連絡
携帯電話の設定等を確認してください。

おみ足、忍び足を覚えるとサッカーが上手くなる

サッカーおでんはおみ足、忍び足を採用しています。おみ足、忍び足を習得することがサッカー上達への近道です。

偉大な選手が使っているおみ足、忍び足とは。心配症な人へ、おみ足、忍び足の詳しい説明もあります。

上達するにはボールの扱い方を覚えることが大事。

サッカーは狩りである。チーターから狩りの仕方を学ぶことで、サッカーが上手になります。

ボールの扱い方を覚えることがサッカー上達の近道です。サッカーを楽しみたいなら上達の遠回りではなく上達の近道を選んでください。

目次
1、「サッカーおでん」は「おみ足、忍び足」を採用しています
2、「おみ足、忍び足」を習得することがサッカー上達への近道
3、「おみ足、忍び足」とは
4、心配性な人へ。「おみ足、忍び足」の詳しい説明
5、ボールの扱い方を覚えることが大事
6、サッカーは狩りである
7、チーターから狩りの仕方を学ぶ
8、ボールの扱い方を覚えることがサッカー上達の近道

目的
サッカー上達に必要なおみ足、忍び足を覚える
理由
おみ足、忍び足を覚えることがサッカー上達への近道だから

1、「サッカーおでん」は「おみ足、忍び足」を採用しています

最初にはっきりと伝えておきます。
「サッカーおでん」は「おみ足、忍び足」を採用しています。
「何とか足」は支持していませんし、おすすめしません。
「サッカーおでん」が使う「足」は「おみ足、忍び足」です。
「何とか足」は全く使用しません。

「何とか足」を否定するわけではありませんので、学びたい人は学んでください。
色々な考えがある方が面白いですからね。
「何とか足」の存在を否定するわけではありませんよ。
勉強したい人は学んでもいいですが、「サッカー(サッカーおでん)をするとき」は、「何とか足」を使わないでください。
「何とか足」の専門家ではないので詳しい説明はしませんが、「何とか足」は「サッカー選手の能力を制限する」でしょう。

「サッカーおでんの考え」は、「何とか足」は「サッカー選手の能力を制限する」というものです。
勉強熱心なのは素晴らしいことなので、学びたい人は学んでください。
ただし、「サッカー(サッカーおでん)」をするときは、「何とか足」を忘れてください。
どうしても「何とか足」を使いたいのなら、「サッカーではなく別のもの」を始める方がいいでしょう。

「サッカーおでん」は「おみ足、忍び足」を採用しています。
「何とか足」はおすすめしません。
「何とか足」の存在を否定するものではないので、学びたい人は学んでください。

スポンサーリンク

2、「おみ足、忍び足」を習得することがサッカー上達への近道

「おみ足、忍び足」を習得することが「サッカー上達への近道」です。

  • 「練習時間を増やしているのに上手くいかない」
  • 「サッカー歴が長いのに上手くなれない」
  • 「自分が正しいのか自信が持てない」

このような悩みはありませんか?

  • 「身体の使い方も勉強しているが効果があるのか分からない」
  • 「正しいか分からない身体の使い方をしている」
  • 「自分が正しいのか分からない」

このような悩みを持つ「サッカー選手」は多いでしょう。
「選手」だけでなく「指導者(保護者も含む)」も同じ悩みを持っているかもしれません。
「見えない壁」にぶつかってしまうと、「何年経っても」前に進めませんよ。

「自分に自信が持てない人」に「面白い話」をしましょう。
「サッカー上達の近道」は「存在」します。
そして、「サッカー上達の遠回り」も「存在」します。
「遠回りする」のもいいですが、「近道」の方がいいと思いますよ。
「何が正しいか(近道)かは、その人の立場で変わる」
このことを理解出来れば、「今までよりも上達出来る」でしょう。

「サッカー上達」に必要なものは、「おみ足、忍び足」です。
「サッカー上達への近道」は、「おみ足、忍び足」を習得することです。

スポンサーリンク

「おみ足、忍び足」を試しましたか?
おそらく、まだ試していないですよね。
「おみ足、忍び足」を扱うのは「サッカーおでん」だけですからね。
「サッカーおでん」が「おみ足、忍び足」を作ったので、他が紹介することはありません。
(おみ足や忍び足という単語は他でも使われていますが、使い方や意味が違います)

「今までサッカーを頑張ってきたのに、上手くなれなかった人」も安心してください。
「サッカーおでん」が紹介する「おみ足、忍び足」があれば、「上達を阻む見えない壁」を飛び越えることが出来るでしょう。
そして、憧れの選手を超えましょう。


独り言
ここで紹介する内容は、「サッカーおでん」を作成する段階では扱わない予定でした。
「サッカーおでん」が想像している以上に「呪いの被害」が大きいようなので追加することに。
紹介しておかないと「サッカーおでん」が勘違いされてしまうので慌てて追加。

「サッカー上達への近道」を、「初心者でも理解しやすいもの」で説明します。
「おみ足、忍び足」を使って、一緒に上手くなりましょう。

「呪い」について
心のお守り

スポンサーリンク

3、「おみ足、忍び足」とは

「おみ足、忍び足」の「おみ足」とは、「あんよ(足、または脚)」のことです。
「忍び足」は、「相手に気付かれないように歩くこと」だと考えてください。
試験に出ることは無いので、覚えなくても問題ありません。

  • 「おみ足、忍び足」の正しい使い方

「おみ足、忍び足」の使い方は簡単です。説明は数秒で終わります。
準備はいいですか?
「足」とか、どうでも良い。

説明は、これで終わりです。簡単なので、すぐに終わりましたね。
では、「サッカー」を楽しんでください。

スポンサーリンク

4、心配性な人へ。「おみ足、忍び足」の詳しい説明

「サッカー上達」に「足(何とか足)」は関係ありません。
これだけだと意味が分からないですよね。今まで勉強してきた人ほど、納得出来ないでしょう。
「サッカー上達(ボールの扱い方)」に、「足(身体の使い方)」が必要無い理由を説明しましょう。

「必要無い」だと刺激が強すぎるので、「ごま(食べるごま)」で説明しますね。
「身体の使い方(何とか足)」は、「ボールの扱い方の向上」に「ごま3粒分の影響」しか与えない。

「ごま3粒分の影響力」とは、「ま、ん粒分の影響」のこと。
つまり、「ごさ(誤差)の範囲内」ですね。
「ごまが全く無い状態」よりは「多く」、「市販のごま1袋分」よりは「少ない」。
「3粒」程度じゃ、どうにもならない。「3粒が多いかどうか」は、自分で判断してください。

「サッカーおでん」は「何とか足」は「不要」だと考えています。

「身体の使い方(何とか足)」を学んでも、「ごま3粒分」しか上達しない。

スポンサーリンク

  • サッカーが上達する人の特徴

ここで扱う「サッカーが上達する」とは、「ボールの扱い方が上手くなる」という意味。
「速く走る」や「長時間走る」といったことは含みません。

「サッカーが上達する人」は、「自分に足りないもの」を吸収していきます。
「なかなか上達しない人」は、「自分に足りないもの」を吸収しようとしません。
「自分に足りないものを吸収しようとしない」とは、「何が足りないか分からない」から「全く関係無いことを頑張る」という意味です。
(「やる気が無い人」や「上達したく無い人」は除く)

「これから上手になる予定の人」は、「何を学びたいか」考えるといいですよ。
「サッカー選手」として「上手くなりたい」のですよね。
「宗教家になりたい」わけではないでしょう?

「サッカー選手として上手くなりたい」なら、「サッカーボールの扱い方」を学んでください。
「宗教家になりたい」なら、「教祖の教え」を守りましょう。
「サッカーおでん」は「サッカー選手のためのサイト」なので、「宗教家は別のところに行った方がいい」でしょうね。


「何とか軸」でも扱った「九九(くく)」を使って、「自分に足りないもの」を説明しましょう。
「九九(くく)」を習っていない人は、周りの人に聞いてください。
日本の小学校を卒業していれば知っているはずです。

「九九を覚えていない子」は何を学べばいいか
いきなりですが、質問です。
「九九を覚えていない子」が「算数の試験(テスト)」で「0点」でした。
この子が成績を上げるには、何を学べばいいですか?

  1. 九九を覚える
  2. 鉛筆の握り方を覚える

「答え」は簡単ですね。「2、鉛筆の握り方を覚える」です。
「賢い子」は「鉛筆の握り方を知っている」から「満点」が取れる。
簡単な問題でしたよね。「鉛筆を握るときの足の使い方」を知らないから、「0点」を取るのですよね。
「算数の試験(テスト)」は、「何とか足」を習得していれば常に「満点」です。
何も間違っていないので、誰も文句はありませんよね?
「算数の成績を上げる」には、「小さいときから何とか足」を覚える必要がありますよね。
さあ、「我が子の成績を上げる」ために、「何とか足」の練習をさせてください。
「超一流の生徒」は、「何とか足」を知っているから、「算数の試験(テスト)」で満点を取ります。

上の説明を読んで、賛成する大人はいないでしょう。
「算数」のこと、特に「九九」については「理解している大人」が多いですからね。
「勉強の仕方(上達の仕方)」を知っているから、「上の説明の異常さ」に気付くことが出来ます。
「九九を覚えていない」から「成績が良くない」ので、「九九を覚える」が正しい答えです。

  • 「九九が分からない子の成績を上げる方法とは」
  1. 九九を覚える
  2. 鉛筆の握り方を覚える

この問題の正しい答えは、「1、九九を覚える」でしたね。
全く覚えていないなら、最初から覚えるといいでしょう。
途中までしか覚えていないなら、続きを覚えるといいですね。
途中まで覚えているはずなのに「0点」になる場合は、間違って覚えている可能性もあります。

「九九を覚える」ためには、「どこまで覚えているか」と「正しく覚えているか」を確認する必要があります。
「正しく覚えていること」が分かれば、その残りが「自分に足りないもの」ですね。

「自分の現在の能力」を知ることは非常に大事です。
また、「正しい理解をしているか」を確認することも大切ですよ。
(正しいものは、その人の立場で変わります。例、選手と宗教家等)

スポンサーリンク

5、ボールの扱い方を覚えることが大事

「ボールの扱い方」は「九九」のようなものです。
「九九」を覚えていないと「算数の試験(テスト)」で上手くいかないように、「ボールの扱い方を覚えていない選手」は「試合」で上手くいかないでしょう。
「ボールの扱い方」を学ぶことが大事ですよ。

「身体の使い方」も「それなりに大事」ですが、「自分の足で歩くことが出来る」なら、「身体の使い方」は覚えています。
「指導者に禁止されて使わない動き(例、千鳥足)」はあっても、「知らない動き」はないでしょう。
「サッカーが上手くなりたい」なら、「ボールの扱い方」を学んでください。
「まだ上手くない選手に足りないもの」は「ボールの扱い方」であって、「身体の使い方」ではありません。

「鉛筆の握り方を何十年練習」しても、「九九をひらめく」ことはないでしょう。
それと同じように、「身体の動かし方を何世代追求」しても、「ボールの扱い方」に気付くことはありません。
「身体の動かし方を追求すること」は、「ボールの扱い方から離れること」に繋がります。
「身体の動かし方を追求する(宗教家になる)」のは、「ボールの扱い方を覚えてから(選手を引退してから)」にしてください。
同時に学ぶのもいいですが、宗教家に引きずり込まれるでしょうね。

一度「宗教家の道」に入ると、「サッカー選手」に戻るのは難しいでしょう。
「宗教家になった上手い経験者」を教えるよりも、初心者をゼロから教えた方が早いと思います。

勉強熱心なのは良いことですが、「自分が何のために学んでいるのか」を忘れないでくださいね。
一度はまってしまうと、抜け出すのが難しいです。
「宗教家」になることを否定しているのではありません。
「宗教家になりたい人」は、「教祖の教え」を守ってください。

「宗教家」について
「宗教家ではなくサッカー選手になろう」

スポンサーリンク

6、サッカーは狩りである

  • 「サッカーですること」とは

「サッカー」では、「相手よりも多く点を取った方が勝ち」ます。
「勝敗」は、「相手より多く点を取るか」で決まります。
ここまでは簡単ですよね。
「点を多く取る」には、「たくさんシュートを撃つ」必要があります。
「たくさんシュートを撃つ」には、「撃つためのボール」を得る必要があります。

「サッカー」とは、「点を多く取る競技」だと言えるでしょう。
「点を多く取る」ためには、「ボールを得る必要がある」ので、別の言い方も出来そうですね。
「サッカー」とは、「ボールを多く得る競技」でもある。

  • 「ボールを多く得る」とは

「ボールを持っていない選手」が、「ボールを得る方法」は大きく分けて2つあるでしょう。
一つ目は、「味方から貰う」
二つ目は、「相手から奪う」
(空中にあるボールは最後に触れた側のものとする)

スポンサーリンク

  • 相手からボールを奪う

「相手」から「ボールを奪う」こともありますよね。
「ボールを奪う」ときは、「相手に気付かれないように動く」必要があるでしょう。
「ボールを奪う行為」は、「狩り」に似ていますね。
「サッカー」とは、「狩りに近い競技」なのかもしれません。

  • 狩りをするときの動き

「狩り」をするときは、「相手に気付かれないように動く」必要があります。
「相手に気付かれないように動く」とき、「忍び足」を使う人が多いでしょう。
「忍び足の使い方」は「肉食動物の狩り」が参考になります。
「獲物に気付かれないように忍び足」で近寄り、ある程度近付いたら、一気に襲いかかります。

スポンサーリンク

7、チーターから狩りの仕方を学ぶ

「サッカーおでん」では、「身体の使い方」を説明することは少ないですが、「動物の動き」を参考にするなら、「チーター」をおすすめします。
「チーター」をおすすめする理由は、「走るのが速い動物」だから。
「最速」ですね。「一番凄い人や動物」を参考にするといいでしょう。

「サッカーおでん」で扱うのは「ボールの扱い方」であって、「身体の使い方」ではありません。
一部「身体の使い方」を説明しているように見える部分もありますが、「指導者に禁止されている動き」を紹介しているだけです。
「サッカーおでん」が説明する「動き」は、「日本人が知っているもの」であって、特別なものはありません。
そのような動きもありましたね、程度で十分です。

細かい部分は紹介していませんが、「サッカーおでん」が参考にしている動物は、「チーター」と「うさぎ」です。
「チーター」は「最速」だから。「うさぎ」も意外と速いようです。
「うさぎ」は身近な動物だったので参考にしています。
「動きを確認する」ときは、「チーター」を優先しています。

「サッカーおでん」が「身体の使い方」を積極的に扱わないのは、「ボールの扱い方」を学ぼうとしない人が多いから。
興味深い範囲ではありますが、「意見が分かれる身体の使い方」は扱わないようにしています。

スポンサーリンク


「サッカーおでん」の「身体の使い方」に対する意見を少しだけ紹介。
「動物の動きを参考にするとき」は、「最速であるチーター」をお手本とする。
「チーター」は「つま先立ち」なので、「つま先立ち(拇指球立ち)」を採用。(かかとで音を出す歩き方も使います)
「加速専門の筋肉(いわゆる、アクセル筋)」や「減速専門の筋肉(いわゆる、ブレーキ筋)」は無い。
「足の裏側で減速すること」や「足の前側で加速すること」もあります。
「減速をするためにかかとで着地」
「つま先着地で加速」し、「かかと着地で減速」

上で紹介した内容は、一般的なものとは違うかもしれません。
「参考にする動物」や「加速と減速」の考え方が違うはずです。
「ボールの扱い方」を覚えたら、自然と自分に合う方法が見つかります。
「サッカー選手として上手くなりたい」なら、「ボールの扱い方」を覚えてください。
「身体の使い方の追求」は、「ボールに愛された選手の娯楽」です。
「ボールに愛された選手」とは、「天才や化物」のことですね。
「初心者や経験者」は、「ボールの扱い方」から覚えましょうね。

スポンサーリンク

8、ボールの扱い方を覚えることがサッカー上達の近道

「ボールの扱い方」を覚えるころには、勝手に「身体の使い方」も上達しているでしょう。
「ボールの扱い方」を全て試しているなら、「サッカー選手に必要な動き」は習得出来るはずです。
「九九を書いて覚える」としましょう。
「九九を全て覚えるころ(九の段)」には、「鉛筆の使い方」も覚えていますよね。それと同じです。
「サッカーボールが選手を鍛えてくれる」ので、「サッカーボール」から学びましょう。

「おみ足、忍び足」とは「足」を気にしなくても問題ないということ。
「何とか足」は「サッカー上達(ボールの扱い方)に関係ない」です。

スポンサーリンク

2018年1月26日公開。追加組


おでん式(日本式)キックメニュー

頭の使い方の確認
身体の扱い方の確認
サッカー上達法の確認
シュート編

スポンサーリンク

感想を送信する

名前: 
サイトの文章の長さ: 少し短い 短い ちょうどいい 少し長い とても長い
ご感想やご意見等

サイトからの返信を希望の方は、受信メールの設定等の確認をお願いします。メールを送信できない場合もあります。

エラー等で感想を送信出来ない場合はお問い合わせを、ご利用ください。



自己紹介

はじめまして、「サッカーおでん」の竹串です。日本がW杯最多優勝国になるために、「サッカーおでん」を作りました。日本人の高い身体能力を活かす技術を習得しませんか。

「サッカーおでん」はシュート技術を専門に扱うサイト。


独り言

  日本代表には、いつも笑っていて欲しい。
  サッカーおでんは、日本代表と日本人選手を応援しています。

スポンサーリンク

ちょっとお知らせ

「決定力、得点力は着地数で決まる。決定力を上げるコツ」を修正。文章の変更と画像が表示されるようにした。
最終更新
2019年3月21日。

よくある悩み一覧

サッカーおでんのおすすめ


日の丸サッカーおでんのおすすめ

スポンサーリンク

Copyright © 2015 socceroden All Rights Reserved.