連絡
携帯電話の設定等を確認してください。

早送り機能がついたトラップを覚えよう

目次
1、理想のトラップは、早送り機能があるトラップ
2、早送り機能でボールを早く安定させる 便利な早送り機能
3、理想のトラップを作る準備 ボールを上手に扱うための準備

目的
ボールの時間を操作する早送り機能のついたトラップを覚える
理由
強い相手に勝つためと、より有利に戦うため

1、理想のトラップは、早送り機能があるトラップ

試合中に使うトラップは、便利な方が良い。
便利な機能があるトラップを習得した方がいいでしょう。

「急なボールの変化にも対応」出来て、「歩きながら」使え、「ボールを色々な方向に動かす」ことが出来るトラップを目指します。
「急なボールの変化」には、「身体の大きな部分」を使うと、対応出来ました。
「歩きながら」使うためには、「歩く動作」を基本の動きとしてトラップに取り入ると良い。
「ボールを色々な方向に動かす」ために「サッカーおでん」を使う。

理想のトラップを作るまえに、もう一つ大切なことを加えておきましょう。
上に書いた3つの機能をつけるだけでは、最高のトラップにはなりません。
理想のトラップに絶対に必要なものが、「時間を操作する機能」です。
「時間を操作する機能」といわれても、よく分かりませんよね。
でも、結構見ているはずですよ。「時間を操作する」というよりは、「早送りする」と言った方がいいかもしれません。
トラップに一番大切なものは「早送り」です。
ちょっと意味が分かりませんよね。
でも、安心してください。ボールの動きを速くするだけです。
一定の上手さまでは「早送り機能」がないトラップでも問題ありません。
しかし、世界一を目指す場合は「早送り機能のあるトラップ」が必要になってきます。

スポンサーリンク

  • ボールの動き

トラップの「早送り機能」とは、ボールが空中にあるときに必要になります。
ボールが高く上がって、落ちてきたとしましょう。
ボールは地面に向かって落ちてきますよね。その後、地面に当たり、空に向かって上に動きます。
「地面」という単語を使って簡単に説明すると、次のようになります。
ボールは地面に近付き、一番近付いた後は、地面から離れる。一番地面から離れた後に、再び地面に近付く。
これは、ボールが地面を跳ねる様子を説明しています。
ボールが下に動き、上に動く。そしてまた下に動く。
難しいことは言っていないと思います。ボールの動きを説明しただけですからね。
ボールを扱うとき、ボールがもっとも安定する場所はどこか。
それを考えると、トラップに「早送り機能」が必要な理由が分かります。

  • ボールがもっとも安定する場所とは

ボールが跳ねているとき、ボールが上下に動くことは分かりました。
ボールが上下に動いているとき、トラップしやすいのはどの状態のときか。
ボールが下に動いているときは、比較的トラップがしやすい。
ボールが上に動いているときは、トラップをするのが難しくなる。
上に動いているボールをトラップをするのが難しいのは、安定する場所から離れるからでしょう。
ボールが安定する場所は、ボールを自然な状態にすれば分かります。

ボールを上に投げると、ボールが何度か地面に当たると思います。
そのままボールを観察していると、ボールは地面から離れなくなるでしょう。
「ボールは地面の上が好きである。」
ボールを動かした後に何も力を加えないと、ボールは地面で止まります。
これは、ボールが地面の上で安定することを意味します。
「ボールが安定する場所は地面の上である」。

スポンサーリンク

  • 上に動くボールをトラップするのが難しい理由

上に動くボールをトラップするのが難しい理由は、「ボールが安定する場所である地面」から遠ざかるからでしょう。
また、サッカーが主に足を使うスポーツであることも関係していると思います。
自分の身長よりも高いところにあるボールは触ることが出来ません。(跳んだり手を使うときは除く)
サッカー選手にとっても、上に動くボールは苦手なのです。
サッカー選手が苦手とする「上昇するボール」も上手に扱えると、より素晴らしい選手になれるでしょう。

「ボールが最も安定する地面」から離れたボールほど、扱うのが難しくなる。
足を使う機会が多いサッカーでは、ボールが地面から離れるほど上手に扱うことが難しくなる。
「ボールが最も安定する地面」からボールが離れすぎると、サッカー選手はボールを触ることが出来なくなる。
「ボールが最も安定する地面」から離れたボールも上手に扱えれば、素晴らしい選手になれる。
早送り機能とは、空中にあるボールを「ボールが最も安定する地面」に近付けること。

スポンサーリンク

2、早送り機能でボールを早く安定させる

  • 早送りが必要な理由

ボールが最も安定するのは地面の上であることが分かりました。
サッカー選手が苦手なボールは、地面から離れたボール。
地面から離れたボールが苦手なら、地面に近付けるようにすればいいですよね。(苦手なもので戦うのではなく得意なもので戦うという考えは大事)
上に動くボールも、時間がたつと下に落ちてきます。
このとき、どのように過ごすかで試合の結果が変わってきます。
ボールは、選手が何もしなくても安定しようとします。
ボールを安定させるだけなら問題ないのですが、サッカーでは相手もボールを奪いにきます。
相手よりも先にボールを自分のものにしないといけない場合、ボールが下に落ちてくるまで待つのは難しいでしょう。

  • ボールを早送りする

ボールは上に動いた後、下に動きます。下に動いた後、もう一度上に動きます。
ボールが下に動いているときに触れるといいのですが、上に動いているボールを扱わないといけない場面も出てきます。
上に動いているボールが自分の身長より上にいく前に、自分の力でボールを地面に近付けます。
ボールを上から抑えるように足の裏を当てると、ボールは上昇をやめて地面に近付こうとします。(足の裏以外でも早送りは出来る)
これが「早送り機能」です。
説明されると簡単なことなのですが、意外と難しい。
試合中、空中にあるボールをお互い待つことがありませんか。
ボールが地面に当たる前にトラップをすることが出来ずに、ボールが上に跳ねる。上に跳ねたボールが再び下に向かうまで待つ選手達。
一度は見たことがあるかもしれません。
ボールを早送りしなければ、相手と一緒にボールが落ちてくるのを待つことになります。
ボールが下に落ちるのを待つことは、相手に反撃の時間を与えるのと同じです。
ボールの時間に合わせるのは相手が有利になるため、避けた方がいいでしょう。
上に動くボールをトラップしてボールの時間を早送りしましょう。
そのまま待てば数秒以上かかる未来のボールの位置も、「早送り機能」ですぐに手に入れることが出来ます。
「早送り機能」を持っていると、ボールを相手よりも早く自分のものに出来る。
「早送り機能」を使うことで、相手に反撃の時間を与えないようにすることも出来る。

人の身体の部分で空間を分けた絵

上の図に、ボールの動きがあります。この赤い部分で「早送り機能」を使うことで、より有利に戦うことが出来ます。

スポンサーリンク

3、理想のトラップを作る準備

「身体の大きな部分」を使って、ボールを扱います。
「歩きながら」使えるようにするため、歩く動作を基本にします。
「ボールを色々な方向に動かす方法」は、「サッカーおでん」を使用。
上で扱った「早送り機能」も付けます。
これらの機能をつけたトラップにしましょう。

どこの「身体の大きな部分」を使うかは、ボールの高さで決めるといいでしょう。
ボールの高さとは違う位置にある「身体の大きな部分」を使うのも面白いです。

歩く動作を使ってトラップを行うため、「歩き」と相性が良い「ボールの芯をはずす技術」を使います。
「ボールの芯をはずす技術」を使うことで、「ボールの芯を撃ち抜く技術」を習得するときに得た経験も利用できます。
トラップで得た経験も、ドリブルに使うことが出来ます。

「ボールを色々な方向に動かす方法」は「サッカーおでん」を使うのですが、これはドリブルで使うのと全く同じです。ドリブルの経験がトラップにも活かされると思います。

スポンサーリンク

  • 高さの分け方の説明

ボールの高さでトラップを分けるので、空間の分け方の紹介。

人の身体の部分で空間を分けた絵

分けた空間の呼び方を変更します。
地面から「膝」(上の図ニ)は「膝から下」。
「膝」から「へそ」(上の図ハ)は「もも」。
「へそ」から「肩」(上の図ロ)は「胸」。
「肩」から「頭」(上の図イ)は「頭」。
このように変更します。

「膝から下」は、ボールが膝から下にある場合のトラップを扱います。空中にあるボールや地面を転がるボールを扱います。
「もも」は、ボールがももの高さにある場合のトラップ。
「胸」は、胸の位置にあるボールを扱います。
「頭」は、頭の高さにあるボールを扱います。トラップというよりはヘディングでしょうかね。
ヘディングもトラップで扱います。
ヘディングはドリブルやトラップでも使う大切な技術です。

次から、ボールの高さに合わせた説明が始まります。
シュートやドリブル、パスの能力を向上させる技術なので、しっかりと習得するといいでしょう。

スポンサーリンク


トラップメニュー

2015年1月22日公開。初期組

スポンサーリンク

感想を送信する

名前: 
サイトの文章の長さ: 少し短い 短い ちょうどいい 少し長い とても長い
ご感想やご意見等

サイトからの返信を希望の方は、受信メールの設定等の確認をお願いします。メールを送信できない場合もあります。

エラー等で感想を送信出来ない場合はお問い合わせを、ご利用ください。



自己紹介

はじめまして、「サッカーおでん」の竹串です。日本がW杯最多優勝国になるために、「サッカーおでん」を作りました。日本人の高い身体能力を活かす技術を習得しませんか。

「サッカーおでん」はシュート技術を専門に扱うサイト。


独り言

  日本代表には、いつも笑っていて欲しい。
  サッカーおでんは、日本代表と日本人選手を応援しています。

スポンサーリンク

ちょっとお知らせ

インステップキックのページを修正。
最終更新
2019年2月9日。

よくある悩み一覧


日の丸サッカーおでんのおすすめ

スポンサーリンク

Copyright © 2015 socceroden All Rights Reserved.