連絡
携帯電話の設定等を確認してください。

新しい蹴り方の設計図を作る

目次
1、新しいキックを作る準備
2、新しいキックを作る材料を集める 材料を集めます
3、新しいキックに必要なものを3つの理由から探す 必要なものとは
4、新しい蹴り方をすすめる理由 今までの蹴り方では出来ないこと

目的
今まで蹴り方の弱点を知り、新しい蹴り方をどのようなものにするか決める
理由
今までの蹴り方では出来なかったことも出来る、新しい蹴り方を手に入れるため

1、新しいキックを作るための準備

今までは、日本語サッカーのキックの特徴を考えました。
今回は、足首とボールの特徴を使って、新しいキックを作る準備をしましょう。
今まで出た「足首を固定」、「膝下を速く振る」、「ボールの下半分を蹴る」という言葉。この言葉を考えて、新しいキックを作る材料にします。

スポンサーリンク

2、新しいキックを作る材料を集める

まず、足首の固定。
「足首の固定」は、ボールをしっかり蹴ることが出来ない人に良く言われる言葉です。
ボールの蹴りたい部分を蹴るために生まれた言葉のようです。
この言葉は、「ボールを正確に蹴ること」に関係していると考えられます。

次は、膝より下を速く振る。
「膝より下を速く振る」は、ボールを遠くまで飛ばしたい人に良く言われる言葉です。
ボールを遠くまで飛ばすために生まれた言葉のようです。
この言葉は、「ボールの飛ぶ距離の調整」に関係しているといえそうです。

最後は、ボールの下半分を蹴る。
「ボールの下半分を蹴る」は、ボールが飛ばないというよりは、ボールが浮かない人に対して言われる言葉のようです。
ボールを地面から浮かせるために生まれた言葉のようです。
この言葉は、「ボールの高さの調整」に関係していると思っていいでしょう。

スポンサーリンク

3、新しいキックに必要なものを3つの理由から探す

3つの言葉が生まれた理由について考えました。
3つの理由から、足首とボールの特徴を使って、自分にあった新しいキックを作りましょう。
新しいキックを作る前に、3つの理由から、キックに必要なものを調べます。

3つの言葉
足首の固定。
膝より下を速く振る。
ボールの下半分を蹴る。

3つの理由
ボールを正確に蹴ること。
ボールの飛ぶ距離の調整。
ボールの高さの調整。

「ボールを正確に蹴ること」が大事だそうです。
「正確に蹴る必要がある」なら、ボールの各部分によって動き方に違いがありそうです。
ボールを蹴るときに、当てるボールの部分を変えることで、求めるものにより近付ける。
ボールの各部分を蹴ってみて、反応の違いを知る必要がありそうです。
反応の違いを知れば、求めるボールを手に入れやすくなるでしょう。

スポンサーリンク

「ボールの飛ぶ距離の調整」が必要になってきます。
ボールの飛ぶ距離の調整方法を見つける必要があります。
「サッカーおでん」では、「膝より下を速く振る」方法を使わない蹴り方を作ります。

「ボールの高さの調整」をする必要がある。
高さを調整する方法を、新しく見つける必要があります。

新しいキックに必要なもの、まとめ
ボールのどこに当たるか、場所によって変わるボールの動きの知識。
ボールの飛ぶ距離の調整方法。
高さを調整する方法。

スポンサーリンク

4、新しい蹴り方をすすめる理由

新しいものを探す理由
ボールを遠くに飛ばすだけなら、「膝下を速く振る方法」でも問題はありません。
実は、「膝下を速く振る方法」には、大きな弱点があります。
この弱点が、選手の能力を下げる原因になります。

「膝より下を速く振る」とは、膝下を振ることが出来ない場所では、ボールを蹴ることが出来ないことを意味します。
サッカーで大切なのは、「撃ちたいときに撃つ技術」。
「膝より下を速く振る方法」では、撃ちたいときに撃てない場面(ボールが軸足より後ろにある等)が出てくることになります。
ボールの位置によって、シュートを撃てるかどうかが変われば、シュートを撃つタイミング以外にも、ボールの位置を気にする必要が出てきます。
気をつけることが多くなると、得点は自然と少なくなります。
これは、サッカーでは好ましくありません。
別の蹴り方を知らなかったから、シュートを撃てなかったとなると悲しいでしょう。

スポンサーリンク

「膝から下を速く振る方法」では、地面を蹴ってしまうのではないかといった不安も生まれます。
地面を蹴ると痛いですからね。出来れば地面は蹴りたくない。
地面を蹴りたくないから、シュートを撃つことに消極的になってしまう。
シュートを撃ちたくない状態が続くと、精神的にも良くありません。

ボールの飛距離を「膝下で調整する方法」は、選手が持つ本来の能力を封印することになる。
能力を封印されると得点が非常に難しくなり、得点する喜びを知る機会が減ってしまう。
「膝下で調整する方法」もいいですが、出来れば別の方法が望ましいでしょうね。

さあ、新しいキックを作る準備は整いました。
ここからが面白くなってきますよ。
きっと、今までよりもボールを触るのが楽しくなるはずです。

スポンサーリンク


身体を動かして上手くなるメニュー

2015年1月22日公開。初期組

スポンサーリンク

感想を送信する

名前: 
サイトの文章の長さ: 少し短い 短い ちょうどいい 少し長い とても長い
ご感想やご意見等

サイトからの返信を希望の方は、受信メールの設定等の確認をお願いします。メールを送信できない場合もあります。

エラー等で感想を送信出来ない場合はお問い合わせを、ご利用ください。



自己紹介

はじめまして、「サッカーおでん」の竹串です。日本がW杯最多優勝国になるために、「サッカーおでん」を作りました。日本人の高い身体能力を活かす技術を習得しませんか。

「サッカーおでん」はシュート技術を専門に扱うサイト。


独り言

  日本代表には、いつも笑っていて欲しい。
  サッカーおでんは、日本代表と日本人選手を応援しています。

スポンサーリンク

ちょっとお知らせ

「決定力、得点力は着地数で決まる。決定力を上げるコツ」を修正。文章の変更と画像が表示されるようにした。
最終更新
2019年3月21日。

よくある悩み一覧

サッカーおでんのおすすめ


日の丸サッカーおでんのおすすめ

スポンサーリンク

Copyright © 2015 socceroden All Rights Reserved.