連絡
携帯電話の設定等を確認してください。

スポーツ扇風機から学ぶサッカー上達法とは

扇風機を上手に扱える人はサッカーの才能があります。初心者が扇風機を上手に扱う方法とは。使い方が分からなくても扇風機の扱い方を発見する必要は無い。

扇風機の取扱説明書は読むもの。作るものでは無い。自分で教科書を作ろうとする人は成長が遅い。

サッカーは教科書を作る競技では無いので、上手くなりたいなら教科書を読んで上手くなろう。

初心者は試合を作るための材料を集めよう。入手した材料(技術)で戦うのがサッカー。

スポーツ扇風機から学ぶサッカー上達法とは。東アジア原産の呪い(日本人差別)にお金を出さないようにする。

目次
1、扇風機を上手に扱う方法とは
2、扇風機の扱い方を発見する必要は無い
3、取扱説明書は読むもの。作るものでは無い
4、教科書を作ろうとする人は成長が遅い
5、サッカーは教科書を作る競技では無い
6、試合を作るための材料を集めよう
7、入手した材料(技術)で戦うのがサッカー
8、スポーツ扇風機から学ぶサッカー上達法とは
9、東アジア原産の呪い(日本人差別)にお金を出さない

目的
扇風機からサッカー上達法を教えてもらう
理由
扇風機の使い方を再確認することでサッカー上達法が理解出来るから

1、扇風機を上手に扱う方法とは

「サッカーが上手くなる方法」とは?
「サッカー以外」でも同じですが、「上手くなる人」には「共通点」があります。
最初から「サッカーで説明しても伝わらない」かもしれないので、「多くの人が使いこなしている扇風機」で解説します。(勘違いしていると混乱するため)
「扇風機を上手に扱える人」は、「サッカーの才能(他のことでも可)がある」と言えます。

  • 扇風機とは何か

「扇風機」について簡単に説明します。
「高性能な扇風機」ではなく、「一般的な扇風機」を想像してください。
「扇風機」とは「風を生み出すことが出来る装置」のことです。
ここまでは簡単ですよね。では、次に進みましょう。

スポンサーリンク

  • 扇風機を上手に扱うには

「扇風機を上手に扱う」には、「扇風機の機能」を知る必要があります。
説明がしやすいように「切」、「弱」、「中」、「強」の「4つの選択肢」があるとしましょう。

  • 扇風機の機能
  • 「切」、「風を生み出さない
  • 「弱」、「弱い風を生み出す」
  • 「中」、「中ぐらいの風を生み出す」
  • 「強」、「強い風を生み出す」

「扇風機を上手に扱えるか」の判断は、「欲しい結果を生み出せるか」で決めるとします。
「欲しい結果を生み出せる」なら「扇風機を使いこなしている
「欲しい結果を生み出せない」なら「扇風機を使いこなせていない

  • 扇風機を上手に扱えるかの判断法
  • 「欲しい結果を生み出せる、「扇風機を使いこなしている
  • 「欲しい結果を生み出せない、「扇風機を使いこなせない

「扇風機を使いこなせるか」は「欲しい結果を生み出すための機能を選べるか(知っているか)」で決まります。

例えば、「弱い風」が欲しいときは、「弱」を押せばいいですね。
「弱い風」では暑く感じるので「強い風」が欲しいなら、「強」を押します。
「強い風」で涼しくなったのですが、「寒くなった」ので「風を止めたい」
「風を止める」ときは「切」を選ぶといいでしょう。

「扇風機を使いこなせる人」は「扇風機の扱い方を知っている」と言えます。
「指定された風を生み出せるかを競う種目(スポーツ扇風機と呼ぶとする)が存在する」としたなら、「スポーツ扇風機の上達法」は「扇風機の機能を知り、使いこなす」ことでしょうね。
表現方法が遠回りで読むのが大変かもしれませんが、難しいことは言っていないはずです。
すでに、「サッカー上達法」が出てますよ。

スポンサーリンク

2、扇風機の扱い方を発見する必要は無い

「指定された風を生み出せるか」を競う「スポーツ扇風機」が存在するとしたら、「スポーツ扇風機の上達法」を想像出来ますか。
上でも書きましたが「スポーツ扇風機の上達法」は、「欲しい結果を生み出す機能を知り正しい判断をする」ことですね。
凄いことを説明しているのですが気付きましたか。

  • 扇風機の扱い方を知る方法とは

「扇風機の扱い方」を知るには、どうすればいいでしょうか。
「何となくでも分かる人が多い」ですが、ここでは真面目に考えます。
「扱い方が分からない」なら、「扱い方を説明したもの」を探せばいいですね。

「扇風機の扱い方を説明したもの」とは、「取扱説明書」のことです。
「扇風機の扱い方を知りたい」なら、「取扱説明書を読む」といい。
簡単な話ですね。

  • 取扱説明書を知らない指導者もいる

「扇風機」には「取扱説明書」が入っていますが、「入っていないこと」もあるかもしれません。
「取扱説明書が無い」なら、「使い方を知っている人に教わる」といいでしょう。
「スポーツ扇風機」で良い結果を出すためには「扇風機の扱い方」を学ぶ必要があります。
もう一度言いますね。「スポーツ扇風機で良い結果を出す」には、「扇風機の扱い方を教えてもらう」といい。
非常に大事なところですよ。

スポンサーリンク

3、取扱説明書は読むもの。作るものでは無い

「扇風機の扱い方」を知りたい人に、「取扱説明書は自分で作りなさい」と言う人はいるでしょうか。
おそらく、いないでしょう。

「答えは自分で見つけることが大事」だと言い、「取扱説明書」を隠しますか。
隠しませんよね。

「人から教えられても本人のためにならない」と言いますか。
言いませんよね。

当たり前のことですが、「他の人が作った取扱説明書」を読むと「自分のためになります」
「学校の試験中」なら「周りが答えを教えるのはいけません」が、「扇風機を扱うのは試験中では無い」ので「他の人が作った取扱説明書」から答えを教えてもらっても何も問題はありません。
「扇風機の取扱説明書を読んで勉強したい人」に「他の人が作った取扱説明書を読んでも意味が無い」と言うのは「異常」です。

「他の人が作った取扱説明書を読んでも本人のためにならないと言う人」は、「扇風機や取扱説明書を知らない人」なのでしょう。
「理解していないから変なことを言う」

「サッカーおでん」のように「理解しているのに変なことを言う人」もいますよ。
「知っている人」にとっては「普通のこと」でも、「知らない人」にとっては「変なこと」に感じることもあります。

スポンサーリンク

  • 目玉焼きを上手に作る方法とは

「目玉焼き」で説明しましょう。「目玉焼きを上手に作る方法とは」
「料理人」は少し考えて、こう答えた。
「黄身を崩さないように焼くこと」
「質問した人」は「冗談」だと思った。

目玉焼きを作る絵

上の図は目玉焼きの作り方を説明したもの

「料理人」は「変なこと」を言っていますよね。
「卵は必ず混ぜるもの」なので「黄身を崩さずに焼く」ことは「冗談」としか思えないですよね。

「目玉焼きを上手に焼く」ためには、「手首を固定して綺麗な回転で卵を混ぜる」ことが大事です。
「玉子焼き」ではありませんよ。「目玉焼きを上手に作るためには卵を混ぜる練習」をしないといけません。
「目玉焼きが上手に作れない」のは、「卵を混ぜるときの身体の使い方が悪いから」でしょうね。
「もう少し若いときから卵を混ぜる練習をしていれば目玉焼きが上手に焼けた」と「指導者」は「冗談(言い訳)」を言うと思います。

「卵を混ぜても目玉焼きが出来ない」なら、「混ぜない方法」を試すといい。
「考える」とは「新しい方法を試みる」ということだと思います。

「変なことを言う料理人、サッカーおでん」と「正しいこと(冗談)を言う指導者」といったところでしょうか。

「目玉焼きが上手に焼けない理由」は、「骨盤の角度が悪いから」でしょうか。
それとも、「遺伝子の問題」ですか。「身体能力の高さ」や「骨格が……」と言われて納得しますか。
納得しませんよね。
「目玉焼きの作り方を知っている人」は納得出来ないはずです。

  • 「目玉焼き」と「玉子焼き」

「サッカーおでん」は「目玉焼き」です。
「ブラジル代表」も「目玉焼き」のはず。
「日本代表やヨーロッパの強豪国」は「玉子焼き」でしょうか。
「どちらが正しいか」ではなく、「どちらが好みか」で判断してくださいね。
「私」は「ロナウド選手(ブラジル)」が好きなので「目玉焼き」を採用しています。
「玉子焼き」を選択するときもありますよ。

スポンサーリンク

4、教科書を作ろうとする人は成長が遅い

「成績を伸ばす方法」を考えたことはありますか。
「他の人が作った教科書を読んでも学生のためにならない」でしょうか。
「周りが答えを与えたら本人のためにならない」なら、「教師は生徒に教科書を作らせる」はず。

「覚えること」と「教科書を作ること」は違いますよね。
「試験」は「他の人が発見した知識の集まり等を使用して答えを導き出すもの」です。
「試験で求められること」は「持っている知識等で答えを導き出すこと」であって、「教科書を何ページ作ったか」ではありません。

「自分で気付かないと本人のためにならない」なら、「教科書も自分で作らせるはず」です。
「試験勉強」をするために、「教科書作り」から始める人はいないでしょう。

「他人が作った教科書や参考書」で「成績が良くなった人」は多いはずです。
「学習塾」等で「成績の伸ばし方」を学んだ人もいるでしょう。
「周りから教えてもらうことで成長することは珍しくない」ですからね。

「成績を上げるため」に「教科書作り」から始める人は成長が遅いです。
「後から勉強を始めた人」に追い抜かれます。
「自分で気付くことが大事」だと言うなら、「教科書作りをさせないのはなぜ」でしょうか。
それは、「効率が悪い方法である」と知っているからですよね。

「他人が作った教科書」が、「周りが答えを教えることは本人のためになる」ことを証明してくれる。

「教科書をノートにまとめる」のは、「他の人から学んだことを記録する行為」
「周りに与えられた知識を使う」ので、「自分で教科書を作る」こととは違いますよ。

スポンサーリンク

5、サッカーは教科書を作る競技では無い

「サッカーは何をする競技か」知っている指導者はいるでしょうか。
「サッカー」は、「点を取り合う競技」です。
「教科書を作る競技」ではありません。

「分からないことは教えることが出来ない」
「知らないことは答えることが出来ない」

「分からないことや知らないことがあるのは正常」です。
「全てを理解する」のは難しいですから。
ただし、「選手や指導者」なら「サッカー」のことを理解していないといけません。

「サッカーは点を取り合うスポーツ」であって、「蹴り方の教科書を作る競技」ではありません。
「覚えた技術」を使って「何点取れるか」を競うもの。

「自分が作った教科書を採点してもらった人」はいますか。
いませんよね。
「君が作った教科書は素晴らしいから一気に5点追加しよう」
このようなことを言う審判はいますか。
いないですよね。

「サッカーは何点取れるか」を競うスポーツです。
勘違いしたらいけませんよ。「蹴り方の教科書を作る競技」ではありませんからね。
「サッカーの練習」で「何」をしていますか。
「教科書作り」ばかりしていませんか。
「教科書を作る人」は「成長が遅い」ですよ。

「なかなか上達しない人」は「教科書作り」に時間を使っていませんか。
「サッカーが上手くなりたい」なら、「サッカーの練習」をしないといけません。
「サッカーの練習」とは「試合のこと」ですね。
「指導者」は「選手にサッカーの練習をさせるべき」だ。
「選手の貴重な時間」は「どうでも良いこと」ではなく、「サッカー上達」に使うべきだろう。

「選手に競争をさせる」ように、「指導者にも競争させる」方が「指導者の質も上がる」でしょう。
「指導者は何をしても許されると勘違いしていないか」
「人の人生を左右する指導者という立場」は、「人の生死を決める立場」と同じ。
「下手で無能な指導者が消してきた命」は、いくつあるのだろうか。

「人に教える」ということは、「非常に重い意味を持ちます」
「他人を服従させる」のは「指導ではありません」
「醜い欲望」を「選手にぶつけるのは止めてください」

「指導者好みの蹴り方」は「試験に出ません」
「指導者が考える正しい蹴り方」も「問われません」
「試験勉強」は「出題範囲を意識する」ことが大事。
「試験に出ない部分」は「一人で遊ぶときに学びましょう」

スポンサーリンク

6、試合を作るための材料を集めよう

「選手」は「試合を作るための準備」をしないといけません。
「試合を作るための材料」を集めますよ。

「サッカーの試合で求められるもの」は「得点」です。
「点」を得るためには「点を生み出す装置」が必要ですね。
「サッカーで使用する装置」の中に「サッカーボール」がありますよね。
「サッカーボール」は「点を生み出すことが出来る唯一の装置」です。
「試合」をするためには「サッカーボール」を得る必要があるでしょう。

「試合中のボール」を観察すると「自分達のボール」と「相手側のボール」があります。
「自分がボールを持っていない」なら、「周り」からもらう必要があります。
「周り」とは「味方と対戦相手」のこと。
今回は「サッカー上達法(装置の使い方)」を扱うので、「ボールの獲得法」は説明しません。

スポンサーリンク

  • 試合を作るための材料を得る

「サッカーの試合で点を取る」には、「点を生み出す装置の使い方」を学ぶ必要があります。
「サッカーボール」を「扇風機」と同じように考えると「サッカー上達法(装置の扱い方)」が分かります。

「サッカーボールを上手に扱う」には、「サッカーボールの機能」を知る必要があります。
説明がしやすいように、「扇風機と同じ4つの選択肢がある」としましょう。

  • サッカーボールの機能
  • 「切」、「動きがない
  • 「弱」、「弱い動き」
  • 「中」、「中ぐらいの動き」
  • 「強」、「強い動き」

上の文章だと「点を生み出す場面」を想像出来ないので「点を生み出せるか」で説明しましょう。

  • サッカーボールの機能(得点で説明)
  • 「切」、「点を生み出せない
  • 「弱」、「弱い動きで点を生み出す」
  • 「中」、「中ぐらいの動きで点を生み出す」
  • 「強」、「強い動きで点を生み出す」

「サッカーボールを上手に扱えるか」の判断は、「扇風機と同じ」ように「欲しい結果が生み出せるか」で決めるとします。
「欲しい結果を生み出せる」なら「サッカーボールを使いこなしている
「欲しい結果を生み出せない」なら「サッカーボールを使いこなせない

「サッカーボールを使いこなせるか」は「欲しい結果を生み出せるか」で決まります。

例えば、「弱い動き」が欲しいときは「弱」を使えばいいですね。
「弱い動き」では「相手キーパーに止められる」なら「強い動き」を選択します。
「強い動きを使わなくても点が取れる」なら「体力を温存するため」に「中ぐらいの動き」で「点を取る」といいです。
「サッカーボールを止める必要がある」なら「切」を選ぶといいでしょう。

「サッカーボールを使いこなせる人」は「サッカーボールの扱い方を知っている」と言えます。
「サッカーの上達法」があるとしたら、「サッカーボールの機能を知り、使いこなす」ことでしょう。
表現が遠回りでしたが、簡単なことしか説明していませんよね。
「扇風機を使いこなすことが出来る」なら、「サッカー上達法を知っている」のと同じでしたね。

「扇風機」を「サッカーボール」に置き換えると、「サッカー上達法」になります。
最初に「扇風機の上達法」を扱ったのは、「日本人にとって身近であり使いこなしている人が多い」からです。
「まだ理解していないもの」を知るには「自分が理解しているもの」で考えるといいでしょう。

「扇風機とサッカーボール」を使って、「指導者が何を説明しているか確認」してください。
「装置の使い方」ではなく、「装置に触れるときの身体の使い方」だけを教えていませんか。

  • 試合を作るための材料

「試合を作るための材料」は「サッカーボールの機能」のこと。
下にある「4つの機能」を学んだなら「試合を作るための材料」を手に入れたと言えるでしょう。

  • サッカーボールの機能
  • 「切」、「動きがない
  • 「弱」、「弱い動き」
  • 「中」、「中ぐらいの動き」
  • 「強」、「強い動き」

スポンサーリンク

7、入手した材料(技術)で戦うのがサッカー

「サッカーの試合」は「制限時間内に何点取れるか」を競うもの。
「点を生み出す装置」を使って「試合を作る」といいです。

  • 「欲しい結果を生み出す機能」を選ぼう

「サッカーボールを比較的短時間で使いこなす」ために、「扇風機の扱い方」を確認します。
「扇風機で風を生み出す」とき、「何に気を付けるか」
ここを勘違いしていると「成長が遅くなる」でしょう。

「欲しい結果を生み出す」ために、「正しい機能を選択する」必要があります。
具体的に説明すると、「弱い風が欲しい」なら「弱」を、「強い動きが欲しい」なら「強」を選びます。
ここまでは簡単ですね。

問題はここからですよ。

スポンサーリンク

  • 「理想の風」を生み出すために必要なこと

「扇風機」で「理想の風を生み出す」には、「正しい機能を選ぶ」必要があります。
ここまでは理解出来ますよね。

「理想の風を生み出す」ために「身体のどこを使用するか」を気にしますか。
「親指と小指、どちらが良いか」、「指は伸ばすか曲げるか」、「右手と左手どちらを使うのが正しいのか」
「手首の角度や手首を固定するか」を気にする人はいますか。
いませんよね。

「同じ機能を選択している」なら、「どの指で選んでも生まれる風は同じ」です。
「同じ機能を選ぶ」なら、「右手でも左手でも生まれる風は同じ」です。
「扇風機の強」を押したときは「強い風」が生まれます。
「強を押す指を曲げても伸ばしても」、「風の強さ」は変わりません。
「身体のどこで触るか」で「風の強さが変わる」なら、その「扇風機は壊れている」でしょう。

「姿勢が良くても悪くても」、「強」を押せば「強い風」が生まれる。
「身体が後ろに傾いていても」、「中」を押せば「中ぐらいの風」が発生する。
「逆立ち」しながら「弱」を押せば「弱い風」になる。
「匍匐前進(ほふくぜんしん)」しながら「切」を押せば「風が止まります」

「身体の使い方」は「扇風機が生み出す結果」に影響を与えません。
簡単な話ですよね。「姿勢」を良くしても「弱い風は弱いまま」です。
「扇風機がどのような風を生み出すか」は、「扇風機のどの機能を選ぶか」で決まります。
「姿勢を良くして弱を押しても」、「弱い風が強くなることは無い

スポンサーリンク

  • 「自分が使いやすい方法」で装置を操ろう

「身体の使い方」を変えても「扇風機が生み出す風」に影響を与えないことは分かりますよね。
「サッカーボールも扇風機と同じ」です。
「強」を選べば「身体の使い方に関係なく」「強いボール」が生まれます。
「足首を固定しない蹴り方」でも、「強烈なシュート」が撃てます。
「サッカーボールの機能」は「扇風機の機能」と同じです。

「指導者の教えを守っているのに強いボールを蹴ることが出来ない」なら、「指導者の教えが間違っている」からでしょうね。
「足首を固定して」「扇風機の弱」を押しても「強い風」は生み出せませんよ。
「飲み込みが早いとされている時期」から「弱」を押し続けても、「強いボール」は生まれないでしょう。
「軸足とボールの位置」に気をつけて「弱」を選んでも、「弱いシュート」しか撃てないはずです。
「押した指が一歩目」になるように「弱」を押しても、「風は弱いまま」ですよね。

「扇風機の弱」を押しているなら、「押し方を変えても弱い風」しか生まれません。
「弱い風が少し強くなった」としたら、「たまたま中を押したから」でしょう。

「扇風機を押すときの身体の使い方」を気にするのは、「扇風機を使いこなしてから」
「身体の使い方」を追求するのは「上級者の遊び」です。
「格好良い扇風機の押し方」や「美しい扇風機の止め方」は「上級者向け」ですよね。
「最初にすること」ではなく、「上級者が最後にすること」です。

「身体の使い方を追求する」ことは素晴らしいのですが、「上級者では無い」なら「サッカーボールの扱い方を覚える」ことを優先してください。
「個人練習」で「身体の使い方」を学ぶのは問題ありませんが、「全体練習」で行うのは「効率が悪い」でしょう。
「同時に学ぶことを否定するわけではありません」。「サッカーボールの扱い方を優先して学ぶ」ようにしてください。

スポンサーリンク

8、スポーツ扇風機から学ぶサッカー上達法とは

  • 身体の使い方を学ぶ前に確認したいこと

「サッカー上達法」として「身体の使い方」を教える人は多いです。
「身体の使い方を覚えることを否定しません」が、「覚える内容を確認」してください。
「身体の使い方を大事にする人」も「ボールの扱い方を覚える必要がある」と言っているはずです。

「サッカー」だと伝わるか分からないので、「スポーツ扇風機」で説明します。
「スポーツ扇風機が上手になる」には、「扇風機の扱い方」を覚える必要がありました。
「扇風機を操作するための身体の使い方」を覚えようとする人はいますか。
おそらく、いませんよね。

「扇風機を自由に扱える」なら「身体を上手に扱えるから」です。
「試験前の勉強」で「鉛筆を自由に動かす方法に時間を使わない」ように、「サッカーおでん」では「貴重な時間を身体の使い方の習得には使いません」
「使用出来る動きを簡単に確認する」ことはありますが、「大事な時間は使いません」よ。

「サッカーボールが重たくて動かすことが出来ない」なら、「身体の使い方」から学ぶ必要があります。
しかし、「サッカーボールを動かすことが出来る」なら、「最初からボールの扱い方」を学んだ方が「成長が早い」でしょう。

「勘違いしている人」がいると困るので、確認のつもりで書いておきます。
「サッカー選手には2つの能力が求められる」
「ボールを扱う技術」と「身体を扱う技術(相手の身体も含む)」

「サッカーおでん」は「自分の足で立つことが出来る」なら「身体を扱う技術は習得済み」と考えるため、最初から「ボールを扱う技術」を覚えることをおすすめしています。
「日本語サッカー(サッカーおでん以外で扱うサッカー)」では、「身体の扱い方」から学ぶことが多いでしょうか。

「身体の使い方を習得することは終わりではありません」
残念ながら、「始まりでもありません」
「ボールの扱い方を覚える(ボールに触る)」ことが「サッカー上達の始まり」です。

「身体の使い方」は「鉛筆(えんぴつ)」のようなもの。
「ボールの扱い方」が「試験で問われる知識等」になります。
「受験生」に「鉛筆(えんぴつ)の買い方」を教えますか。
教えませんよね。

「教科書や参考書」は「試験で問われる知識等を説明しているもの」
「扇風機の取扱説明書」であり「サッカー上達法」ですね。
「教科書の選び方を教える」ことと「鉛筆(えんぴつ)の選び方(買い方)を教える」のは別物です。

スポンサーリンク

  • 身体の扱い方を覚えたい人が注意したいこと

「身体の使い方」を学んでも「終わりではありません」からね。
「教祖の説明」を確認するといいですよ。
「ボールの扱い方は別のところで覚えなさい」と書いてあるはずですから。
「自分が何を練習しているか」理解しているなら問題ありませんが、「指導者に従うだけ」では「成長が遅くなる」でしょうね。

「自分が何になりたいか」考えてください。
「宗教家として上手くなりたい」のか、「サッカー選手として上達したい」のか。
「サッカーの練習」ではなく、「宗教家になる訓練」をしていませんか?

「宗教家」について
「宗教家ではなく選手になろう」

  • 「サッカーおでん」の昔話

「私」が「サッカーを始めたのは大学」から。
それまで「帰宅部」でした。
「自分が理想とする選手」を目指すときに、「誰を参考にするか」考えました。

「周りの経験者」を観察する。
「私の理想」は、「強烈なシュートを撃てる選手」
「無回転系のシュートが好き」だったので、「逆回転系のシュートを撃つ選手」を探しました。

「逆回転系のシュートを撃つ選手を探した理由」は、「自分が求めるものでは無い」から。
「同じことをしたら欲しい技術が手に入らないから」ですね。
「周り」に「蹴り方や気を付けること」を質問しました。
そして、「日本語サッカーの考え方」も頭の中に入れました。
「周りを観察して感じたこと」は、「周りの経験者と別の道を歩むことが正解だ」ということ。(逆回転系を目指すなら周りと同じことを学ぶのが正解です)

念の為、「図書館や本屋」で「サッカーの知識(蹴り方に関しての情報)」を集めました。
もちろん、「インターネット」でも調べましたよ。

「迷路で正解が分からない」とき、「どの道を選択するか」
「自分よりも何十年も前から迷路に挑んでいる人」が「私の目指す場所に到着していない」
このことから、「消去法」で「私の進むべき道」が分かります。
「正解は分からなくても不正解を消していけば残ったものが正解」ですね。

「サッカーおでん」では、「日本語サッカーを玉子焼き」、「サッカーおでんを目玉焼き」と例えています。
それは、「自分が目標としている場所」に行けたから。
「玉子焼き」でも全く問題ありませんよ。
ただ、「過去の私」のように、「玉子焼きでは無い技術を求めている人」が困らないように、「サッカーおでん」を記録として残しています。
「名前が分からない料理」を探すのは難しい。
「練習しているのに何か違う」なら、「あなたが求めている料理」は「玉子焼きでは無い」のかもしれない。

スポンサーリンク

  • ゴールしたから言えること

「ゲーム」でもそうですが、「最後まで進む」と「途中で足踏みしている人の話」が分かりますよね。
「ゴールしたから答え」を知っていても、「まだ途中の人に結末を教える」のは良くないかもしれない。

「サッカーの途中で止まっている人」に「結末を教える意味」があるか分かりませんが、「知りたい人に結末を伝える」のはいいかもしれませんね。
「結末を知ってもサッカーの楽しさが減るわけではない」ですから。
「結末を知っている方が早く上手くなるのでサッカーが今までよりも楽しくなる」かな。

「何が楽しいかは個人差がある」ので、一人ひとりに聞いてみないと分からない。

「知っても意味が分からない人」もいるかもしれませんが、「サッカーのネタバレ」をしておきましょう。
「自分で結末を知りたい人」は「9、東アジア原産の呪い(日本人差別)にお金を出さない」に移動してください。
少し空間を作っておきますので、移動をお願いします。

ネタバレを避けるために「9、東アジア原産の呪い(日本人差別)にお金を出さない」に移動する

サッカーおでんを描いた絵

そろそろ、いいですか。
「サッカーの結末」を教えましょう。

「サッカーは足首を固定しなくても良い」
何を言っているのか、全く意味が分かりませんよね。
「サッカーおでん」は、いつも変なことを言いますから。

「もう少し面白い話」をしましょうか。
「日本代表の監督経験」がある「ジーコ選手(ブラジル)」
「選手としても日本サッカーを成長させるために活躍された素晴らしい人」ですね。
「ジーコ選手」も同じことを言っていたようです。(私は直接聞いたわけではないので本当かわかりません)
「玉子焼き」だけではなく「目玉焼きも良い」と。

「何を言っているのか全く理解出来ない」かもいしれません。
「日の丸サッカーおでん」でも紹介していますが「私が参考にした本」の「世界をリードする、ブラジルサッカー。メンタルからテクニックまで学べる」に興味深いことが書かれています。

足首を固定していても回転をかけることは可能です。ただブラジルには足首を固定するという考えはないのです。

テクニカル・アドバイザー:アデマール・ペレイラ・マリーニョ 発行者:阿部林一郎(2002)『世界をリードするブラジルサッカー―メンタルからテクニックまで学べる』日本文芸社

足首を固定していても回転をかけることは可能です。ただブラジルには足首を固定するという考えはないのです。
この文章は「目玉焼き」を選んでも良いということを教えてくれますね。

「玉子焼き」だけでなく「目玉焼きも良い」という内容ですね。
「サッカーおでん」では「足首を固定しない蹴り方」を紹介しています。
「卵を混ぜない」のが「目玉焼き」。「卵を混ぜる」のが「玉子焼き」です。
好きな方を選んでくださいね。その日の気分で変えるのもいいでしょうね。

選手が主役な「日の丸サッカーおでん」
日の丸サッカーおでんの絵日の丸サッカーおでん(別のサイト)


アマゾンの紹介では発売日が1998年になっています。私が購入したのは平成14年(2002年)に発行したものです。1998年のものと内容は同じだと思いますが、確認が出来ないため、自分が所有している本の発行年数を記載しました。


「サッカーおでんがお手本にした選手」は、「ロナウド選手(ブラジル)」と「マラドーナ選手(アルゼンチン)」です。(他の選手も参考にしています)
「ブラジル代表」は「似たような技術」を使っているはず。
「ボールの動き方」を見ると、「玉子焼きよりも目玉焼き派」だと思います。

「好きな技術」を選んでください。「サッカーでは選手の考えが優先されます」
「玉子焼きが好きな人」は、「玉子焼きを選ぶことが正解」です。
「玉子焼きでは物足りない」ときは、「目玉焼き」を試すといいでしょう。

「目玉焼きは玉子焼きに近付けるが、玉子焼きは目玉焼きにはなれない」
「サッカーは皆に優しい」が「現実は残酷」だ。

元帰宅部がサッカーを始めて考えていたこと
「自分が欲しい技術」が「目玉焼き」だと分かったときから、「罵倒勢」が気にならなくなりました。
「追い抜くことが確定した相手」を恐れる必要は無いですからね。

「罵倒勢」
「他の選手に攻撃的な人」のこと。
詳しい説明は「日の丸サッカーおでん(別のサイト)」で
日の丸サッカーおでんの絵日の丸サッカーおでん。楽しさが才能を育て、苦しみが選手を潰す(別のサイト)

「目の前にある看板」を「追い抜けるか不安になる人」はいませんよね。
「看板は動かない」ですから。
「正面から見たときは立派に見えた看板」も、「追い抜いた後に裏側を見ると非常に残念なもの」です。
「看板があったことは覚えています」が、「どのような看板だったかは覚えていません」

「ゴールする(結末を知る)」ことは「過去の自分が報われる」のと同時に、「結末を知るまでのワクワクを失う」ことでもあります。
少し寂しい感じもしますね。
「楽しさ」は「上手くなった今」よりも、「上手くなる前」の方が多かったかもしれません。

スポンサーリンク

9、東アジア原産の呪い(日本人差別)にお金を出さない

「呪い(東アジア原産の日本人差別)が込められた指導法」が「日本人選手」から「笑顔と才能」を奪う。
「愛の無い情報」は「選手にとって毒」でしかない。
「指導者」が「愛情を持って選手に接しているか」を確認してください。

「教えることで下手になる」という考え方を否定するわけではありません。
「指導者の考え方」を尊重します。

ただ、不思議に思うことがあります。
「教えること(教え過ぎること)」で「選手に良くない影響を与える」と考えているならば、「なぜ、蹴り方を細かく指定する指導法に反対しないのか」

「足首の角度」や「軸足の位置」等、「細かい部分を教える指導者」は非常に多い。
「教えること(教え過ぎること)」が「選手の成長を止める」なら、「足首の固定の仕方や軸足の位置等を細かく指定する指導法を否定する」のが自然ではないか。

「身体の使い方を教えたがる指導者」もそうですが、「指導者が教えるから選手が成長しない」なら、「指導者は邪魔な存在」ですよね。
「邪魔」なだけならまだ良いですが、「害にしかならない指導者」もいるのではないか。

「周りが教えると本人のためにならない」と考えるのは自由ですが、「本人に任せている」と、「いつまで経っても成長しません」よ。
これは「選手の話」ではありません。「指導者の話」です。
「本人に任せたままだから指導者は成長しない」のではないか。
私は、そう思います。

「教えないことで成長する」ならば、「サッカーが上手な指導者ばかり」になりますよ。
おそらく、一部例外を除いて、「サッカーが上手な指導者」はいないと言ってもいいでしょう。

「下手であること」を責めているわけではありません。
「自分が下手である可能性を考えない指導者」を否定しているだけです。
「サッカー」では「相手への敬意(いわゆる、リスペクト)」が大事だと言われますよね。
「指導者や保護者を尊敬するように命令する大人」は目立っても、「日本人選手に敬意を払えと命令する大人」はいないのではないか。
「選手にも敬意を払えという大人」は探せばいるかもしれませんが、あまり聞きませんよね。

「自分が正しいと思うこと」は「人間として自然な姿」ですが、「立場が弱い人に敬意を払わない」のは「指導者(保護者も含む)として失格」です。
「選手に敬意を払わない」から「指導者は下手なまま」なのでしょう。
「下の人間に上を敬え」と言うのはいいですが、「上も下に愛情を持って接するべき」です。
「一番身近な存在である子供を愛せない人間」が、「サッカーボールを愛せるわけがない」
「他者を否定する生き方」では「サッカーボールに愛されない」

「指導者が間違った接し方」をすることで、「子供達が間違った生き方を正しいと勘違い」してしまう。
「他人を否定する指導者に教わった子供」は、「味方を馬鹿にする」のが自然です。
「大人が誤ったルール」を「子供に吹き込んだ」のですから。
「サッカー」は「人を苦しめるための競技ではありません」
「サッカーは楽しむための競技」です。
「選手(子供や立場が不利な人等)」を攻撃する道具ではありません。

「ボールは正直」ですからね。「シュート」を見れば、「無能な指導者に教わったか」教えてくれますよ。

「サッカーが認めているボールの扱い方」を「指導者が勝手に禁止している」こともあります。
また、「特定の選手を否定するため」に「問題ないのに悪いと言う悪意を持った生き物」もいます。
「指導者に否定されても相手が間違っている可能性」を忘れないでください。
「悪意を持って攻撃してくる指導者」に目を付けられると「上達の妨害をされます」

「周りに敬意を払おう」という言葉は、「誰に向けた言葉」なのか。
「指導者」が「選手」に言うことは知っています。
この言葉は、「指導者だけが気持ち良くなるための言葉」でしょうか。
違いますよね。「指導者だけが気持ち良くなるための言葉では無い」ですよね。
では、「誰が気持ち良くなるための言葉」なのか。

「答え」は簡単ですね。
「サッカーを楽しみたい人」が「気持ち良くなるための言葉」です。
「指導者(保護者も含む)」は「選手がサッカーを楽しめる」ように努力する必要がある。
「選手」は「サッカーが下手でも人間として優れている指導者」に「良い結果を与えられる」ように努力する必要がある。

「リスペクトの対象」には、「指導者だけでなく日本人選手」も当然含まれる。
「東アジア原産の呪い(日本人差別)を広げる人」は、「日本人選手を攻撃するのが正義だと嘘のルールを広めようとする」

「指導者や保護者」だけでなく、「サッカー協会」も「日本人選手に敬意を払うべき」ですよね。
「サッカー選手として戦う日本人選手」が「サッカーを楽しめる」ように、「東アジア系からの暴力」には抗議するのが当たり前でしょう。
「日本人選手への暴力に強く抗議しない指導者」は、「害にしかならない」
「サッカー界」は「差別に反対」しているが、「指導者は日本人差別に反対しているか」
「東アジア系(日本国籍取得者を含む)」と一緒に「日本人差別」をしていないか確認してください。

「日本人の振り」をして「日の丸を攻撃する人」もいますからね。(「同じ日本人として恥ずかしい」や「私は日本人だが」等)
「日の丸を掲げたく無い」ならば、遠慮せずに「祖国の国旗を掲げれば良い」

「サッカー上達法」を調べると、「東アジア原産の呪い(日本人差別)」が入っているはずです。
「日本人を褒めると死んでしまう」からでしょうね。
「日の丸を否定することしかしない人」の話を聞いていると、「サッカーの才能が消滅します」よ。

「自信や誇りを奪うやり方」は「教育や指導ではありません」
「日本人差別を受け入れること」は「サッカー上達法では無い」ですからね。気を付けてくださいよ。

スポンサーリンク

  • 日本人差別にお金を出さない

「サッカー上達法」を見つけたら「日本人を褒めているか」調べてください。
おそらく、「日本人を褒める説明は無い」でしょう。
「日本国や日本人を否定する内容ばかり」のはずです。

「改善しないといけない問題が無い」なら「解決策にお金を出す」ことは無いでしょう。
「何か問題があるから改善方法にお金を使う」はずです。
「サッカー上達法を買わせる」には、「問題を作り上げる必要があると考える人もいる」でしょうね。
「問題を捏造して不安にさせる」ことで、「サッカー上達法を買わせる」ことが多いです。
「現実に存在する問題」か、それとも「捏造された問題か」確認してください。
「日本人差別はお金になる」ことを覚えておいてください。

「日本人差別をすることでお金を稼ぐ商売」は非常に多いですからね。(例、報道関係や教育関係等)
「我が子を差別する人に生活費を与える」のは健全では無いでしょう。

「サッカー上達法を否定しているわけではありません」
「日本人差別にお金を払う」ことを否定しているだけです。
「元プロ選手の引退後の生活」のために、「サッカー上達法」を学ぶのは良いと思います。
「引退後の生き方」が出来ることで、「未来のプロ選手も助かりますから」ね。


可能な限り様々な方法を試したのに上手くいかない場合、「否定されてきたもの」の中に「問題を解決する方法」が隠れていることが多いです。
「否定される指導を受けてきた人」は、「否定された内容にお宝が眠っていないか」確認してください。

「足首を固定しないこと」は「否定されている」はずです。
「固定することが正しいと言う人」も、「柔らかいボールタッチ」や「足首の柔らかさ」等、聞いたことがあるでしょう。
「固定することが正しい」なら「柔らかいという褒め言葉」は存在しないはず。
「憧れの選手を超えられない」のは、「指導者に超えるための方法を封印されたから」ではないでしょうか。

「全ての選択肢」を試してから「一番良いもの」を探すのは素晴らしいことですが、「指導者が許可した方法しか選べない」のは大問題。
「下手で無能な指導者が選ぶ選択肢」は「選手を不幸にするためのものが多い」

「日本人を不幸にするために生きているモノ」も存在しますからね。
「日本人を否定し不幸にすることに喜びを感じる生き物」は意外と身近にいます。教育関係や報道関係等ですね。
気になるなら「マスゴミ」や「報道しない自由」で検索するといいです。
「日本人差別」がすぐに見つかるはずです。
「本人の努力とは関係ない部分で否定されている」ことも珍しくありません。(思想や支持政党、購読している新聞、親の職業等)
「親が日本国民を守る職業に関係している選手」は「東アジア系の指導者(日本国籍取得者も含む)に狙われる」でしょうね。(自衛隊や警察官等、親の職業で差別する「センセイ」は多い)

世の中には「綺麗では無い生き物」が少なくないですからね。
「センセイ」に「聞いたらいけません」よ。
「日本人の命を奪っている集団に所属しているセンセイ」もいるでしょうからね。
「選手はサッカーだけに集中してください」
「難しいこと」は「プロ(大人)」に任せましょう。

スポンサーリンク

2018年1月26日公開。追加組


おでん式(日本式)キックメニュー

頭の使い方の確認
身体の扱い方の確認
サッカー上達法の確認
シュート編

スポンサーリンク

感想を送信する

名前: 
サイトの文章の長さ: 少し短い 短い ちょうどいい 少し長い とても長い
ご感想やご意見等

サイトからの返信を希望の方は、受信メールの設定等の確認をお願いします。メールを送信できない場合もあります。

エラー等で感想を送信出来ない場合はお問い合わせを、ご利用ください。



自己紹介

はじめまして、「サッカーおでん」の竹串です。日本がW杯最多優勝国になるために、「サッカーおでん」を作りました。日本人の高い身体能力を活かす技術を習得しませんか。

「サッカーおでん」はシュート技術を専門に扱うサイト。


独り言

  日本代表には、いつも笑っていて欲しい。
  サッカーおでんは、日本代表と日本人選手を応援しています。

スポンサーリンク

ちょっとお知らせ

「インサイドキックは足首で蹴る」に「インサイドキックはどこで蹴るか」へのリンクを追加。
最終更新
2019年5月14日。

よくある悩み一覧

サッカーおでんのおすすめ


日の丸サッカーおでんのおすすめ

スポンサーリンク

Copyright © 2015 socceroden All Rights Reserved.