連絡
携帯電話の設定等を確認してください。

蹴り足側に蹴り足を振りボールを3方向に飛ばすシュート

蹴り足側に蹴り足を振り別々の方向に飛ばす意味とは。蹴り足の逃し方を覚えるときは足首は固定しなくても良い。固定したい人は固定しても大丈夫です。

楽な蹴り方で、蹴り足側に足を振りボールを正面に飛ばす。蹴り足の動きとボールの動きが別々になれば成功です。

蹴りやすい方法で蹴り足側に足を振りボールを蹴り足側に飛ばす。蹴り足が動く方向とボールの動く方向が同じなら次に進みます。

好きな蹴り方で蹴り足側に足を振りボールを軸足側に飛ばす。蹴り足の動きとボールの動きが異なれば成功。

蹴り足側に蹴り足を振るシュートが活躍する場面は、シュートのとき。身体の動きで相手を惑わそう。

目次
1、蹴り足側に蹴り足を振り別々の方向に飛ばす意味
2、足首は固定しなくても良い
3、蹴り足側に足を振りボールを正面に飛ばす
4、蹴り足側に足を振りボールを蹴り足側に飛ばす
5、蹴り足側に足を振りボールを軸足側に飛ばす
6、蹴り足側に蹴り足を振るシュートが活躍する場面

目的
蹴り足側に足を振る動きで3方向に飛ばすシュートを覚える
理由
身体の動きをフェイントに使い点を取りやすくするため

1、蹴り足側に蹴り足を振り別々の方向に飛ばす意味

「蹴り足側」に蹴り足を振り、ボールを別々の方向に飛ばす意味が分からない人もいるかもしれません。
通常の蹴り方では「足を前に振る」でしょう。
「足を前に振る蹴り方」だけでも戦えるのですが、より素晴らしい選手になるには「蹴り足側に蹴り足を振るシュート」を覚える必要があります。
「勉強熱心な人(身体の使い方を気にする人)」ほど「蹴り足側に蹴り足を振るシュート」を習得した方がいいです。

一般的な蹴り方だけでは苦しい場面が出てきます。
「ドリブルからのシュート」が苦手なら、「蹴り足の逃し方」を覚えてください。

  • 蹴り足の逃し方
  • 蹴り足を「前」に振る
  • 蹴り足を「蹴り足側」に振る(今回扱う内容)
  • 蹴り足を「軸足側」に振る

「横に動くボール」を扱うときは「蹴り足を前に振るシュート」だけでは対応出来ないことがあります。
「ドリブル」で相手を抜いても「シュート」が入らないなら、「シュートの質」を高める必要があります。

速く走りながらシュートを撃つ機会があるなら、「蹴り足側に蹴り足を振るシュート」を覚えていた方が助かります。
通常の蹴り方でも対応出来ますが、「インステップキックがアウト回転になる」、「芯に当たらない」、「シュートが横に大きくはずれる」といった問題が起きるでしょう。

もう少し踏み込んでみましょうか。
「軸足の膝を抜く」、「蹴り足が一歩目になるように蹴る」、「蹴り足に体重を乗せる」、「飛ぶように蹴る」と教えられた人は、「シュートが下手」でしょうね。
「速く走る」ほど「シュートが乱れる」はずです。

勉強熱心で「シュートが軸足側に大きくはずれる人」ほど「蹴り足側に蹴り足を振るシュート」を試してください。(枠の上にはずれる人も同じです)
「右利き」なら「シュートが左に大きくはずれる」、「左利き」なら「シュートが右に大きくはずれる」でしょうか。
あとは「ロングシュートが入らない」といった悩みもあるでしょう。

「シュートが入らない蹴り方」を使っているなら「点が取れないのは当たり前」
「身体の使い方」にこだわる人ほど、「シュートが下手」でしょうね。

「軸足の膝を抜く」、「蹴り足が一歩目になるように蹴る」、「蹴り足に体重を乗せる」、「飛ぶように蹴る」といったものは、「ボールをクリアする蹴り方」です。
「点を取るための技術」ではありません。

「身体の勢いをシュートに活かしたい」なら、「蹴り足の逃し方」を覚えてください。
「蹴り足の逃し方」を習得しないのは「日本人の高い身体能力を活かさない」のと同じです。
「もったいない」ことはしない。

スポンサーリンク

2、足首は固定しなくても良い

「蹴り足の逃し方」は「サッカーおでん」が勝手に言っていることなので、初めて知る人も多いでしょう。
多くの人が習う蹴り方では「足首を固定する」ように言われると思います。
「サッカーおでん」の蹴り方は「足首を固定しなくても良い蹴り方」です。

「ボールの芯を撃ち抜く」なら、「足首を固定しない蹴り方」でも「強烈なシュート」が撃てるでしょう。
「強いボールになるか」は、「芯を撃ち抜いたか」で決まります。
「足首を固定するか」は関係ありませんよ。
「足首を固定した蹴り方」でも「シュートが弱い」こともありますよね。
それは、「足首を固定したか」は「シュートの強さに影響を与えない」から。

「足首を固定した」のに「弱いシュート」になるのは変ですよね。
「ボールの反応が正しい」ならば、「シュートの強さ」は「足首の状態とは関係ない部分で決まる」と考えるのが自然です。

他のところで習う蹴り方と違って、「サッカーおでんの蹴り方」は「おおらか(適当)」です。
正確に言うなら「飛べば良い」
適当でも問題ありませんよ。「サッカーはおおらかなスポーツ」ですからね。

「足首を固定しないと不安な人」は「固定」してください。
「足首の状態」は指定しないので、好きな方法を選んでくださいね。

「足首を固定してきた人」は「足首を固定しない選択肢」も考えるといいでしょう。
「サッカーおでん」は「足首を固定しなくても良い」と考えています。
固定しないのは間違っていると思うなら「自分が正しいと思う蹴り方」を選んでください。
サッカーでは選手の考えが優先されますから。

  • 最初は当てるだけで良い

初めて試す蹴り方だと思うので「威力」は気にしないでください。
狙った場所に転がる程度で問題ありません。
蹴り方に慣れてから「強いシュート」を目指すといいでしょう。

スポンサーリンク

3、蹴り足側に足を振りボールを正面に飛ばす

蹴り足を「蹴り足側」に振る動きで、ボールを「正面」に飛ばします。(下の図2か5)
最初は「ボールを転がす」ことを考えてください。
蹴り足が「斜め」に動くので、当てるのが難しいかもしれません。
正確に当てることが出来なくても問題ないです。「正面に飛ぶといいな」程度に考えてください。

人によっては「失敗した蹴り方」だと思うかもしれませんが、「失敗ではありません」からね。
使いこなすと強力な武器になります。
「身体が速く動く」ときに活躍するでしょう。

足を蹴り足側に振りボールを3方向に飛ばす方法を説明した絵

右足の場合
「右足」で蹴るなら「上の図2」を参考にしてください。
「ボールの扱い方」は「上の図ロ」のように行います。
「インサイド回転」をかけるつもりで蹴るといいでしょう。
蹴り足を「蹴り足側」に振り、ボールが「前」に動けば成功です。

左足の場合
「左足」を使うときは「上の図5」のように蹴ります。
「ボールの扱い方」は「上の図ホ」を参考にしてください。
「インサイド回転」をかけるように蹴るといいです。
蹴り足を「蹴り足側」に動かし、ボールが「前」に転がれば成功。

「何キックを選ぶか」は気にしないでください。
「自分が蹴りやすい方法」で試すといいです。
「ボールの扱い方」を覚えているなら「アウトサイドキック」でも「正面」に飛ばせますが、慣れていないと難しいでしょう。
初めて試すなら「インサイドキック」や「インステップキック」がいいでしょうか。
「トゥーキック(つま先)」や「アウトサイドキック」でも出来るので試してみるといいかもしれません。

「インステップキック」で行うときは「足首を曲げる」といいかもしれません。(伸ばしても良い)
難しい場合は「普段選択しない蹴り方」を試してください。
「足首を曲げて蹴る」のも面白いですよ。「足首を固定しない蹴り方」もいいでしょうね。

蹴り足を「蹴り足側」に振り、ボールを「正面」に飛ばすことが出来れば成功です。
前に転がる程度で大丈夫です。まずは「正面に転がす」ことを目標にしましょう。
慣れてきたら「強さ」を追求するといいです。
「蹴り足を蹴り足側に振る動き」で「ボールを正面」に飛ばせたら次に進んでください。

スポンサーリンク

  • ボールの扱い方が分からない場合

「ボールの扱い方」が分からない人は、下の図の「サッカーおでんの作り方」を参考にしてください。
「飛ばしたい場所(目的地)」と「ボールの位置」を線で結びます。(下の図1と2)
「サッカーおでんの三角形」を頭の中で想像して「形」を整えます。(下の図3と4)
「三角形とボールの位置」から「足の移動先(サッカーおでんの四角形)」を見つけます。(下の図5と6)
「足の移動先」に「蹴り足」を動かすと「飛ばしたい場所(目的地)」に飛ぶでしょう。

サッカーおでんの作り方を説明した絵

「ボールのどこを蹴るか」で「ボールが飛ぶ方向」が決まります。
「蹴り足の動き」が違っていても、「ボールの扱い方が同じ」なら「似たような方向」に飛びます。(下の図を参考にしてください。)

異なる動きでボールを同じ方向に飛ばす方法を説明した絵

上の図では「ボールの動く方向」が「斜め」になっていますが、「ボールの扱い方」で考えるなら、「上の図2」が「右足で正面に飛ばす蹴り方」で、「上の図4」が「左足で正面に飛ばす蹴り方」になります。

難しく考える必要はありません。「何となく」でも大丈夫です。
「適当」でも「ボールが助けてくれる」ので問題ありません。
「ボールの優しさ」に甘えるといいでしょう。

一本の線で円を横切る方法を複数紹介した絵

「ボールの扱い」が分からないなら、上の図を見るといいです。
「右足」なら「上の図G」を、「左足」なら「上の図H」を参考にしてください。
「ボールの芯を撃ち抜く蹴り方(上の図3と4)」だと「蹴り足の動きと同じ方向」に飛ぶので注意しましょう。
「芯をはずしてインサイド回転をかける」つもりで蹴ると成功しやすいはずです。

スポンサーリンク

4、蹴り足側に足を振りボールを蹴り足側に飛ばす

蹴り足を「蹴り足側」に振る動きで、ボールを「蹴り足側(アウトサイド側)」に飛ばします。(下の図1か4)
「ボールの芯を撃ち抜く」ようにしてください。
「蹴り足が動く方向」と「ボールが飛ぶ方向」が「同じ」になります。
「軸足のつま先をボールを飛ばしたい場所に向けない蹴り方」だと考えるといいでしょう。
「がに股で蹴る(軸足)」と受け取るのもいいかもしれませんね。

足を蹴り足側に振りボールを3方向に飛ばす方法を説明した絵

右足の場合
「右足」で蹴るときは「上の図1」を参考にしてください。
蹴り足を「蹴り足側」に振り、ボールが「右側」に動けば成功です。
蹴りやすいかもしれません。
左足の場合
「左足」なら「上の図4」のように蹴ります。
蹴り足を「蹴り足側」に動かし、ボールが「左側」に飛べば成功です。
蹴りやすいかもしれませんね。

「何キックを使うか」は気にしなくていいです。
「蹴りやすい方法」を選んでください。
ボールが「蹴り足側」に飛ぶなら問題ありません。
「インサイドキック」は難しい人もいると思うので、「インステップキック」や「アウトサイドキック」、「トゥーキック(つま先)」を試すといいでしょう。

多少難しいかもしれませんが「インサイドキック」を試すのも面白いかもしれません。
「苦しい」なら無理に行う必要はありません。
自分の身体と相談しながら行ってください。

蹴り足を「蹴り足側」に振る動きで、ボールを「蹴り足側(アウトサイド側)」に飛ばすことが出来たなら成功です。
慣れていないと転がる程度かもしれません。
何度か試せば「強いボール」も撃てるでしょう。
ボールが「蹴り足側(アウトサイド側)」に動けば合格だと思ってください。

スポンサーリンク

  • ボールの扱い方

「ボールの扱い方」は、下の図(1か3)を参考にしてください。
「右足」で蹴るなら「下の図3」を、「左足」なら「下の図1」のように蹴ります。
「ボールの芯を撃ち抜く」ようにするといいです。

ボールの中心を含む組み合わせをサイコロで説明した絵

単純な図が欲しいなら下の図がいいかもしれません。
「右足」は「下の図3」、「左足」なら「下の図4」になります。
余裕がある人は「ボールの芯を撃ち抜く」ようにしてください。(強いボールを目指す)
難しいなら「蹴り足側にボールを飛ばす」ことだけを考えましょう。

1本の線で円を2つに分ける組み合わせを説明した絵

スポンサーリンク

5、蹴り足側に足を振りボールを軸足側に飛ばす

蹴り足を「蹴り足側」に振る動きで、ボールを「軸足側(インサイド側)」に飛ばします。(下の図3か6)
普段使用しない蹴り方なので、苦戦する人もいるかもしれません。
最初は転がすだけで十分です。慣れてから「威力」を求めてください。
「ボールの芯をはずす」つもりで大胆に蹴ると成功しやすいです。
「横回転(インサイド回転)を強めにかけるシュート」と考えるといいでしょう。

足を蹴り足側に振りボールを3方向に飛ばす方法を説明した絵

右足の場合
「右足」で蹴るときは「上の図3」のようにします。
蹴り足を「蹴り足側」に振り、ボールが「左側」に動けば成功です。
「強めの横回転(インサイド回転)」をかけるようにすると上手くいきやすいです。

左足の場合
「左足」で試すときは「上の図6」を参考にしてください。
蹴り足を「蹴り足側」に動かし、ボールが「右側」に転がれば成功です。
「強めの横回転(インサイド回転)」をかけるつもりで蹴るといいでしょう。

蹴り足を「蹴り足側」に振る動きで、ボールを「軸足側(インサイド側)」に動かせたなら成功です。
初めて行うときは転がるだけかもしれませんが、慣れてくると「強烈なボール」を撃てるようになるでしょう。
「ボールの扱い方」を覚えると「威力」の調整も楽になります。
遊びのつもりで試すといいです。

スポンサーリンク

  • ボールの扱い方

「ボールの扱い方」は下の図を参考にしてください。
「右足」は「下の図G」を、「左足」なら「下の図H」のように蹴るといいです。
下の図のように蹴っても「軸足側」に飛ばないなら、「ボールの芯を思い切ってはずす」ようにしてください。
「ボールの芯に近付く」ほど「蹴り足側」に飛びます。

1本の線で円を2つに分ける組み合わせを説明した絵

蹴り足を「蹴り足側」に振る動きでボールを「軸足側」に飛ばすときは、「当たるか当たらないか」を目指すといいです。
「空振り」にならない程度に「ボールを蹴る」といいでしょう。
慣れてきたら「強いボール」に挑むといいです。

すぐに出来なくても問題ありません。
成功出来なくても頭の中に記憶しているだけで大丈夫です。
自分が上手くなったと感じたら、再び挑むといいでしょう。

スポンサーリンク

6、蹴り足側に蹴り足を振るシュートが活躍する場面

蹴り足を「蹴り足側」に振る動きは、日本人に身近な蹴り方かもしれません。
「選手(初心者)」は知らなくても「指導者」は知っているはず。
「ストイコビッチ選手(セルビア)」のフリーキックと言えば伝わるでしょうか。
「遠い方と近い方」を撃ち分けるときに「ボールの回転」で調整していたはず。
「蹴り足側」に飛ばしたいときは「回転が少なめ」で、「正面(軸足に近い方)」に飛ばすときは「回転を多め」にする。

「ストイコビッチ選手」のフリーキックは比較的情報が集めやすいので確認するといいかもしれません。
「納豆」、「鮎(あゆ)」、「革靴シュート」で調べるのも面白いでしょう。
「ピクシー」さんです。

「マラドーナ選手(アルゼンチン)」も似たような蹴り方を使っています。
試合前の準備で使っていたはず。
「適当」に蹴っているように見えるのに正確。
周りは不思議に思うでしょうね。
「私」の予想ですが、「マラドーナ選手」は「インサイド回転を好む選手」かもしれません。

「蹴り足側に蹴り足を振るシュート」は「ドリブル」で相手ゴールキーパーと一対一になったときに活躍するでしょう。
「アウトサイド側に動くボール」を撃つときに特に役立つはずです。
「ドリブルでアウトサイドを好む選手」は多いと思うので、覚えた方が試合で楽になります。

「ボールの動き」が速く、身体が追いつかないときでも蹴り足だけでシュートを選択出来ます。
「ボールを速く動かすドリブル」を目指すなら、「足だけしか届かない状況」でもシュートを選択出来るようにしてください。
「ドリブルは上手い」のに「シュートが入らない選手」は、「シュート技術を追加」してください。

「同じ振り方」で「左側、真ん中(股抜き)、右側」に撃ち分けるといいでしょう。
「勝負」が楽しくなるはずです。

「強烈なシュート」と「タイミングをはずすシュート(枠に流し込むシュート)」を覚えてください。
両方を使い分けることで「怖い選手」になれるでしょう。

「点の取り方」を覚えることで「守備」も上手くなります。
「知らない攻撃方法があると対応が遅れる」ので、「守ることが多い選手」も覚えた方がいいでしょう。

「蹴り足の逃し方」を習得して、「サッカー選手としての能力」を高めてください。

2018年3月27日公開。追加組

スポンサーリンク


おでん式(日本式)キックメニュー

頭の使い方の確認
身体の扱い方の確認
サッカー上達法の確認
シュート編

スポンサーリンク

感想を送信する

名前: 
サイトの文章の長さ: 少し短い 短い ちょうどいい 少し長い とても長い
ご感想やご意見等

サイトからの返信を希望の方は、受信メールの設定等の確認をお願いします。メールを送信できない場合もあります。

エラー等で感想を送信出来ない場合はお問い合わせを、ご利用ください。



自己紹介

はじめまして、「サッカーおでん」の竹串です。日本がW杯最多優勝国になるために、「サッカーおでん」を作りました。日本人の高い身体能力を活かす技術を習得しませんか。

「サッカーおでん」はシュート技術を専門に扱うサイト。


独り言

  日本代表には、いつも笑っていて欲しい。
  サッカーおでんは、日本代表と日本人選手を応援しています。

スポンサーリンク

ちょっとお知らせ

インステップキックのページを修正。
最終更新
2019年2月9日。

よくある悩み一覧


日の丸サッカーおでんのおすすめ

スポンサーリンク

Copyright © 2015 socceroden All Rights Reserved.