選手がボールに合わせる

目次
1、「どこで蹴るか」ではなく「どこに蹴るか」

目的
ボールに合わせることを覚える
理由
ボールを完璧に動かすよりも、自分の身体を思い通りに動かす方が簡単だから

1、「どこで蹴るか」ではなく「どこに蹴るか」

ボールを蹴るときは、「サッカーおでん」をイメージして蹴るといいでしょう。
ボールを動かすときは「どこで蹴るか」ではなく、「どこに蹴るか」を考えましょう。
ボールを蹴るときに考えるのは、次の順番。
(1)、目的地。(2)、ボールとの位置関係。(3)、蹴り方の決定。

「サッカーおでん」の詳しい説明
「サッカーおでん」

なぜ、蹴り方の決定は最後なのか。
それは、蹴り方の決定が一番最初だと、チャンスを逃すから。
「どのような蹴り方をするかは重要ではありません。」
サッカーで大切なのは、どの蹴り方を選んだかではなく、届けたいときに届けたい場所に届けたか

相手ゴール前で、ボールが自分の前に転がってきた。撃てば入る場面。
もし、蹴り方の決定が最初にあると、ボールの位置の調整をする人が出てくるでしょう。(インサイドで蹴りやすい位置にボールを動かす等)
利き足が完璧(インステップ、インサイド、アウトサイド全部使える)なら、ボールの位置を調整する必要はありません。
利き足が完璧なら、逆の足で蹴るボールも、しっかりと撃てる(アウトサイドやラボーナ等)。

蹴り方の決定が最初にあると得点が難しくなります。
これは、相手が強くなればなるほど実感すると思います。
相手が強い場合、得点できる機会は少ない。だからこそ、取れるときに点を取らないといけない。
そのために必要なのが「目的地とボールの位置から蹴り方を決める(蹴り方を最後に決める)」という考え方。
「目的地とボールの位置から蹴り方を決める」と、すぐにボールを蹴ることが出来ます。

スポンサーリンク

  • 蹴り方を最初に決めると、どうなるか

では、蹴り方を最初に決める考え方だと、どうなるのか。
蹴り方を最初に決める場合、そのまま撃てば良い場面でも、使う蹴り方に適した位置にボールを動かしたくなります。
自分が決めた蹴り方にボールを合わせる必要が出てきて、無駄にボールを触ってしまう。
一度トラップをしたり、少しボールの位置を修正したりする。
この間に、相手選手が守備を固めてしまう。
「蹴り方を最初に決める考え方」とは、「人にボールを合わせる考え方」です。
ボールを蹴りやすい位置に動かす行為は、人にボールを合わせることですよね。
人にボールを合わせようとするから、急なボールの動きに反応出来なくなるのです。

  • 蹴り方を最後に決めるために

蹴り方を最後に決めるためには、利き足を完璧にする必要があります。
もし、利き足が完璧で無いなら、素晴らしい機会も逃してしまうでしょう。
常にシュートを撃つことを考える。
シュートを撃つことを考えていても、シュートを撃てないと意味がありません。
いつでもシュートが撃てるように準備しておきましょう。
シュートを撃つための準備とは、利き足を完璧にすることと、良い考え方を持つことです。
考え方はすぐに変えることが出来ますが、利き足を完璧にするのは時間がかかるでしょう。
試合で点を決めるために、試合が始まるまでに利き足を完璧にしておきましょう。
利き足を完璧にするとは、インステップキック、インサイドキック、アウトサイドキックを覚えること。
この3つのキックがあれば、どのような場面でも対応出来ます。

スポンサーリンク

ボールを蹴るときには、「目的地とボールの位置から蹴り方を決める」ようにしましょう。
目的地とボールの位置で蹴り方が決まると聞いて何か思い出しませんか。そう、「サッカーおでん」ですね。
目的地とボールの位置は、最初から決まっています。
目的地はゴールで、ボールの位置は目で分かる。
後は蹴り方が決まるだけです。
蹴り方は目的地とボールの位置で決まるということは、最初から蹴り方は決まっているということ。
実は、蹴り方は自分で決定するのではなく、ゴールとボールが決めるというお話。
ちょっと、驚きますよね。実は、人が判断しなくていい。
ゴールとボールが決めてくれるから、考えずにすぐに行動出来るというわけです。
判断が早いのと判断しなくていいのは同じことかもしれません。

人にボールを合わせるのではなく、ボールに自分を合わせましょう。
そうすることで、自分を困らせていたボールの急な動きも、相手へのフェイントに使えるようになります。
ボールに決めてもらうと楽ですよ。

ボールの蹴り方、まとめ
シュート(全てのキック共通)を撃つときは、目的地とボールの位置関係から、蹴り方を決める。
人にボールを合わせるのではなく、ボールに人を合わせるようにする。

スポンサーリンク


蹴るメニュー

2015年1月22日公開。初期組

スポンサーリンク


助言

特定の蹴り方が使えないと、自分の能力に合わせるためにボールを動かさないといけません。
例えば、アウトサイドキックが使えない場合。アウトサイドキックならそのまま撃つことが出来ても、他の蹴り方を使用するためにボールの位置を修正する。この間に、相手が守備を固める。
他にも、「シュートは正確に」と考え、「日本語サッカーでは正確とされるインサイドキック」を使うために、ボールの位置を修正する。または、逆足のインサイドキックを使う。利き足のインサイドキックを使うためのボールの位置修正と、「あまり正確ではない逆の足のインサイドキック」で自分を不利にする。

特定の蹴り方を使ってはいけないと考えるのは、自分の能力を制限するのと同じです。
「正確な蹴り方は……」とか「シュートはこの蹴り方で……」という考え方は、自分の才能を潰すようなもの。
「サッカーおでん」では「無駄」という言葉を使用しないように心がけていますが、ここでは、はっきり言いましょう。「選手の能力を制限する考え」や「選手の才能を潰す教え」は「無駄」です。
「サッカーおでん」で紹介する蹴り方は3つですが、上で紹介した「目的地とボールの位置から蹴り方を決める」方法を使えば、自然と「トゥーキック(つま先)」や「ヒールキック(かかと)」等が生まれます。
自分の能力や才能を潰さないようにしてください。
ゴール前でモタモタするのは、「無駄」なことを学んだからかもしれませんね。
ボールを触れば触るほど、「どの程度才能を潰されたか」が分かります。


スポンサーリンク


おまけ

サッカーをするときは「ボールのどこを蹴るか」を考えます。
「どこを蹴るか」は、「目的地」と「ボールの位置」を結べば決まります。
「目的地」と「ボールの位置」は常に決まっているので、「どこを蹴るか」も決まっていることになります。考える必要はありませんね、見るだけです。そして、シュートを決めるだけ。
この考え方を持っている人は、シュートが得意になります。シュートが得意になれば、自然とドリブルも上手になります。 シュートを小さくしたものがドリブルですからね。まずは、シュートから覚えましょう。


スポンサーリンク

感想を送信する

名前: 
サイトの文章の長さ: 少し短い 短い ちょうどいい 少し長い とても長い
ご感想やご意見等

サイトからの返信を希望の方は、受信メールの設定等の確認をお願いします。メールを送信できない場合もあります。

エラー等で感想を送信出来ない場合はお問い合わせを、ご利用ください。



自己紹介

はじめまして、「サッカーおでん」の竹串です。日本がW杯最多優勝国になるために、「サッカーおでん」を作りました。日本人の高い身体能力を活かす技術を習得しませんか。

「サッカーおでん」はシュート技術を専門に扱うサイト。


独り言

  日本代表には、いつも笑っていて欲しい。
  サッカーおでんは、日本代表と日本人選手を応援しています。

スポンサーリンク

ちょっとお知らせ

文字コードを変更。
最終更新
2019年7月12日。

よくある悩み一覧

サッカーおでんのおすすめ


日の丸サッカーおでんのおすすめ

検索する

スポンサーリンク

Copyright © 2015 socceroden All Rights Reserved.