連絡
携帯電話の設定等を確認してください。

おでん式(日本式)アウトサイドキック習得法

目次
1、おでん式(日本式)アウトサイドキックの使い方と特徴
2、おでん式(日本式)アウトサイドキックで習得するもの これから習得するもの
3、ボールと足を比べる くるぶしとボールの中心を比べる
4、歩きながら蹴る 歩きながら蹴ることで習得しやすくする
5、ボールの芯のはずし方 ボールに回転をかける
6、ボールの芯を撃ち抜く ボールを飛ばせるようにする
7、足首でボールをしっかり蹴る 足首を使いこなし質の高い技術を手に入れる

目的
おでん式(日本式)アウトサイドキックを手に入れる
理由
より質の高い技術を手に入れるため

1、おでん式(日本式)アウトサイドキックの使い方と特徴

  • おでん式(日本式)アウトサイドキックの説明

「おでん式(日本式)キック」では、「蹴り足を縦に振る」、「蹴り足を横に振る」、「1キック(蹴り足の膝を90度動かす)」、「2キック(蹴り足の膝を180度動かす)」を組み合わせて使います。
「おでん式(日本式)アウトサイドキック」では、「2キック」を使う機会は少ないかもしれません。

「おでん式(日本式)アウトサイドキック」では、蹴り足の膝の振り方は考えない方が習得しやすいと思います。

「おでん式(日本式)アウトサイドキック」を習得すると、「おでん式(日本式)インステップキック」に近くなるでしょう。アウトサイドキックがインステップキックと同じになると思います。
「おでん式(日本式)アウトサイドキック」は、ほぼ「おでん式(日本式)インステップキック」。
全てのキックを覚えたら、「何とかキックを使う」と蹴り方で考えるのではなく「ボールのどこを蹴るか」で考えるようになります。
簡単に言うと、蹴り方の名前はいらなくなります。「インとかアウト」とか、気にしなくなります。
「おでん式(日本式)インステップキック、インサイドキック」を習得しているなら、アウトサイドキックも同じ「一つの蹴り方」に近付いているのが分かると思います。

「おでん式(日本式)アウトサイドキック」を習得すれば、「ボールの芯を撃ち抜く技術」の完成です。
アウトサイドキックも習得すれば、自分のやりたいことを実現することが出来るようになるでしょう。

「ボールの芯を撃ち抜く技術」を習得するまでは、インステップ、インサイド、アウトサイドと名前を出しますが、「芯を撃ち抜く技術」の習得が出来たら名前が出てこなくなります(一応名前は出しますが、説明の仕方が変わります)。

スポンサーリンク

2、おでん式(日本式)アウトサイドキックで習得するもの

「おでん式(日本式)アウトサイドキック」で習得するものは「ボールに足首を当てる技術」。
「おでん式(日本式)アウトサイドキック」は、「ボールの芯を撃ち抜く技術」を完成させるものであり、「ボールの芯をはずす技術」へのつなぎでもあります。
「ボールの芯を撃ち抜く技術」と「ボールの芯をはずす技術」を結びつけるものが、「おでん式(日本式)アウトサイドキック」になります。

自分の足を動かす方法を確認してください。
歩くときの足の動かし方を、ボールを蹴る技術に変えます。

スポンサーリンク

3、ボールと足を比べる

  • ボールと比べる

ボールと足の大きさを比較すると、面白いことが分かります。
新しい蹴り方を覚えるときに、ボールと足の大きさを比べることは無いと思います。
ここでは、自分の足とボールを比べることで思い込みを無くし、新しい技術を習得しやすくします。
特に比べて欲しいのが、足首とボールの高さです。
足首とボールを観察し、観察結果を自分の蹴り方に取り入れましょう。

  • くるぶしの位置を観察する

ボールと足首の高さを比べてください。外側のくるぶし(小指側)と内側のくるぶし(親指側)の位置に注目します。
外側のくるぶしを「外くるぶし」、内側のくるぶしを「内くるぶし」と呼ぶことにします。

外くるぶしと内くるぶしの位置で調べると、内くるぶしの方が高い傾向があるようです。
解説しているサイトによって位置が違うため、詳しいことは分かりません。
どちらのくるぶしが高いかは個人差があると説明しているところもありましたが、内くるぶしが高い傾向があるようなので、「内くるぶしの方が外くるぶしよりも高い位置にある」として説明します。

外くるぶしと内くるぶしの絵

上の図(1)が内くるぶし。上の図(2)が外くるぶし。

スポンサーリンク

  • 足首で蹴る意味

「おでん式(日本式)キック」の「足首で蹴る」とは、どのような意味なのか。
「足首で蹴る」とは、「くるぶしでも蹴る」という意味です。
「くるぶしで蹴る」と書かない理由は、くるぶし以外でも蹴ってもいいから。
くるぶしで蹴ってもいいし、くるぶしに近い位置で蹴っても問題ありません。
下の図(3)が足首。ここで蹴る。

足首を描いた絵
  • くるぶしの位置とボールの中心

自分の足を観察します。外くるぶしと内くるぶし、どちらが高い位置にあるか。
ボールの中心は地面から11センチ上にある。(ボールの直径は22センチでした。ボールの中心はボールの真ん中にあるので、22センチを2で割るといいでしょう。)
ボールの中心は地面から11センチです。定規を使って、くるぶしが地面から何センチにあるか測ってみましょう。
くるぶしが11センチ(地面から)よりも上か、下か。

くるぶしの位置とボールを比べたとき、くるぶしの方がボールの中心(11センチ)よりも下にあると思います。(くるぶしの位置とボールの中心が同じでも問題ありません)
くるぶしの方がボールの中心より低い場合、蹴り足を地面から離さないようにボールに当てると、くるぶしがボールの下の部分を蹴ることになります。
蹴り足を地面から離さないように動かすとボールの下を蹴るならば、蹴り足を少し浮かせるとボールの中心を蹴ることになるはずです。
これは、とても大切なことです。
足を少し浮かせることでボールの中心を蹴ることが出来るなら、くるぶしはボールの芯を撃ち抜きやすい場所にあるといえるでしょう。

くるぶしはボールの中心よりも低い位置にある。
くるぶしはボールの中心を撃ち抜きやすい位置にある。

ボールの半径、直径、円周について
「ボールの知識。半径、直径、円周」

スポンサーリンク

4、歩きながら蹴る

ボールを蹴るときは、軸足をボールに近付けるようにします。
蹴り足を後ろに引く動きは問題ありません。軸足をボールから遠ざける行為は止めましょう。
軸足はボールに近付けるように動かします。軸足をボールから離すように動かすと自分が不利になるので行わない。軸足をボールから遠ざける蹴り方は非常に危険です。

歩くこととキックの共通点より
「危険なボールの蹴り方と安全な蹴り方」

  • ボールを蹴る

「おでん式(日本式)アウトサイドキック」は、足首を使って蹴ります。
足首を使って蹴るのですが、求めるボールによって当てる場所が変わります。
外くるぶしを使って蹴ると、回転のかかったボールになります。
足首の真ん中の部分(インステップキックと同じ場所)を使って蹴ると、強いボールを蹴ることが出来ます。

「足首の真ん中」は、「おでん式(日本式)インステップキック」でも使いました。
「おでん式(日本式)アウトサイドキック」でも、「足首の真ん中」を使います。

アウトサイドキックでボールを蹴るときは、ボールを蹴ることを意識するのではなく、ボールの先に足首(かかと)を動かすようにしましょう。「足首がボールを追い抜く」という表現もいいかもしれませんね。
普段歩くように足を動かします。歩くのに夢中になっていたら、足元にあるボールに気付かず蹴ってしまった。このような動きでアウトサイドキックを覚えましょう。
ボールに集中するのではなく、足をしっかり動かすことを考えます。
アウトサイドキックは「歩いていたら足元のボールに気付かず蹴っちゃったキック」と理解するといいでしょう。

「歩く動作は蹴る動作の連続」なので、アウトサイドキックを覚えるときは「足元のボールに気付かず蹴っちゃったキック」で習得すると良いでしょう。

蹴る動作は歩く動作の一部であり、歩く動作は蹴る動作の連続である
「歩くこととキックの共通点」より

スポンサーリンク

  • 歩いていたらボールを蹴っちゃったキック

アウトサイドキックを覚えるときは、蹴り足の動きから覚えるといいでしょう。
普段のように歩きます。自分の足で歩くことに、サッカーの経験は必要ありません。
簡単な説明
(1)まず、ボールの横を歩きます。蹴り足の方にボールを置くようにします。蹴り足側にあるボールを眺めながら、ボールを通りすぎます。
(2)蹴り足で上手にボールを蹴るために、軸足の位置を調整します。(蹴り足が中心です。蹴り足のために軸足を動かします)
足の位置を調整するときは、足首(かかとでも可)を着地したい場所に動かすようにすると良い。
(3)蹴り足がボールに当たるようにボールに近付く。歩きながら足の位置の調整をして、蹴り足の足首(外くるぶしでも良い)をボールに当てます。足首をボールの先に動かす(足首がボールを追い抜く)ようにする。

アウトサイドキックを覚える動作を描いた絵

右足で蹴る場合
(1)ボールの左側を歩きます。歩いていると右側にボールが見えるはずです。
(2)ボールの横を通るとき、ボールの横に左足を着地します。
(3)ボールが右足の通り道にくるようにボールに近付きます(少し右側に動く)。歩きながら左足をボールの横に調整し、右足の足首(外くるぶしでも良い)をボールに当てます。

左足で蹴る場合
(1)ボールの右側を歩きます。歩いていると左側にボールが見えるはずです。
(2)ボールの横を通るとき、ボールの横に右足を着地します。
(3)ボールが左足の通り道にくるようにボールに近付きます(少し左側に動く)。歩きながら右足をボールの横に調整し、左足の足首(外くるぶしでも良い)をボールに当てます。

蹴り足の膝は歩くときと同じようにするといいでしょう。
足首は固定しない方が蹴りやすいと思います。
蹴る動作に慣れたら、蹴り足の膝を伸ばして蹴ると面白いと思います。
ボールの先に蹴り足を着地させる気持ちで蹴ると、しっかりとボールを飛ばすことが出来るでしょう。

歩きながらボールを蹴ると、アウトサイドキックを習得しやすい。
蹴り足の動く方向とボールの飛ぶ方向は違います。足首の外側で蹴るので、ボールは少し外側に飛んでいきます。(蹴り足の動く方向にボールを飛ばすことも可能)
右足の場合は右斜め前。左足の場合は左斜め前に飛びます。
蹴り足の動きとボールの動きが違うと、相手に動きを予測されないので便利です。

  • 足首はそのまま進む

足首でボールを蹴った後も、しっかりと足を動かすといいでしょう。
ボールに当てたら終わりではなく、歩くように蹴り足を動かします。
試合では動きながらボールを蹴ることになるので、「おでん式(日本式)アウトサイドキック」も歩くように蹴り足を動かしましょう。
足首をボールの先に動かすようにするといいでしょう。

スポンサーリンク

5、ボールの芯のはずし方

ボールを蹴るときには、欲しいボールに合った蹴り方を選ぶ必要があります。
アウトサイドキックでも同じです。
しっかりとボールを飛ばしたいときは、ボールの芯を撃ち抜きます。
回転をかけたい場合は、芯をはずすといいでしょう。

27個に分けたボールに見やすい場所け番号をつけた絵 27個に分けたボール全てに番号をつけた絵

上の図左は、ボールを27個に分け、見やすい場所に番号をつけた。
上の図右は、27個に分けたボール全てに番号をつけた。

  • ボールの芯をはずす

アウトサイドキックで使う「ボールの芯をはずす技術」を手に入れましょう。
芯をはずすと威力がなくなるので、使うときは気を付けましょう。
芯のはずし方を覚えたら、色々なボールを蹴ることが出来ます。

スポンサーリンク

  • ボールの芯のはずし方

アウトサイドキックでボールの芯をはずしたい場合、外くるぶしで蹴るといいでしょう。
外くるぶしで蹴ると、自然と芯をはずします。
外くるぶしで蹴ったボールは回転がかかりやすいため、ボールに回転が欲しいときに使うといいでしょう。

ボールを蹴ったときの回転を描いた絵

上の図の(2)、(3)のように芯をはずすといいでしょう。
上の図よりも、もっと外側を蹴っても問題ありません。
右足のアウトサイドキックで芯をはずす場合は、上の図(3)のように蹴ります。
左足のアウトサイドキックで芯をはずす場合は、上の図(2)のように蹴るといいでしょう。

  • 芯をはずすときの蹴り足の当て方

蹴り足をボールに当てるときは、ボールの横側を蹴るようにします。下の図左の14番(ボールの芯)を蹴らないようにします。
下の図右の(1)、(2)、(4)、(5)のように足を動かすといいでしょう。
しっかりとボールを蹴るのではなく、ボールとすれ違うときに少し当たるように蹴ります。
右足のアウトサイドキックで芯をはずす場合
ボールの蹴り方は、下の図左、ボールの(17)から(13)を外くるぶしが通るように蹴る。(16)から(10)に向かって外くるぶしを動かすのも良い。
蹴り足の動かし方、下の図右、(4)、(5)のように動かす。
左足のアウトサイドキックで芯をはずす場合
ボールの蹴り方は、下の図左、ボールの(17)から(15)を外くるぶしが通るように蹴る。(18)から(12)に向かって外くるぶしを動かすのも良い。
蹴り足の動かし方、下の図右、(1)、(2)のように動かす。

ボールに番号をつけた絵 ボールの蹴り方を描いた絵
  • 蹴り足の膝

ボールの芯をはずす方法を覚えるときは、蹴り足の膝を伸ばして行う方がいいでしょう。
膝を伸ばして蹴る方法を覚えたら、蹴り足の膝の状態に関係なく蹴ることが出来るでしょう。
最初は、蹴り足の膝を伸ばして蹴ることをおすすめします。

スポンサーリンク

6、ボールの芯を撃ち抜く

アウトサイドキックで強いボールを撃つときは、ボールの芯を撃ち抜くといいでしょう。
ボールに回転がかかっても気にしません。
ボールの芯を撃ち抜くようにボールを蹴ると、ボールに少し回転がかかりながらボールが飛んでいくと思います。
勢いよくボールを飛ばすことが出来れば、ボールの芯を撃ち抜けているでしょう。

アウトサイドキックでボールの芯を撃ち抜くときは、足首の真ん中を使うと便利です。
外くるぶしを使ってもいいのですが、外くるぶしよりも足首の真ん中で蹴る方が強いボールを蹴りやすいので、足首の真ん中をおすすめします。
足首の真ん中は、「おでん式(日本式)インステップキック」でも使いましたね。
インステップキックを蹴るように、アウトサイドキックを使うといいでしょう。
足首でボールを蹴るので、足首は固定しなくても問題ありません。
自分が蹴りやすい方法を見つけるといいでしょう。

スポンサーリンク

  • 足首を動かして蹴りやすい形を見つける

日本語サッカーでは、足首を固定して蹴ります。足首を固定する理由は、足首が動くことで生まれる問題を防ぐためです。
足の甲でボールを蹴る場合、足首から先が色々な方向に動いたら大変ですからね。足首を固定することで、毎回同じ場所がボールに当たるようにします。

「おでん式(日本式)アウトサイドキック」では足首を固定しません。足首より先でボールを蹴らないので、足首が自由に動いても問題ないからです。
足首が自由に動くことを利用して、自分が蹴りやすい足首の形を見つけるといいでしょう。
下の図左を見ると、足首が色々な方向に動くことが分かります。
「おでん式(日本式)アウトサイドキック」は、足首でボールを蹴ります。下の図右の(3)で蹴ります。
下の図右の(3)でボールを蹴る場合、足首が色々な方向に動いても問題ありませんよね。
足首から先が色々な方向に動いても、足首の位置は変わりませんからね。

足首が色々な方向に動くことを描いた絵 ボールを蹴る場所を説明した絵

足首でボールを蹴るときは、足首を内側に向けるといいでしょう。
足首を内側に向けることで、つま先がボールに当たることを防ぎます。
上の図左の(2)のように、足首を色々な方向に動かして蹴るといいでしょう。
私のおすすめは、つま先を少し軸足側に向ける方法です。
下の図(A)のように、かかとを中心に蹴り足を動かすだけでも十分蹴りやすい。
下の図では、(A)と(B)の方向に足首を動かしています。
(A)の動きだけても大丈夫です。(B)の動きだと足首の外側に当てやすくなります。
(A)と(B)、両方の動きを取り入れると、足首の真ん中(下の図イ)や足の甲(下の図ロ)に当てやすくなります。
自分に合った足首の状態を見つけましょう。
蹴る直前に(A)や(B)の動きを加えるのもいいでしょう。

足首を内側に曲げる絵

(1)は自然な足首の状態。(2)は足首に(A)と(B)の動きを加えたもの。
(A)は、足を内股にする動き。(B)は足首の親指側を少し持ち上げる動き。

  • ボールの芯を撃ち抜く

自分に合った足首の状態を見つけ、ボールの芯を撃ち抜きます。
自然な状態の足首でも、しっかりとボールを撃ち抜けるようにしましょう。
足首を動かすことで、当てやすい場所が増えます。
足の甲で蹴るのも面白いと思います。
アウトサイドキックでボールの芯を撃ち抜くときは、ボールの回転は気にしなくてもいいでしょう。
しっかりとボールを飛ばせたら問題ありません。

アウトサイドキックでボールの芯を撃ち抜けることが出来れば、ドリブルからのシュートが上手になります。 アウトサイドキックは、しっかりと習得しましょう。

スポンサーリンク

7、足首でボールをしっかり蹴る

  • 足首の使い方(全キック共通)

「おでん式(日本式)キック」では、足首は固定しません。
「おでん式(日本式)キック」は最初から固定されている骨の部分で蹴るため、日本語サッカーのように足首を固定しなくても全く問題ありません。
足首を固定したい人は固定しても大丈夫です。ただ、「おでん式(日本式)キック」を使いこなすのは難しくなるでしょう。
「足首を固定した方がいい人」と「足首を固定しなくてもいい人」がいます。
自分の身体に合った足首の使い方をするといいでしょう。

  • 自分に向いている足首の使い方を調べる方法

調べる方法は、とても簡単。いつものように歩くだけです。簡単でしょう。
いつもより歩幅を大きくしてください。
自分に向いている足首の使い方は、歩くと分かります。

ちょっと歩き方について質問します。
歩くときに何回「足首を固定」しましたか。
一回以上足首を固定した人は、ボールを蹴るときに「足首を固定した方がいい人」です。
歩くときに足首を固定しなかった人は、「足首を固定しなくてもいい人」です。
歩くときに足首を固定する人は、日本語サッカーが合っています。
歩くときに足首を固定しない人は、「おでん式(日本式)キック」が合うでしょう。日本語サッカー「も」使えます。
自分の身体に合った方法を使うと、サッカーが今まで以上に楽しくなると思います。

歩くときに足首を固定しない人は、「足首を固定する蹴り方」と「固定しない蹴り方」を使い分けるのも面白いと思います。

スポンサーリンク

  • 全てのキックを一つにするために(全キック共通)

足首でボールを蹴ることで、インステップキックがインサイドキックになり、アウトサイドキックにもなります。
全てのキックを一つにするために、足首でボールを蹴ることをおすすめします。

足首には、内側、真ん中、外側があります。
ボールを蹴るとき、インステップキックは足(足の甲等)の真ん中の部分を使い、インサイドキックは足の内側、アウトサイドキックは足の外側を使います。
インステップ、インサイド、アウトサイドを足首で蹴るとき、足首の真ん中はインステップキック、内側はインサイドキック、外側はアウトサイドキックになります。
インステップもインサイドもアウトサイドも、全て「足首で蹴る」方法。
当たるところが内側か外側かというだけで、足首の振り方は同じです。

足首をしっかり使えるようにしましょう。

スポンサーリンク


アウトサイドキックメニュー

2015年1月22日公開。初期組

スポンサーリンク

感想を送信する

名前: 
サイトの文章の長さ: 少し短い 短い ちょうどいい 少し長い とても長い
ご感想やご意見等

サイトからの返信を希望の方は、受信メールの設定等の確認をお願いします。メールを送信できない場合もあります。

エラー等で感想を送信出来ない場合はお問い合わせを、ご利用ください。



自己紹介

はじめまして、「サッカーおでん」の竹串です。日本がW杯最多優勝国になるために、「サッカーおでん」を作りました。日本人の高い身体能力を活かす技術を習得しませんか。

「サッカーおでん」はシュート技術を専門に扱うサイト。


独り言

  日本代表には、いつも笑っていて欲しい。
  サッカーおでんは、日本代表と日本人選手を応援しています。

スポンサーリンク

ちょっとお知らせ

インステップキックのページを修正。
最終更新
2019年2月9日。

よくある悩み一覧


日の丸サッカーおでんのおすすめ

スポンサーリンク

Copyright © 2015 socceroden All Rights Reserved.