キック能力検査

  1. トップページ
  2. 能力検査
  3. キック能力検査

目次
1、キック能力検査内容一覧
2、キック能力検査開始
3、キック能力検査を終えて

「おでん式(日本式)キック」では「ドリブル」もキックの1つとして扱っていますが「キック能力検査」では扱いません。「ドリブル能力検査」で扱います。

1、キック能力検査内容一覧

キックに必要な能力を調べます。

検査内容一覧
「トラップしたボールを蹴るとき、軸足をボールから遠ざけないか」  「1キック」と「2キック」を覚えたか  「ボールを蹴るときに足を加速させ始める場所はどこか」  「横に振る蹴り方」と、「縦に振る蹴り方」を覚えたか  「3つの蹴り方を使うことが出来るか」  「インステップキック、インサイドキック、アウトサイドキックで左右に蹴ることが出来るか」  「蹴ることが出来るボールの位置が狭くないか」  「サッカーおでん」を使えるか  「ボールと息を合わせることが出来るか」  「色々な回転を使うことが出来るか」  「空中にあるボールも、しっかりと蹴ることが出来るか」  「地面に叩きつけるような蹴り方が出来るか」  「ヘディングでボールを地面に叩きつけることが出来るか」  「トラップの早送り機能が使えるか」  「トラップしたボールをすぐに蹴ることが出来るか」  「走る動作を利用してボールを蹴ることが出来るか」 

  • トラップしたボールを蹴るとき、軸足をボールから遠ざけないか

トラップしたボールを蹴るときに、軸足を後ろに下げないか確認します。
トラップしたボールを蹴るとき、軸足をボールから遠ざけないか検査

  • 「1キック」と「2キック」を覚えたか

「1キック」と「2キック」を覚えたか確認します。
「1キック」と「2キック」を覚えたか検査

  • ボールを蹴るときに足を加速させ始める場所はどこか

ボールを蹴るときに、足を加速させ始める場所を確認します。
ボールを蹴るときに足を加速させ始める場所はどこか検査

  • 「横に振る蹴り方」と、「縦に振る蹴り方」を覚えたか

「横に振る蹴り方」と「縦に振る蹴り方」を覚えたか確認します。
「横に振る蹴り方」と、「縦に振る蹴り方」を覚えたか検査

  • 3つの蹴り方を使うことが出来るか

3つの蹴り方を使うことが出来るか確認します。
3つの蹴り方を使うことが出来るか検査

  • インステップキック、インサイドキック、アウトサイドキックで左右に蹴ることが出来るか

左右にボールを蹴り分けることが出来るか確認します。
インステップキック、インサイドキック、アウトサイドキックで左右に蹴ることが出来るか検査

  • 蹴ることが出来るボールの位置が狭くないか

蹴ることが出来るボールの位置の広さを確認します。
蹴ることが出来るボールの位置が狭くないか検査

  • 「サッカーおでん」を使えるか

「サッカーおでん」の使い方をしっているか。
「サッカーおでん」を使えるか検査

スポンサーリンク

  • ボールと息を合わせることが出来るか

ボールと息を合わせることが出来るか確認します。
ボールと息を合わせることが出来るか検査

  • 色々な回転を使うことが出来るか

色々な回転を使うことが出来るか確認します。
色々な回転を使うことが出来るか検査

  • 空中にあるボールも、しっかりと蹴ることが出来るか

空中にあるボールも蹴ることが出来るか確認します。
空中にあるボールも、しっかりと蹴ることが出来るか検査

  • 地面に叩きつけるような蹴り方が出来るか

地面に叩きつけるような蹴り方が出来るか確認します。
地面に叩きつけるような蹴り方が出来るか検査

  • ヘディングでボールを地面に叩きつけることが出来るか

ヘディングでボールを地面に叩きつけることが出来るか確認します。
ヘディングでボールを地面に叩きつけることが出来るか検査

  • トラップの早送り機能が使えるか

トラップの早送り機能が使えるか確認します。
トラップの早送り機能が使えるか検査

  • トラップしたボールをすぐに蹴ることが出来るか

トラップしたボールをすぐに蹴ることが出来るか確認します。
トラップしたボールをすぐに蹴ることが出来るか検査

  • 走る動作を利用してボールを蹴ることが出来るか

走る動作を利用してボールを蹴ることが出来るか確認します。
走る動作を利用してボールを蹴ることが出来るか検査

スポンサーリンク

2、キック能力検査開始

  • トラップしたボールを蹴るとき、軸足をボールから遠ざけないか

トラップしたボールを蹴るときに、軸足を後ろに下げないか確認します。

自分の足元にあるボールを蹴るときは、ボールから離れないようにします。
蹴る動作をする前にボールから遠ざかる人は、遠ざからないようにしましょう。
ボールから遠ざかる動作は、相手に反撃の機会を与えることになるので止めた方が良いです。
助走をつけて蹴りたいときは、ボールから離れるのではなく、ボールを前に転がして距離をとりましょう。
トラップしたボールを蹴るときは、ボールから離れないようにする。

ボールを蹴るときは、ボールから離れないようにする。
ボールとの距離が欲しい場合は、ボールを前に転がすようにする。

検査内容一覧に戻る

  • 「1キック」と「2キック」を覚えたか

「1キック」と「2キック」を覚えたか確認します。

「1キック」と「2キック」が出来るか調べます。
「1キック」が出来るか確認してください。「1キック」が出来たら、「2キック」の確認をします。
「1キック」も「2キック」も出来たら問題ありません。
シュートのようにすぐに撃つ必要があるときは「1キック」を、蹴るまでに余裕がある場合は「2キック」を使います。

急ぐときは「1キック」、余裕があるときは「2キック」を使う。
「1キック」と「2キック」を使えるようにする。

検査内容一覧に戻る

スポンサーリンク

  • ボールを蹴るときに足を加速させ始める場所はどこか

ボールを蹴るときに、足を加速させ始める場所を確認します。

足を加速させ始める場所を調べます。
足を加速させ始めるのは、足がどの位置にあるときでしょうか。
加速させ始める位置がボールに近いほど良いキックになります。
理想は、ボールを蹴る直前です。ボールを蹴る直前から加速させ始めることで、蹴る動作を簡単に止めることが出来ます。
加速させ始める位置がボールから離れるほど、蹴る動作を中断するのが難しく、急な状況の変化に対応出来なくなります。
足を加速させ始める場所は、足がボールに当たる直前が理想です。
加速させ始める場所は出来るだけボールに近付けるようにします。
キックフェイントが使えるように、足を加速させ始める位置をボールに近付けましょう。

歩くときは、後ろの足を前に動かします。このときの足の動きから加速させ始めるのもいいでしょう。
後ろの足が地面から離れたときから加速させ、ボールを蹴ります。この方法を使うと、小さい振りで強烈なシュートを撃つことが出来ます。
「1キック」と組み合わせるといいでしょう。

足を加速させ始める位置は、出来るだけボールに近付ける。
足が地面から離れた瞬間から加速させるのも良い。
加速を開始する位置が地面に近いほど、地面を蹴ることが少なくなる。

検査内容一覧に戻る

  • 「横に振る蹴り方」と、「縦に振る蹴り方」を覚えたか

「横に振る蹴り方」と「縦に振る蹴り方」を覚えたか確認します。

蹴り足の膝を横と縦に振ることが出来るか調べます。
ボールを蹴るときに、蹴り足の膝を横に動かしてください。横に振ることが出来たら、縦に振ります。
横にも縦にも振ることが出来たら大丈夫です。

「蹴り足を横に振る蹴り方」と「縦に振る蹴り方」を覚える。
低く飛ばすときは「横に振る蹴り方」を、高さが欲しいときは「縦に振る蹴り方」を使う。

検査内容一覧に戻る

スポンサーリンク

  • 3つの蹴り方を使うことが出来るか

3つの蹴り方を使うことが出来るか確認します。

インステップキック、インサイドキック、アウトサイドキックが使えるか調べます。
利き足で3つの蹴り方が出来るか確認してください。
全て出来たら次に進みます。

今度は、利き足ではない方の足で確認します。
3つの蹴り方が出来るか確認してください。
利き足ではない足で使えなくても問題ありません。
利き足がしっかりしていれば大丈夫です。
ちょっとした気分転換に、利き足ではない方の足を使うのもいいでしょう。

3つの蹴り方が使えるようにする。
利き足は3つとも使えるようにする。

検査内容一覧に戻る

  • インステップキック、インサイドキック、アウトサイドキックで左右に蹴ることが出来るか

左右にボールを蹴り分けることが出来るか確認します。

3つの蹴り方で、ボールを左右に飛ばせるか調べます。
インステップキックで左右に飛ばせるか確認してください。
蹴り足を横に振る蹴り方で左右に飛ばしてみましょう。
インの方向に飛ばすときは普通のインステップキックを、アウトの方向に飛ばすときはドライブシュートを撃つように蹴り足の膝を曲げて蹴ります。
横に振るインステップキックで、ボールを左右に蹴り分けることが出来れば次に進みます。

横に振るインサイドキックで、左右に蹴り分けてください。
インの方向に飛ばすときは普通のインサイドキックで、アウトの方向に飛ばすときはアウト系の回転をかけるように蹴ります。
横に振るインサイドキックで、左右に飛ばすことが出来れば次に進みます。
アウトサイドキックの場合は、少し難しいかもしれません。
アウトサイドキックの場合は、足の振り方は自由にしてください。
アウトサイドキックでも左右に蹴り分けることが出来れば問題ありません。(出来なくても大丈夫です)

インステップキックとインサイドキックは、左右に飛ばせるようにしてください。
アウトサイドキックは出来る人だけでいいです。
横に振る蹴り方で左右に蹴り分けることが出来れば、シュートが入りやすくなります。

3つの蹴り方で、ボールを左右に飛ばせるようにする。
アウトサイドキックは出来なくても問題ない。
全ての蹴り方で左右に蹴り分けることが出来れば、シュートが上手になる。

検査内容一覧に戻る

スポンサーリンク

  • 蹴ることが出来るボールの位置が狭くないか

蹴ることが出来るボールの位置の広さを確認します。

扱うことが出来るボールの位置を調べます。
下の図を使います。飛行機がある場所が軸足だと思ってください。
自分の能力を調べます。自分が蹴ることが出来るボールの位置を確認します。
機体(A)ようなの人は、蹴ることが出来るボールの位置が狭すぎます。
日本語サッカーでは珍しくない能力ですが、シュートが苦手になるので能力向上を目指しましょう。
機体(B)のような人は、良い技術を持っているでしょう。もう少し上を目指しましょう。
機体(C)が理想です。「おでん式(日本式)キック」を習得しているなら、これになるでしょう。
蹴ることが出来るボールの位置が少ないほど、シュートが苦手になります。
自分の間合いを広げるようにしましょう。
「おでん式(日本式)キック」を覚えて、機体(C)を目指しましょう。

攻撃できる範囲が違う飛行機を描いた絵

軸足よりも後ろにあるボールを飛ばせるようにする。
間合いが広い選手ほど、シュートを決めるのが得意。
間合いの広さが得点能力の高さに繋がる。

検査内容一覧に戻る

  • 「サッカーおでん」を使えるか

「サッカーおでん」の使い方を知っているか。

「サッカーおでん」を使えるか調べます。
自分で「サッカーおでん」を作ることが出来るか確認してください。
自分で作ることが出来れば問題ありません。
ボールを動かすときに「サッカーおでん」を使える人は大丈夫です。
どのようにボールを扱うか分かれば、「サッカーおでん」を理解しているでしょう。

「サッカーおでん」が使えるようにする。
自分で作れるようにする。

検査内容一覧に戻る

スポンサーリンク

  • ボールと息を合わせることが出来るか

ボールと息を合わせることが出来るかを確認します。

ボールが転がるように蹴ります。ボールを追いかけ、ボールの動く速さに合わせます。
ボールと二人三脚をするように一緒に動いた後、ボールを蹴ります。
二人三脚した後に、狙った場所に蹴ることが出来れば問題ありません。

ボールと息を合わせる技術を覚える。
ボールと二人三脚をしてから蹴る技術を覚える。
ボールと息を合わせる技術は、相手ゴールに近付くほど輝く。

検査内容一覧に戻る

  • 色々な回転を使うことが出来るか

色々な回転を使うことが出来るか確認します。

片方の足で全ての回転(7つ)が使えるようにしてください。
同じ足で蹴るなら、どの蹴り方を使っても問題ありません。

ボールの色々な回転を描いた絵

上の図の(1)から(6)と(8)の、7つの回転が使えるか確認します。
(5)の回転は難しいので、出来なくても問題ありません。
利き足で7つの回転を使うことが出来るか確認してください。
7つ使うことが出来れば問題ありません。

利き足ではない足も確認しましょう。
出来れば両方の足で7つの回転を使えた方がいいでしょう。
逆の足が難しくても、利き足で7つ使えれば問題ありません。

利き足で7つの回転を使えるようにする。
7つの回転を使えれば、どのような状況でも対応できる。

検査内容一覧に戻る

スポンサーリンク

  • 空中にあるボールも、しっかりと蹴ることが出来るか

空中にあるボールも蹴ることが出来るか確認します。

空中にあるボールを「足首」で蹴ることが出来るか確認してください。
色々な高さのボールを蹴ることが出来れば問題ありません。

「足首」をしっかりボールに当てる技術を身につける。
「足首」をボールに当てる技術があれば、シュートが得意になります

検査内容一覧に戻る

  • 地面に叩きつけるような蹴り方が出来るか

地面に叩きつけるような蹴り方が出来るか確認します。

空中にあるボールを地面に叩きつけることが出来るか調べます。
ボールを地面に叩きつけることが出来れば問題ありません。
「足首」を使って、ボールを地面に叩きつけてください。
腰や胸の高さのボールを叩きつけることが出来れば、しっかりと「足首」を使えているでしょう。

「足首」でボールを地面に叩きつける技術を身につける。
地面に叩きつけることが出来れば、シュートが上手になる。

検査内容一覧に戻る

  • ヘディングでボールを地面に叩きつけることが出来るか

ヘディングでボールを地面に叩きつけることが出来るか確認します。

頭を使って、空中にあるボールを地面に叩きつけます。
「お辞儀」をするように頭を動かすと、ボールを地面に叩きつけることが出来ます。
まずは、跳ばないで試します。跳ばずに出来たら、今度は跳びながら行います。
頭でボールを地面に叩きつけることが出来れば問題ありません。
ボールを地面に叩きつけることが出来れば、ヘディングシュートを習得しているでしょう。

頭を使ってボールを地面に叩きつけるようにする。
「お辞儀」をするように頭を動かせば、ボールを地面に叩きつけることが出来る。
跳びながら頭を振るときは、振りすぎないように気をつける。大きく振りすぎると体勢を崩しやすい。

検査内容一覧に戻る

スポンサーリンク

  • トラップの早送り機能が使えるか

トラップの早送り機能が使えるか確認します。

空中にあるボールを扱うとき、早送り機能が使えるでしょうか。
早送りが出来れば問題ありません。
「足の裏」や「頭」を使って、ボールの動きを変えましょう。
ボールを触ることが出来る時間を操り、自分を守りましょう。
早送り機能が使えれば、時間を上手に使うことが出来ます。

トラップの早送り機能を使えるようにする。
早送り機能で、ボールを触ることが出来る時間を操れるようにする。

検査内容一覧に戻る

  • トラップしたボールをすぐに蹴ることが出来るか

トラップしたボールをすぐに蹴ることが出来るか確認します。

「胸」、「もも」でトラップします。「胸」を使うときは「心臓震盪(しんぞうしんとう)」に気をつけます。
「もも」を使う場合は、ボールが上に跳ねないようにします。
「もも」に当てたボールが地面に触れる前に「足首」で蹴ります。蹴り方は当てやすい方法を選んでください。
「胸」でトラップする場合は、相手にボールを軽く投げてもらいましょう。
「心臓震盪(しんぞうしんとう)」を避けるためとボールを操作しやすくするために「胸」の左右で扱い、ボールが地面に落ちる前に「足首」で蹴ります。
ボールが地面に落ちる前に蹴りましょう。
トラップしたボールをすぐ蹴ることが出来れば問題ありません。

トラップするときは、ボールを左右に動かすようにしましょう。
前や左右に動かしたボールも蹴ることが出来るようにします。
左右に動かしたボールをしっかりと蹴ることが出来れば、ボレーシュートが得意になります。

身体を後ろに引くトラップだと、すぐにボールを蹴ることが出来ません。
ボールを扱えない時間をなくすため、トラップするときは「おでん式(日本式)トラップ」を使いましょう。

トラップしたボールをすぐに蹴ることが出来るようにする。
ボールが地面に触れる前に蹴ることが出来れば、トラップからのシュートが上手になる。
ボールを扱うことが出来ない時間が発生しないトラップを使う。

検査内容一覧に戻る

スポンサーリンク

  • 走る動作を利用してボールを蹴ることが出来るか

走る動作を利用してボールを蹴ることが出来るか確認します。

ボールに動きを合わせることが出来るかの確認でもあります。
ボールを手で持ちます。前に進みながらボールを少し前に投げます。
投げたボールに追いついたら「もも」でトラップし、落ちてきたボールを蹴ります。

ボールを前に浮かせてから走り出す方法でも問題ありません。
2種類のやり方で試してください。
1つめは、トラップした足と蹴る足を別にするやり方。(別にするやり方)
2つめは、トラップした足と蹴る足が同じになるやり方。(同じにするやり方)
1つめの「別にするやり方」では、トラップした後にすぐ蹴ってください。
別にするやり方
「走る」、「トラップ」、「キック」、「走る」。
トラップしてから蹴るまでの間、着地していいのはトラップした足だけです。
トラップとキックが自然に繋がるか確認します。
同じにするやり方
「走る」、「トラップ」、「走る」、「キック」。
トラップした足でボールを蹴ります。
走る動作を利用してボールを蹴りましょう。

トラップと蹴る足を別にする場合は、ボールをどこに動かすか気をつける。
ボールを蹴り足側に動かす。ボールを斜め前に動かすといいでしょう。
トラップした足でボールを蹴る場合は、ボールを少し前に動かすと蹴りやすいです。
「走る動作」を「蹴る動作」に変換出来るようにします。
2つのやり方でボールを蹴ることが出来れば、「歩く動作」と「蹴る動作」が融合出来ているでしょう。ボールとの相性も抜群でしょうね。

走る動作を蹴る動作に変換出来るようにする。
「歩く動作」と「蹴る動作」を融合させる。

検査内容一覧に戻る

スポンサーリンク

3、キック能力検査を終えて

上で紹介した内容は、人によって良いことと好ましくないことが変わります。
上の内容が全てではありません。
この検査は、「おでん式(日本式)キック」を習得出来たか確認するためのものです。

人によって最高の蹴り方は違います。蹴り方には好みもあるので、検査結果が良くなくても気にしないでください。
「このような考え方もあるのだな」と受け取ってください。
あなたが考える理想の蹴り方や、指導方法を否定するものではありません。
取り入れたいと思ったものは取り入れ、必要ないと感じたものは取り入れない。

他の考え方や指導方法を否定するものではありません。
違う考え方がある方が面白いですからね。
自分と異なる考え方に触れることで、何か新しいものが生まれることもあります。
この検査は、「たくさんある考え方の一つ」を扱ったものです。
色々な考え方に触れ、あなたのサッカーを見つけてください。

2015年1月22日公開。初期組

スポンサーリンク

感想を送信する

名前: 
サイトの文章の長さ: 少し短い 短い ちょうどいい 少し長い とても長い
ご感想やご意見等

サイトからの返信を希望の方は、受信メールの設定等の確認をお願いします。メールを送信できない場合もあります。

エラー等で感想を送信出来ない場合はお問い合わせを、ご利用ください。



自己紹介

はじめまして、「サッカーおでん」の竹串です。日本がW杯最多優勝国になるために、「サッカーおでん」を作りました。日本人の高い身体能力を活かす技術を習得しませんか。

「サッカーおでん」はシュート技術を専門に扱うサイト。


独り言

  日本代表には、いつも笑っていて欲しい。
  サッカーおでんは、日本代表と日本人選手を応援しています。

スポンサーリンク

ちょっとお知らせ

文字コードを変更。
最終更新
2019年7月12日。

よくある悩み一覧

サッカーおでんのおすすめ


日の丸サッカーおでんのおすすめ

検索する

スポンサーリンク

Copyright © 2015 socceroden All Rights Reserved.