連絡
携帯電話の設定等を確認してください。

偉大な選手は闇魔法も使える。光と闇の技術とは

偉大な選手と普通の選手の違いとは。闇魔法も使える選手はサッカーが上手い。

サッカーに必要な光魔法と闇魔法、光の技術と闇の技術。光の技術しか使えない選手は世界の半分しか知らない。

上手くなるために光の技術から闇の技術を生み出そう。光の技術と闇の技術がそろうと魔法になる。

闇魔法も使いこなして偉大な選手の仲間入りをしよう。

目次
1、偉大な選手と普通の選手の違い
2、闇魔法も使える選手はサッカーが上手い
3、光魔法と闇魔法、光の技術と闇の技術
4、光の技術から闇の技術を生み出そう
5、光の技術と闇の技術がそろうと魔法になる
6、偉大な選手の仲間入りをしよう

目的
偉大な選手が使う闇魔法(闇の技術)を覚える
理由
闇魔法(闇の技術)を覚えることが偉大な選手になる近道だから

1、偉大な選手と普通の選手の違い

「偉大な選手」と「普通の選手」の「違いを知ること」が「上達の近道」です。
「偉大な選手」も「サッカーを始めたころは普通の選手」
「普通の選手」から「偉大な選手」になってください。

  • 「偉大な選手」の凄さとは

「偉大な選手」は「普通の選手が出来ないこと」を簡単に行ってしまう。
「なぜ普通の選手が出来ないこと」を簡単に出来るのか。
答えは簡単です。「偉大な選手は能力が高いから」

「能力が高い」とは、「便利な道具を多く持っている」という意味。
「普通の選手が持っている道具」よりも「偉大な選手の道具の方が性能が高い」
「普通の選手が持っていない道具」も「偉大な選手は持っている」
「偉大な選手」が「偉大」なのは「性能の良い道具をたくさん持っているから」

「性能の良い道具」を手に入れたら「普通の選手」も「偉大な選手」になれます。
「これから偉大な選手を目指す」なら、「偉大な選手が持っている道具」を手に入れてください。
「サッカーおでん」は、「偉大な選手の魔法」を紹介しています。

スポンサーリンク

  • 「偉大な選手」は「自分が楽になる方法」を知っている

「偉大な選手」は「他の人とは違う何かを持っている」と思いますか。
それとも、「他の人と能力は変わらない」と思いますか。

「勝手に勘違いしている人」は、「偉大な選手は特別な何かを持っている」と思うでしょう。
「サッカーを知らない人」ほど、「特別な何かを求める」かもしれません。
「相手は特別な何かを持っている」から「自分とは違う」と「勘違い」するのでしょう。
いいですか、「偉大な選手達」は「全く凄くない人達」です。
「勝手に勘違いしたらいけません」よ。

「熱が出た」としましょう。「体調が悪い」ので「上手く身体を動かすことが出来ない」
ここで質問です。「熱が出た人は偉大な選手」でしょうか。

「質問の意味が分からない」が「正解」でしょうか。
これだと「偉大な選手を理解出来ない」ので質問を変えます。

「高熱が出た偉大な選手」は「偉大な選手ではない」のか。
これなら簡単ですね。「熱が出ても偉大な選手は偉大なまま」です。
「病気で能力が低下しても偉大な選手」は「偉大な選手」である。

「サッカーを楽しむ」ために、「病気になろうとする人」はいますか。
おそらく、いませんよね。
「試合で活躍する」ために、「体調を崩そうとする選手」はいますか。
たぶん、いませんよね。
なぜ「いない」と言えるか説明出来ますか。
「いない理由」が分かっていると「偉大な選手」が「身近な存在」になりますよ。

「偉大な選手」は、「病気」になると「思うように動けないことを知っている」ので、「体調管理」に気をつけます。
「病気になってしまったら」、「体調を良くすることを優先する」はずです。
「健康的な状態」が好ましいですから。
「病気で苦しい」なら「自分が楽になる」ように「治療を考える」でしょう。

「偉大な選手」は「病気を治そう」とする。
「苦しい状態から抜け出そうとする」のが「偉大な選手」

スポンサーリンク

  • 「苦しみから抜け出そうとする選手」と「苦しみを求める選手」

「自分が苦しい状態を好む人」はいるでしょうか。
おそらく、いないと思います。
周りに「苦しみを求める選手」はいませんか。
たぶん、たくさん見つかるでしょうね。
「苦しい状態」だと「能力が低下する」ので、普通なら「苦しい状態から抜け出そうとする」のが「正常」です。

「病気では無いから苦しくありません」と言い切れる人はいますか。
「サッカー」にも「苦しい状況」があります。
「相手に囲まれたとき」や「シュートが撃てない場面」ですね。
「サッカーで苦しいときに何をするか」で「偉大な選手」になるか、「普通の選手」で終わるかが決まります。

「苦しい状態から抜け出そうとする選手」が「偉大な選手」になります。
「苦しいのが当たり前だと勘違いしている人」は「普通の選手のまま」
「何を言っているのか分からない」と思います。
「サッカーおでん」は、いつも「変なこと」ばかり言いますから。

  • 「試合中の苦しい状態」とは

「試合中に苦しい状態」になったことはありますか。
「練習中」でも構いません。
「偉大な選手ではない」なら、「普段から苦しい状態が当たり前」になっているはずです。

「サッカー選手が気を付けないといけない苦しい状態」とは、「ボールを扱うことが出来ない状態」のこと。
「ボールが特定の位置にある」と「ボールを扱うことが出来ない選手」は非常に多いかもしれません。

「ボールを扱うことが出来ない状態」は、「病気で試合に出ることが出来ないのと同じ」です。
「苦しい状態は一瞬だけ」なので、「気付かない選手」が多いでしょう。
「ボールを扱うことが出来ない瞬間を減らさない」のは、「病気になったまま何もしない」のと同じ。
「苦しい状態を放置する」のは「正しい判断ではない」

スポンサーリンク

  • 「制限が多い選手」ほど「試合」で苦しむ

「試合中にシュートを撃てないのは当然だと勘違い」していませんか。
「シュートを撃てる機会は少ない」と「間違った認識」をしていませんか。

「シュートを撃つ機会は着地する回数と同じだけある」

「着地する回数」は非常に多いですよね。
「足が地面に触れる機会が多い」ように、「シュートを撃てる機会も非常に多い」です。
「勘違いしている指導者」は、「いつまでも病気のまま」

「制限が多い選手」ほど、「試合」で苦しみます。
「試合で苦しむ」とは、「普段出来ることが難しくなる」、「活躍出来ない」という意味です。
少し質問をしましょう。
「自分の蹴り方」を確認したとき、「いくつ制限がありますか」

「分かりやすい制限」に、「ボールと軸足の位置」があるでしょうか。
「特定の位置にあるボールしか蹴ることが出来ない選手」は、「一瞬しか怖くない」
「相手がシュートを撃てる瞬間」に「身体を当てる」だけで「シュートを無効化」出来ます。(警戒するのは一瞬だけ)

「軸足の位置にこだわる」のは、「苦しみを求めるのと同じ」です。
「ボールが近くにあってもシュートを撃てない」のですから。

戦闘機が攻撃出来る範囲の違いを説明した絵

「上の図(A)」が「普通の選手」です。
「少し上手い選手」は「上の図(B)」
「偉大な選手」は「上の図(C)」
「サッカーおでん」は「欲張り」ですから、当然「上の図(C)」です。

「シューティングゲーム」でもそうですが、「機体(選手の能力)」は「成長します」よね。
最初は「上の図(A)」で、「上手くなる」と「上の図(B)」になり、最終的には「上の図(C)」になる。
「上の図(B)」でも「十分上手い」ですよ。

「攻撃出来る範囲が狭い」とき、「何をする」か。
「普通の選手」は「ボールを置く場所に気を付ける」でしょうね。
「いわゆる、ファーストタッチ」ですね。

「自分が攻撃出来る範囲」に「ボールを誘導する」ことで「シュートを撃とうとする」
「指導者」から言われませんか。「トラップの質やファーストタッチ」って。
「普通の選手であり続けるための情報」ですね。(普通の選手が悪いわけではありません)

ここまで説明すれば、何をすればいいか分かるでしょう。
「普通の選手」は「攻撃出来る範囲が狭い」から「偉大な選手になれない」
「偉大な選手になりたい」なら、「攻撃出来る範囲を広げる」といいですよね。

「上手い選手」を「観察」してください。
「特別なことは何もしていない」ことが分かりますよ。

「ゲームで遊んだことがある人」ほど、「偉大な選手に早く追い付く方法」を知っているはずです。
「ゲームを否定する指導者」ほど、「下手で無能」でしょうね。

「普通の選手」は「攻撃出来る範囲が狭い」
「偉大な選手」は「攻撃出来る範囲が非常に広い」

「攻撃出来る範囲を広げていく」と、「能力値(ステータス)がおかしくなります」
「能力の差が大きすぎる」と「勝負」になりません。「いわゆる、ゲームバランスが崩れる」ですね。
「サッカーおでん」は「バグってる」

「ゲームバランスが崩れる」
他の選手よりも能力が高くて「一方的な戦い」になりやすいこと。
「バグる」
能力値が「正常ではない」こと。

スポンサーリンク

2、闇魔法も使える選手はサッカーが上手い

「闇魔法も使える選手」は「サッカーが上手い」
「闇魔法」とは、「光の当たらない魔法」のこと。
「闇」と付いていますが、「悪いものではありません」
「注目されない(光が当たらない)」という意味で「闇」ですね。

  • 「闇魔法」とは

「闇魔法」とは、「普通の選手が使うことが出来ない魔法」のこと。
「魔法」と言っていますが「技術」と考えてください。
「ラボーナ」が「闇魔法」の説明に適しているでしょうか。
「サッカーは認めている」のですが、「使用を禁止する指導者が多い」ですよね。
まさに「理想的な闇魔法」です。

「試合中にラボーナを使用する選手」は「上手い」でしょう。
「練習中に使う」のではなく、「自然な流れでラボーナを使う選手」を想像してください。

「ラボーナ」の良いところは、「利き足を使う」こと。
「自信のある足で蹴る」のが良いですね。
(「ラボーナ」を試合で使えと言っているのではありません)

「ラボーナは偉大な選手になる近道」を教えてくれます。
「ラボーナ」と「他の蹴り方(インステップキック等)」の「違い」が分かりますか。
「違いに気付いた選手」が「偉大な選手になる」でしょう。

「ラボーナ」を「観察」していると、「吸い付くドリブルのコツ」が分かりますよ。(他のことにも気付けます)
「ドリブルが苦手な人」や「ドリブルが上手になりたい人」は「ラボーナの秘密」を探りましょう。

スポンサーリンク

3、光魔法と闇魔法、光の技術と闇の技術

「光魔法」は「注目される技術」で「闇魔法」は「光が当たらない技術」でした。
ここからは、「光の技術」と「闇の技術」を扱います。
「闇の技術を生み出すための準備」として「光の技術」を確認します。

「光の技術」は「多くの人が採用する技術」のことです。
「サッカーおでん」では「インステップキック」と「インサイドキック」、「アウトサイドキック」を紹介しているので、「3つの蹴り方」を使って「光の技術」を説明します。

  • 「光の技術」とは

「光の技術」には「インステップキック」と「インサイドキック」、「アウトサイドキック」があります。(他にもありますよ)
「アウトサイドキックは光の技術では無いのでは」と考える人もいるでしょう。
「光か闇かの判断」は「ボールの位置」で行うので、「アウトサイドキック」も「光の技術」になります。(正確な表現は後で出てきます)

光の世界である蹴り足側の世界と闇の世界である軸足側の世界を説明した絵

「上の図3のイとニ」が「光の世界」
「上の図3のロとハ」が「闇の世界」

「光の世界で使われる」のが「光の技術」
「光の世界」とは、「蹴り足側の空間」のことでした。

「インステップキック」と「禁止されやすいアウトサイドキック」で説明します。(インサイドキックでも内容は同じ)
「インステップキック」と「アウトサイドキック」で「ボールを蹴る」とき、「ボールの位置は蹴り足側」になります。
「ボールと軸足の位置」は「インステップキックもアウトサイドキックも変わらない(蹴り足側にあるという意味)」はずです。

「光の技術の特徴」は「ボールが蹴り足側にある」こと。
「インステップキック」や「インサイドキック」、「アウトサイドキック」を使うとき、「ボールは蹴り足側」にありますよね。
「蹴り足側にあるボールを扱う技術」が「光の技術」なので、「闇の技術」は想像出来ますよね。
そうです。「軸足側にあるボールを扱う技術」が「闇の技術」になります。

「ラボーナ」が「闇の技術」でした。
「ラボーナ以外無いのではと考える人」もいるでしょう。
「闇の技術」は「ラボーナだけではありません」
「光の技術と同じ数だけ闇の技術があります」

「光の技術しか使えない選手」が「上手くないのは当然」です。
「世界の半分しか知らない」のですから。

スポンサーリンク

4、光の技術から闇の技術を生み出そう

「光の技術と同じ数だけ闇の技術がある」と説明しました。
ここからは、「闇の技術」を扱います。
「光の技術」から「闇の技術」を生み出しましょう。

「闇の技術を生み出しやすくする」ために、「光の技術の名前」を出します。
「インステップキック」、「インサイドキック」、「アウトサイドキック」
この3つを使いましょうか。

  • 「光の技術」
  • 「インステップキック」
  • 「インサイドキック」
  • 「アウトサイドキック」

「上の3つの蹴り方」を使って「闇の技術」を生み出します。
「作り方」は非常に簡単です。「3つの蹴り方」に「闇の」と付けるだけ。
「闇のインステップキック」、「闇のインサイドキック」、「闇のアウトサイドキック」
簡単ですね。

  • 「闇の技術」
  • 「闇のインステップキック」
  • 「闇のインサイドキック」
  • 「闇のアウトサイドキック」

「軸足側にあるボール」を「足の甲で蹴る」と「闇のインステップキック」
「軸足側にあるボール」を「足の内側で蹴る」と「闇のインサイドキック」
「軸足側にあるボール」を「足の外側で蹴る」と「闇のアウトサイドキック」
説明が手抜きですが、難しいことは言っていませんよね。

「下の図4と8」が「闇のインステップキック」
「ラボーナ」と「闇のインステップキック」は似ている。
「当てる場所を変える」と「闇のインサイドキック」や「闇のアウトサイドキック」になる。(細かいことは気にしない)

光の世界にあるボールを扱う光の技術と闇の世界にあるボールを扱う闇の技術を説明した絵

スポンサーリンク

  • 「ラボーナ」は「身体のどこで蹴る」か

「ラボーナでボールを蹴る」とき、「身体のどこを使うか」を考えると面白いです。
「足の甲を使う」なら、「ラボーナ」は「闇のインステップキック」と同じ。
「足の外側を使う」なら、「ラボーナ」は「闇のアウトサイドキック」になる。
「身体のどこを使うかで名前を変える」のは「面倒臭い」です。
「呼び方」は「試合で問われない」ので「適当」で良い。
「サッカーおでん」では最終的に「足首キック」と呼びます。

「インサイドキック」で「ラボーナのように蹴る」と「闇のインサイドキック」になります。
「指導者が教える技術」は「光の技術ばかり」ですよね。
「インステップキック」や「インサイドキック」、「アウトサイドキック」は「蹴り足側にあるボールを扱う技術だと教わる」はずです。

「ボールは蹴り足側にあるのが当たり前だと勘違いする」と、「攻撃出来ない範囲」が生まれます。
「闇の技術を習得する」ことで、「攻撃出来る範囲」が広がり「偉大な選手に近付ける」でしょう。

  • 「闇の技術」は「遊びの中」で覚える

「習い事」として「蹴り方を学ぶ」と「光の技術だけの選手」になりやすいです。
「闇の技術」は「遊びの中」で覚えてください。
「サッカーを知らない指導者」の前で行うと、「面倒なこと」になる可能性があります。
「自分の将来を守る」ためにも、「闇の技術の追求は遊びの中で行う」といいでしょう。(指導者の機嫌を損ねて試合に出場出来ない可能性があるため)

スポンサーリンク

5、光の技術と闇の技術がそろうと魔法になる

「光の技術」と「闇の技術」がそろうことで「魔法」になります。
「ボールに触ることが出来る」なら、「ボールを失わない」でしょう。
「普通の選手に出来ないこと」は「魔法」になる。

「魔法」を習得すれば「偉大な選手」が「特別では無い」ことが分かるはずです。
「光の技術だけでなく闇の技術も習得」して、「偉大な選手」を目指してください。

「サッカーは年齢に関係なく選手の成長を歓迎する」
このことを忘れないでください。

「私」は「大学」から「サッカー」を始めました。
「帰宅部だった私」が「魔法を手に入れることが出来た」のは、「サッカーボールが優しかった」から。
「サッカーを始めた年齢」に関係無く「サッカーは上手くなれます」
「偉大な選手と普通の選手の差」は、「非常に小さい」です。

「サッカーおでん」が紹介する「ボールの扱い方」を採用しなくても問題ありません。
「闇の技術は間違っている」と考えるなら「光の技術だけで戦ってください」
「自分が正しいと思う扱い方」を選ぶのが「サッカーの正しい味わい方」です。

スポンサーリンク

  • 「右折出来る自動車」は「偉大」なのか

「自動車」を「観察」していると、「直進」と「右折(右に曲がる)」、「左折(左に曲がる)」をするはずです。(今回は「前進」だけ。「後退」は扱わない)
「右折する自動車」を見て「偉大」だと思いますか。
「右折出来る自動車」を見て「魔法のようだ」と言いますか。
言いませんよね。
なぜならば、「自動車が右折するのは普通だから」

「右折出来る自動車」と「右折出来ない自動車」、どちらが「普通」でしょうか。
おそらく、「右折出来る自動車が普通」ですよね。
「右折出来ない自動車」は「性能に問題があります」
「右折出来る自動車」でも、「運転手が右折は悪いことだと勘違い」していると、「自動車を使いこなすことは出来ない」
「右折出来ない自動車」が「正常ではないと分かる」のは「自動車を理解している人が多い」から。

では、「サッカー」ではどうでしょうか。
ここでは、「ドリブル」で考えましょう。
「片方にしか曲がれないドリブル」は「正常」でしょうか。
「全ての方向に対応出来るドリブル」は「魔法」でしょうか。
「自動車のことなら正常な判断が出来る人」でも、「サッカーになると知性を投げ捨てる指導者」が多いかもしれません。
「インサイドキック(ドリブル)では相手を抜け無いがアウトサイドキック(ドリブル)なら相手を抜ける」と言うのは、「正常ではありません」

「サッカーのドリブル」では、「左右に動く」でしょう。
「片方にしか動けない選手」は「何も怖くない」
「全ての方向に動けるドリブル」こそが、「正常なドリブル」です。
「偉大な選手」は「普通のこと」しかしていません。
「動きが読めない」のは「右にも左にも動けるから」
「知っていれば対応出来る」のは、「出来ることが少ないから」

「右折は左折のためにあり、左折は右折をするためにある」
「両方そろうことで初めて本来の力を発揮します」
「偉大な選手が使う魔法」は、「実は地味」

スポンサーリンク

6、偉大な選手の仲間入りをしよう

「普通の選手」から「偉大な選手」になるために、「闇の技術」も習得してください。
「光と闇の世界を扱える選手」が「偉大な選手」になれます。
「光と闇の世界を扱うには光と闇の技術」が必要です。
「ボールの位置に関係無く扱える」ようにしてください。

「蹴りやすい場所にボールを動かす選手」から「足が届く場所にボールを動かす選手」に「進化」しましょう。
「足が届くならボールを扱える選手」は「周りを圧倒」します。

「自分がまだ習得していない技術」を探し、「全て習得」してください。
実際に使うかどうかは別として、まずは「闇の世界も扱う」ことを考えましょう。
「半分しか知らない選手」よりも「全てを知っている選手」の方が「怖い」
「憧れの選手を超えたい」なら、「闇の技術」を覚えてください。
「普通の選手」が思っているほど、「偉大な選手は特別ではありません」
「偉大な選手も自分と変わらない」ことが分かれば「サッカーがもっと楽しくなる」でしょう。

「サッカーボールと楽しい時間」を過ごし、「偉大な選手の仲間入り」をしてください。
「サッカーボール」も「あなたが偉大な選手になることを望んでいます」

スポンサーリンク

2018年1月26日公開。追加組


おでん式(日本式)キックメニュー

頭の使い方の確認
身体の扱い方の確認
サッカー上達法の確認
シュート編

スポンサーリンク

感想を送信する

名前: 
サイトの文章の長さ: 少し短い 短い ちょうどいい 少し長い とても長い
ご感想やご意見等

サイトからの返信を希望の方は、受信メールの設定等の確認をお願いします。メールを送信できない場合もあります。

エラー等で感想を送信出来ない場合はお問い合わせを、ご利用ください。



自己紹介

はじめまして、「サッカーおでん」の竹串です。日本がW杯最多優勝国になるために、「サッカーおでん」を作りました。日本人の高い身体能力を活かす技術を習得しませんか。

「サッカーおでん」はシュート技術を専門に扱うサイト。


独り言

  日本代表には、いつも笑っていて欲しい。
  サッカーおでんは、日本代表と日本人選手を応援しています。

スポンサーリンク

ちょっとお知らせ

「決定力、得点力は着地数で決まる。決定力を上げるコツ」を修正。文章の変更と画像が表示されるようにした。
最終更新
2019年3月21日。

よくある悩み一覧

サッカーおでんのおすすめ


日の丸サッカーおでんのおすすめ

スポンサーリンク

Copyright © 2015 socceroden All Rights Reserved.