身体を動かして上手くなる

  1. トップページ
  2. 身体を動かして、上手くなる

目次
1、自分の身体を使いこなすための知識
2、「身体を動かして上手くなる」メニュー
最終目標
「歩くように蹴る」

1、自分の身体を使いこなすための知識

「自分の身体を知る」

自分の身体を観察すると、サッカー上達に役立ちます。
気にしないから気付かない。
「サッカーおでん」では、「普段の行動」をサッカーの基本にします。
「普段の歩き方」が、キックの基本になります。

ここでは、身体の自然な状態を調べます。

まず、サッカーでする動作を考えてみます。
サッカー選手を想像すれば、答えが見つかりやすいでしょう。
サッカー選手は、走ったり歩いたり止まったりしています。
ボールを蹴るときは、その場で蹴ったり、歩きながら蹴ったり、走りながら蹴る。
サッカー選手の行動は、これで全てでしょうね(スローイン等、手で扱うことは除く)。

次は、ボールがあるときと、ないときの共通点を探します。
文字を強調したので、わかりやすいと思います。
共通点は、止まっていたり、歩いたり、走ったりする。
これで完璧です。
ここの作業は、あまり面白くないので、簡単に済ませましょう。

サッカー選手の動作
サッカー選手は、止まっていたり、歩いたり、走ったりする。
サッカー選手は、止まっているか動いている。

スポンサーリンク

選手は、「止まっている」か「動いている」。
動いているときは、「歩く」か「走る」。
「動いている」を、「歩く」と「走る」に分けると大変だ。
考えることが「止まる」、「歩く」、「走る」になった。

考えることは少ない方がいいので、「走る」を「歩く」で表現出来ないか考える。
「歩く動作」を速くすると「走る動作」になることから、「走る」は「歩く」を速くしたものであるといえる。
「走る」を「歩く」で表現することで、考えることが少なくなって便利。
考えることは「止まる」、「歩く」、「速く歩く」の3つ。
「速く歩く」は「歩く」と同じなので「歩く」にまとめる。
これから考えることは、「止まる」、「歩く」の2つに。

これから考えることは、「歩く」が中心になります。
身体の動かし方を確認して、自分に合ったシュートやドリブル、トラップを作りましょう。

  • 身体を動かして上手くなるについて

身体を動かして「得意なこと」や「苦手なこと」を調べます。
「普段の動作」を使ってボールを扱う。
「普段の動作」を利用すれば、比較的短い時間でサッカーが上手になるでしょう。

ここでは、「普段の動作」と「サッカーの動作」の違いを探ることが中心になります。
違いを知ることで、自分に必要なものが分かります。
自分に必要なものを知ることが、上達への近道です。

「普段の動作」、「得意なこと」、「苦手なこと」、「サッカーの動作」を知る。
「サッカーの動作」と「普段の動作」を比べ、新しく習得するものを調べる。

スポンサーリンク

2、「身体を動かして上手くなる」メニュー

身体を動かして上手くなるメニュー

2015年1月22日公開。初期組

スポンサーリンク


おまけ

普段は気にしない身体の動きにも注目しましょう。日常生活では使わない動きも紹介してあります。
身体の機能を確かめることで能力を高め、ボールと仲良くなってください。身体を動かす楽しさを知ると良いでしょうね。


スポンサーリンク

感想を送信する

名前: 
サイトの文章の長さ: 少し短い 短い ちょうどいい 少し長い とても長い
ご感想やご意見等

サイトからの返信を希望の方は、受信メールの設定等の確認をお願いします。メールを送信できない場合もあります。

エラー等で感想を送信出来ない場合はお問い合わせを、ご利用ください。



自己紹介

はじめまして、「サッカーおでん」の竹串です。日本がW杯最多優勝国になるために、「サッカーおでん」を作りました。日本人の高い身体能力を活かす技術を習得しませんか。

「サッカーおでん」はシュート技術を専門に扱うサイト。


独り言

  日本代表には、いつも笑っていて欲しい。
  サッカーおでんは、日本代表と日本人選手を応援しています。

スポンサーリンク

ちょっとお知らせ

文字コードを変更。
最終更新
2019年7月12日。

よくある悩み一覧

サッカーおでんのおすすめ


日の丸サッカーおでんのおすすめ

検索する

スポンサーリンク

Copyright © 2015 socceroden All Rights Reserved.