連絡
携帯電話の設定等を確認してください。

ボールが怖いなら優しいボールと付き合おう

ボールが怖いなら付き合うボールを選ぼう。サッカーには怖いボールと優しいボールがある。怖いボールは、なぜ怖いのか。

怖いものが奪う、得られたであろう未来。間違った相手との付き合いが大事なものを奪う。

優しいボールと付き合うためには知識が必要。優しいボールが相手のシュートとの付き合い方と上達の近道を教えてくれる。

目次
1、ボールが怖いなら付き合うボールを選ぼう
2、怖いボールと優しいボールがある
3、怖いボールは、なぜ怖い
4、「怖いもの」が奪う「得られたであろう未来」
5、優しいボールと付き合うために
6、相手のシュートとの付き合い方

目的
ボールとの正しい付き合い方を知り、無理なくサッカー上達を目指す
理由
付き合う相手を選ぶように、付き合うボールを選ぶことがサッカー上達の近道だから

1、ボールが怖いなら付き合うボールを選ぼう

試合中「ボールが怖い」と感じることがあります。
「怖いボール」と無理に付き合う必要はありません。
「付き合う相手」を選ぶように、「心が穏やかになるボール」と付き合いましょう。
「サッカー選手」にとって、「冷静さ」は大事ですからね。
無理に「怖いボール」と付き合おうとしない。
「怖くないボール」と付き合いましょう。

スポンサーリンク

「怖いボール」と付き合うと、「本来の力」が出せません。
「のびのび」とプレーするためにも、「怖くないボール」を選びます。
「怖くないボールと付き合うこと」が「サッカー上達の近道」です。
「無理」して「怖いボール」と付き合っても、「サッカーは上手くならない」です。

「怖いボール」と無理に付き合う必要はない。
「付き合いやすいボール」を選ぶ。
「怖くないボール」と付き合うことが「サッカー上達の近道」

スポンサーリンク

2、怖いボールと優しいボールがある

「ボールが怖い人」は、「特定のボールが怖い」はずです。
「ボールが存在するだけ」で「怖いと感じること」は少ないでしょう。
大事なのは、「ボールの見極め」です。

「どのようなボール」が「怖い」か、判断出来るようにしましょう。
「怖いかどうかを判断出来る」ようになれば、「怖さ」を「味方」に出来ます。

まずは、「ボール」をよく見て、「怖い顔をしているか」確認するようにしてください。
「怖くないボール」なら「自分から積極的に触る」ようにします。
「ボールが怖い顔」をしていたら、「他の人に任せる」のもいいでしょう。
大事なのは、「怖いボールか見極めること」であって、「怖いボールと付き合うこと」ではありません。

「自分に向かって来るボール」が「怖い顔」をしているか観察する。
「無理に怖いボール」と付き合う必要はない。
「ボールをしっかり観察すること」が大事。

スポンサーリンク

3、怖いボールは、なぜ怖い

「ボールを観察」していると、何か気付きませんか。
「怖いボール」と、「怖くないボール」には違いがありますよね。
「色々なボール」を「観察」して、「ボールが怖い理由」を探りましょう。

  • 倉庫に保管されているボール

「倉庫に保管されているボール」は「怖くない」です。
「止まっているボール」は怖くない。
「動いている」から「怖い」のだろうか。

観察結果(1)
「止まっているボール」は怖くない。

  • 自分で動かすボール

「止まっているボールは怖くない」のなら、「動いているボール」はどうでしょうか。
「自分で蹴るボール」は、「怖くない」ですよね。
「スローイン等、自分の手で投げるボール」も「怖くない」はずです。
「動いているボール」でも、「自分で動かす」なら「怖くない」
「怖いと感じる」のは、「他の人が動かす」からだろうか。

観察結果(2)
「自分で動かすボール」は怖くない。

  • 観客席から見るボール

「サッカーの試合」を「観客席」から観戦する。
「他の人が動かすボール」は、「怖くない」
観戦しているとき、「他人が動かすボール」は「怖くない」。
「離れている場所で動く」から「怖くない」のか。
「怖さ」には「ボールとの距離」が関係しているのかもしれない。

観察結果(3)
「離れた場所で動くボール」は怖くない。

  • 遠くから近付くボールと近くに飛んで来ているボール

「ボールとの距離」を調整します。
「試合を観戦するとき」は「ボールと離れていた」ので怖くなかったのでしょう。
では、「非常に近い位置にあるボール」はどうだろうか。
「ボールが近付いて来る」場合を考えます。
自分に向かって飛んで来ていても、「距離がある」なら怖くない。
「遠い位置にあるボール」でも、「自分に近付くボール」は怖くなるかもしれない。
「自分に当たりそうなボール」は、「非常に近い位置」にある。
「近い位置にあるボール」は怖い。
自分に近付いて来ても「距離があれば怖くない」が、「近い位置に来ると怖い」と感じる。
「ボールが怖い」かは、「ボールとの距離」に関係しているのかもしれない。

観察結果(4)
「ボールとの距離」が怖いかを決める。

  • 足元に飛んでくるボール

「近い位置にあるボール」は怖いのか。
「自分に向かって来るボール」で考えます。
「ボールが転がりながら」足元に向かって来ても怖くないでしょう。
多少、勢いがあったとしても「足元に飛んで来るボール」は怖くない。
「自分に近いボール」でも、「足元」なら怖くない。

観察結果(5)
「足元に飛んで来る(転がって来る)ボール」は怖くない。

スポンサーリンク

  • ボールが特定の位置に近付くと怖いと感じるのか

「足元に飛んで来るボール」が怖くないのは、「怖さを感じる位置」から離れているからか。
「足元」から一番離れている部分といえば、「顔」があります。
もしかすると、「顔に近付くボール」が怖いのかもしれない。

これまで得られた観察結果から、「怖いボールの正体」を探ります。
「観察結果(1)止まっているボールは怖くない」より、「動いているボールが怖い」と予想する。
「観察結果(2)自分で動かすボールは怖くない」より、「他の人が動かすボールだから怖い」と予想。
「観察結果(3と4)離れた場所で動くボールは怖くない、ボールとの距離が怖いかを決める」より、「ボールとの距離が怖さを決める」と考える。
「観察結果(5)足元に飛んで来るボールは怖くない」より、「怖さを感じる位置がある」と考える。

「観察結果(1)から(5)」を使って、「怖いボールの正体」に迫ってみます。
今までの結果では、「怖いボールにする」には、「ボールを動かす」、「他の人が動かす」、「距離を短くする」、「怖さを感じる位置に近付ける」を満たせばいいはず。
この条件を使って「怖いボール」を生み出せるなら、「怖いボールの正体」が分かるだろう。

  • 怖いボールを生み出す条件(1)
  • ボールを動かす。
  • 他の人が動かす。
  • 距離を短くする。
  • 怖さを感じる位置に近付ける。
  • 怖いボールの確認

「怖いボールを生み出す条件」と、「怖いボール」を比較。
まずは、「ボールを動かす」から。
「ボールを動かすから怖い」なら、「止まっているボールは怖くない」はず。
「止まっているボール」が「怖いボール」にならないか確認します。
倉庫にある「使用していないボール」は怖くありませんが、場合によっては「怖いボール」に生まれ変わります。

「止まっているボール」が「怖いボール」になる瞬間
相手に悪いですが、「相手に気付かれないよう」に「ボールを相手の背後」に準備します。
「相手の顔の高さ」で「ボールの位置を固定」します。
「相手」が「ボール」に気付くと、「驚く」でしょう。
「止まっているボール」を「自分の顔に飛んで来るボール」と「勘違い」して、「怖い」と感じるはず。
「怖い」と思うのは最初だけで、「顔を安全な位置に動かした」あと、「止まっているボール」だと認識します。
この反応は「ボールでなくても」起こります。
「相手の顔の近くで拳」を準備して「相手を振り向かせる」。「相手」に怒られたら成功かもしれません。

「止まっているボール」でも「怖いボール」になることから、「ボールが動いているか」は気にしなくても問題ないでしょう。
「ボールが動いているか」は怖さとは関係ない。

「正常ではない状態」になると、「自分を守るために身体が反応」します。
「顔の近くにボールや拳がない状態が正常」です。
「振り向いたときに顔の近くに何かがある」のは「異常」です。
「異常な状態」から「より安全な状態」にするのが「人として正常な反応」でしょう。
「身体を守るための反応」は「正常なこと」であり、恥ずかしいことではありません。

一瞬だけですが、相手を怖がらせる実験になるので真似しないように。
「二人の関係にヒビが入るのも一瞬」です。

  • 自分で動かすボールも怖いボールになる

「怖いボールを生み出す条件」の「他の人が動かす」を確認します。
「他の人が動かす」から「怖いボールが生まれる」のか。
「自分が動かすボール」は「怖いボール」にならないかの確認です。
目の前に何も無い状態でボールを動かすなら「怖いボール」は生まれませんが、「壁の前」でボールを動かすとどうでしょう。

「壁から離れた位置」なら「怖くない」ですが、「壁に近い位置で動かす」と「怖く」なります。
「自分で動かすボール」でも、「壁」で跳ね返ると「怖いボール」に生まれ変わります。
「自分で動かしたボール」でも「壁で跳ね返る」と「怖いボール」になることから、「ボールを誰が動かすか」は「怖いボールになるか」とは関係ないことが分かります。
「自分で動かしたボール」でも「怖いボール」になるなら、「ボールを誰が動かすか」は気にする必要がありません。
「ボールを誰が動かすか」は怖さとは関係ない。

  • 壁で跳ね返るボールはなぜ怖い

「自分で動かしたボール」でも「壁で跳ね返る」と「怖いボール」になることが分かりました。
「壁で跳ね返る」と「ボールの動き」を予想出来ません。
この「ボールの動きを予測出来ないこと」が「怖いと感じる原因」かもしれません。
「ボールの動きを予測出来るか」も、判断材料に加えるといいでしょう。
「ボールの動き」を観察することで、「動きを予測出来る」ようになります。
「ボールの動きを予測する能力」は、「相手とボールを奪い合う」ときや「ドリブル」のときに役立ちます。

知らない間に「怖さ」を感じなくなった人は、「動きが予測出来る」ようになったのかもしれません。
「ボールが怖く」ても焦ることはありません。
まずは「怖いボール」の動きを観察しましょう。

「一回目の判断で怖い」と感じても、その後の判断で「怖いボールではない」と修正されることもあります。
「ボールを怖いと思うこと」は、「情報を正常に取得出来ている」と考えてください。
「情報の多さ」は武器になります。
「色々な情報」に触れて、「必要な情報」と「気にしなくても良い情報」を判断出来るようにしてください。
特別なことは必要ありません。ただ「怖いボール」を観察するだけです。
「怖いと感じるボール」の動きや特徴を記録し、共通点を見つけてください。
「怖いものは怖い」と言葉に出し、「自分が怖いと感じる理由」を探すといいかもしれません。

一回目は危険と判断したが、二回目以降で安全だと修正される場合
「相手に気付かれないようにボールを顔に近付け」、「相手が振り向く」と驚きましたね。
一回目は「非常に近い位置にあるボール」なので「危険なボール」と判断し、「顔を安全な位置」に動かします。
「ボールは飛ぶもの」であり、「顔の近くにある」ということは「衝突直前」だと判断するのが正常です。
「危険を避ける」ために「怖いボールへの対処法」を身体に行わせる。
「危険から離れたら」、「安全を確保」しつつ「危険度の再測定」を行います。
「安全な位置」から「より多くの情報を集め二回目の判断」を行う。
「一回目は危険」と判断しましたが、「二回目では安全」となり、「判断が修正」されます。
「間違った判断」を下しても、その後「より正しい判断に修正される」なら問題ありません。
「一回目に危険」と判断し「顔を安全な位置に動かす」ことは「正しい反応」です。
「後で修正される判断」だとしても、「自分を守る一回目の判断」は「正解」です。
「後で修正される」としても、恥じる必要はありません。
「素晴らしい判断を下した自分の身体」を「誇り」に思ってください。

「怖さが味方になる距離はシュートを撃つ側が苦手な距離」
なぜシュートを撃つ側が苦手なのか

スポンサーリンク

  • ボールとの距離と怖さを感じる位置

「怖いボールを生み出す条件」の「距離を短くする」と「怖さを感じる位置に近付ける」は似ているので一緒に扱います。
「怖さを感じる位置に近付ける」と「距離を短くする」は似ているので、より条件が細かい「怖さを感じる位置に近付ける」を採用しましょう。
ここで問題になるのが「怖さを感じる位置」ですね。
どこにボールが近付くと怖さを感じるのか。

「観察結果(5)足元に飛んで来る(転がって来る)ボールは怖くない」から、「怖さを感じる位置」は「足元から遠い場所」であると予想します。
一番分かりやすいのが「顔」ですね。
ここでは「顔」ということにしておきます。
「怖いと感じるか」は人によって変わるので、少し広めに考えておきましょう。
「顔」だけでなく、「心臓」も含みましょうか。
「心臓が止まると大変」なので、「心臓がある胸」も「怖いと感じる位置」に加えます。
「怖さを感じる位置」には「個人差」があるので、「怖さを感じる位置が狭い」から凄いというわけではありませんし、「怖さを感じる範囲が広い」からといって自分を恥じる必要もありません。
「怖さを感じる位置が他の人と比べてどうか」など、どうでもいいことです。
大切なのは「怖さを感じる位置からボールを遠ざけること」であって、「怖さを感じる位置を狭くすること」ではありません。
ここを勘違いすると、「サッカーが上達しない」でしょう。(簡単な説明は下にあります)

「顔と胸」にボールが近付くと怖く感じる。
「怖さを感じる位置」から「ボールを遠ざけること」が大事であり、「怖さを感じる位置を狭くする必要はない」

「怖さを感じる位置を狭くしよう」とすると上達しない理由
「怖さを感じる位置」が「自然」と狭くなることは「本人が成長した」ので問題ありません。
「無理」に「狭くする」のは、「子供に悪い影響を与える存在」と「積極的に接触させる」ようなものです。
例えば「毒キノコ」
「毒キノコ」を食べると体調を崩し、最悪の場合命を失います。
「子供に悪い影響を与える毒キノコ」を「克服させる」必要はありません。
「克服させようとする考え方」が間違っています。
「毒キノコ」以外でも同じです。「攻撃的な人」と子供を接触させたいか。
「適切な情報を持っている大人」であれば、「付き合う人を選びなさい」と言うでしょう。
「子供に悪い影響を与える人」だと知らない場合は別ですが、一般的な考えを持っていれば「子供と接触させない」はずです。
「子供に悪い影響を与えるもの」とは「危険」であり、「距離をとる対象」であって、「克服すべき相手」ではありません。
「毒キノコの毒」や「乱暴な人の暴力(心や身体への暴力)」を「克服」する必要はありませんよね。
「毒や暴力」を「克服」しようとすると、「本来なら得られたであろう素晴らしいもの」を失ってしまいます。
「怖いもの」とは「正しい付き合い方(適切な距離をとる等)」をすべきです。

「毒や暴力」で「本人の能力が一時的に低下」し、「正常な判断が出来ない」こともあります。
「克服させたい」や「相手を治したい」と考えると、「避難」が遅れます。
「自分なら相手を変えられる」と勘違いしている人ほど、「悪化させる」でしょう。
「自覚症状が出てから」では、「逃げる元気」が「足りず」に、「逃げられない」。
「頭では逃げないといけない」と分かっていても、「身体が動かず」完全に染まってしまう。
「逃げる元気があるとき」に、さっさと逃げましょう。
「逃げたばかりのころ」は、「判断力が回復していない」ことが多く、「危険な環境」に戻りたいと考えるかもしれません。
「判断能力が回復」してから、「距離をとるべき存在」の「危険度を再測定」してください。

「子供に悪い影響を与えるもの」は個人によって判断が分かれるので難しいですが、「克服させるという考え方」が「才能や選択肢」を潰し、「本来得られたであろう未来(得点等)」まで消してしまいます。
「サッカーで失うもの」は「4、怖いものが奪う得られたであろう未来」で扱います。

命に関わること
「子供」が「頭や胸」で「ボール」を扱うときは気をつけてください。
特に「胸」ですね。「胸(心臓)に衝撃が加わること」で「死亡」することもあります。
「心臓震盪(しんぞうしんとう)」は比較的若い人に起こるようです。
「軽い衝撃」が、「子供の命を奪いに来る」場合もあります。
「子供が顔や胸に飛んで来るボールを怖がる」のは、「生物として正しい反応」なのかもしれません。
「心臓震盪(しんぞうしんとう)」に関しては「胸トラップ」でも少し扱っています。
詳しいことは専門家にお尋ねください。

スポンサーリンク

4、「怖いもの」が奪う「得られたであろう未来」

「子供に悪影響を与えるもの」と「無理に付き合わせる」と、無駄に苦手意識を持ってしまい、「サッカー選手としての自信」を失います。
「苦手なものと付き合う」ときは、「成功することは少ない」でしょう。
「サッカーボール」が「自分を勇気付けるもの」ではなく、「才能と誇りを奪う凶器」になってしまいます。
「サッカーボール」とは、「選手にとって心臓であり人生を共に生きる大切な配偶者」でもあります。
「自然と仲良くなる二人」を「険悪な関係」にすることには賛成できません。

「苦手なもの」は「自信を奪い」、「得意なもの」は「選手を育てる」
「克服するという考え方」をする人は、「子供を否定する」でしょう。
「選手に対して注文を繰り返し出す」ことは、「出来ていない」と「何度も否定」するのと同じです。
「自分を何度も否定する人」を「好き」になりますか。
「自分はダメな人間だと否定される時間」を「楽しめ」ますか。
「精神や肉体が十分に育った大人」でも、「何度も否定される」と「自信を失う」でしょう。
「自信を失った人」は、「命も失う」ことがあります。
「サッカー」が「楽しいもの」から「自分を否定する怖いもの」になったとき、「サッカー選手が一人減る」

「嫌いな人が教える教科」は「嫌い」になる。
「嫌いな教科」だったとしても、「好きな人が教える」なら「好き」になる。
「やる気が出ない」のは、「教科が悪い」からか。それとも、「先生が嫌だから」か。
「子供を否定すること」は「楽しいのかも」しれない。
「子供を従わせること」は「気持ちが良いのかも」しれない。
「サッカーボール」を見れば、「指導者が選手にしてきたこと」が分かります。
「サッカーが好きな選手」と一緒なら、「ボールは楽しそう」にしています。
「ボールが息をしていない人」もいますよ。
「ボールが生きていない選手」は「上」に行けないでしょう。
「本来なら簡単に到達出来た場所」でも、「自信を奪われ続けたら」、「選手は進めなく」なる。
「子供の心を一度壊してしまう」と、「苦労」しますよ。
「心は簡単に壊せます」。「心が壊れる」と「賢さが生まれない」
「賢さのない選手」は、「対処法」を知られたら「サッカー初心者」にも負けます。
「サッカーが上手になること」と、「指導者が好む子供に改造すること」は違います。
「サッカーの練習時間」が「指導者の機嫌を取る時間」になっていないか確認してください。
「サッカー選手」ではなく、「指導者を気持ち良くさせる道具」を育てようとしていませんか。

スポンサーリンク

技術的なこと
「サッカーボールは選手に自信」を与えます。
「自信を持ってボールを触る」と、「楽しい時間」が得られます。
「楽しい時間」が「選手の才能を開花」させるでしょう。

「好きなこと」ばかりだと良くないと考える人もいるかもしれません。
この考え方は「好きなこと」が「増える可能性」を考えていないでしょう。
「苦手なこと」や「嫌いなこと」は、「好きなこと」に「変化」します。
「苦手なこと」を「好きなこと」の近くまで連れて来てくれるのが、「楽しい時間」です。
「楽しい時間」は「苦手なこと」を「好きなこと」に近付け「楽しくない時間」は「苦手なこと」を「好きなこと」から遠ざけます。

「高いボールが嫌い」で「低いボールが好き」なら、「好きなボール」を触ることで「怖いボールとの付き合い方」に近付けます。
「高いボールが嫌い」なので、「好きなボール」と付き合いたい。
「好きなボールを増やす」には、「高いボールを低いボール」にすればいい。
「高いボール」は「怖い」ので、「安全な位置」を探したい。
「安全な位置は低い場所」だから、「高いボールが低い位置に来る」ようにする。
自分が持っている「サッカーの知識」を使って、「高いボールを低いボール」にするにはどうすればいいか。
ここで「自分の中での実験」が行われます。
「正常な環境」なら、「子供の実験」は「順調」に進みますが、「異常な環境」の場合、「実験は中断される」でしょう。

「トラップ実験」の中には、「足の裏」も候補に入ります。
「サッカーの練習時間」が「指導者に好かれるための訓練」だとしたら、「足の裏」は候補から消えるでしょう。
「悪意があるか」は別として、「トラップの練習」と聞くと「リフティング」を推奨する人もいますよね。
「リフティングを練習させる」ことで、「足の裏」から遠ざかる。
「目標回数」が出されてしまうと、「足の裏の存在」が消し飛ぶでしょう。(「足の裏」を使うリフティングもありますが一般的ではないでしょう)
「足の裏という選択肢」が存在していても、「指導者側の指導方法」で「簡単に消されて」しまいます。
「高いボールを怖がる選手」に「本当に必要」だったものは何か。
それは「自信と誇り」でしょう。「自信」は「自由な実験」から生まれます。
「指導者の影響力」は「恐ろしいほど大きい」です。
「自由な実験を禁止」し、「選手の未来と才能を潰してきた指導者」は多いかもしれません。
「選手から誇りと自信を得る機会」を奪わないでください。

スポンサーリンク

「日本代表」や「日本国内の試合」で、「足の裏」を使う選手がいます。
「上手い選手の試合」を見ることで、「サッカーの知識」は増えます。
「知識として足の裏」を知っていても、「指導者から禁止されること」で「能力が制限」される。
「使っても良い選択肢」を「選手に使わせない」のは、「選手の才能とチームの勝利」を奪うこと。
「足の裏」を使えば「簡単にシュートを撃てた場面」でも、「指導者の制限」で「トラップで失敗」して終わる。
「シュートを撃つこと」は「選手に自信」を与え、「チームに勝利」をもたらします。
「じゃんけん」で「パーを禁止された人」は、「苦しい戦い」になりますよね。
「グー」か「チョキ」しか出せないので、相手は「グー」を出し続ければ「引き分けか勝ち」になり対応が楽。
それと同じで、「指導者に選択肢を減らされた選手」ほど、「勝利」から遠ざかります。
「能力を制限する指導者」は非常に多いでしょうね。

制限される能力として、「足の裏でのトラップ」や「アウトサイドキック」、「ラボーナキック」等があります。
「ラボーナキック」は、非常に興味深い蹴り方ですよ。

「サッカー選手に必要」なのは、「怖さに理解のある大人」です。
「怖さに理解のある大人」が一人でもいると、「人生が大きく」変わります。
「怖いものは怖い」と「本音を語り合える関係」は「子供を強く」します。
「指導者側」に「選手の判断」を尊重出来る「器」があるか。「怖いものを怖いと言える強さ」があるか。
「子供が求めている」のは「怖い大人」ではなく、「怖いものと向き合ったあと」に「安心して駆け込める場所」ではないですか。

「安心出来る場所を持っている選手」は、「勇気」を持って戦えます。
まずは「子供達」に「怖いものと向き合う勇気」を与えてください。
必ずしも上手くいくとは限りませんが、「怖いものと向き合ったこと」は褒めてあげてください。
「褒められること」は「大人」でも「嬉しい」ものです。
「怖いものと向き合うこと」で「勇気」を、「理解者がいること」で「安心」を、「再び挑むこと」で「自信」を得られるでしょう。

「シュートを撃つための勇気」を、「味方を助けるための優しさ」を、「最後まで戦い続ける強さ」を与えてください。
「自信と誇り」が「勇敢な選手」を育てます。

「子供は賢い」です。「勇気のない指導者」を「しっかり」見ていますよ。

スポンサーリンク

5、優しいボールと付き合うために

「優しいボール」と仲良くするには、「正しい付き合い方」を知る必要があります。
「怖いボールの観察結果」を活かして「優しいボールとの付き合い方」を覚えましょう。
「ボールとの付き合い方」とは、「ボールの扱い方」のことです。
今回は「ボールの処理の仕方」と考えるといいでしょう。

  • 「顔」と「胸」から遠ざける

「ボール」を「顔と胸」から遠ざけます。
「顔と胸から遠ざける」とは、「ボールを足元に導く」ということ。
「上から落ちてくるボール」は「足元」で扱います。
「頭や胸よりも高い位置にあるボール」に触れると痛いし怖いので、「足で扱う」ようにします。
「足で扱う」ときは、「頭と胸から一番遠い場所」を使います。
「頭と胸から一番遠い場所」とは「足の裏」ですね。
「足の甲」もいいですが、少しでも遠い方がいいので「足の裏」をおすすめします。

  • 足の裏を選択する理由

「足の裏」を使わなくても、「足の甲」や「もも」で「ボールを処理」出来ますよね。
「上手に処理出来るなら足の甲やももでいいのでは」と思うでしょう。
「足の甲やもも」では「上手に処理出来ることが少ない」ので、おすすめしません。
「落ちてくるボール」を「足の甲」で扱うと、「ボールが上に動く可能性がある」
「ボールが上に動く」とは、「ボールが顔と胸に近付く」ということですね。
「ももでトラップ」するときも同じです。
「落ちてくるボール」を「怖いボールにしない(顔と胸から遠ざける)」ために、「足の裏」をおすすめします。
「処理を間違う」と「顔」に当たりますよね。「痛い」ですよ。

「足の裏」を選択せずに、「足の甲やもも」を選ぶことは、「怖いと感じる位置に近付く危険なボール」を「野放しにする」のと同じです。
「足の裏」で「怖いボールを処理」すれば「優しいボール」になりますが、「足の甲やももで処理」しても「まだ怖いボール」のままです。
「足の甲やもも」で「上手に処理」出来ればいいのですが、「上手に処理出来る回数」よりも「上手くいかない回数」の方が多いでしょう。
「上手くいかない回数が多い」とは、「怖いボールに対抗出来ない」という意味です。
「足の裏」の方が、「怖いボール」を「優しいボール」にするのが得意。
「怖いボールを優しいボールにするのが得意」とは、「足の裏は怖いボールの天敵」ということです。
「怖いボール」と接するときは、「より強力」であり「怖いボールの天敵」に頼みましょう。(「足の裏」を選択することで「ボールの扱い方」をより早く学習出来ます)

「怖いボール」は「顔と胸」に強く、「足の裏」に弱い。
「怖いボールの天敵」は、「顔と胸から一番遠い足の裏」である。

スポンサーリンク

「足の甲やもも」で「ボールを扱うこと」を否定しているわけではありません。
「怖いボールの処理が苦手な足の甲やもも」よりも「怖いボールの天敵である足の裏」をおすすめしているだけです。
「足の甲やもも」を選択しても全く問題ありません。
自分が使いやすい方を選んでください。
「味方からのボール」を「シュート」しようとしたとき、一度「トラップ」をすることがあります。
「シュート」を撃つには「トラップを成功」させないといけない。
「シュート」を多く決めるには「シュート回数を増やす」必要があります。
「シュート回数を増やす」には、「味方からのパスを自分のものにする」必要があります。
「怖いボールを自分のもの」にするとき、どの方法を選択するか。
私なら「より性能の高い足の裏」を選びます。
「高いところから落ちてくるボール」の処理は「足の裏」がおすすめです。(足の裏が難しいときは除く)
「足の裏で得られる経験値」は「シュートやドリブル等」他の技術にも活かせるので上達が早くなります。

試合中のボールの扱い
「味方からのパス」を「自分のもの」にしようとしたとき、「足の裏」を選択する選手は、「ボールを保持する割合が高い」です。
「ゴールキーパーからのボール」で確認するといいでしょう。「ボールを自分のものに出来ないフォワード」は、「足の甲や足の内側」等を選択することが多いはずです。
「インステップやインサイド、アウトサイド」を選択しても問題ありませんが、「相手選手の妨害」で「上手くいかないこと」が多いでしょう。
「後ろから押したり引いたり」されると、「ボールを触る位置が変化」し、「ボールを自分のものに出来ない」回数が増えるでしょう。
言い方を変えれば、「トラップが上手な選手」に「身体をぶつける(押したり引いたりでも良い)」と、「ボールを上手に扱えない」ということです。
「フォワード」のように「相手陣内」で戦う選手ほど、「足の裏」を選択した方がいいでしょう。
「日本代表」にも「足の裏を選択する選手」が増えていますね。
「より強力な武器」を選択するようになったようです。

試合中は相手が妨害してきます。
相手に力を加えられても問題ない技術を選択してください。
「足の裏の頼もしさ」を味方にしよう。


「高い位置にあるボール」とは「足の裏」で「付き合う」ことが分かりました。(他の部分でも問題ありません)
次は「地面にある怖いボール」との「正しい付き合い方」ですね。
「地面にある怖いボール」とは、「相手のシュート」のこと。
「相手がシュートを撃つ」とき、「ボールに近付く」必要があります。
「怖いのは正常。恐怖心をお守りに、怖さを強さに変えよう」で扱った「ボールに近付く」ですね。

スポンサーリンク

6、相手のシュートとの付き合い方

「相手のシュートとの付き合い方」を説明する前に、「ボールに近付く」を簡単に紹介しておきます。

  • 「ボールから離れる」と「ボールに近付く」とは

「相手がシュートを撃つ」とき、選択肢が2つありました。
「ボールから離れる」と「ボールに近付く」ですね。
「ボールから離れる」だと「自分だけ嬉しい」となり、「味方が苦労」します。
「ボールに近付く」を選ぶと、「味方は嬉しい」が「自分が痛いかもしれない」という結果でした。
「未完成のボールに近付く」だと「自分が痛い」可能性があるので、改良された「完成されたボールに近付く」を習得してください。
「地面にある怖いボール」である「相手のシュート」との「正しい付き合い方」を学びましょう。

ボールから離れる方法と近付く方法を比較した表
自分相手味方
ボールから離れる痛くないシュートが楽守備が困難
ボールに近付く当たりやすいシュートが困難守備が楽

上の表は怖いのは正常。恐怖心をお守りに、怖さを強さに変えようと同じものです。

  • 相手のシュートとの正しい付き合い方

「地面にあるボール」を「自分の足で蹴る」と面白いことが分かります。
「ボールが飛ぶ角度」を観察すると、「相手のシュートとの正しい付き合い方」が分かりますよ。

「シュートは真上に飛ばない」
これが一番大事な情報。
「上手い人」が蹴っても「真上に飛ばない」ことが分かります。
更に詳しく観察すると、「ボール」が「蹴る人の頭の高さ」に届くまで「時間がかかる」ことも分かります。
「時間」だと判断が難しいので「距離」で考えましょう。
「自分の頭の高さ」まで「ボールを浮かせる」には、「ボールは何㎝進む」必要がありますか。

スポンサーリンク

  • 「自分の身長よりも高く」飛ばすには

「簡単な実験」をしましょう。
「自分の身長よりも高くボールを浮かせる」には、「ボールは何㎝前に進む」必要があるか。
質問内容を言い換えると、「自分の身長までボールを浮かせる」には、「目標(自分の頭の高さ)」と「何㎝」離れる必要があるか。
「ボールを飛行機」だと考えて、「ボールが十分な高さ(頭の高さ)」を得るには「滑走路が何㎝必要」か調べましょう。(下の図D)

頭の高さまでボールが浮くまでの距離を説明した絵
  • 頭の高さまでボールを浮かせるためには滑走路が何㎝必要か
  • 1、50㎝必要
  • 2、100㎝必要
  • 3、250㎝以上必要

身体を使って距離を測る
自分の身体を使って「滑走路の長さ」を確認します。
「壁」から離れて立ち、「手を伸ばし」ながら近付きます。
「指先が壁に触れる位置」に来たら止まってください。
「壁から何㎝離れているか」を測ります。(足のつま先と壁の距離)
多少個人差はあるかもしれませんが、「100㎝以内」でしょうか。
仮に「100㎝以上」だとしても、「250㎝よりは短い」はずです。

今度は、複数の距離を試してみましょう。まずは「壁から50㎝」から。
「壁から50㎝の位置」に立ち、「壁に向かって手を伸ばし」ます。
「完全に伸ばせない人」もいるでしょう。「伸ばせなくても」問題ありません。
「壁から50㎝の位置」は「この距離か」と身体で感じてください。

「壁から100㎝の位置」に立ち、同じように「手を伸ばし」ます。
「手が届かない人」もいるでしょう。「届かなくても」問題ありません。
「100㎝」は「こんな感じか」と理解してください。
「手で測る」と意外と遠いかもしれません。

最後に、「壁から250㎝」を体験しましょう。
かなり遠いですよね。「壁を触ることが出来ない」はずです。
「手で触るには近付く必要がある」と思いますよね。
「手の長さを基準として距離」を覚えます。(正確に覚えるのではなく感覚で良いです)
そして、自分の中で言葉にしてください。(例、肘で触れる距離より少し遠い、指先が触れる距離より少し遠い、全く届かない距離等)

「3つの距離」を確認しましたね。
次は「ボール」を使って「ボールを頭の高さまで浮かせる」ために必要な「滑走路の長さ」を調べます。
周りの安全を確認して行いましょう。

スポンサーリンク

  • 頭の高さまでボールを浮かせるには滑走路が何㎝必要か

「自分の頭の高さ」まで「ボールを浮かせます」
「何か目印」を準備してください。
「周りにあるもの」を使ってもいいですし、自宅から何か持っていくのもいいでしょう。
「身長と同じぐらいの棒」や、「どこかにヒモ」を結ぶのもいいです。
他の人に横から見てもらい、「ボールが目標の高さまで浮いたか判断してもらう」のもいいでしょう。
「正確さ」にこだわる必要はありません。「多分浮いた」程度で大丈夫。

「確認」が終わったら、「もとの状態」に戻してください。
「棒やヒモ」等、自宅から持ってきたものは、必ず持って帰りましょう。
終わったら少し綺麗にするのもいいですね。
「来たときよりも美しく」

頭の高さまでボールが浮くまでの距離を説明した絵

上の図は、「ボールを頭の位置」まで浮かせるには、ある程度距離が必要であることを描いたもの。ともだちはこわくはないが、あたるといたい(上の図D)。

「自分の頭の高さを目標」にして「シュート」を撃ちます。

「50㎝離れた位置」から狙う
「目標から50㎝離れた位置」で「シュート」を撃ちます。
「通常の蹴り方」では「ボールを目標よりも高く浮かせること」は出来ないでしょう。
「特殊な蹴り方」を使わない限り、「50㎝離れた位置」から「目標を撃ち抜くこと」は出来ません。
「50㎝離れた位置」は「安全」です。

「100㎝離れた位置」から狙う
「目標から100㎝離れた位置」から「シュート」を撃ちます。
「通常の蹴り方」では「ボールを目標よりも高く浮かせること」は難しいでしょう。
「50㎝離れた位置」よりは「ボールは高く」なりますが、「目標」には届かず。
「特殊な蹴り方」を使わない限り、「100㎝離れた位置」から「目標を撃ち抜くこと」は出来ません。
「100㎝離れた位置」は「意外と安全」です。

「250㎝離れた位置」から狙う
「目標から250㎝離れた位置」から「シュート」を撃ちます。
「人によっては目標の高さまで浮かせること」が可能でしょう。
「特殊な蹴り方」を使わなくても、「目標を撃ち抜く人」が出てくるかもしれない。
「250㎝離れた位置」は「相手によっては危険」かもしれない。

  • ボールが高く浮くには想像以上に長い滑走路が必要

「ボールから離れる方が安全である」という考えは簡単に理解出来ますが、「ボールに近付く方が安全である」と説明されても信じられませんよね。
言葉で説明されても納得出来ませんが、自分で試してみると理解出来るでしょう。
「自分の頭の高さ」まで「ボールを浮かせる実験」で、「ボールに近付く方が安全である」という意味が分かると思います。
「ボールを持つ人に近付く」ときは、「相手を手で触れる距離」まで近付くといいでしょう。「自分で行った実験結果」を一つの目安にしてください。

「ボールが浮くために必要な距離」を「相手に与えない」ようにしてください。
「相手に距離を与えない守備」とは、「自分と味方を守る最高の戦い方」です。
「勇敢なプレー(相手に距離を与えない守備)」は「味方を勇気付け」、「観客を味方」にします。

子供でも「大人のシュート」を参考にするといいでしょう。
「大人が蹴ったボール」が「自分の頭の高さまで浮く」まで、「何㎝進むか」確認しましょう。
大人が相手でも、「安全な距離」を見つけてください。

  • 自分の頭の高さまでボールを浮かせてみよう

「自分の頭の高さ」まで「ボールを浮かせて」ください。
「蹴った位置」から「ボールが何㎝」離れたら、「頭の高さまで浮く」でしょうか。
想像していたよりも、「ボールは浮かない」ことが分かるはずです。
「相手との距離が中途半端」だと、「ボールが頭」に当たりやすくなります。
「ボールが身体のどこに当たるか」で、「守備位置の修正」をするのもいいでしょう。
下の図(4から6)のように、「中途半端な距離」にいると「ボールが頭に当たり」ます。
「相手に近付く」なら、「手で触れる距離」がおすすめです。(下の図1から3)
「自分の身長の2倍の距離」だと危険かもしれません。
「頭を守る」なら、多少離れたとしても「自分の身長と同じぐらい」がいいでしょう。
「ボールが飛び出す角度」によって多少変化しますが、「自分の身長より近い距離」なら安心でしょう。
自分で「安全な位置」と「危険な距離」を探ってください。
私の予想では、「安全な距離」は「身長と同じ距離まで(下の図イ)」で、「危険な距離」は「身長の2倍以上」でしょうか。
「より安全な距離」を求めるなら「一歩動けば相手を触れる距離」がいいでしょうね。
「中途半端な守備」は「自分も味方」も「危険」です。

頭の高さまでボールが浮くまでの距離を説明した絵

「通常時(シュートが来ないとき)」は「自分の距離」で守ってください。
「相手がシュートを撃ちそうなとき」に、「自分を守る安全な距離」に避難しましょう。

スポンサーリンク

「ドリブル」で相手に抜かれる危険性があるなら、少し離れて対応するかもしれません。
少し離れたとしても、「一歩前に出れば手で触れる距離」を心がければ、「相手のシュートを足」で触りやすくなります。(自分のゴール近くでの守備)
「守るときの距離」には「個人差」がありますが、「シュートを撃つ側が苦手とする距離」は、ほぼ同じです。
「手で触れる距離」が1つの基準になるでしょう。
「優秀な選手」ほど、「相手が接近」しても焦りません。
「手で触れる距離」よりも更に近い「ヒジで触れる距離」までくれば、「特殊な選手」を除いて「圧力(プレッシャー)」がかかります。

「ボールを持つ側」は「守備側との距離」を広げたい。
例えば「積極的にドリブルを使い」、「守備側の距離を通常より離す」等。
「近付くと抜かれる」場合は、「普段より距離をとります」よね。
「シュートを撃つ側が有利になる距離」に「守備側の意識を誘導する」ことも、「サッカー選手に必要な賢さ」です。
「優れた選手」は「怖さを味方」にしています。
「近付くと抜かれる」、「離れるとシュートを撃たれる」となると、「守る側」が大変です。
「怖さが相手の味方にならない」ように、「相手との距離」に気をつけてください。
「怖さを味方」にして、「相手に圧力」をかけましょう。
「恐怖に好かれる人」は、「対戦相手も操作」出来ます。
人間は賢いですからね。「何度か恐怖を感じたら」、同じことをしなくなります。
「恐怖をお守り」に出来るかは、「選手の賢さ」にかかっています。
「賢さ」とは「勇敢さ」のこと。(シュートを撃つ相手に近付く等)
「サッカー歴」は全く関係ありません。
「恐怖は人を支配するが、強力な味方にもなる」
「人として優しく、相手にとって怖い選手になりましょう」

戦うときの知恵
「ドリブルを仕掛ける選手」は、「チームの中で上位の選手」であることが多いです。
「ドリブルが上手い選手でも抜けない相手」には、「戦いを挑まない」のが適切な判断です。
5回ぐらいドリブルを止めれば、「賢い相手」なら「別の選択肢」を選びます。
「ドリブル」を「相手チームの選択肢から消せ」ば、「相手の攻撃を予想」しやすくなります。
「少しずつ相手の選択肢を削り」、「相手の頭を操作」しましょう。
「自分が有利になるように相手の攻撃を誘導」してください。

「自分達が有利になるように相手を誘導」すると、「ボールを奪いやすく」なります。
「相手ボールの奪い方」を知っていると「戦いが楽」になりますよ。
「どこでボールを奪うか」味方と話し合うのもいいでしょうね。

「ボールを扱うのが苦手」なら「ボールを扱うのが得意な選手」を操ろう。
「狙った場所にボールが動く」なら「相手に操作させても」全く問題ない。
試合中は「対戦相手の心と身体を支配」しよう。

「戦い方」には個人差があります。
すでに「自分の距離」があるなら、「自分の戦い方」を優先してください。
「自分の距離」を磨き、「試合を有利」に戦いましょう。

「怖さが味方になる距離はシュートを撃つ側が苦手な距離」
怖さが味方になる距離

スポンサーリンク

おまけ
「他の選手に守備が上手いと褒められた選手」を見ると、「私の想像よりも少し遠い位置」でした。
「自分が良いと思う距離より少し遠い距離」だと、「サッカーから離れる」と分からなくなります。
「感覚で距離を測る」よりも「身体で距離を測る」方が「保存」がききます。
「自分の身体を目安にする」といいですよ。

「私の距離(ボールの奪い方)」は大きく分けて2つ。
一つ目は「自分が良いと感じるより少し遠い距離」。相手の「攻撃に反撃」します。
二つ目は「ヒジで触れる距離」。この距離は「ドリブルやトラップが下手な選手」を狩るときの距離です。
「ドリブルを選択する選手」は「上手い選手」ですが、「奪いに来る守備」には弱い人が多かったです。
「初心者」でも「経験者のドリブル」を狩る。
「経験者も人間なのだと」感じる瞬間です。
「奪いに来る守備に弱い人」は、「圧力をかけたとき」に分かります。
「明らかに嫌がる選手」は、「攻撃的な守備(奪いに行く守備)」に弱いです。
「ヒジで触れる距離」に近付いても「焦らない選手」は警戒してください。
「特殊な選手」です。私のように圧力に気付かない人か、非常に上手い選手でしょう。

「初心者にもおすすめの狩り方」
「少し遠いと感じる距離(私にとって)」で「身体を小さく動かし」、「ドリブルを選択」させる。
「相手がドリブル」で「ヒジで触れる距離」に来るのを待ち、「ボールを狩る」
この狩り方で、「一対一は全勝」しました。
「日本語サッカー」では「禁止されていること(制限)」があります。
「私の狩り方」は「日本語サッカーの制限」を上手に活かした戦い方です。
一般的に「右利き」が多い。そして、「アウトサイドキックは教えない傾向」にある。
「相手が右足のアウトサイドでドリブル」するように「誘導」すれば、「守備側」の勝ちですね。
「左サイドでの守備」なら最高でしょうね。
「経験者」は「指導者の言う事」を守って「ドリブル」をした。
「教科書通りのドリブル」は「止めやすい」ということです。

「じゃんけん」で「パーを禁止された相手」と戦うとき、「グーを出し続ければ」負けることはありません。
「相手が出せるグーとチョキ」を、「守備側の誘い」で「片方に限定させる」と、「一対一で全勝」出来ますね。(全勝とは自分か味方がボールを奪うという意味)
「格闘ゲームやアクションゲーム」で例えると、「相手の行動パターンを利用する」ようなもの。(いわゆる、ハメ技)
「相手が得意ではないアウトサイド」で「狭い方に誘導」し、「ボールを狩る」
「エサ」を「自分の口の中」に誘導させるようなものです。

「相手の逆をつくドリブル」と「相手の逆をついたと思わされるドリブル」は違いますからね。
「相手の逆をつく」とは、「相手が主役」で「自分が脇役」ですね。
「脇役ではなく」、「主役になるドリブル」を目指してください。
「ボールを狩るとき」は、「相手に逆をついたと思わせる誘い」を入れるといいですよ。


おまけのおまけ
「怖さ」とは何なのか。
「ビニール袋」が飛んでいても怖くはないが、それが「幽霊」のように見えたら「怖い」
「怖さとは目の前に存在するのではなく」、「人間の想像力の中にしか存在しない」のかもしれない。
「怖さを感じること」は「想像力が働くということ」であり、「賢い」という証拠でもある。
「何かを怖い」と感じても、何も恥じることはないだろう。

「偉大な選手達」も「怖いもの」はある。
「勇敢に見える大人達」にも「恐れるもの」がある。
「私」は「お茶と甘いもの」、特に「まんじゅうが怖い」。


文章を読んで上手くなるメニュー

2017年2月20日公開。追加組

スポンサーリンク

感想を送信する

名前: 
サイトの文章の長さ: 少し短い 短い ちょうどいい 少し長い とても長い
ご感想やご意見等

サイトからの返信を希望の方は、受信メールの設定等の確認をお願いします。メールを送信できない場合もあります。

エラー等で感想を送信出来ない場合はお問い合わせを、ご利用ください。



自己紹介

はじめまして、「サッカーおでん」の竹串です。日本がW杯最多優勝国になるために、「サッカーおでん」を作りました。日本人の高い身体能力を活かす技術を習得しませんか。

「サッカーおでん」はシュート技術を専門に扱うサイト。


独り言

  日本代表には、いつも笑っていて欲しい。
  サッカーおでんは、日本代表と日本人選手を応援しています。

スポンサーリンク

ちょっとお知らせ

インステップキックのページを修正。
最終更新
2019年2月9日。

よくある悩み一覧


日の丸サッカーおでんのおすすめ

スポンサーリンク

Copyright © 2015 socceroden All Rights Reserved.