連絡
携帯電話の設定等を確認してください。

おでん式(日本式)トラップ、頭、ヘディング

目次
1、頭を使うヘディングはトラップか
2、ボールを扱う準備と心構え 準備と心構え
3、ボールが動く空間 空間を限定することと当てる場所
4、ボールを扱うときは保険と布団をかける保険と布団のかけ方とボールの動かし方
5、上昇するボールを扱う 上昇するボールの色々な扱い方
6、落ちるボールを扱う 落ちるボールの色々な扱い方
7、肩から頭の間にあるボールを扱う 今までのまとめ

目的
シュートやドリブル、トラップにも使えるボールの扱い方を覚える
理由
同じやり方を使うことで、習得するまでの時間を短くするため

1、頭を使うヘディングはトラップか

「頭」でボールを扱うことを、「ヘディング」と呼ぶようです。
サッカーの教科書やサイト(以下、「日本語サッカー」という。)では、「キック(インステップ等)」、「ドリブル」、「トラップ」、「ヘディング」と、「ヘディング」を別に扱っているところが多いでしょうか。
「おでん式(日本式)キック」では、「ヘディング」は「頭」を使う「トラップ」で扱います。

日本語サッカーの「トラップ」の基本は止めること。
「おでん式(日本式)キック」では、「トラップ」の基本は動かすこと。
「トラップ」を止めるものとした場合、ボールが動いてしまう「ヘディング」は「トラップ」とは別の扱いになるかもしれません。「ヘディング」の説明の中に「ヘディングを使ったトラップ」の仕方がある場合もあります。日本語サッカーでは、細かいことは気にしないのかもしれません。
「サッカーおでん」では、「ヘディング(頭)」は「トラップ」の項目で紹介します。
サイトを作るとき「ヘディング」を忘れていたので、一番良さそうな「トラップ」に加えました。
「ヘディング」は「シュート」や「ドリブル」、「トラップ」でも使えます。
もちろん、「パス」にも使えますよ。
「ボールを扱う場所」の中の一つと理解しておくといいでしょう。

「ヘディング」を扱う場所がないので、「シュート」も扱います。
今まで「ヘディング」と書きましたが、ここからは「頭」と書きます。

スポンサーリンク

2、ボールを扱う準備と心構え

  • 扱うボールの種類

肩から頭の間にあるボールを扱います。空中にあるボールです。
空中にあるボールには、「地面に近付くボール」と「地面から離れるボール」があります。
「地面に近付くボール」は「落ちるボール」、「地面から離れるボール」は「上昇するボール」とします。
「落ちるボール」は扱いやすい。「上昇するボール」を扱うときは気をつけます。

ボールが最も安定する場所は地面でした。空中にあるボールは、地面に戻すことを考えます。
肩から頭の間にあるボールを、少しでも早く地面に導きましょう。

  • トラップで使う身体の部分

「身体の大きな部分」を使います。
「胸」と「頭」を使うといいでしょう。他の部分を使っても問題ありません。
その場で跳ぶと、「胸」や「足(オーバーヘッドキック等)」を使うことも出来ます。
「早送り機能」も使います。

スポンサーリンク

  • ボールをどうするか

ボールに触れることで、動きが変わります。ボールをどこに動かすかも考えます。
「頭」は他の部分と違い、ボールを控えめに動かすのが苦手です。
そのため、「頭」だけでボールの動きを全て無くすことは難しい。
「止める」ことは苦手ですが、「動かす」ことは得意なので長所を伸ばします。
「控えめに動かす」、「大胆に動かす」方法を覚えます。
「控えめに動かす」は「ドリブル」や「トラップ」、「大胆に動かす」は「シュート」や「パス」に使います。

  • 気をつけること

ボールを扱うときは、保険をかけるようにします。
「頭」を使う場合は、あまり気にしなくてもいいでしょう。

  • 空中にあるボールを扱うときの共通の考え

空中にあるボールをトラップするときは、「ボールが最も安定する地面に導く」ようにします。
「頭」で触った後は、他の身体の部分で扱うといいでしょう。
「シュート」や「パス」の場合は、飛ばしたい場所に導くようにします。
目的に合った扱い方をするようにしましょう。

スポンサーリンク

  • 危険な場合は中断する勇気を。安全になってから再び挑む

「頭」でボールを扱うとき、相手が足を高くあげることもあります。
蹴られると危ないので、「頭」を使うときは周りの動きに気をつけましょう。
「頭」には眼や鼻、口等、大怪我に繋がる場所が多いので、相手の動きをよく観察してください。
特に眼は、サッカーだけでなく日常生活にも影響が出るので、少しでも危ないと思ったら「頭」で触るのは止めましょう。
「頭」を蹴られて失明等したら大変です。少しでも危険だと思ったら、触るのを止める。「シュート」や「トラップ」等を中断する勇気を持ちましょう。

サッカーの試合に通り魔が参加していることもあります。相手を壊すために試合をする「選手のような何か」がいても不思議ではありません。
「頭」を使う前に、相手が通り魔でないか確認しておくことをおすすめします。
サッカー選手の姿をした「別の何か」が、試合に参加している可能性も考えておきましょう。
笛に「何か」が詰まっていると、音が出来ません。
「別の何か」がいても、「何か」が詰まっているために笛が鳴らないこともあります。
自分を守るためにも、相手が本当に「サッカー選手」なのか確認するくせをつけましょう。また、「笛の手入れ」が出来る審判か確認する習慣もつけましょう。

報道関係者は「加害者の人権」を大切にする傾向があります。「被害者」ではなく「加害者」を守ることが好きなようなので、「被害者側」を攻撃することも少なくありません。
「暴力的なこと」と「玉際に強いこと」は違います。「相手を積極的に破壊しようとすること」は「気持ちが強い」とは言いません。「アジア紙幣が詰まったペンやマイク」に騙されないようにしましょう。

笛に詰まる何かについて
「紙幣が詰まった笛は鳴らない」

スポンサーリンク

3、ボールが動く空間

  • ボールが動く空間

高い位置にあるボールは、上にも下にも動きます。「頭」でボールを扱うときは、どこに飛ばすかを考えるといいでしょう。
「シュート」や「パス」のように「大胆に動かす」場合は、ボールがしっかり動くように工夫します。
「ドリブル」や「トラップ」のように「控えめに動かす」場合は、ボールが上の方に動かないように気をつけます。

  • ボールを動かす空間を決める

「シュート」のように「大胆に動かす」場合は、「前後左右」に動かすことになります。「上下」に動かす機会は少ないかもしれません。地面に叩きつけるように「シュート」をする場合は、地面に向かって動かすことになるため「下」に動かすことになるでしょうか。

「トラップ」や「ドリブル」のように「控えめに動かす」場合は、地面に動かした方がいいでしょう。特別な理由が無い限り、ボールは地面に導きます。
天井を作って上に動くのを防ぎます。

天井を作ると「上下」の選択肢を消すことが出来ます。
「前後左右」を消すときは壁を作ります。

特別な場合を除いて、空中にあるボールは地面に導く。

スポンサーリンク

  • ボールを当てる場所

ボールを当てる場所が気になりますよね。
色々な説明を読むと、「おでこ」、「髪の生え際」、「眉毛の少し上」といったものが多いようです。
ボールを当てる場所は、自分が使いやすいところを選ぶといいでしょう。
私の場合は、おでこの真ん中と少し横の部分を使っています。
おでこに手を当てるとき、眉毛のすぐ上に小指がくるようにします(下の図1、2)。このときの中指や薬指の位置あたりで、ボールを飛ばしています。
下の図(6)や(7)のあたりを使うといいかもしれません。
(8)は、(6)と(7)を合わせたもの。
自分が当てやすい場所を見つけてください。

ボールを当てるおでこの場所を説明した絵

(イ)は、おでこにある骨の部分を描いた。(1)から(8)は、手のひらを使ってボールを当てる場所を探す図。

スポンサーリンク

4、ボールを扱うときは保険と布団をかける

  • 保険をかける

ボールを扱うときは、保険をかけます。
「身体の大きな部分」を使うと、保険をかけることが出来ます。
ボールの急な動きにも反応出来るようにしましょう。

「頭」で扱うときは、そこまで心配しなくてもいいと思います。

  • ボールに布団をかける

空中にあるボールを触るときは、布団をかけるようにします。
布団のかけ方で、ボールの動きが変わります。布団のかけ方は他で使う方法を同じです。
動いて欲しくない方に、しっかりと布団をかけます。

  • 距離の調整法

欲しいボールに合った扱い方をします。
「シュート」のように「大胆に動かす」場合は、「ボールの芯を撃ち抜く」ようにします。
「トラップ」のように「控えめに動かす」場合は、「ボールの芯をはずす」。
「芯を撃ち抜く」か「はずす」かは、ボールの動く距離に影響を与えます。
しっかりと距離を出したいときは「芯を撃ち抜く」、あまり動かしたくない場合は「芯をはずす」ようにしましょう。

遠くに飛ばす
「ボールの芯を撃ち抜く」。
近くに動かす
「ボールの芯をはずす」。

スポンサーリンク

  • ボールの動かし方

ボールを動かすときは、動かしたい方を開け、動いて欲しくない方に壁(天井等)を作ります。
このやり方は、「サッカーおでん」を簡単にしたものです。
「サッカーおでん」の確認もしておきましょう。下の図が、「サッカーおでん」です。
「シュート」等、ボールを正確に動かしたい場合は、下の「サッカーおでん」を使いましょう。
だいたいで良い場合は、「サッカーおでん」を簡単にした「動かしたい方を開け、動いて欲しくない方を閉める」方法を使うといいでしょう。
「サッカーおでん」も「動かす方を開け、動いて欲しくない方を閉める」方法も、やることは同じです。
違いを簡単に説明すると、全てで使えるのが「サッカーおでん」で、「トラップ」で使うのが「動かす方を開け、動いて欲しくない方を閉める」方法です。

色々な方向へ動かす方法を描いたサッカーおでんの絵

「サッカーおでん」を覚えれば、「トラップ」を含めた全てで使えるので便利です。
「頭」は「シュート」でも「トラップ」でも使う場所。
「ボールの芯を撃ち抜く技術」と「ボールの芯をはずす技術」が必要になる場所でもあります。

「トラップ技術」を追求していくと「シュート技術」に辿り着きます。
面白いですよね。

ボールの扱い方
ボールを扱うときは、保険をかける。
遠くに飛ばすときは「ボールの芯を撃ち抜く」、近くなら「ボールの芯をはずす」。
ボールの動く方向は「サッカーおでん」で決める。

スポンサーリンク

5、上昇するボールを扱う

  • ボールの扱い方

「シュート」のように「遠くに動かす」と、「トラップ」のような「近くに動かす」を扱います。
「シュート」や「パス」は「遠くに動かす」、「ドリブル」や「トラップ」は「近くに動かす」になります。
ボールを地面に導く「ボールを安定させる」と、地面から遠ざける「ボールを不安定にさせる」も扱います。

ボールを遠くに動かす

ボールを遠くに動かすときは、「ボールの芯を撃ち抜く」ようにします。
ボールを「頭」で飛ばすようにしましょう。
ボールを跳ね返すようにします。「首の後ろに鉄板を入れるようにしてボールを飛ばす」と説明する人もいるようです。

ボールを安定させる

ボールを地面の方に動かします。地面に叩きつけるようにします。
ボールを地面に叩きつけるときは、「頭」の位置に気をつけます。
下の図(3)のように、「頭」が上から下に動くようにするといいでしょう。
「お辞儀」をするように動かします。(下の図3)
ボールに当たるときの「頭」の位置が、普段の状態(1)よりも前にあるようにしましょう。
地面を向いた状態(3)でボールを飛ばすと、ボールを地面に叩きつけることが出来ます。
「お辞儀」をする動作で、ボールを下に押すといいでしょう。

頭でボールを動かす絵

ボールがおでこに触れてから上の図(3)のように動かすのもいいでしょう。
ボールと一緒に「お辞儀」をするといいと思います。

上昇するボールを地面に叩きつけるのは、比較的簡単だと思います。
「頭」を勢いよく振ると、気分が悪くなることもあるので気をつけます。

ボールを不安定にさせる

ボールを上に飛ばすときは、「頭」の位置に気をつけましょう。
「頭」が上の方を向いている状態でボールを飛ばします。(下の図2)
後ろにある頭を、元に戻す動きを使うといいでしょう。(下の図2)
「頭」が下の図(1)の位置に来る前にボールを触ります。
下の図(2)のように、「頭」が下の方から上に動くようにします。(図は大げさに描いてあるので、図のように動かせなくても問題ありません。)

頭でボールを動かす絵

上昇するボールを上に飛ばすことは少ないので、あまり気にしなくてもいいでしょう。

スポンサーリンク

ボールを近くに動かす

ボールを近くに動かすときは、「ボールの芯をはずす」ようにします。
ボールを近くに動かすので、「頭」で触れる程度でいいでしょう。
「頭」を振ると、ボールが遠くに動くので気をつけます。

ボールを安定させる

上昇するボールを地面に動かします。ボールを扱うときは、「頭」で軽く触るようにしましょう。
上昇するボールを地面に動かすのは、「ドリブル」や「トラップ」で必要になります。
「頭」で地面に動かす方法を覚えていると、「ドリブル」が上手になります。
ボールが上に動かないように、「頭」で天井を作りましょう。(下の図3)
優しくボールに触れば、ボールが近くに動くはずです。

頭でボールを動かす絵

ボールに触るとき、「頭」を少し動かすと早く地面に導くことが出来ます。
うなずく程度の動きでいいでしょう。
「早送り機能」を使うなら、「頭」を少しだけ地面の方に動かします。

ボールを不安定にさせる

ボールを上の方に動かすのですが、このような機会は非常に少ないでしょう。
上昇するボールを、上の方に「控えめに動かす」場面は少ないので、あまり気にしない。
おでこで少し触る程度でいいでしょう。
周りから見ると、「トラップ」に失敗したように見えるかもしれません。

スポンサーリンク

6、落ちるボールを扱う

  • ボールの扱い方

「シュート」のように「遠くに動かす」と、「トラップ」のように「近くに動かす」を扱います。
「シュート」や「パス」は「遠くに動かす」、「ドリブル」や「トラップ」は「近くに動かす」になります。
ボールを地面に導く「ボールを安定させる」と、地面から遠ざける「ボールを不安定にさせる」も扱います。

ボールを遠くに動かす

ボールを遠くに動かすときは、「ボールの芯を撃ち抜く」ようにします。
ボールを跳ね返します。「首の後ろに鉄板を入れるようにする」と助言する人もいるようです。

ボールを安定させる

ボールを地面の方に動かします。地面に叩きつけるようにしましょう。
ボールを地面に叩きつけるときは、「頭」の位置に気をつけます。
「頭」を地面の方に動かします。下の図(3)のように、「頭」が上から下に動くようにする。
「お辞儀」をするように動かすといいでしょう。(下の図3)
ボールに当たるときの「頭」の位置が、普段の状態(1)よりも前にあるようにします。
地面を向いた状態(下の図3)でボールを飛ばすと、ボールを地面に叩きつけることが出来ます。「お辞儀」をする動作で、ボールを下に押しましょう。

頭でボールを動かす絵

落ちてくるボールを地面に叩きつける技術は、「シュート」で役に立ちます。
地面に叩きつける「シュート」を覚えましょう。

ボールを不安定にさせる

落ちるボールを上の方に飛ばす技術は、ボールを高く、遠くに飛ばすときに活躍します。
自分達のゴール前で、よく使われる技術でしょうか。
高さを出すために、「頭」が上を向くようにします。(下の図2)
下の図(2)のように、身体を使います。
ボールを遠くまで飛ばせるようにしましょう。
自分のチームを助けることに繋がります。

頭でボールを動かす絵

スポンサーリンク

ボールを近くに動かす

ボールを近くに動かすときは、「ボールの芯をはずす」ようにします。
ボールを近くに動かすので、「頭」で触れる程度でいいでしょう。
「頭」を動かすと、ボールが遠くに飛んでいくので気をつけます。

ボールを安定させる

落ちるボールを地面に動かします。ボールを扱うときは「頭」で軽く触る程度でいいでしょう。
落ちるボールを地面に動かせると、「トラップ」で助かります。
「頭」を動かすとボールが大きく動くので、控えめに触ります。
より早くボールを地面に導く場合は、少しだけボールを下に押してあげます。
軽く「頭」で押すようにしましょう。(下の図3のように)
少し押すことで、ボールをより早く地面に導くことが出来ます。
「頭」は下の図(1)や(3)でいいでしょう。勢いのあるボールなら(3)がいいでしょうね。

頭でボールを動かす絵

ボールを不安定にさせる

落ちるボールを、上の方に「控えめに動かす」機会は少ないと思います。
あまり気にしなくてもいいでしょう。
ボールを触るときは、おでこで少し触る程度でいいでしょう。
下の図(2)のように、「頭」を後ろに下げた状態で触るといいと思います。
膝を曲げて、全身でボールの勢いを吸収するのもいいと思います。

頭でボールを動かす絵

スポンサーリンク

7、肩から頭の間にあるボールを扱う

ボールを左右に動かすときは、おでこの向きを変えるといいでしょう。
色々な説明を読むと、「身体の向きを変える」、「頭の向きを変える」といったものがあるようです。
触れるボールの場所を変える方法もいいのですが、「頭」で行うのは大変だと思います。
左右に動かすときは、飛ばしたい方に「頭」を向ける方法がいいかもしれません。

頭でボールを動かす絵

ボールを左右に動かしたくない場合は、上の図(4)のようにします。
左に動かす場合は、上の図(5)のようにしましょう。
右に動かす場合は、上の図(6)のようにします。
ボールを飛ばしたい方を向くといいでしょう。
今回説明はありませんが、他で紹介した方法を使えば色々な方向に動かすことが出来ます。
「頭」を使うときは、「前後左右」と「上下」に限定した方がいいかもしれません。
「斜め」を考えない方が簡単でいいと思います。

スポンサーリンク

  • 跳ぶときの姿勢

「シュート」をするときに跳ぶこともあります。
跳ぶときは、自然な状態(下の図1)で跳ぶといいでしょう。
ボールを触るときに「頭」や上半身を動かす。
自分のゴール前にあるボールを遠くに飛ばすときは、下の図(2)のようになっていても問題ありません。
「シュート」のように地面に叩きつける場合は、下の図(1)の状態で跳び、ボールに触るときに下の図(3)のようにします。

頭でボールを動かす絵

「シュート」をするとき、跳ぶ前から(2)のようになっている選手は少なくないようです。
上半身を後ろに反らす状態から跳んでも、高さを出すのが難しいでしょう。
高さ以外にも、ボールを地面に叩きつけるのが難しくなります。
跳ぶときの姿勢は気をつけた方が良いです。

上の図(1)や(2)の状態で跳んでみて、自分が跳びやすい方を選びましょう。
(2)の姿勢から跳ぶと、威力が落ちるように思えます。しっかり飛ばすのではなく、当てるのに精一杯という印象が強い。
周りの姿勢を見て、どの状態で跳ぶといいか観察するといいでしょう。

私の場合、「シュート」は(1)の状態で跳んで、ボールが近くに来てから(3)にします。
ボールを高く遠くに飛ばすときは、少しだけ(2)のように背中を反らして跳びます。
「頭」の位置に気をつけてください。私は(1)の姿勢で跳ぶのが一番高さと威力が出ます。
自分がやりやすい姿勢を見つけましょう。

危ないと思ったら、「頭」で扱うのを止める。自分を守ることを覚える。
遠くに飛ばすときは「ボールの芯を撃ち抜く」、近くに飛ばすときは「ボールの芯をはずす」。
ボールを動かす方向は「サッカーおでん」で決める。飛ばしたい方を向くのも良い。
「上下」に動かすときは、「頭」の位置に気をつける。「上」に飛ばすときは、背中を反らす。「下」に飛ばすときは「お辞儀」のようにする。
跳ぶときの姿勢に気をつける。

スポンサーリンク


トラップメニュー

2015年1月22日公開。初期組

スポンサーリンク

感想を送信する

名前: 
サイトの文章の長さ: 少し短い 短い ちょうどいい 少し長い とても長い
ご感想やご意見等

サイトからの返信を希望の方は、受信メールの設定等の確認をお願いします。メールを送信できない場合もあります。

エラー等で感想を送信出来ない場合はお問い合わせを、ご利用ください。



自己紹介

はじめまして、「サッカーおでん」の竹串です。日本がW杯最多優勝国になるために、「サッカーおでん」を作りました。日本人の高い身体能力を活かす技術を習得しませんか。

「サッカーおでん」はシュート技術を専門に扱うサイト。


独り言

  日本代表には、いつも笑っていて欲しい。
  サッカーおでんは、日本代表と日本人選手を応援しています。

スポンサーリンク

ちょっとお知らせ

インステップキックのページを修正。
最終更新
2019年2月9日。

よくある悩み一覧


日の丸サッカーおでんのおすすめ

スポンサーリンク

Copyright © 2015 socceroden All Rights Reserved.