連絡
携帯電話の設定等を確認してください。

怖さが味方になる距離はシュートを撃つ側が苦手な距離

怖さが味方になる距離を知るために、定規で怖さが味方になる距離を探そう。

定規で安全な距離を見つける。自分の身長から安全に戦える距離を探そう。

シュートを撃つ側が苦手な距離とは何㎝だろうか。なぜシュートを撃つ側が苦手になるのか。知識が守る側に勇気をくれる。一対一で有利に戦うための知識を手に入れよう。

目次
1、怖さが味方になる距離
2、定規で怖さが味方になる距離を探そう
3、定規で安全な距離を見つける
4、シュートを撃つ側が苦手な距離とは
5、なぜシュートを撃つ側が苦手になるのか

目的
シュートを撃つ側が苦手な距離を知り一対一を有利に戦う
理由
シュートを撃つ側が苦手な距離を知ることで、一対一で勇気を持って戦えるから

1、怖さが味方になる距離

「ボールが怖い」と感じることもありますよね。
「怖い」という感情は、人として「自然」なものです。
「試合中に感じる怖い」という感情を、「味方」に付けましょう。

頭の高さまでボールが浮くまでの距離を説明した絵

「ボールが怖いなら優しいボールと付き合おう」で、「ボールが顔の高さまで浮く」には「意外と長い距離」が必要であることが分かりました。
今回は「怖さを味方にする距離」を扱います。
「安全な距離」と「危険な距離」を調べますよ。
「自分の身長」に合わせた「距離」を見つけてください。
「三角定規」を使って、「自分の数字」を探しましょう。

スポンサーリンク

下の図にあるような「三角定規」を準備してください。
小学4年生で使うでしょうか。まだ持っていないなら、数字だけ見ても問題ありませんよ。

30度45度60度の角度と三角定規を描いた絵

スポンサーリンク

2、定規で怖さが味方になる距離を探そう

「定規」を使って、「怖さが自分の味方になる距離」を探します。
「怖さが味方になる距離と敵になる距離。恐怖が味方になる理由」では、「具体的な数字」が控えめでした。
今回は「色々な数字」を探します。
「自分の身長」から「具体的な数字」を見つけましょう。

  • 怖さが自分の味方になる距離を探す

「ボールの飛ぶ角度」は「30度」で考えます。
「怖さが自分の味方になる距離」を探す前に、「地面線」と「身長線」の確認をしましょう。
下の図(2のC)が「地面線」で、(2のB)が「身長線」です。
「地面線」と「ボール線(下の図2のA)」に囲まれている部分が「ボールの飛ぶ角度(下の図2のD)」です。

色々な角度で飛ぶボールを描いた絵

「怖さが味方になる距離」より、「ボールが30度で飛ぶ」とき、「自分の身長に1.73をかけた距離」よりも近付けば「安全」なことが分かりました。
これを使って「怖さが自分の味方になる距離」を探します。

スポンサーリンク

  • 怖さが味方になる距離は身長で変わる

「怖さが味方になる距離」は、「安全な距離」のことなので、「自分の身長」に「1.73」をかけましょう。
「自分の身長に1.73をかけた距離」が下の図にあるでしょうか。
「身長」が「100㎝を超えていない人」は、「100㎝」で考えてください。

身長に1.73をかけた数字を描いた表

注目して欲しいのが「身長115㎝」のときの「安全な距離」。
「身長線が115㎝」のとき、「地面線が198.95㎝」になります。
「198.95㎝」は「2メートル」と同じぐらいですね。
「安全な距離」は意外と長いことが分かるでしょう。
「勇気を持って相手に一歩近付く」ことで、「より安全な位置」で戦えます。

スポンサーリンク

3、定規で安全な距離を見つける

「定規」で「安全な距離」を見つけました。
「安全な距離」でも、「相手との距離」で「反応」が変わることが多いです。
相手が「シュート」を選択したとき、「安全な距離」に入れば「ボールが顔に当たること」はありません。
「安全な距離」には「相手を触ることが出来る距離」もあります。
「相手を触ることが出来る距離」まで近付くと、「相手はシュートを選択しない」でしょう。
「ドリブル」か「パス」を考えるはずです。
「守備側が相手を触ることが出来る距離」にいると「シュート」を撃っても守備側に当たる可能性が高く、「撃つ側が不利」になります。
「シュートフェイント」で「守備側の体勢を崩しに来る」ことはあるかもしれませんが、「シュートを選択する」のは非常に難しいでしょう。
「相手の動き」を「最後まで観察」してください。

「相手を手で触ることが出来る距離」は、「ドリブルで突破される可能性」もあるので気をつけてください。

  • 相手をヒジで触ることが出来る距離

「相手をヒジで触ることが出来る距離」まで近付くと、「相手の選択」は「ボールを失わないこと」になるでしょう。
「攻撃側が守備側に背中を向けているとき」は、「失わないこと」を優先するはずです。
「ドリブルが上手な選手」は、「ヒジで触ることが出来る距離」からでも「突破」を狙うので注意が必要です。
相手に圧力をかけるときは、「ドリブルを警戒」しながら「相手に恐怖」を与えましょう。
試合が始まったばかりなら、「相手に強めに当たる」ようにすると、「相手がボールを持つのを嫌がる」傾向にあります。
「相手の選択肢からドリブルを消す」のもいいでしょう。

スポンサーリンク

  • 相手の蹴り足が届く距離

「安全な距離」の中でも特に面白いのが、「相手の蹴り足が届く距離」です。
「シュート」を撃とうと「足を振る」と「守備側」を蹴ってしまう。
この距離になると、「暴力的な人」を除いて、「全力で蹴ること」は避けるでしょう。
「全力で蹴ることを避ける」とは、「シュートフェイント」になりやすいということ。
「相手も人間」ですから、「人を蹴る」のは避けたい。
「サッカーでは人を蹴るという行為」は「異常」ですからね。
「正常な判断が出来る選手」なら、「相手を蹴ろうとする」ことはありません。
ただ、残念なことに「日本人選手」は「東アジアの暴力」の相手もしないといけないことがあります。
「日本人差別を平気でする選手のようなもの」とは、「距離」を取り、「壊されないように」しましょう。
「人の心を持っている選手」と付き合ってください。

「対戦相手が人間かどうか」で、「安全な距離の使い方」を変えてください。
「相手がサッカー選手」なら、「安全な距離」は「安全」です。
「通り魔」と試合をするときは、「安全な距離」が「非常に危険な距離」になります。
「相手の荒さや倫理観」で判断してください。
「無駄な怪我」をしないことも、「サッカー選手」に必要な能力です。

スポンサーリンク

4、シュートを撃つ側が苦手な距離とは

「相手を触ることが出来る距離」は、「シュートを撃つ側が苦手な距離」になります。
相手に近付けば近付くほど、「相手への圧力が強く」なります。
「相手との距離が近付く」ほど、「ドリブルに弱くなる」ので気をつけましょう。

相手が背中を向けているなら、相手に逃げられないように「相手の骨盤をつかまえる」のもいいかもしれません。
「自分の骨盤」で「相手の骨盤」を押さえる守備もありますね。(肩で当たりに行くショルダーチャージのような形)
反則にならない程度に「全身で相手を押し返す」のもいいでしょう。

「蹴り足を振ると相手を蹴ってしまう距離」は、「シュートを撃つ側が苦手な距離」
「相手に近付く」ときは、「勇気を持って戦う」ようにしてください。
「ドリブル」にも気をつけるといいです。

スポンサーリンク

5、なぜシュートを撃つ側が苦手なのか

「シュートを撃つ側が苦手な距離」に近付くと、なぜ「シュート」が難しいのか。

「相手を蹴ってしまうかもしれない」という「精神的な理由」
「無理にシュートを撃つ」と「バランスを崩すかもしれない」という「恐怖心」
「無理に撃つと地面を蹴るのではないか」という「痛みへの恐怖」
「シュートが相手で跳ね返り自分に当たるのではないか」という「怖さ」

「守備側が感じていた恐怖」が、「シュートを撃つ側」に襲いかかるからですね。

一番魅力的なのが、「守備側の圧力が強いという印象付け」
「相手の心と頭」を「操作」出来ます。

「ボールが怖いなら優しいボールと付き合おう」
「壁で跳ね返るボールはなぜ怖い」

スポンサーリンク

「相手の圧力が強い」と「ボールを上手に扱う」のが難しいです。
「相手を触ることが出来る距離」とは、「相手を押すこと」や「引くこと」も出来ます。
「相手がボールを扱う瞬間」に「少し力を加える」だけで、「相手が扱ったボール」は「変な方向」に飛ぶでしょう。
「日本人選手の圧力が強く」て、「相手選手」が「キック(シュートやパス等)」を失敗することがあります。
これは、「日本人選手の圧力」が「相手の心を狂わせる」からです。
「一度相手に恐怖心を植え付ければ」、「少し近付くだけ」で、相手の「キック」が失敗しやすくなります。

「サッカー」では「精神面」が重要になってきます。
「W杯優勝国」でも「思うように戦えない」と、「感情的」になり「自ら敗北を選ぶ」ことがありますよね。
「冷静さ」や「平常心」は非常に大事です。
例え困難な状況でも、「決して焦らず」に「反撃の機会」が来るのを待つ。
「サッカーの最終的な上手さ」は、「国民性」で決まるでしょうね。
「困難なとき」に「団結」するか。それとも、「秩序が崩壊し治安が悪化する」か。
「最終的な上手さ」も考えると、「サッカーとは日本人のために存在する」のかもしれませんね。
「サッカー」は、「日本代表」が「W杯最多優勝国になる」のを待っているのかもしれない。

「対戦相手には全力で圧力をかけて」ください。
「相手に圧力をかけること」は、「相手に敬意を表すこと」
「強い相手」にも「手を抜かない」
「強烈な圧力」は「相手への愛情表現」ですね。
対戦相手に「愛と恐怖」を与えてください。

「怖さ」は「仲間」を呼びます。
「敵対するのではなく」、「味方に付けた者」が勝つ。
「試合開始直後」に身体を当てに行き、「痛みを恐れない相手」だと思わせれば、「近付くだけ」で「圧力を感じてくれる」でしょう。
「怖い相手」だと認識させれば、相手側は「消極的な攻撃」になります。
「自分は有利」に、「相手にとって不利」な試合にしましょう。
「怖さ」に、「サッカー歴」は関係ありませんよ。
「勇敢に戦う選手」に、「恐怖と勝利の女神」は微笑みます。
「勇敢さ」は「多くのもの」を惹き付ける。
観客や対戦相手でさえも。

「サッカー選手としての誇り」を持って「相手に当たって」ください。
「同じサッカー選手」として戦いましょう。
「正当」に「激しく」、「誇り」をぶつけてください。

「遠くから見ると巨大に感じた相手」も、「思い切って近付く」と「恐怖や失敗を恐れる人間」であることが分かります。
「同じ人間」と「戦う」のです。「相手の名前」に怯える必要はありません。
「大きく見えた相手」も、「勇気を持って近付く」と「手が届く位置」にいますよ。
「あと一歩」前に進めば、「目標」を「超える」でしょう。
「憧れ」の先に行きましょう。

スポンサーリンク


文章を読んで上手くなるメニュー

2017年2月20日公開。追加組

スポンサーリンク

感想を送信する

名前: 
サイトの文章の長さ: 少し短い 短い ちょうどいい 少し長い とても長い
ご感想やご意見等

サイトからの返信を希望の方は、受信メールの設定等の確認をお願いします。メールを送信できない場合もあります。

エラー等で感想を送信出来ない場合はお問い合わせを、ご利用ください。



自己紹介

はじめまして、「サッカーおでん」の竹串です。日本がW杯最多優勝国になるために、「サッカーおでん」を作りました。日本人の高い身体能力を活かす技術を習得しませんか。

「サッカーおでん」はシュート技術を専門に扱うサイト。


独り言

  日本代表には、いつも笑っていて欲しい。
  サッカーおでんは、日本代表と日本人選手を応援しています。

スポンサーリンク

ちょっとお知らせ

「決定力、得点力は着地数で決まる。決定力を上げるコツ」を修正。文章の変更と画像が表示されるようにした。
最終更新
2019年3月21日。

よくある悩み一覧

サッカーおでんのおすすめ


日の丸サッカーおでんのおすすめ

スポンサーリンク

Copyright © 2015 socceroden All Rights Reserved.