手」「味方」の「相手」と「味方」が良い状態。(相手が良い状態とはシュートが困難という意味)「良い部分が3分の2」

表でも分かるように「ボールに近付く」方が好ましいことが分かりました。
ただ、「自分がボールに当たりやすい」ので「未完成」ですね。
「サッカーおでん」は「欲張り」ですから、「自分も痛くない選択肢」をおすすめします。
「ボールに近付く」を改良した「完成されたボールに近付く」を手に入れましょう。
「自分が楽になる」ように、「積極的に改良」しますよ。

「ボールが怖いなら優しいボールと付きあおう」
優しいボールと付き合うために

「ボールが怖いなら優しいボールと付きあおう」
相手のシュートとの付き合い方

スポンサーリンク

4、「おそれ」と正しく付き合い、怖さを強さに変えよう

今までの内容を使って、「おそれ」と「正しく付き合い」、「怖さ」を「強さ」に変えましょう。
「日本人の知恵」に、「怖いものを味方にする」というものがあります。
「ただ怖がる」のではなく、「大きな力」を「祀る(まつる)」ことで「味方」になってもらう。
「怖いもの」を「倒す」のではなく、「味方につける」ことを考えてください。
「怖さ」には興味深い性質があります。
「シュートを止める側に向かっていた恐怖」と「上手に付き合う」と、「恐怖はシュートを止める側の味方」になる。
そして、「怖さ」は「シュートを撃つ側」に襲いかかる。

「相手が飛ばしてきた恐怖」に「塩コショウ」をかけて跳ね返しましょう。
「しょうゆとわさび」もいいですね。
「最高の笑顔」で、相手に「ごちそう」しましょう。
「シュートを妨害するときの私」は、「最高に輝いている」かもしれない。
「サッカーの楽しみ」は、「シュートを決めること」と「シュートを止めること」
「ごちそう」を楽しまないのは「もったいない」ですよ。

まとめ
今回は「怖いと思う」のは「正常である」ことと、「怖いもの」を「味方」にすることを覚えてください。
「怖さ」は「強さ」に変わります。
「ボールが怖い」と思うのは、何も恥ずかしくない。
「怖さを知っている人」は、「素晴らしい選手」になれますよ。

「ボールに近付く」を改良した「完成されたボールに近付く」は、次で扱います。
ここでは「怖さを味方にすること」を中心に紹介しました。

スポンサーリンク


文章を読んで上手くなるメニュー

2017年2月20日公開。追加組

スポンサーリンク

感想を送信する

名前: 
サイトの文章の長さ: 少し短い 短い ちょうどいい 少し長い とても長い
ご感想やご意見等

サイトからの返信を希望の方は、受信メールの設定等の確認をお願いします。メールを送信できない場合もあります。

エラー等で感想を送信出来ない場合はお問い合わせを、ご利用ください。



自己紹介

はじめまして、「サッカーおでん」の竹串です。日本がW杯最多優勝国になるために、「サッカーおでん」を作りました。日本人の高い身体能力を活かす技術を習得しませんか。

「サッカーおでん」はシュート技術を専門に扱うサイト。


独り言

  日本代表には、いつも笑っていて欲しい。
  サッカーおでんは、日本代表と日本人選手を応援しています。

スポンサーリンク

ちょっとお知らせ

文字コードを変更。
最終更新
2019年7月12日。

よくある悩み一覧

サッカーおでんのおすすめ


日の丸サッカーおでんのおすすめ

検索する

スポンサーリンク

Copyright © 2015 socceroden All Rights Reserved.