撃たれてから気付く、ドリブルからのシュート

伝説の武器は、封印されています。
伝説の武器を手に入れるためには、封印を解く必要があります。
封印を解くカギを手に入れていない人は、カギを手に入れてください。
カギを持っていないと、伝説の武器を手に入れることが出来ません。

「おでん式(日本式)キック」や「サッカーおでん」に書いてある知識が、封印を解くカギになります。

封印を解く準備は出来ましたか
「カギがなく準備がまだの人はこちらへ」
「封印を解く準備が出来た人は伝説の武器案内へ」
「鍵を持っている」なら、このまま進むのもいいでしょう。

旅行日程表
1、ドリブルからのシュート
2、ドリブルとシュートを繋げる
3、シュートを撃つ
4、撃たれてから気付く、ドリブルからのシュート
5、上手くいかない場合

1、ドリブルからのシュート

ドリブルからシュートを撃つまでの簡単な流れを紹介します。
ドリブルからシュートを撃つとき、ドリブルをしてシュートを撃とうとすると思います。
「ドリブル」、「シュート」ですね。

ドリブルからシュートを撃とうとしても、なぜか良いシュートが撃てない。
このような人は少なくないようです。
不思議ですよね。同じようにドリブルからシュートをしているのに、上手な選手と、そうでない選手がいる。
上手な選手は、なぜ上手なのか。気になります。

  • ドリブルからのシュートを失敗させる方法

「成功」は探すのが難しいので、「失敗」を見つけましょう。
失敗を見つけるのは簡単ですからね。
ドリブルからシュートを撃つとき、飛ばすのが難しいボールを蹴ろうとする人もいるでしょう。
「飛ばすのが難しいボール」は扱うのが難しい。
ドリブルからシュートを撃てるが、シュートを撃つまでに相手に防がれる。
ボールは悪くないのに、なぜかシュートが入らない。おそらく、シュートを撃つまで時間がかかるのでしょう。
「シュートを撃つまでに時間がかかる」と成功するのが難しい。
さらに凄い人は、ドリブルからシュートまでしっかり撃つことが出来るのに、なぜか入らない。
選手を観察すると、ドリブルからシュートを撃つのは上手なのですが、ゴールとは違う方向に飛ばしたり、人に当たるようです。
「死んだシュートコース」を使うと、シュートが難しくなる。
他にも、自分の考えるシュートを実現するだけの技術が足りない人もいるようです。

ドリブルからのシュートで「失敗」したいなら、今あげたことを守ればいいですね。
「ドリブルからのシュートを失敗したい場合」
「飛ばすのが難しいボール」を使う。
「シュートを撃つまでに時間がかかる」ようにする。
「死んだシュートコース」を選ぶ。

なぜ失敗するのかを知れば、成功に近付きます。
失敗する方法を使って、成功に近付きましょう。

スポンサーリンク

2、ドリブルとシュートを繋げる

  • ドリブルからのシュートに魔法をかける準備

失敗する魔法を3つ見つけましたね。
「ドリブルからのシュートを失敗したい場合」
「飛ばすのが難しいボール」を使う。
「シュートを撃つまでに時間がかかる」ようにする。
「死んだシュートコース」を選ぶ。
この3つでした。

失敗する魔法の効果を消すための魔法を準備します。
「おでん式(日本式)キック」から選びますよ。「最高のシュート」で使った魔法を使います。「最高のシュート」はシュートが一番進化したものです。
魔法を準備する前に、ドリブルからのシュートの流れを確認します。
ドリブルからのシュートの流れは、「ドリブル」、「シュート」でしたね。
どこで魔法を使うのか、しっかり理解してください。
では、始めましょう。

  • 使う魔法を用意する

「飛ばすのが難しいボール」
まずは、この魔法の効果を消す魔法を探します。
この魔法は、「ドリブル」で発動するものです。そのため、「ドリブル」に効果がある魔法を用意します。
「有利なボールで勝負出来るように、必要な回数だけ触る」
この魔法を使います。

「シュートを撃つまでに時間がかかる」
この魔法は「シュート」で発動します。そのため、「シュート」で使える魔法を用意します。
「蹴り足の膝を伸ばすようにする」
この魔法を使います。

「死んだシュートコース」
この魔法は「シュート」で発動します。そのため、「シュート」に良い魔法を用意します。
「ボールと息を合わせる」
この魔法を使います。

魔法を使う準備が出来ましたね。
魔法を組み合わせて、ドリブルからのシュートを強力にしましょう。

魔法を選んだ理由
上で紹介した魔法を選んだ理由を簡単に説明します。似たような効果があれば、別の魔法を使っても問題ありません。
「有利なボールで勝負出来るように、必要な回数だけ触る」
これを選んだのは、「意味の無い動作でシュートに適さないボールにする」人が多いからです。意味が無いのにボールに触る行為は、ボールの集中力を乱します。シュートをするときは、ボールも自分も集中出来るように、無駄に触らないようにしましょう。触るのは方向を変えるときだけにする。
「蹴り足の膝を伸ばすようにする」
これを選んだのは、「蹴り足のかかとが、お尻につくぐらい後ろに引く」人が多いからです。かかとをしっかりあげてシュートを撃つと、ボールに足が当たるまでに時間がかかります。かかとをしっかりとあげる行為は、相手に「今からシュートを撃ちます」と予告するようなものです。かかとを高くあげると相手の「気付く」を早め、 相手を有利にしてしまいます。相手の「結果待ち」を遅らせるためにも、シュートを撃つことが気付かれないようにしましょう。
「ボールと息を合わせる」
これを選んだのは、「死んだシュートコースを選ぶ」人が多いからです。ボールと息を合わせることで、今のシュートコースが新鮮か、もっと活きの良いシュートコースがないか探すことが出来ます。相手の動きや味方の動きも観察出来るため、最新の情報も集めることが出来ます。ボールと息を合わせることで、心を落ちつかせることも出来ます。周りを注意深く観察し、相手が油断した瞬間を狙いましょう。

スポンサーリンク

  • 魔法を組み合わせる

「有利なボールで勝負出来るように、必要な回数だけ触る」、「蹴り足の膝を伸ばすようにする」、「ボールと息を合わせる」の3つを組み合わせると、ドリブルからのシュートが良くなります。
ドリブルからシュートを撃つときは、「シュートを撃ちやすいボールにすること」、「小さい振りから蹴り始めること」、「心を落ち着かせること」を心がけてください。
「シュートを撃ちやすいボールにする」だけでも、素晴らしい効果が期待出来ます。

「最高のシュート」を使えば、ドリブルからのシュートが上手になると思います。
魔法には色々ありますから、他の魔法を組み合わせても問題ありません。
同じような効果がある魔法も多いため、自分の好きな組み合わせを見つけるといいでしょう。
「普段の歩き方」と「シュート」を融合させましょう。
「蹴る動作は歩く動作の一部であり、歩く動作は蹴る動作の連続である」ことが分かると、ドリブルからのシュートが上手になります。
シュートで大切なのは、「より簡単にすること」です。自分で自分を苦しめないようにしましょう。
シュートが入らないのは相手が上手いからか、それとも自分の能力が足りないからか。
相手が上手いなら、それは仕方がありません。
もし、自分の能力が足りないなら、どの能力が足りないか調べるといいでしょう。
「ボールを蹴る技術」が足りないのか、「技術を活かす知識」が足りないのか。

ドリブルからのシュートが苦手な人には2種類いるようです。
「ドリブル」や「シュート」等の「蹴る技術」が足りない人。
「自分が持っている技術の使い方」を知らない人。
「技術」が足りない人は、「蹴る技術」を覚えれば良い。
「自分が持っている技術の使い方」を知らない人は、「使い方」を知れば良い。
ドリブルからのシュートが入らない場合、何が原因なのか確認するといいでしょう。
サッカーでは、確認することがとても大切です。
相手ゴールキーパーの位置の確認、一番活きの良いシュートコースかの確認、味方の位置の確認、自分が使える技術の確認。全てサッカーに関係することです。
確認には、「試合中にする確認」と「試合前にする確認」があります。
試合中に慌てないように、試合前に確認出来ることは確認しておきましょう。

「歩く動作」を使ってシュートを撃つ。
「おでん式(日本式)キック」を自分好みに改良する。
好きな蹴り方を選ぶ。

スポンサーリンク

3、シュートを撃つ

  • 色々な蹴り方を試す

ドリブルからシュートを撃つときは、色々な蹴り方を試すといいでしょう。
インステップキックとアウトサイドキックがドリブルと相性が良いようです。
インステップキックやアウトサイドキックは「歩く動作」に似ているため、比較的使いやすいでしょう。
もちろん、インサイドキックも使えますよ。
ドリブルからシュートを撃つときは、「サッカーおでん」では詳しく扱わなかった「トーキック(トゥーキック)」を選ぶのもいいでしょう。
他の蹴り方とは違ったシュートを撃つことが可能です。
サッカーでは、「ボールがゴールに入ったか」で得点かどうか決まります。「どの蹴り方を選んだか」は関係ありません。そのため、どのような蹴り方をしても問題ありません。
色々な蹴り方を試し、自分に合う蹴り方を見つけましょう。

  • 膝と足首の動きのずれを使う

ボールを蹴るとき、「蹴り足の膝を伸ばす」魔法を使いました。
蹴り足の膝を伸ばしたままシュートを撃つことが出来るようになった人は、次の段階に進みます。
蹴り足の膝を変化させて蹴ります。
蹴り足の膝を後ろに伸ばした状態から、まず膝を先に動かします。このとき、足首は後ろに残すようにします。
伸ばした蹴り足の膝を曲げるようにします。膝だけ動かしますよ(足首が動いても大丈夫)。膝を曲げるように動かすといいでしょう。
下の図のように、最初は蹴り足の膝を伸ばします。足首を後ろに残すように膝だけを前に出す(3)。このときの膝の角度を使って、ボールを蹴るといいでしょう。
下の図では、左右の足があまり離れていませんが、ボールを蹴るときはもう少し離しても問題ありません。
歩幅を広げることで、より大きく左右の足を離すことが可能です。

膝を曲げてボールを蹴る絵

膝を先に動かすことで「膝と足首の動きのずれ」が生じ、伸ばしてある膝を曲げることが出来ます。
この動作をキックの始まりにすることも出来ます。
「蹴り足のかかとがお尻につくぐらい後ろに引く」蹴り方を使っている人は、「膝と足首の動きのずれ」を使うといいでしょう。同じような蹴り足の使い方をすることが出来ます。
かかとを高くあげると、シュートを撃つまで時間がかかるので、より早くシュートを撃つことが出来る蹴り方に変えるといいでしょう。
「膝と足首の動きのずれ」を使うことで、「蹴り足の膝を曲げる」ことが出来ます。
曲げた状態のままボールに近付き、ボールを蹴る直前から「蹴り足の膝を伸ばす」ようにすると、「蹴り足の膝の曲げ伸ばし」でシュートを撃つことが出来ます。
どうしても「蹴り足の膝の曲げ伸ばし」で蹴りたい人は、「膝と足首の動きのずれ」を使うといいでしょう。
より短い時間で、より安全にシュートを撃つことが出来ます。
ボールを蹴るまでは「蹴り足の膝を前に出す」ようにしてください。
地面を蹴ったら痛いですからね。

「おでん式(日本式)キック」を使う人も、「膝と足首の動きのずれ」を使うことが出来ます。
「蹴り足の膝を伸ばす」魔法に「膝と足首の動きのずれ」を加えると、シュートが強力になります。
小さい足の振りで強烈なシュートを撃つことが可能です。色々な魔法を組み合わせてください。
「膝と足首の動きのずれ」は「蹴り足の膝を伸ばす」動きよりも「歩く動作」に近いため、「ドリブルからのシュート」と非常に相性が良い。
「蹴り足の膝を伸ばす」魔法だけだと不自然に感じた動きでも、「膝と足首の動きのずれ」を使えば、より自然に足を振ることが出来ます。
「膝と足首の動きのずれ」は、「最高のシュート」をより強力なものにしてくれます。

蹴り足の「膝と足首の動きのずれ」を使うことで、より小さい振りで力強いシュートを撃つことが出来る。
「膝と足首の動きのずれ」は、「最高のシュート」をより強力なものにする。

スポンサーリンク

4、撃たれてから気付く、ドリブルからのシュート

今まで紹介してきたことを使えば、ドリブルからのシュートが上手になっているはずです。
「歩く動作」に「蹴る動作」を近付けることで、より質の高いシュートを撃つことが出来ます。
「蹴る動作」が「歩く動作」に近付くほど、ボールを飛ばすまでが早くなります。

ドリブルからシュートに入るときに、ゆっくり動きましょう。
足を速く動かすのではなく、歩幅を大きくするようにして着地する回数を減らします。
相手の前では着地する回数を減らしましょう。無理に減らすことはありませんが、無駄な着地は減らしましょう。
着地回数を減らすと減速するように見えて、相手を勘違いさせることが出来ます。
ゴール前ではボールと散歩するようにすると、相手が勝手にシュートを撃たないと勘違いします。
相手が油断する状況を作り、より「成功」に近付きましょう。

  • 最初の振り方

足の振り方には縦と横があります。
「蹴り足を横に振る」と、シュートを左右に飛ばすことが出来ます。
ゴール前で角度が無い場所からでも、左右に蹴りわけることが出来ます。
蹴り足側に飛ばしたいときは、「横の振り」を「縦の振り」に近付けます。
軸足側に飛ばしたいときは、「横の振り」を大きくします。
「横の振り」を使うことで、シュートを低く飛ばすことも出来ます。
ドリブルからシュートをするときは、ゴールの左右を狙うといいでしょう。
サイドネットを狙うのもおすすめです。しっかりと狙って蹴るといいでしょうね。

スポンサーリンク

  • 蹴り足の振り方を変化させる

蹴り足の振りを途中で変化させるのもいいでしょう。
「縦の振り」から「横の振り」、「横の振り」から「縦の振り」。
どちらも魅力的なシュートを撃つことが出来ます。
蹴り方の特徴を説明しておきましょう。
「縦の振りから横の振り」
最初は縦に振るので、自分の正面にゴールがあるときに使うといいでしょう。
縦に振る動作が、「歩く動作」と「蹴る動作」をより自然に繋げてくれます。途中から横に振るので、シュートが高く浮くことを防ぎます。「1キック」の動作でも十分使えます。
ゴールに近い位置でより輝くでしょう。
「横の振りから縦の振り」
最初は横に振るので、自分の正面にゴールがないときに使うといいでしょう。
横に振る動作が飛ばすことが出来る左右の幅を広げるので、身体を回転させながら使うと良い。横に振る動作から始まるので、安心して蹴り足を振ることが出来る。途中から縦に振るので、自分が飛ばしたい高さを調整することが出来ます。シュートを高く浮かすことも出来る。「2キック」を使いこなすならこちらがおすすめ。
ゴールから距離があるときに、より活躍するでしょう。

スポンサーリンク

  • その他の魔法

つま先立ちや拇指球立ちを使うと、足を振ることが出来る空間を増やすことが出来ます。
芝と組み合わせれば、より安心して蹴り足を振ることが出来ます。

「蹴る動作は歩く動作の連続であり、歩く動作は蹴る動作の連続である」、このことをしっかりと使いこなせれば、ドリブルからのシュートが良くなるでしょう。
シュートを撃つときに「ボールを蹴る」だけでなく、「ボールを足首で投げるようにする」と、違ったボールを飛ばすことが出来ます。
「ボールを蹴る」だけでなく「ボールを投げる」シュートにも挑戦してみてください。
きっと面白いと思います。

足を加速させ始める場所がボールに近付くほど、「ボールを投げるようなシュート」になります。
「キックフェイント」や「小さい振りからのシュート」が上手になります。
使える魔法は増やしましょう。

「歩く動作」を使ってシュートを撃つようにする。
色々な蹴り方があるので、自分に合ったものを選ぶと良い。

おまけ
「おでん式(日本式)キック」は、私が自分に合わせて育てたものです。
色々な魔法を組み合わせると自分好みにすることが出来ます。
自分に合った蹴り方を手に入れましょう。
「ドリブルからのシュート」の元の持ち主は「ブラジル代表のロナウド選手」です。
サッカー選手にとって、最高のお手本の一人でしょう。

スポンサーリンク

5、上手くいかない場合

伝説の武器を手に入れることが出来ない場合、3つの可能性があります。

  • 「サッカーおでん」の説明が足りない
  • 「おでん式(日本式)キック」を習得出来ていない
  • 「おでん式(日本式)キック」と相性が悪い

上の3つが考えられます。
「上手くいかない原因」が「1、サッカーおでんの説明が足りない」ならば、今後の説明追加で改善される可能性があります。

「2、おでん式(日本式)キックを習得出来ていない」なら、習得出来る可能性が高いです。
「伝説の武器を手に入れる旅」に出ることをおすすめします。
「サッカーおでん」は「日本語サッカーで禁止されていること」を使うので、「一般的なサッカーの知識を持っている人」ほど苦労するかもしれません。
(例、足首を固定しない、足首を伸ばさない等)
「一般的なサッカー知識を持っている」なら、「頭を柔らかくすること」から先に行ってください。
「サッカーおでん」は「サッカーで許可されていること」を使います。
「指導者の禁止」等で「能力が制限されている」なら、「おでん式(日本式)キック」を使うのは「まだ難しい」でしょう。
「選手としての能力」を上げてから試してください。まずは、「制限を解除すること」から始めてくださいね。

「3、おでん式(日本式)キックと相性が悪い等」なら、別の方法を考えた方がいいかもしれません。
「相性の良い蹴り方」が他にあるなら、そちらを優先した方がいいでしょう。

伝説の武器を手に入れることが出来なかったら

伝説の武器を手に入れることが出来なかった場合、「おでん式(日本式)キック」を習得出来ていない可能性があります。
「蹴り足の膝の使い方」を覚えているか確認してください。
「蹴り足の膝」を上手に使えないと、「機体C」になることが出来ません。
「能力検査」で自分の力を調べることが、手に入れる近道になるかもしれません。

ここで扱う伝説の武器は、「サッカー選手が使える魔法」です。
「魔法」なので使えなくても問題ありません。
好みの選手が違うように、好みの「魔法」が違っていても不思議ではない。
もし、「おでん式(日本式)キック」が身体に合わないなら、「日本語サッカー」を選ぶことをおすすめします。
他にも魅力的な技術はありますからね。自分が欲しいものを手に入れましょう。

2015年1月22日公開。初期組
2017年5月28日、説明追加

スポンサーリンク

感想を送信する

名前: 
サイトの文章の長さ: 少し短い 短い ちょうどいい 少し長い とても長い
ご感想やご意見等

サイトからの返信を希望の方は、受信メールの設定等の確認をお願いします。メールを送信できない場合もあります。

エラー等で感想を送信出来ない場合はお問い合わせを、ご利用ください。



自己紹介

はじめまして、「サッカーおでん」の竹串です。日本がW杯最多優勝国になるために、「サッカーおでん」を作りました。日本人の高い身体能力を活かす技術を習得しませんか。

「サッカーおでん」はシュート技術を専門に扱うサイト。


独り言

  日本代表には、いつも笑っていて欲しい。
  サッカーおでんは、日本代表と日本人選手を応援しています。

スポンサーリンク

ちょっとお知らせ

文字コードを変更。
最終更新
2019年7月12日。

よくある悩み一覧

サッカーおでんのおすすめ


日の丸サッカーおでんのおすすめ

検索する

スポンサーリンク

Copyright © 2015 socceroden All Rights Reserved.