得点力の塊、最高のシュート

伝説の武器は、封印されています。
伝説の武器を手に入れるためには、封印を解く必要があります。
封印を解くカギを手に入れていない人は、カギを手に入れてください。
カギを持っていないと、伝説の武器を手に入れることが出来ません。

「おでん式(日本式)キック」や「サッカーおでん」に書いてある知識が、封印を解くカギになります。

封印を解く準備は出来ましたか
「カギがなく準備がまだの人はこちらへ」
「封印を解く準備が出来た人は伝説の武器案内へ」
「鍵を持っている」なら、このまま進むのもいいでしょう。

旅行日程表
1、シュートを撃とうとしたときの相手の反応
2、シュートを撃つときに気をつけること
3、良いシュートの撃ち方
4、得点力の塊、最高のシュート
5、上手くいかない場合

1、シュートを撃とうとしたときの相手の反応

シュートを撃とうとすると、相手が反応します。
シュートを撃とうとしたとき、相手がどのような反応をするか知っておくと、シュートが上手になります。
相手がどのようなことをするのか、知っておいた方がいいでしょう。

シュートコースについて
ボールが飛んでいく空間や、これからボールが通る空間のことを「シュートコース」と呼ぶことにします。
シュートコースには、既に通った空間と、これから通る空間があるとします。両方まとめてシュートコースとして扱います。

  • 相手の反応、始まり

シュートを撃たれそうになると、相手側が反応します。
相手は、シュートを撃たれることに気付いてから行動を開始します。
シュートを撃たれるのに気付かない場合は、反応がないことが多いです。
相手が行動を開始するのは、シュートを撃たれることに気付いてから。

スポンサーリンク

  • 相手の行動

シュートを撃たれることに気付いた相手は、シュートを防ごうとします。
シュートを撃たれそうになったら、シュートコースを自分の身体でなくすことが多いようです。
自分の身体をシュートコースに動かすことで、ボールを止めようとします。
シュートコースに入れば相手が有利になるでしょう。
シュートを撃たれそうになると、相手はシュートコースに入ろうとする。

  • 相手の行動、完了

シュートコースに入った相手は、ボールを身体で止めにきます。
余裕があるときは、シュートを撃とうとする選手に近付くこともあるでしょう。
シュートコースに入ったら、後はシュートを待つだけです。
シュートコースに入ったら、シュートが飛んでくるのを待つ。

  • 相手の反応の大きな流れ

シュートを撃とうとすると、相手がシュートを防ごうとします。
シュートを撃たれることに気付き、シュートコースに入ろうとし、シュートコースでシュートが来るのを待つ。
簡単な流れを書くと、このようになるでしょう。
最後にある、シュートが来るのを待つは、文章にすると長く感じますが、試合中は一瞬です。
簡単な流れはこのようになります。

相手の反応を短い単語にすると、「気付く」、「動作開始」、「結果待ち」になります。
シュートをより良い条件で撃つために、相手を操る必要がありそうです。

スポンサーリンク

2、シュートを撃つときに気をつけること

より良い条件でシュートを撃つことが、「成功」を増やす一番の近道です。
良い条件で撃つために、いくつか気をつけることがあります。
気をつけることは、相手の反応から見つかります。

シュートを撃とうとすると、相手が妨害してきます。
妨害されると困りますよね。安心してシュートが撃てません。
安心してシュートを撃つために、相手に妨害されないようにします。
相手が妨害してくるのは、シュートを撃たれることに「気付く」からです。
相手が「気付く」ことがなければ、安心してシュートを撃つことが出来ます。
相手に気付かれても、相手の「動作開始」までにシュートを撃てば問題ありません。
相手が「結果待ち」状態になると、シュートが難しくなります。
これらのことに気をつけると、良い条件でシュートを撃つことが出来そうです。

  • 相手の反応を基準にする

相手の反応は、「気付く」、「動作開始」、「結果待ち」でした。
この段階に合わせたシュートの撃ち方をしましょう。
「気付く」より前にシュートを撃てたら勝ちです。
シュートを撃つ前に「結果待ち」になったら、相手の勝ち。
出来るだけ早くシュートを撃ちましょう。
理想は「気付く」までに撃つこと。遅くても「動作開始」までには撃ちたいですね。
「結果待ち」の後にシュートを撃っても、望むような結果は得られないことが多いでしょう。

シュートを撃つときに気をつけることが分かりました。
出来るだけ早く撃つ。
理想は、「気付く」までに撃つ。「動作開始」になってもシュートは撃てるが難しくなる。
「結果待ち」になったら、ほぼ相手の勝ちです。
大きな考えでは、「結果待ち」になる前にシュートを撃つこと。
細かく言うと、「気付く」より前に撃つこと。
シュートで気をつけることが決まりました。

「結果待ち」になる前にシュートを撃つ。

スポンサーリンク

3、良いシュートの撃ち方

  • 相手の反応

シュートを撃たれることに気付くと、相手が反応します。
相手が反応しなければ、安心してシュートを撃てるのですが、それは少し難しい。
難しくても理想を持つことは大事です。
理想を持ち続けると、魔法が使えるようになります。

  • 魔法を手に入れる

魔法を使いましょう。魔法を使うために、魔法を手に入れます。
相手を操作する魔法を手に入れますよ。
シュートを撃つときには、相手を魔法で操りましょう。

  • 魔法で相手を操る

サッカーでは、ボールを操りますよね。実は、操るのはボールだけではありません。
人も操ることが出来ます。ボールと人を操りましょう。ボールも人も操れる選手が、素晴らしい選手です。
「人」には、自分の身体と、他の人の身体が含まれます。

シュートを撃とうとすると、相手が反応しました。
相手の反応は、「気付く」、「動作開始」、「結果待ち」。
「結果待ち」になったら相手の勝ちなので、「結果待ち」にならない魔法をかけましょう。
「結果待ち」にならない魔法を使うことで、シュートの「成功」が増えます。
次は、「動作開始」ですね。「動作開始」は、「気付く」ことで始まります。
言い方を変えれば、「気付く」を遅らせれば「動作開始」が遅くなるということ。
今、魔法をかけるのは「気付く」と「結果待ち」の2つになりましたね。
「動作開始」は、「気付く」と同じと考えればいいので、魔法をかけなくてもいいでしょう。
魔法をかけるのは、「気付く」と「結果待ち」の2つ。

スポンサーリンク

  • 「気付く」に魔法をかける準備

「気付く」に魔法をかけます。魔法は使えますね。使えるなら先に進みましょう。
どの魔法を使うか分からない人もいると思うので、簡単に魔法のおさらいをします。
今回使う魔法は、「気付く」を遅らせるための魔法です。
「気付く」とは、相手がシュートを撃たれることに気付くことですから、相手にシュートを撃たれることを気付かれないようにする魔法を使えばいいですね。
気付かれるのを遅らせる魔法にはいくつかありましたが、今回は次の魔法を使います。
「蹴り足の膝を後ろに引く」、「蹴り足の膝を伸ばすようにする」、「蹴り足の膝を横に振る」。
これらを使って、魔法を組み立てます。

上の魔法を選んだ理由
簡単に、なぜこの魔法を選ぶのか紹介しておきましょう。
選び方を紹介していないと、自分で考え判断することが出来ませんからね。
簡単に説明しますよ。

「蹴り足の膝を後ろに引く」。
これは、足を後ろに引くときの動作を指定します。いわゆる、テイクバックですね。
これを選んだのは、「蹴り足のかかとが、お尻につくぐらい後ろに引く」人がいるからです。かかとを高くあげると、魔法が失敗します。
この魔法は、「膝の位置」を指定する魔法です。

「蹴り足の膝を伸ばすようにする」。
これは、足を後ろに引くときの動作を指定します。より細かく指定します。足首の位置の指定ですね。
これを選んだのは、「蹴り足のかかとが、お尻につくぐらい後ろに引く」人がいるからです。かかとをあげてしまうと、魔法が失敗してしまいます。上の説明と似ていますが、微妙に違いますよ。
この魔法は「足首の位置」を指定する魔法です。

「蹴り足の膝を横に振る」
これは、足を振るときの動きを指定します。
これを選んだのは、「ボールではなく地面を蹴る」人がいるからです。蹴り足を縦に振ると、地面を蹴ったりボールが上に飛んだりします。しっかりと足を振るためと、地面を蹴らないようにするため。
この魔法は「本来の蹴り足の力」を引き出す魔法です。

  • 「気付く」に魔法をかける

「気付く」に魔法をかけます。
「蹴り足の膝を後ろに引く」、「蹴り足の膝を伸ばすようにする」、「蹴り足の膝を横に振る」の3つを組み合わせて魔法を完成させます。

魔法が完成すると、「気付く」を遅らせることが出来ます。
魔法を使うと、小さい動作でシュートを撃つことが可能になります。
「蹴り足の膝を後ろに引く」ことで、普段の歩き方がシュートの最初の動きになり、「蹴り足の膝を伸ばすようにする」ことで、ボールが飛ぶまでの時間を短縮することが出来ます。「蹴り足の膝を横に振る」で、安心して蹴り足を振ることが出来ます。
この魔法を使えば、相手が「気付く」前にシュートを撃つことが可能です。
相手が気付いたとしても、シュートを撃ちきる方が早いはずです。

歩く動作からシュートを生み出し、相手が気付く前に撃つ。
小さい動作から始めて、蹴り足をしっかりと振る。

スポンサーリンク

  • 「結果待ち」に魔法をかける準備

次は、「結果待ち」に魔法をかけます。魔法を使います。
使う魔法を簡単に説明します。
今回使う魔法は、「結果待ち」を遅らせるための魔法です。
「結果待ち」とは、相手がシュートコースに入った後のことですから、相手がシュートコースに入るのを遅らせればいいですね。
シュートコースに入ることを遅らせます。さらに詳しく言うと、シュートコースに入った相手を出します。
必要な魔法は、「ボールの芯を撃ち抜く」、「蹴り足の膝を前に動かす」、「機体C」です。
これらを使って、魔法を組み立てます。

上の魔法を選んだ理由
上の魔法を選んだ理由を簡単に説明します。
魔法の特徴を把握し、使いこなしてください。

「ボールの芯を撃ち抜く」
どのようなボールでも扱えるようにするために必要です。
これを選んだのは、「動かないボールしか蹴ることが出来ない」人がいるからです。動いているボールを蹴ることが出来ないと、魔法が失敗します。
この魔法は、「使う技術」を指定する魔法です。

「蹴り足の膝を前に動かす」
これを選んだのは、「後ろにあるボールを蹴ることが出来ない」人がいるからです。色々なボールを蹴ることが出来ないと、この魔法を使うのが難しくなります。
この魔法は、「蹴り足の動かし方」を指定する魔法です。

「機体C」
これを選んだのは、「間合いが狭い」人が多いからです。自分が扱うことが出来るボールの範囲が、求められる基準を満たしているか確認してください。基準を満たしていない場合、魔法を成功させるのが難しくなります。
この魔法は、「本来の蹴り足の力」を引き出す魔法です。

ここで説明した魔法に、「気付く」で使った魔法を加えると、より強力な魔法を使うことが出来ます。
魔法は組み合わせて使います。自分が好きな効果がある魔法を見つけるといいでしょう。

  • 「結果待ち」に魔法をかける

「結果待ち」に魔法をかけます。
「ボールの芯を撃ち抜く」、「蹴り足の膝を前に動かす」、「機体C」の3つを組み合わせて魔法を完成させます。

魔法が完成すると「結果待ち」を遅らせることが出来ます。
魔法を使うと、ボールが動いていてもシュートを撃つことが可能です。
動いているボールを使うと、相手がシュートコースに入るのが遅れます。
シュートコースに入ったとしても、ボールが動き続けるのでシュートコースが変わります。
一度「結果待ち」になったとしても、時間がたつと「行動開始」に戻ります。
動くボールを使って、常にシュートコースを動かすようにしましょう。
生きたシュートコースを使うことで、「結果待ち」を遅らせることが可能になります。
ボールを止めると、シュートコースが死んでしまいます。新鮮なシュートコースを使いましょう。
活きの良いシュートコースを使いこなすために、上で紹介した魔法が必要になります。
他の魔法を組み合わせるのも面白いと思います。「ボールと散歩」を加えるのもいいと思います。

ボールを動かすことで、シュートコースの鮮度を保つ。
活きの良いシュートコースを使う。

スポンサーリンク

4、得点力の塊、最高のシュート

上で説明した魔法は出来ましたね。
ここでは、最後の仕上げをしますよ。

  • シュートを撃つ

自分に向かってくるボールの動きを変えて、シュートを撃ちます。
相手ゴールの方を向いていない状態から、シュートまで持っていきます。
下の図のように、「自分のおへそ(骨盤)の向き」と「ボールを飛ばしたい方向」が違う状態からシュートを撃ちます。
色々な方向にシュートしましょう。
下の図のように身体の横にボールを飛ばすことを、「真横に蹴る」と呼びます。

身体の横にボールを飛ばす方法
  • 身体を回転させてシュートを撃つ

真横に蹴ることが出来れば、全てのボールでシュートを撃つことが出来ます。
相手ゴールを向いていなくても関係ありません。常にシュートを撃つことが可能です。

真横に蹴ることが出来れば、どのような状態からでもシュートを撃つことが出来るため、自分の身体の向きで相手を騙すことが可能になります。
自分の身体の向きを利用して、相手の「気付く」を遅らせるのもいいでしょうね。

ボールを蹴るときの足の動きを描いた絵

上の図の真横に蹴る方法と、足を上手に使って、全ての方向にボールを飛ばしましょう。
ボールを扱うときは、「ボールを中心」にします。
ボールの動きに合わせて、自分の位置を調整します。
上の図の蹴り方に下の図の足の動かし方を加えます。2つを組み合わせることで、全ての方向にシュートを撃つことが可能になります。

自分が回るときの足の動きを描いた絵

スポンサーリンク

  • 2つの魔法を組み合わせる準備

「真横に蹴る」と「動くのが得意な方向」を組み合わせて、「最高のシュート」を手に入れましょう。
魔法の説明を簡単にします。
下の図左の「真横に蹴る」
シュートを色々な方向に飛ばすための基本技術です。
これを選んだのは、「ボールを前にしか飛ばせない」人が多いからです。ボールを真横にも飛ばせないと「最高のシュート」を手に入れることが出来ません。
この魔法は、「最高のシュートの種」になります。
下の図右の「動くのが得意な方向」
色々な技術をより素晴らしくするための技術です。
これを選んだのは、「ボールを色々な方向に動かせない」人が多いからです。ボールを色々な方向に動かすことで、「最高のシュート」が完成します。
この魔法は、「種を育てる肥料」になります。

「最高のシュートの種」と「種を育てる肥料」を使って、「最高のシュート」を手に入れます。

ボールを蹴るときの足の動きを描いた絵 自分が回るときの足の動きを描いた絵
  • 2つの魔法を組み合わせて「最高のシュート」を作る

説明が簡単なインステップキックとインサイドキックを使います。
ボールを飛ばすときは、インステップキックかインサイドキックを使うと考えてください。

2つの魔法を組み合わせて「最高のシュート」を手に入れましょう。
全ての方向に撃てるようにしたいので、「前後左右」と「斜め方向(4つ)」全て確認しましょう。
「前」に飛ばすのは簡単ですね。
「真横に蹴る」方法を使えば、自分の真横にシュートを撃つことが出来ます。
真横に撃つことが出来るので、「左右」に飛ばせることになります。
「右」は左足を、「左」は右足を使って飛ばします。
「前」と「左右」が出来ました。「斜め前」は「前」と「左右」を組み合わせると良い。
これで、「前」、「左右」、「斜め前」が出来ました。

今度は、「後ろ」に飛ばしてみましょう。
「真横に蹴る」だけでは、「後ろ」に蹴ることが出来ません。
「真横に蹴る」をさらに成長させるため、「動くのが得意な方向」を使います。

ボールを蹴るときに、身体の向きを変えます。身体の向きを変える動きを利用します。
ボールに近付くときに身体を回転させます。身体を回転させると足が回るように付いてきます。
このときの足の動きが、「蹴り足を膝を横に振る」になります。
身体を回転させたときの足の動きでシュートを撃ちましょう。

自分が回るときの足の動きを描いた絵 自分が回るときの足の動きを描いた絵

身体を回転させると、足が上の図のように動きます。
時計回りが上の図左、反時計回りが上の図右になります。
身体を回転させるときの足の動きの(3)と(4)、(7)と(8)が、「蹴り足の膝を横に振る」動作です。
この動作を使うことで、「後ろ」にボールを飛ばすことが出来ます。(2キックなので強烈)

下の図(1)で着地する足を上の図(2)や(6)のように回転させることで、「後ろ」にシュートを飛ばせます。
「後ろ」と「左右」を組み合わせると「斜め後ろ」になります。
これで、「後ろ」、「斜め後ろ」が使えます。

ボールを蹴るときの足の動きを描いた絵

全ての方向が揃いました。
身体を回転させるときの足の動きをキックに変えることが大事です。
「蹴り足の膝を横に振る」蹴り方を使えば、身体の回転でシュートを撃てるようになります。
トラップするときにボールの位置を工夫することで、より蹴りやすくなるでしょう。
動いているボールを上手に動かすことで、シュートが撃ちやすくなります。
ゴールが後ろにあるときは、ボールを「斜め後ろ」にトラップすると、身体の回転の勢いをシュートに使いやすい。
身体の向きを調整する動作と、蹴る動作を同じにしましょう。
「蹴る動作は歩く動作の一部であり、歩く動作は蹴る動作の連続である」
最初の方に書いてあった内容と繋がりましたね。

スポンサーリンク

  • 応用魔法

「最高のシュート」を手に入れました。この魔法をさらに使いこなしましょう。
今までは「蹴り足の膝を横に振る」、「蹴り足の膝を縦に振る」と、片方だけ使いました。
実は、2つ同時に使うことが出来ます。
最初は「蹴り足の膝を横に振る」動きから蹴り始め、途中から「蹴り足の膝を縦に振る」ことも可能です。
もちろん、逆のやり方も出来ます。
途中から蹴り方を変化させることも可能なので、自分の好きな蹴り方を追求するといいでしょう。
一つひとつは小さな魔法でも、組み合わせると強力な魔法になります。
「おでん式(日本式)キック」は、この「最高のシュート」のためにあります。
サッカーは相手より多く点を取った方が勝ちます。
シュート、シュート、とくかくシュート。
より素晴らしいシュートを追い求めたら、「最高のシュート」が見つかりました。
「おでん式(日本式)キック」は、「最高のシュート」を撃つために存在しています。
シュートのための技術です。

「蹴る動作は歩く動作の一部であり、歩く動作は蹴る動作の連続である。」
「歩くこと」で始まり、「歩くこと」で終わりましたね。
「おでん式(日本式)キック」の集大成です。
これを説明したくて、「サッカーおでん」を作りました。
「おでん式(日本式)キック」、おすすめです。
蹴り方や考え方には相性があります。自分が一番良いと思う蹴り方を選びましょう。
自分で考え判断することが、サッカー上達に繋がります。
「おでん式(日本式)キック」以外も習得すれば、「サッカーおでん」の特徴が伝わりやすいでしょうね。
「サッカーおでん」は、もう少し続きます。

「歩く動作」を使ってシュートを撃つようにする。
「おでん式(日本式)キック」を、自分好みに改良する。
自分が良いと思った蹴り方を選ぶ。

おまけ
「最高のシュート」は、私が自分に合わせて育てたものです。
作り方は書いてあるので、自分好みに改良してください。
「最高のシュート」の元の持ち主は「ブラジル代表のロナウド選手」です。
ロナウド選手のシュートは美しい。綺麗ですよね。

スポンサーリンク

5、上手くいかない場合

伝説の武器を手に入れることが出来ない場合、3つの可能性があります。

  • 「サッカーおでん」の説明が足りない
  • 「おでん式(日本式)キック」を習得出来ていない
  • 「おでん式(日本式)キック」と相性が悪い

上の3つが考えられます。
「上手くいかない原因」が「1、サッカーおでんの説明が足りない」ならば、今後の説明追加で改善される可能性があります。

「2、おでん式(日本式)キックを習得出来ていない」なら、習得出来る可能性が高いです。
「伝説の武器を手に入れる旅」に出ることをおすすめします。
「サッカーおでん」は「日本語サッカーで禁止されていること」を使うので、「一般的なサッカーの知識を持っている人」ほど苦労するかもしれません。
(例、足首を固定しない、足首を伸ばさない等)
「一般的なサッカー知識を持っている」なら、「頭を柔らかくすること」から先に行ってください。
「サッカーおでん」は「サッカーで許可されていること」を使います。
「指導者の禁止」等で「能力が制限されている」なら、「おでん式(日本式)キック」を使うのは「まだ難しい」でしょう。
「選手としての能力」を上げてから試してください。まずは、「制限を解除すること」から始めてくださいね。

「3、おでん式(日本式)キックと相性が悪い等」なら、別の方法を考えた方がいいかもしれません。
「相性の良い蹴り方」が他にあるなら、そちらを優先した方がいいでしょう。

伝説の武器を手に入れることが出来なかったら

伝説の武器を手に入れることが出来なかった場合、「おでん式(日本式)キック」を習得出来ていない可能性があります。
「蹴り足の膝の使い方」を覚えているか確認してください。
「蹴り足の膝」を上手に使えないと、「機体C」になることが出来ません。
「能力検査」で自分の力を調べることが、手に入れる近道になるかもしれません。

ここで扱う伝説の武器は、「サッカー選手が使える魔法」です。
「魔法」なので使えなくても問題ありません。
好みの選手が違うように、好みの「魔法」が違っていても不思議ではない。
もし、「おでん式(日本式)キック」が身体に合わないなら、「日本語サッカー」を選ぶことをおすすめします。
他にも魅力的な技術はありますからね。自分が欲しいものを手に入れましょう。

2015年1月22日公開。初期組
2017年5月28日、説明追加

スポンサーリンク

感想を送信する

名前: 
サイトの文章の長さ: 少し短い 短い ちょうどいい 少し長い とても長い
ご感想やご意見等

サイトからの返信を希望の方は、受信メールの設定等の確認をお願いします。メールを送信できない場合もあります。

エラー等で感想を送信出来ない場合はお問い合わせを、ご利用ください。



自己紹介

はじめまして、「サッカーおでん」の竹串です。日本がW杯最多優勝国になるために、「サッカーおでん」を作りました。日本人の高い身体能力を活かす技術を習得しませんか。

「サッカーおでん」はシュート技術を専門に扱うサイト。


独り言

  日本代表には、いつも笑っていて欲しい。
  サッカーおでんは、日本代表と日本人選手を応援しています。

スポンサーリンク

ちょっとお知らせ

文字コードを変更。
最終更新
2019年7月12日。

よくある悩み一覧

サッカーおでんのおすすめ


日の丸サッカーおでんのおすすめ

検索する

スポンサーリンク

Copyright © 2015 socceroden All Rights Reserved.