連絡
携帯電話の設定等を確認してください。

トラップ

目次
1、トラップが上達するために必要なの知識
2、「トラップ」メニュー
最終目標
「歩きながらトラップをする」

注意
ボールが「胸」に当たり、「心臓震盪(しんぞうしんとう)」が起こることもあるようです。
「心臓震盪(しんぞうしんとう)」を避けるためにも、「胸」でトラップをするのは控えた方がいいかもしれません。
「おでん式(日本式)トラップ、胸」で、少しだけ「心臓震盪(しんぞうしんとう)」にふれています。素人の私が調べただけなので、間違っている可能性があります。
「心臓震盪(しんぞうしんとう)」の詳しいことは、専門家にお尋ねください。

1、トラップが上達するために必要な知識

「蹴る動作は歩く動作の一部であり、歩く動作は蹴る動作の連続である」

(歩くこととキックの共通点より)

「サッカーおでん」では、「ドリブル」や「トラップ」も、蹴る動作(キック)の1つとして扱います。

サッカーのキックを「新しい動作」ではなく、「普段の動作の延長」として扱います。
「普段の動作の延長」にすることで、習得するまでの時間が短くなります。
「サッカーおでん」で扱うキックには、もう一つ大きな特徴があります。
それは、初心者に優しいこと。(日本語サッカーのキックを覚えた人は苦労するかもしれません)

日本語サッカー
「歩く動作」と「蹴る動作」は別。
キックを、「普段の動作」とは違う「新しい動作」として扱う。

「おでん式(日本式)キック」の場合(「サッカーおでん」で扱う蹴り方)
「歩く動作」と「蹴る動作」は同じ。
キックを、「普段の動作」の延長として扱う。

目標は「歩くように蹴る」。
歩く動作から蹴る動作に繋がるようにします。

スポンサーリンク

  • トラップについて

ボールをトラップする方法を扱います。
トラップでは、「膝から下」、「もも」、「胸」、「頭」を取り上げます。
「頭」では、「ヘディング」も扱っています。サイトを作るときに「ヘディング」を忘れていたので、トラップで扱うことにしました。

トラップをするときは、「ボールの芯をはずす」ようにします。
「芯をはずす方法」として、「ボールにお辞儀をする」、「掛け布団をかける」、「矢印の先を避ける」を用意しました。
「サッカーおでん」を簡単にした「動いて欲しい方を開け、動いて欲しくない方に壁(天井等)を作る」方法もあります。
自分に合ったやり方を選ぶといいでしょう。

ボールを扱うときは、怪我をしないようにします。
「悪意を持った相手」が攻撃してくることもあります。
自分を守るためにも、ボールに触るのを諦める勇気を持ちましょう。
怪我をしないことも、サッカー選手に求められる能力の一つです。

トラップにも色々あるため、どれを選べばいいのか悩むと思います。
どのトラップを覚えるか迷ったら、全てのボールを扱うことが出来るトラップを選ぶといいでしょう。
ここで扱う「おでん式(日本式)トラップ」は、全てのボールを扱うことが出来るのでおすすめです。

トラップには色々な方法があるので、ここで扱う「おでん式(日本式)キック」を使わなくても問題ありません。
自分に合ったトラップを見つけてください。
一番素晴らしいと思うトラップを選びましょう。
私が知っている範囲では、「おでん式(日本式)キック」が一番だと思います。

自分に合ったトラップを見つけることが大事。
自分が素晴らしいと思うトラップを身につけましょう。

スポンサーリンク

おまけ
パスには、強いボールと弱いボールがある。トラップをするとき、ボールが離れることがあります。ボールが離れるのは、「トラップが上手ではないから」か、それとも「強いボール用のトラップではないから」か。

私の体験。
上手な選手がいた。経験者からのパスは綺麗に止めるが、私のパスはボールが離れていた。ボールが離れた後にボールを追いかけていたが、もしかしたらトラップを失敗していたのかもしれない。

経験者が使っている蹴り方と私が使う蹴り方が違うため、ボールに違いが出たのではないか。私が飛ばしたボールは、相手の正面に飛んでいた。高さも相手の膝くらいで、動かなくてもトラップ出来るボールだった。ボールの質は悪くなかったと思う。

そのときは気にしなかったが、ボールの質に違いがあったかもしれない。重いボールと軽いボールがあるとしたら、重いボールだったのだろうか。芯をはずしたボールと芯を撃ち抜いたボールを壁にぶつけて比べたら、勢いは同じぐらいでも芯をはずしたボールの方が軽く感じた。自分のボールを直接トラップすることは出来ないので正確なことは分からない。同じように蹴ったつもりでも、無意識に強弱をつけた可能性もある。ちょっと、考えるのを止めよう。

もし、日本語サッカーのキックから生まれるボールが軽いとしたら、ボールの芯をはずすからだろうか。「おでん式(日本式)キック」は芯を撃ち抜くから重く感じるのだろうか。

海外のチームで活躍する選手がトラップを失敗した場合、「トラップが上手ではないから」か、それとも「ボールの質にあったトラップを選んでいないから」かは分からない。

試合をするときは、どのトラップを使うかも考えた方がいいだろう。可能ならば「質の高いトラップ」を選ぶとよい。「質の高いトラップ」とは、強いボールでもしっかりと自分のものにでき、空中にあるボールも転がるボールも扱うことが出来るトラップのこと。

「サッカーおでん」で扱うトラップは、全て「おでん式(日本式)キック」。インステップやインサイド、アウトサイドも同じ1つのキックになる。もちろん、ドリブルやトラップも。

インステップ等のキックと同じになるように、全ての扱い方を一つにまとめた。最後は、1つに合体する。ボールを飛ばすときも近くに動かすときも、扱い方が同じ方が選手に優しいと思う。

強いボールも扱うことが出来るトラップを目指します。空中にあるボールや地面を転がるボールも扱えるトラップを手に入れましょう。

スポンサーリンク

2、「トラップ」メニュー

2015年1月22日公開。初期組

スポンサーリンク


おまけ

胸にボールが当たると、「心臓震盪(しんぞうしんとう)」を起こす可能性があるようです。可能なら胸でボールを扱うのは避けた方がいいでしょう。
相手が暴力的なチームだと、怪我をすることもあります。
そのような場合は、トラップは捨てて自分の健康を取ります。ボールを無視しても構いません。ボールはすぐに取り返せますが、健康を取り戻すのには時間がかかります。
サッカー選手として長生き出来るようにしてください。


スポンサーリンク

感想を送信する

名前: 
サイトの文章の長さ: 少し短い 短い ちょうどいい 少し長い とても長い
ご感想やご意見等

サイトからの返信を希望の方は、受信メールの設定等の確認をお願いします。メールを送信できない場合もあります。

エラー等で感想を送信出来ない場合はお問い合わせを、ご利用ください。



自己紹介

はじめまして、「サッカーおでん」の竹串です。日本がW杯最多優勝国になるために、「サッカーおでん」を作りました。日本人の高い身体能力を活かす技術を習得しませんか。

「サッカーおでん」はシュート技術を専門に扱うサイト。


独り言

  日本代表には、いつも笑っていて欲しい。
  サッカーおでんは、日本代表と日本人選手を応援しています。

スポンサーリンク

ちょっとお知らせ

「決定力、得点力は着地数で決まる。決定力を上げるコツ」を修正。文章の変更と画像が表示されるようにした。
最終更新
2019年3月21日。

よくある悩み一覧

サッカーおでんのおすすめ


日の丸サッカーおでんのおすすめ

スポンサーリンク

Copyright © 2015 socceroden All Rights Reserved.