直線足とシザース足、千鳥足を使いこなす

直線足とシザース足、千鳥足を使いこなしましょう。出来るだけ少ない着地数で身体を大きく動かすことを目指します。身体を大きく動かすときは得意な方向と苦手な方向を意識するといいです。

ドリブルで使用する機会が多い、交差した足を元に戻す方法を確認します。

利き足でアウトサイド側に大きく動く方法と、軸足でアウトサイド側に大きく動く方法を確認します。

相手の身体も操るために身体の向きもフェイントに使う。動物がサッカー上達法を教えてくれる。

目次
1、少ない着地数で身体を大きく動かす
2、身体を大きく動かす
3、交差した足を元に戻す
4、利き足でアウトサイド側に大きく動く
5、軸足でアウトサイド側に大きく動く
6、相手の身体も操るために

目的
直線足とシザース足、千鳥足を使いこなす
理由
直線足とシザース足、千鳥足を使いこなすことがサッカー上達に必要だから

表示されなかった画像を修正。2019年2月1日。ありがとうございます。

1、少ない着地数で身体を大きく動かす

「直線足」と「シザース足」、「千鳥足」を使用して身体を大きく動かします。
「普段使用しない動き」になるかもしれません。
「ボールを持ったときの動き」になるので、しっかり覚えてください。
「ドリブル」への影響が強いでしょうか。
身体を動かすときは、「利き足の動かし方」に気をつけます。

「ドリブルで特に使う動き」なので、「利き足」の動きを覚えてください。
「逆の足」を習得しても構いませんが、あまり使用しないかもしれません。
余裕がある人は覚えるといいです。

「覚える」と表現していますが、「確認や強化」と考えてください。

注意事項
動きを説明するときは、「左右」ではなく「インサイド(またはアウトサイド)」と書きます。
「ボールをアウトサイドに動かす(アウトサイドで動かす)」とは、「右足なら右側」、「左足は左側」に動かすことを意味します。
「右利き用」と「左利き用」を両方説明するので、自分に合った方を読んでください。

スポンサーリンク

2、身体を大きく動かす

身体を大きく動かすときには、「着地数」に気をつけてください。
「着地数」とは、「足が地面に触れる回数」のこと。
例えば「利き足」と「軸足」を着地したなら、「着地数」は「2」になります。
可能な限り「着地数を減らす」ようにしましょう。「回数は指定」するので、細かいことは気にしなくても問題ありません。

「得意な方向」の確認
「足には得意な方向」と「苦手な方向」があります。
「得意な方向」を活かし、「苦手な方向」を補強しましょう。
簡単に説明すると「得意な方向」は「インサイド側(下の図青色の方向)」で、「苦手な方向」が「アウトサイド側(下の図赤色の方向)」です。
「利き足」で「アウトサイド側」に動いた後の動作を覚えます。

右足が得意な方向と苦手な方向を説明した絵 左足が得意な方向と苦手な方向を説明した絵

上の図、青い部分が「動くのが得意な方向」。赤い部分が「苦手な方向」

「得意な方向」と「苦手な方向」の説明
動くのが得意な方向と苦手な方向

「得意な方向」と「苦手な方向」は、「サッカーおでんが考えていること」です。採用しなくても問題ありません。

スポンサーリンク

3、交差した足を元に戻す

  • 千鳥足を使うと足が交差する

普通の歩き方では、「足が交差する」ことは無いです。
「直線足」だけでなく「シザース足」を使用したときも「足が交差する」ことは無いでしょう。
しかし、「千鳥足」を使ったときは、「足が交差する」
通常は発生しない「足の交差」と上手に付き合う方法を覚えてください。
覚えると言っても、確認する程度です。
簡単なので問題ないでしょう。

  • 「サッカー」は「足が交差する」ことを認めている

「足が交差する」ことを恐れる必要はありません。
「サッカーで禁止されている歩き方」は存在しません。
試合中に「足が交差」しても「反則にはならない」ことを確認してください。

宗教家が禁止する動き」はあっても「サッカーが禁止する歩き方は存在しない」
ここを勘違いしないようにしてください。

「宗教家」について
「宗教家ではなくサッカー選手になろう」

スポンサーリンク

  • 「足の交差」との付き合い方

普段の生活では、「足が交差する」ことは非常に少ないでしょう。
「足を交差させない戦い方」も可能ですが「能力が制限されます」
特に「ドリブル(ドリブルからのシュート)」で困るでしょう。
自分が困らないためにも、「足を交差する」ことも覚えてください。
「足の交差」は「千鳥足」を考えればいいでしょう。

「足が交差した状態」だと、「移動が難しい」です。
「次の動作につなげるため」に、「動きのつなげ方」を確認してください。
「つなげ方」を覚えたら、動きがなめらかになります。
「覚える」と表現していますが、「確認」程度で大丈夫です。

「足の交差との付き合い方」を確認するために、「足が交差していない状態」から「足を交差」します。
「足が交差していない状態」から「千鳥足」を使うという意味です。

「千鳥足」は「ドリブル」で役立つので使いこなした方がいいでしょう。

  • 身体の向きを変える2つの方法

「利き足」を「前の千鳥足」で動かし「足を交差する」
この後が大切です。ここから「利き足のアウトサイド側」に移動するために、身体の向きを変えます。
身体の向きを変える方法は2つ。
「利き足の千鳥足(後ろ)で向きを変える方法」と「軸足の千鳥足(前)で向きを変える方法」
2つの違いは、「おへそ(骨盤)の向き」です。
細かい部分は気にせず、動きを試してみましょう。

スポンサーリンク

4、利き足でアウトサイド側に大きく動く

一度「インサイド側」に動いたあと、「アウトサイド側」に大きく動きます。
「インサイド側に動く」ときに「足が交差」します。
「右足の場合」と「左足の場合」を下で説明。
「左右交互」に動かします。足踏みしながら行うといいでしょう。
足を動かす順番は「利き足」「軸足」「利き足」「軸足」です。
「着地数」は「4回」になります。(難しい場合は増やしても良い)

  1. 右利きの場合
  2. 「右足を左側」に動かして「左足と交差」する(下の図1)
  3. 「交差を戻しやすくする」ために「左足の位置を調整」する(下の図2)
  4. 「右足を右側」に大きく動かして「交差を解消」する(下の図3)
  5. 「左足の位置を修正」する(下の図4)
  6. 「最初に立っていた位置」よりも「右側」に立てば完了(下の図5)
利き足をアウトサイド側に動かしたときの足の動きを描いた絵
  1. 左利きの場合
  2. 「左足を右側」に動かして「右足と交差」する(上の図1)
  3. 「交差を戻しやすくする」ために「右足の位置を調整」する(上の図2)
  4. 「左足を左側」に大きく動かして「交差を解消」する(上の図3)
  5. 「右足の位置を修正」する(上の図4)
  6. 「最初に立っていた位置」よりも「左側」に立てば完了(上の図5)

「足の交差」を使いこなすことで、「ドリブルの切れ味」が増します。

スポンサーリンク

  • 「利き足の千鳥足」でアウトサイド側に動く

「ドリブル」で使う動きですが「ボールを使わず」に説明します。(ドリブルのときは少し違います)
余裕がある人は、動きを確認した後に「ボールと一緒」に行ってください。

全体の簡単な流れは、次のようになります。上で説明した内容と同じ。(表現が違うだけ)

  1. 利き足をインサイド側に動かす(軸足と交差する)
  2. 利き足をアウトサイド側に動かす(交差した利き足を戻す)
利き足をアウトサイド側に動かしたときの足の動きを描いた絵

「ボール」を横に移動させる動きになります。(少し変えるだけで「後ろ」へのドリブルになる)
「足を交差する動き」は「千鳥足」
「千鳥足」で説明すると下のようになります。

  • 「右利き」の場合
  • 「左側に動く(右足の前の千鳥足)」
  • 「足が交差」する
  • 「右側に戻る(右足の後ろの千鳥足)」
  • 最初の位置より右側に立つ
  • 「左利き」の場合
  • 「右側に動く(左足の前の千鳥足)」
  • 「足が交差」する
  • 「左側に戻る(左足の後ろの千鳥足)」
  • 最初の位置より左側に立つ

「足」を4回着地させます。
「利き足」「軸足」「利き足」「軸足」の4回です。
「軸足の調整」はしなくても良いので、もう少し減らせるでしょうね。
今回は、ここまでで良いでしょう。

先の話をすると、「インサイド側への動き」で「相手を誘い」ます。
次の「アウトサイド側への動き」で「相手の守備を無効化」します。
最初の「インサイド側への動き」で「相手が付いてこない」なら、そのまま進むといいでしょう。
「反応してきたら反対側」に動きます。
一回目の動きは、「ゆっくり」と行うと「相手が針にかかりやすく」なります。
「最初の動き」で「相手を釣り上げて」ください。あとはお好みで。

「利き足の千鳥足」で向きを変える方法は、横に移動するときに役立ちます。
特に複数の相手に囲まれたときに便利でしょう。「身体の向きとは関係無く」動くため、「身体の向きをフェイント」に使えます。
相手ゴール前で使用すると、より効果を発揮するでしょう。
少し忙しい動き方になりますが、覚えておいた方が良いです。

利き足をアウトサイド側に動かしたときの足の動きを描いた絵

上の図(2)の「軸足の動き」で「横に動く」と「移動距離が増やせます」
「利き足を戻す」だけでは「距離が足りないとき」に使用するといいでしょう。

「軸足の動き」で「横に動く」の説明。
「右利き」なら「左足(軸足)」で「右側に動く」
「左利き」なら「右足(軸足)」で「左側に動く」

「利き足の千鳥足」で向きを変える方法は、ガリンシャ選手(ブラジル代表)のドリブルを連想させますね。

「利き足の千鳥足」で向きを変えると、ダンスを踊っているように見えるかもしれません。

スポンサーリンク

5、軸足でアウトサイド側に大きく動く

一度「利き足のインサイド側」に動いたあと、「利き足のアウトサイド側」に大きく動きます。
「インサイド側に動く」ときに「足が交差」します。
「右利きの場合」と「左利きの場合」で説明。
「左右交互」に動かします。足踏みしながら行うといいです。
足を動かす順番は「利き足」「軸足」「利き足」「軸足」
「着地数」は「4回」です。(難しい場合は増やしても良い)

  1. 右利きの場合
  2. 「右足を左側」に動かして「左足と交差」(下の図1)
  3. 「左足を右側」に動かし「新しい交差」を作る(下の図2)
  4. 「右足を右側」に動かし「交差を解消」(下の図3)
  5. 「左足の位置を修正」(下の図4)
  6. 「最初の位置」より「右側」なら成功(下の図5)
利き足をアウトサイド側に動かしたときの足の動きを描いた絵
  1. 左利きの場合
  2. 「左足を右側」に動かして「右足と交差」(上の図1)
  3. 「右足を左側」に動かし「新しい交差」を作る(上の図2)
  4. 「左足を左側」に動かし「交差を解消」(上の図3)
  5. 「右足の位置を修正」(上の図4)
  6. 「最初の位置」より「左側」なら成功(上の図5)

スポンサーリンク

  • 「軸足の千鳥足」で向きを変える

ここで扱う内容は、上で説明したものと同じです。表現方法が違います。

  1. 足の動きで説明
  2. 「利き足」を「前の千鳥足」で動かし「軸足と交差」(下の図1)
  3. 「軸足の前の千鳥足」で「新しい交差」を作る(下の図2)
  4. 「利き足の前の千鳥足」で「新しい交差」を解消(下の図3)
  5. 「軸足の位置を修正」(下の図4)
  6. 「最初の位置」よりも「アウトサイド側(利き足)」なら成功(下の図5)
利き足をアウトサイド側に動かしたときの足の動きを描いた絵

「ドリブルで左右に大きく動く」ときに役に立つでしょう。
「左右」だけでなく「前後に動くとき」も使えます。
「千鳥足」を使用すると出来ることが増えます。(制限が無くなる)

「千鳥足」という言葉を使用して、「右利き」と「左利き」の説明もしておきます。
内容は同じです。

  1. 右利きの場合
  2. 「右足の前の千鳥足」で「左足と交差」(下の図1)
  3. 「左足の前の千鳥足」で「新しい交差」を作る(下の図2)
  4. 「右足の前の千鳥足」で「新しい交差」を解消(下の図3)
  5. 「左足の位置を修正」(下の図4)
  6. 「最初の位置」よりも「右側」なら成功(下の図5)
利き足をアウトサイド側に動かしたときの足の動きを描いた絵
  1. 左利きの場合
  2. 「左足の前の千鳥足」で「右足と交差」(上の図1)
  3. 「右足の前の千鳥足」で「新しい交差」を作る(上の図2)
  4. 「左足の前の千鳥足」で「新しい交差」を解消(上の図3)
  5. 「右足の位置を修正」(上の図4)
  6. 「最初の位置」よりも「左側」なら成功(上の図5)

「軸足の千鳥足」で向きを変える方法は、横に大きく移動するときに活躍します。
一度に複数の相手を置き去りにするでしょう。身体の向きが大きく変わるため、ゴール前で効果を発揮します。
相手に背中を見せて追い込まれたように勘違いさせ、一気に抜き去るといいです。
この動きを覚えたら、「身体の向き」を「フェイント」に使えます。
ゴール前に相手が密集していても、問題なくシュートを撃てます。「ゴールキーパー」ごと抜くのも面白いかもしれません。

スポンサーリンク

6、相手の身体も操るために

今回紹介した方法を使うと、「身体の向き」に関係無く「ドリブル」が出来ます。
最終目標は、「いるだけで怖い選手」
「次に何をするか分かる選手」は、初心者でも十分対応出来ます。
「次に何をするか分からない選手」は、経験者ほど苦戦します。

普通はサッカー経験が豊富な方が有利だと思うかもしれませんが、「相手の制限」を上手に利用すれば、「初心者」でも「経験者の身体」を操ることが可能です。
「ボールを扱うのが苦手」なら、「ボールを扱うのが得意な選手」を操りましょう。
「人(対戦相手等)を操る」ことに、サッカー経験は関係ありません。
「身体を操る技術」の中に、「他人の身体も操る技術」を加えてください。
多くの人は「自分の身体を操る」だけです。経験者ほど「操りやすい」ですよ。

「身体の向き」をフェイントに使えるように、様々な動きを再確認してください。
「千鳥足」のように「知識としては知っている動き」を、「自分が使う動き」に変えましょう。
意外と使わない動きは多いものです。「制限」されているため、「使うという発想」が無いのかもしれません。
「相手の勘違い(制限や呪い等)」を最大限に活かすサッカーをしてください。

今回紹介した動きを使うと、「相手に追い込まれるように見えるドリブル」で「空間」を生み出せます。
自分一人で相手全員を抜くつもりで「ドリブル」を行いましょう。
「サッカーおでんが紹介するドリブル」は、「5人以上抜く」ことを前提にしています。
「小さな知恵」が詰まっているので、「サッカー」で悩みがある人にいいかもしれません。

動物番組を見ると、「肉食動物」は「弱った獲物や群れから離れた動物」を狙うことが多いです。
天敵に狙われないように、集団から離れないように心がけるのも「生き延びる知恵」ですね。
また、「味方を守るため」に、「自ら孤立したり怪我をしている振り」をするのも「知恵」でしょう。
敵の目を自分に引きつけることで、「守りたいもの(巣や子供)」から「危険な相手(天敵)」を遠ざける。
動物好きな人は、「知識」として知っているかもしれません。

怪我をしている振り
「擬傷(ぎしょう)」や「擬傷行為(ぎしょうこうい)」と呼ぶようです。
調べると「鳥類」の例が出てきます。
私が見たのも「鳥(地上に巣を作る)」でした。(鳥の名前は不明)

「動物の戦い方(生き延び方)」は、「サッカー」でも使えます。
特に「ドリブル」との相性が抜群。
「動物の知恵」を使って、「経験者」に勝つといいです。
「身体の向き」を利用して「追い込まれた振り」をし、「自分が使いたい空間」から「相手」を遠ざける。
「自分に向かってきた相手」を置き去りにして、「自分専用の空間」を自由に使いましょう。

「ゴール前の攻防」は、「狩り」に似ているかもしれません。
「弱った振り」で「相手を呼び寄せ」、「エサ」を美味しく頂きましょう。
「経験者」ほど扱いやすいですよ。
「経験者」は賢いので数回戦えば理解します。「この相手に飛び込んだら抜かれる」と。
「守備側が飛び込まない」のは、「経験者が賢いから」

「経験者」は「狩る側」ではなく、「初心者に狩られる側」です。
「狩りの上手さ」は「サッカー歴」で決まるのではなく、「賢さ」で決まります。
「日本国」には「サッカー選手の上達を手助けしてくれる情報」がたくさんあります。
「学ぼうとする人」は「ゲームや野生動物」からも「上達法を見つけます」
「散らかった机で宿題をする」だけでも、「サッカーの戦い方」が学習出来るでしょう。

「日本人の周り」には、「美味しい獲物」がたくさん転がっている。
「経験者」が食べないのなら、「初心者が美味しく頂きましょう」
「我が国日本」は「サッカー上達に一番適した環境」でしょうね。

こんなに「素晴らしい御馳走」があるのに、食さないのは「獲物に失礼」ですよ。

スポンサーリンク

2018年1月26日公開。追加組
2019年2月1日、表示されなかった画像を修正。


おでん式(日本式)キックメニュー

頭の使い方の確認
身体の扱い方の確認
サッカー上達法の確認
シュート編

感想を送信する

名前: 
サイトの文章の長さ: 少し短い 短い ちょうどいい 少し長い とても長い
ご感想やご意見等

サイトからの返信を希望の方は、受信メールの設定等の確認をお願いします。メールを送信できない場合もあります。

エラー等で感想を送信出来ない場合はお問い合わせを、ご利用ください。



自己紹介

はじめまして、「サッカーおでん」の竹串です。日本がW杯最多優勝国になるために、「サッカーおでん」を作りました。日本人の高い身体能力を活かす技術を習得しませんか。

「サッカーおでん」はシュート技術を専門に扱うサイト。


独り言

  日本代表には、いつも笑っていて欲しい。
  サッカーおでんは、日本代表と日本人選手を応援しています。

スポンサーリンク

ちょっとお知らせ

文字コードを変更。
最終更新
2019年7月12日。

よくある悩み一覧

サッカーおでんのおすすめ


日の丸サッカーおでんのおすすめ

検索する

スポンサーリンク

Copyright © 2015 socceroden All Rights Reserved.