連絡
携帯電話の設定等を確認してください。

足は右へボールは左へ、恐ろしいドリブル

伝説の武器は、封印されています。
伝説の武器を手に入れるためには、封印を解く必要があります。
封印を解くカギを手に入れていない人は、カギを手に入れてください。
カギを持っていないと、伝説の武器を手に入れることが出来ません。

「おでん式(日本式)キック」や「サッカーおでん」に書いてある知識が、封印を解くカギになります。

封印を解く準備は出来ましたか
「カギがなく準備がまだの人はこちらへ」
「封印を解く準備が出来た人は伝説の武器案内へ」
「鍵を持っている」なら、このまま進むのもいいでしょう。

旅行日程表
1、足の動きとボールの動きが一致しないドリブル
2、足の動きとボールの動きが一致しないドリブルのやり方
3、足は右へボールは左へ、恐ろしいドリブル
4、上手くいかない場合

1、足の動きとボールの動きが一致しないドリブル

足の動きとボールの動きが一致しないドリブルを使う人がいます。
解説者によると南米特有のボールの扱い方で、日本国内には無いそうです。
日本国内にもあるのですが、無いことにしておきます。

  • 足は右に動いているのにボールが左に動く

足は右に動いてボールが左に動く。
何を言っているのか分からないですよね。
足は右に動いている。右に動く足でボールを触っているのに、ボールが左に動いているという謎の現象ですね。
漫画でも夢でも無い、現実です。
足を右に動かすことで、ボールを左に動かすことは可能なのか。
答えは分かりますね。可能だから、ここで扱っています。
考えなくても分かったかもしれませんね。

  • 足が出来ること

普段使わない足の能力があります。
その能力を使うと、足の動きとボールの動きが一致しないドリブルを使えるようになります。
足は右に動いているのに、ボールは左に動く。
文章にすると凄いですね。

人間の足は、かかとを中心に回転させることが出来ます。
下の図のように、かかとを中心にして足を回転させてください。
回転させることが出来ましたね。
この動きを使うと、足の動きとボールの動きが一致しないドリブルを使うことが出来ます。
「南米特有のボールタッチ」から「日本人と南米特有のボールタッチ」に変えましょう。

かかとを中心に足を回転させる絵

スポンサーリンク

2、日本人と南米特有のドリブルのやり方

足は右へボールは左へ。恐ろしいドリブルの仕方を説明します。
説明の前に、どちらの足を基準にするか決めます。
「足は右へボールは左へ」は、左足で行ったものとします。
左足が右に動くと、ボールは左へ動く。左足を右に動きながらボールを左に動かすには、「アウトサイド」を使う必要があります。
そう、「アウトサイドキック」を使ったドリブルですね。
今回説明するのは、アウトサイドキックを使ったドリブルになります。アウトサイドキックとインステップキックは仲が良いので、インステップキックを使っても大丈夫ですよ。

  • アウトサイドキックを使ったドリブルを説明するための準備

足の使い方はアウトサイドキックになるのですが、インステップキックにもなります。
今は理解できなくても問題ありません。このドリブルを覚えるころには、普通にインステップキックも使えていると思います。
では、始めます。

足の動きは「左足」を基準にしますが、右足のやり方も説明するので安心してください。
最初は、両足で使える説明をします。両足で使える共通の説明をした後、右利き用と左利き用の説明をします。
まずは、両足で使える共通の説明です。両足で使えるようにするため、「右」や「左」ではなく、「イン」、「アウト」で説明します。
「イン」はインサイドキックの方向、右足なら左、左足なら右。「アウト」はアウトサイドキックの方向。右足なら右、左足なら左になります。

スポンサーリンク

  • 両足で使える共通の説明

新しいドリブルを習得するために、その動作に必要な部分を抜き出します。
まずは、ドリブルの材料を作ります。
「足は右へボールは左へ」は左足の動きとするので、「利き足(左足)はインへボールはアウトへ」に変換します。
これで、この動作に必要な部分を抜き出せました。

「利き足はインへボールはアウトへ」動かします。
利き足をインへ動かすのですが、ただインに動かすだけではボールをアウトへ動かすことが出来ません。
ボールの扱い方が分かりませんよね。このようなときは、「サッカーおでん」を使います。
ボールの位置と動かしたい方向は分かっているので、残りの足の位置を決めます。
「サッカーおでん」を使うことで、ボールの扱い方が分かりました。

実際にボールを動かしてみましょう。
まず、「利き足」を動かします。インの方にボールがあるので「蹴り足はイン」に動かします。
ボールに近付いた「利き足」を、「サッカーおでん」で導き出した答えに当てはめます。
「利き足」を答えに当てはめると、ボールがアウトへ動きます。
これで、「利き足はインへボールはアウトへ」動いたことになります。
「サッカーおでん」で出した答えを使ってみると、説明文のようにボールを動かすことが出来ました。
このやり方で正解のようです。正解だと確認できたので、次に進みます。
共通の説明は終わったので、使う足に合わせた説明を行います。

スポンサーリンク

  • 利き足でボールを動かす

「利き足はインへボールはアウトへ」動かします。
共通の説明で正しいと確認できたやり方を使います。少し文章を変えます。

インの方にあるボールに向かって「利き足」を動かします。(利き足はインへの部分)
ボールに近付いたら「サッカーおでん」で出した答えを使います。(ボールはアウトへの部分)
これを使って、ドリブルをします。

「サッカーおでん」で出した答えは、「かかとを中心に足を回転させること」です。
下の図(エ)、(オ)、(カ)になります。

かかとを中心に足を回転させる絵

右足を使う場合
まずは、上で作った文章を右利き用に変換します。
「インの方にあるボールに向かって利き足を動かします」を「左にあるボールに向かって右足を動かします」に。
「ボールに近付いたら」の文章はそのままでいいですね。
変換した文章を繋げ、「サッカーおでん」で出した答えに言葉を入れる。
左にあるボールに向かって右足を動かし、ボールに近付いたら「かかとを中心に足を回転」させ、アウトサイドキック(インステップキック)でボールを右へ動かします。

左足を使う場合
右利きと同じように文章を左利き用に変換し、答えにも言葉を入れると次のようになります。
右にあるボールに向かって左足を動かし、ボールに近付いたら「かかとを中心に足を回転」させ、アウトサイドキック(インステップキック)でボールを左に動かす。
左利きは、このようになります。

スポンサーリンク

  • 細かい説明

細かい説明をしますよ。
右利きの人も左利きの人も、一緒に習得しましょう。

まず、利き足をボールに近付けます。右足なら左へ、左足なら右ですね。
次に、「サッカーおでん」で出した答えを使います。ここの使い方が分からない人もいると思います。
下の図を見てください。「サッカーおでん」が出した答えの使い方が描いてあります。
利き足を動かすときはボールとの位置関係に気をつけてください。ボールが利き足のアウトサイド側にくるようにします。
ボールに追いついたら、下の図のように利き足を動かします。「かかとを中心に足を回転」させ、アウトサイドキックでボールを動かします。
ボールを触るときは「蹴る」のではなく、「自分の方に引く」ようにしましょう。
利き足がボールの近くに来たら、少しだけ後ろに引きながらボールを触ります。
ボールに近付くまでは足を回転させず(下の図1か3)、ボールを追い越してから「かかとを中心に足を回転」させます(2か4)。
足を回転させると、アウトサイドキックでボールを触りやすいですよね。そのまま、アウトサイドキックで自分に引き寄せるようにボールを動かします。
このようにすることで、ボールを上手に動かすことが出来ます。

アウトサイドでボールを扱う絵

ボールを追い越すまでは、ボールに近付けるようにします。
ボールを追い越してから足を回転させ、ボールをアウトサイドキックで動かす。
やり方を知ってしまえば普通のボール扱いなのですが、やり方が分からないと結構不思議。
ボールを追い越すまでの動きを大きくすることで、相手が騙されやすくなります。
ボールを追い越してからの動きを小さめにすることで、よく分からない謎っぽさが出せます。

最初の動きをキックフェイントのように使うといいでしょうね。
全体的に大きく動かしてもいいですし、小さく速くするのも良い。
大きく動かせば相手を騙しやすくなり、小さく速くすれば相手を置き去りに出来ます。
好きなやり方を選びましょう。

スポンサーリンク

3、足は右へボールは左へ、恐ろしいドリブル

上で説明したドリブルを使うときに、利き足の膝を曲げ伸ばしすると相手を騙しやすい。
足を振るときに、自分が使いやすい方法を見つけるといいでしょうね。
少し長めのロスタイムに、このドリブルをするといいかもしれません。
「長めのロスタイムのふざけたボールタッチ」と言われるかもしれません。
ボールを扱うのが楽しくなりますよ。

  • ボールの触り方、上級者向け

ここからは、かなり上級者向けです。
ボールをアウトサイドキック(インステップキックでも可)で触るときのこと。
上手な触り方を、このドリブルの元の持ち主が説明していました。

ボールを触るときは、「クイッ」ではなく「クッ」。
「クイッ」ではだめですよ。「クッ」じゃないといけません。
シュートを撃つときもそうですよね。「バンッ」ではなく「バッ」。
ボールを扱うときにとても大切なことです。

元の持ち主が出した言葉が「クイッ」だったかは分かりませんが、意味は合っているはずです。
本人ではないので完全に正しいかは分かりませんが、私が受け取った内容は次になります。
「クイッ」と触ると、相手がついてくる。相手が反応するような触り方は良くない。
より速く、より鋭くするために「クッ」が良い。
シュートを撃つときも、ゆっくり撃つと相手に防がれてしまう。警戒されている選手ならさらに難しくなる。
「バンッ」では、相手に追いつかれる。「バッ」でないと点を取ることは出来ない。
たぶん、このような意味だと思います。
短い映像だったので、前後の流れが分かりませんが、私に伝わってきたのはこのような内容です。

おまけ
「日本人と南米特有のドリブル」は、私が自分に合わせて育てたものです。
自分が使いやすいように改良してください。「ふざけたボールタッチ」を手に入れよう。
「恐ろしいドリブル」の元の持ち主は「アルゼンチン代表のマラドーナ選手」です。

スポンサーリンク

4、上手くいかない場合

伝説の武器を手に入れることが出来ない場合、3つの可能性があります。

  • 「サッカーおでん」の説明が足りない
  • 「おでん式(日本式)キック」を習得出来ていない
  • 「おでん式(日本式)キック」と相性が悪い

上の3つが考えられます。
「上手くいかない原因」が「1、サッカーおでんの説明が足りない」ならば、今後の説明追加で改善される可能性があります。

「2、おでん式(日本式)キックを習得出来ていない」なら、習得出来る可能性が高いです。
「伝説の武器を手に入れる旅」に出ることをおすすめします。
「サッカーおでん」は「日本語サッカーで禁止されていること」を使うので、「一般的なサッカーの知識を持っている人」ほど苦労するかもしれません。
(例、足首を固定しない、足首を伸ばさない等)
「一般的なサッカー知識を持っている」なら、「頭を柔らかくすること」から先に行ってください。
「サッカーおでん」は「サッカーで許可されていること」を使います。
「指導者の禁止」等で「能力が制限されている」なら、「おでん式(日本式)キック」を使うのは「まだ難しい」でしょう。
「選手としての能力」を上げてから試してください。まずは、「制限を解除すること」から始めてくださいね。

「3、おでん式(日本式)キックと相性が悪い等」なら、別の方法を考えた方がいいかもしれません。
「相性の良い蹴り方」が他にあるなら、そちらを優先した方がいいでしょう。

伝説の武器を手に入れることが出来なかったら

伝説の武器を手に入れることが出来なかった場合、「おでん式(日本式)キック」を習得出来ていない可能性があります。
「蹴り足の膝の使い方」を覚えているか確認してください。
「蹴り足の膝」を上手に使えないと、「機体C」になることが出来ません。
「能力検査」で自分の力を調べることが、手に入れる近道になるかもしれません。

ここで扱う伝説の武器は、「サッカー選手が使える魔法」です。
「魔法」なので使えなくても問題ありません。
好みの選手が違うように、好みの「魔法」が違っていても不思議ではない。
もし、「おでん式(日本式)キック」が身体に合わないなら、「日本語サッカー」を選ぶことをおすすめします。
他にも魅力的な技術はありますからね。自分が欲しいものを手に入れましょう。

2015年1月22日公開。初期組
2017年5月28日、説明追加

スポンサーリンク

感想を送信する

名前: 
サイトの文章の長さ: 少し短い 短い ちょうどいい 少し長い とても長い
ご感想やご意見等

サイトからの返信を希望の方は、受信メールの設定等の確認をお願いします。メールを送信できない場合もあります。

エラー等で感想を送信出来ない場合はお問い合わせを、ご利用ください。



自己紹介

はじめまして、「サッカーおでん」の竹串です。日本がW杯最多優勝国になるために、「サッカーおでん」を作りました。日本人の高い身体能力を活かす技術を習得しませんか。

「サッカーおでん」はシュート技術を専門に扱うサイト。


独り言

  日本代表には、いつも笑っていて欲しい。
  サッカーおでんは、日本代表と日本人選手を応援しています。

スポンサーリンク

ちょっとお知らせ

インステップキックのページを修正。
最終更新
2019年2月9日。

よくある悩み一覧


日の丸サッカーおでんのおすすめ

スポンサーリンク

Copyright © 2015 socceroden All Rights Reserved.