ゴールネットを突き破れ、強烈なシュート

伝説の武器は、封印されています。
伝説の武器を手に入れるためには、封印を解く必要があります。
封印を解くカギを手に入れていない人は、カギを手に入れてください。
カギを持っていないと、伝説の武器を手に入れることが出来ません。

「おでん式(日本式)キック」や「サッカーおでん」に書いてある知識が、封印を解くカギになります。

封印を解く準備は出来ましたか
「カギがなく準備がまだの人はこちらへ」
「封印を解く準備が出来た人は伝説の武器案内へ」
「鍵を持っている」なら、このまま進むのもいいでしょう。

旅行日程表
1、強烈なシュート
2、上半身の使い方
3、下半身の使い方
4、ゴールネット突き破れ、強烈なシュート
5、上手くいかない場合

1、強烈なシュート

強烈なシュートを撃ちたい。ゴールネットを突き破るような、そんなシュートを撃ってみたいですよね。
コンクリート壁を破壊出来るかは分かりませんが、強烈なシュートを覚えましょう。

強烈なシュートを撃つときは、「2キック」を使います。
今回は、「2キック」の説明になります。
「2キック」の特徴は、「蹴り足の膝」が大きく動くこと。
「蹴り足」ではなく「蹴り足の膝」が180度動きます。
下の図のように「蹴り足の膝」を大きく動かします。

足を180度動かす絵 足を180度動かす絵

上の図左はインサイドキック、右はインステップキック。

「蹴り足の膝」を180度動かすようにします。「蹴り足の足首」が180度動くのではありません。
「膝」の動きに気を付けます。
「足首」の動きを基準にすると、「かかとがお尻につくように後ろに引く」蹴り方も同じような動きになるので避けます。
説明では180度になっていますが、完全に180度にならなくても大丈夫です。
90度から180度の間になるような蹴り方をしましょう。

「足の付け根」から足を振るのではなく、「おへそから下」を振ります。
「おへそから下」を振ることで、足への負担が減るはずです。身体が固い人でも問題なく振ることが出来るはず。
「上半身と下半身を別々に動かす」ことで、この動作を使うことが出来ます。
上半身と下半身は別のことをするので、別々に動かせるようにしてください。
では、始めましょう。

足をしっかり振る絵

上の図を見ると、「おへそから下」が動いていることが分かる。
骨盤の位置を観察すると、「おへそから下」の動きがはっきり分かる。
骨盤と蹴り足の位置を確認すると「蹴り足の膝」は動いている。「蹴り足の付け根」で動かしていない。足を股関節から振らないことで、身体が固くても足を振ることが出来る。

スポンサーリンク

2、上半身の使い方

強烈なシュートを撃つときには、上半身をしっかり使う必要があります。
下半身だけで「2キック」を使うとどうなるか。
吹っ飛びます。
足の力は凄まじく、蹴り足の勢いで背中から地面に落ちるでしょう。
私の場合は、背中から落ちそうになりました。
怪我をしないためにも、上半身の使い方をしっかり覚えましょう。

  • 蹴り足を決める

上半身と下半身を別々に使うのですが、ここで一つ確認することがあります。
それは、「蹴り足」がどちらになるか。
どちらの足で蹴るかを決めておいてください。
最初は「利き足」で覚えるといいでしょうね。
始めて覚えた蹴り方が「おでん式(日本式)キック」なら自分の利き足で、日本語サッカーをすでに習得している人は「利き足ではない足」がいいでしょう。
日本語サッカーとは違う足の使い方をするので、日本語サッカー経験者は「利き足ではない足」がいいかもしれません。
どちらの足を使うかは、自分の考えで決めましょう。

  • 蹴り足を助ける手

どちらの足を使うか決めましたね。
ボールを蹴る方の足を「蹴り足」とします。

「蹴り足」の力は大きく、そのままだと暴走してしまいます。
被害が出る前に封印か制御しましょう。
「蹴り足」が暴走しないようにするために、「手」に協力してもらいましょう。

強烈なシュートを使いこなすため、「蹴り足」を制御する「手」を手に入れます。
協力してもらう「手」は、「蹴り足側の手」です。
右足で蹴るなら右手、左足なら左手になります。
一般的には、「蹴り足とは違う方の手」に協力してもらうことが多いようです。
「おでん式(日本式)キック」では、「蹴り足側の手」に協力してもらいます。

スポンサーリンク

  • 手の使い方

「蹴り足」を振るときの「蹴り足側の手」の使い方は、「歩く動作」を参考にします。
歩くとき、右足が前に出るときに右手は後ろに、左足が前に出るときは左手が後ろに動きます。
右足が後ろにあるときは右手が前に、左足が後ろにあるときは左足が前にあります。
これを使って、「蹴り足」の力を制御しましょう。

「蹴り足の膝」を後ろに引くときは「蹴り足側の手」を前に、「蹴り足の膝」が前に動くときは「蹴り足側の手」を後ろに引きます。
「蹴り足」の力が強くなるのはボールを蹴る直前からです。「蹴り足」でボールを蹴るときは、「蹴り足側の手」を後ろに引くようにしてください。
「蹴り足側の手」を後ろに引くことで、バランスをとりやすくなります。
「蹴り足」の振りが速く、力強くなるほど「蹴り足の力」で身体が持っていかれます。
身体が「蹴り足」に持っていかれないように、「蹴り足側の手」を後ろに引くようにしましょう。
「蹴り足側の腕の肘」を後ろに引くようにするといいと思います。
「蹴り足は膝」を振る、「蹴り足側の手は肘」を引く。
「おへそから下」を振るので、しっかり「蹴り足側の手」を使いましょう。
「ヒザとヒジ」の動きが大事。

  • もう一つの手

「蹴り足側の手」の使い方は紹介しました。
「蹴り足とは逆の手(以下、「軸足側の手」という。)」がまだですよね。
「軸足側の手」は、大きく動かすといいでしょう。
日本語サッカーの使い方と同じで大丈夫です。
「蹴り足」を後ろに引くときに、「軸足側の手」を前や斜め前に動かす。
「蹴り足」を前に出すときは、「軸足側の手」を「蹴り足側」の方へ引きます。
手の使い方は、下の図を参考にするといいでしょう。好きな選手の手の使い方を真似るのもいいですよ。

足をしっかり振る絵

スポンサーリンク

  • 上半身の使い方

今までは「手」の使い方を説明しました。
ここからは、上半身全体の使い方を説明します。
ボールを蹴るとき、「蹴り足を横に振る」ことがありましたね。
最初の説明には、「おへそから下」を振るとあった。
「蹴り足の膝を横に振る」ときは、上半身をどのように使うか分かりませんよね。

「蹴り足を横に振る」ときは、上半身を回転させます。
少しだけ回転させるようにします。
下の図のように、上半身を回転させます。上半身と下半身がねじれるようにしてください。
図のようにしっかりと回転させなくても大丈夫です。肋骨(青い部分)を少し回転させるようにします。
「真横に蹴る」方法で、上半身が先にゴールを向き、下半身が遅れてついてくるようにします。
ボールを蹴るときは下半身がゴールの方に回転し、上半身はゴールから遠ざかるように回転させます。
簡単に説明すると、「蹴り足側の肩」を前後に動かすように回転させます。
最初は「蹴り足側の肩」を前に動かすような回転。前に動かしたら後ろに引くように回転させる。

上半身を回転させる絵

上半身を回転させるときは、「手」だけ回転させるのではなく、上半身全体を回転させるようにします。
「蹴り足を後ろに引く」ときは「蹴り足側の肩が前に動くように回転」させ、「蹴り足が前に出る」ときは「蹴り足側の肩が後ろに動くように回転」させます。
「歩く動作」と同じように上半身を動かします。

スポンサーリンク

3、下半身の使い方

下半身の使い方を説明します。
下半身は「歩く動作」を使います。
「蹴る動作は歩く動作の一部であり、歩く動作は蹴る動作の連続である」ことから、「歩く動作」から蹴り始めます。
「2キック」を使うときは、比較的余裕があると思いますので、慌てないでいいでしょう。
普段よりも歩幅を大きくするように歩きます。このときの足の動きを使って蹴りましょう。
「蹴り足の膝」をしっかり動かします。
「蹴り足の膝」を後ろに引きます。このとき、「足首」を高く持ち上げても問題ありません。
「足首」は、お尻から離れるように動かしてください。
蹴り足の膝が曲がるような足首の動かし方をすると、地面を蹴りやすくなります。
蹴り足の膝が少し曲がるぐらいが安全でしょうね。最初は膝を曲げない方がいいでしょう。
蹴り方になれてから膝を曲げるようにします。

  • ボールを蹴る直前の動き

強烈なシュートを撃つときに一番大切なのは、「蹴り足の加速の仕方」。
蹴り足を速く動かせば、より強烈なシュートが撃てそうですよね。
速く動かせば強烈なシュートになるはずなのに、なぜか威力がない。
結構不思議です。

「蹴り足」をゆっくり動かした方が、強烈なシュートになりやすい。
何を言っているのか分からないですよね。
この文章は、とても大事なことがかかれています。
ゆっくり動かした方が、強烈なシュートに「なりやすい」。
そう、「なりやすい」が重要。

スポンサーリンク

  • 蹴り足を止めながら蹴る

ここでは「2キック」を扱っています。
「2キック」とは、「蹴り足の膝」が180度動かす蹴り方のことです。
そう、「蹴り足の膝」を180度動かすことが大事。
上に書いた謎の文章「蹴り足をゆっくり動かした方が、強烈なシュートになりやすい」を理解するためには、「2キック」を知る必要があります。

大きく振ろうとしている「蹴り足」が途中で止まったら、「2キック」になりません。
「2キック」を途中で止めたら「1キック」です。これは簡単ですね。
強烈なシュートを手に入れるために、「蹴り足を速く動かす」ようにしている人は多いようですが、そのような人が使う蹴り方は「1キック」であることが多いです。
途中で「蹴り足の膝」が止まっています。しかも、ボールを蹴る直前に。

  • 「膝」は生きているか

「蹴り足の膝」をしっかりと動かすようにします。
強烈なシュートを撃つための方法として、「膝から下を速く振る」というものが知られています。
この蹴り方を見ていると、「蹴り足の膝」が死んでいるようです。

「膝から下を速く振る」と、ボールを蹴る直前に「蹴り足の膝」が止まります。
「蹴り足の膝」が一番元気なのが蹴り始めたとき。
ボールに近付くにつれ、「蹴り足の膝」が弱っていきます。
ボールを蹴るころには「蹴り足の膝」が死んでいます。
「膝から下を速く振る方法」だと、「蹴り足の膝」を止めないといけなくなるようです。
せっかく「蹴り足の膝」を動かしてきたのに、少しもったいない気がしますよね。
色々な蹴り方があるのがサッカーなのでしょう。

「蹴り足」を速く振ることで、強烈なシュートを撃つ。これも一つの考え方ですが、この考えから生まれた「膝から下を速く振る蹴り方」だと、「蹴り足の膝」を止めないといけない。
それなりの威力にはなりますが、少し無駄が多い気がします。

スポンサーリンク

  • 蹴り足の重みでボールを飛ばす

「蹴り足」の重みでボールを蹴ると結構飛びます。
「蹴り足の膝」を伸ばして蹴ると、足の重さでボールが飛ぶ。
この「足の重さ」が大事。
「蹴り足」を後ろに引いて、そのまま力を抜けば足が落ちます。
このときの動きを使います。「蹴り足」を後ろに引き、ボールに近付くまでは「足の重さ」で落とします。ボールの近くに来てから、「蹴り足を加速」させます。
このようにすることで、地面を蹴るのを避けることが出来ます。

「足の重さ」で足を動かすのですから、速くは動きません。
「膝から下を速く振る蹴り方」の方が、速く動きます。
しかし、威力は「足の重さで動かした蹴り方」の方がある。
「蹴り足」をゆっくり動かした方が、強烈なシュートになる。
ちょっと不思議。

  • 蹴り足をゆっくり動かしても強烈なシュートを撃てる理由

「蹴り足」をゆっくり動かすことで、地面を蹴るのを避けることが出来ます。
地面を蹴る心配が無いなら、選手は安心して足を振ることが出来ます。
地面を蹴ることがなければ、もっと速く動かすことが出来ますよね。
「足の重さ」だけでなく、自分の力も少し加えることで、より強烈なシュートを撃つことが出来ます。

「蹴り足」をゆっくり動かし、ボールを蹴る直前に加速させ始めれば、「蹴り足の膝」が止まりません。
「蹴り足の膝」が動き続けているので、ボールに伝える力が大きくなります。
「蹴り足の膝」が動き続けることで、「蹴り足」がボールに負けなくなります。
ボールの勢いに負けないのは大きいですよ。
ボールを蹴る直前から「蹴り足」を加速させ始めるので、「元気な膝」でたくさんの力を伝えることが出来ます。

スポンサーリンク

4、ゴールネットを突き破れ、強烈なシュート

  • 蹴り足をしっかり動かす

「2キック」を使うときは、「蹴り足の膝」をしっかり動かすようにしてください。
速く動かさなくても大丈夫です。「足首」でボールを蹴るので、速く動かさなくても十分な威力が出ます。
「蹴り足の膝」を止めないようにすることで、さらに威力が上がります。
「2キック」に慣れたら、「蹴り足全体」を速く動かせるようになり、もっと威力があがります。
この状態でも十分強烈なシュートを撃つことが可能です。
でも、もっと上を目指したい。

さらに上を目指すなら、「曲げた蹴り足を伸ばす動作」を加えるといいでしょう。
ここまでくると、地面を蹴ることはなくなると思います。「おでん式(日本式)キック」を習得しているなら、「蹴り足の膝の曲げ伸ばし」を使えるはずです。
おっと、まだ満足してはいけません。もっと上を目指しましょう。

  • 助走を加える

今までの説明には、助走は含まれていません。
助走を加えると、まだ威力があがります。
助走を加えるのもいいのですが、一歩か二歩で十分飛ばせるので問題ないと思います。
助走は個人の趣味で行ってください。
助走を使わなくても十分だと思います。
これで、一番上までいきましたね。

スポンサーリンク

  • さらに上へ

威力をあげる方法、全て説明したと思いましたか。実は、まだありますよ。
今まではすぐに出来ることでしたが、ここからは少し時間がかかります。
身体を鍛えます。身体を鍛えるのは時間がかかりますからね。
私が一番最初に行ったことが、「前脛骨筋(ぜんけいこつきん)」を鍛えることです。
この筋肉が衰えると、何も無い場所で転ぶことがあるそうです。
筋力低下で転倒し、寝たきりになる人も多いようなので、鍛えておくといいでしょう。
サッカー選手はシュートのために、他の人は健康のために。
では、始めましょう。

  • 前脛骨筋(ぜんけいこつきん)

「前脛骨筋(ぜんけいこつきん)」は、すねのところにある筋肉だそうです。
椅子に座り、かかとを地面に付けます。かかとを地面に付けたまま、つま先を持ち上げます。このとき、すねの部分を手で触ると筋肉が頑張っているのが分かると思います。
筋肉が発達していない人は、見つけるのが難しいかもしれません。
足の骨、すねの横にある筋肉だと思ってください。ここを鍛えるといいようです。

お風呂やプールのように水中で足を動かすのもいいでしょう。
足首を曲げたり伸ばしたりすることで、「前脛骨筋(ぜんけいこつきん)」を鍛えることも出来ます。
やりすぎると歩くのが難しくなるので、回数は少なめにしてください。
他には、ドラムを踏むようにするのもいいかもしれません。ハイハットも使うと両足同時になるかも。

身体を鍛えることについて
身体を鍛えることについて、色々な意見があるようです。
特に若い人の場合ですね。
子供が身体を鍛えることについて、大きく分けて2つの考え方があるようです。
1つは、「子供が身体を鍛えても問題ない」という考え。
もう1つは、「子供が身体を鍛えることは問題だ」という考え。
大きく分けると2つになります。

「子供が身体を鍛えても問題ない」派
この考え方には2種類あります。
1つめは、「道具を使って積極的に身体を鍛えよう」という考え方。
2つめは、「自分の体重(自重トレーニング)を使う程度なら大丈夫」という考え方。
鍛えても良いと考えていても、どの程度鍛えるかで違いがあるようです。

「子供が身体を鍛えることは問題だ」派
そのままですね。鍛えないようにしましょうという考え方です。
詳しいことは分かりませんが、よく聞く理由では、「身長が縮む」といったものがあるようです。
「筋肉が骨を縮める」という意見に対して、「骨が筋肉に負けていたら骨折だらけ」という意見が飛んでくることが多いようです。

私は専門家ではないので、詳しいことは説明出来ません。詳しくは専門家にお尋ねください。

スポンサーリンク

体験談
体調が悪くて運動不足になったとき、筋力が低下しました。
普段ならしっかりと歩くことが出来るのですが、筋力が落ちているために歩くときにふらつく。
身体を鍛えることで、しっかりと歩けるようになりました。
頻繁に運動をしていたときより体重が落ちたときに、何度か跳んでみました。
体重が軽くなっているので、前より跳べるかと思ったら、全く跳べない。
身体が軽いのに重い。
身体を積極的に動かすようにして筋肉を鍛えると、跳ぶときに身体が軽くなりました。
体重は重くなっているのに身体は軽く感じる。
「身体のキレ」といわれるものがあるようですが、私の経験では身体を鍛えた方が良い動きが出来ます。
体重が落ちると動きが悪くなる。いわゆる、「キレがない」という状態でしょうか。
ドリブル中にボールについていくのが難しくなりましたね。
これらの経験から、「身体を鍛えた方が反応が良くなり、身体が軽くなる」という考え方を持っています。
体重が増えたのに身体が軽く感じたのは、結構不思議でした。
私個人の話ですが、ドリブルでは鍛えた方が反応が良くなります。
身体を鍛えることに関しては、個人で判断してください。専門家ではないので自分の身体のことしか分かりません。

おまけ
「おでん式(日本式)キック」は、私が自分に合わせて育てたものです。
色々な蹴り方を試し、自分に合った蹴り方を見つけましょう。
「強烈なシュート」の元の持ち主は「ブラジル代表のロベルトカルロス選手」です。

スポンサーリンク

5、上手くいかない場合

伝説の武器を手に入れることが出来ない場合、3つの可能性があります。

  • 「サッカーおでん」の説明が足りない
  • 「おでん式(日本式)キック」を習得出来ていない
  • 「おでん式(日本式)キック」と相性が悪い

上の3つが考えられます。
「上手くいかない原因」が「1、サッカーおでんの説明が足りない」ならば、今後の説明追加で改善される可能性があります。

「2、おでん式(日本式)キックを習得出来ていない」なら、習得出来る可能性が高いです。
「伝説の武器を手に入れる旅」に出ることをおすすめします。
「サッカーおでん」は「日本語サッカーで禁止されていること」を使うので、「一般的なサッカーの知識を持っている人」ほど苦労するかもしれません。
(例、足首を固定しない、足首を伸ばさない等)
「一般的なサッカー知識を持っている」なら、「頭を柔らかくすること」から先に行ってください。
「サッカーおでん」は「サッカーで許可されていること」を使います。
「指導者の禁止」等で「能力が制限されている」なら、「おでん式(日本式)キック」を使うのは「まだ難しい」でしょう。
「選手としての能力」を上げてから試してください。まずは、「制限を解除すること」から始めてくださいね。

「3、おでん式(日本式)キックと相性が悪い等」なら、別の方法を考えた方がいいかもしれません。
「相性の良い蹴り方」が他にあるなら、そちらを優先した方がいいでしょう。

伝説の武器を手に入れることが出来なかったら

伝説の武器を手に入れることが出来なかった場合、「おでん式(日本式)キック」を習得出来ていない可能性があります。
「蹴り足の膝の使い方」を覚えているか確認してください。
「蹴り足の膝」を上手に使えないと、「機体C」になることが出来ません。
「能力検査」で自分の力を調べることが、手に入れる近道になるかもしれません。

ここで扱う伝説の武器は、「サッカー選手が使える魔法」です。
「魔法」なので使えなくても問題ありません。
好みの選手が違うように、好みの「魔法」が違っていても不思議ではない。
もし、「おでん式(日本式)キック」が身体に合わないなら、「日本語サッカー」を選ぶことをおすすめします。
他にも魅力的な技術はありますからね。自分が欲しいものを手に入れましょう。

2015年1月22日公開。初期組
2017年5月28日、説明追加

スポンサーリンク

感想を送信する

名前: 
サイトの文章の長さ: 少し短い 短い ちょうどいい 少し長い とても長い
ご感想やご意見等

サイトからの返信を希望の方は、受信メールの設定等の確認をお願いします。メールを送信できない場合もあります。

エラー等で感想を送信出来ない場合はお問い合わせを、ご利用ください。



自己紹介

はじめまして、「サッカーおでん」の竹串です。日本がW杯最多優勝国になるために、「サッカーおでん」を作りました。日本人の高い身体能力を活かす技術を習得しませんか。

「サッカーおでん」はシュート技術を専門に扱うサイト。


独り言

  日本代表には、いつも笑っていて欲しい。
  サッカーおでんは、日本代表と日本人選手を応援しています。

スポンサーリンク

ちょっとお知らせ

文字コードを変更。
最終更新
2019年7月12日。

よくある悩み一覧

サッカーおでんのおすすめ


日の丸サッカーおでんのおすすめ

検索する

スポンサーリンク

Copyright © 2015 socceroden All Rights Reserved.