連絡
携帯電話の設定等を確認してください。

赤い糸で離れない、運命ドリブル

伝説の武器は、封印されています。
伝説の武器を手に入れるためには、封印を解く必要があります。
封印を解くカギを手に入れていない人は、カギを手に入れてください。
カギを持っていないと、伝説の武器を手に入れることが出来ません。

「おでん式(日本式)キック」や「サッカーおでん」に書いてある知識が、封印を解くカギになります。

封印を解く準備は出来ましたか
「カギがなく準備がまだの人はこちらへ」
「封印を解く準備が出来た人は伝説の武器案内へ」
「鍵を持っている」なら、このまま進むのもいいでしょう。

旅行日程表
1、磁石を使っていますか。いいえ、赤い糸を使っています。
2、ボールとの付き合い方
3、ボールの愛し方
4、赤い糸で離れない、運命ドリブル
5、上手くいかない場合

1、磁石を使っていますか。いいえ、赤い糸を使っています

愛し、愛されたい。こう思うのは自然なことでしょう。
ボールを愛し、愛される。愛されることで、今までと違った景色が見える。
そんな不思議な力を持っているサッカーボール。
ボールを愛し、愛されよう。ボールに愛されるドリブルを手に入れましょう。

ボールを上手に扱う人がいます。足に磁石でも入っているのでしょうか。
ボールが足から離れない、ボールが足に吸い付くようなドリブルをしている。
なぜ、ボールが吸い付くのか。ちょっと、気になりますよね。

  • 磁石を使っていますか

「磁石を使っていますか」
「いいえ、赤い糸を使っています」
磁石は使わないそうです。磁石を使わなくても、ボールが吸い付くようです。
赤い糸の力は凄いですね。

スポンサーリンク

  • 赤い糸を使ったドリブル

赤い糸を使った、ボールが離れないドリブルを手に入れましょう。
ボールが自分から離れなくなります。ボールから離れないように、また、ボールが離れないように気をつけます。

ボールとの触れ合い方は知っていますか。
ボールは、「優しくしてくれる人」が好きなようです。
ボールに優しくしていますか。

  • ボールに優しくしないとどうなるか

ボールに優しくしない人は、ボールが離れていくようです。
ドリブルをするときに、よく分かります。
ボールに優しくする人は、ボールが離れない。ボールに優しく出来る人は、ボールを離さない。
ドリブルを習得しにきたのに、よく分からないことを説明しだしましたね。
「ふざけているのか」
こう思った人は、正常です。

  • ボールとの接し方

今、真面目な話をしていると思っている人は、サッカー選手として正常です。
ボールを愛し、愛されるために、ボールとの接し方を覚えましょう。
ボールが離れないように、ボールを離さないようにします。

スポンサーリンク

2、ボールとの付き合い方

  • 人間界とボール界の挨拶

ボールの愛し方を紹介します。
ボールとは、2つの接し方があります。
どちらを選ぶかで、ボールの反応が変わります。
ボールの反応は「離れる」と「離れない」の2つ。
ボールが「離れる」のは、ボールに嫌われているわけではありません。
挨拶をすると挨拶が返ってくるように、人間界の挨拶にボール界の挨拶が返ってくるだけです。

人間界とボール界の共通の挨拶は「ボールの芯を撃ち抜く」、「ボールの芯をはずす」になります。
「おでん式(日本式)キック」は、ボールと交流するための技術です。
人間の意志をボールに伝える言葉だと思ってください。

「ボールの芯を撃ち抜く」という人間界の挨拶に、ボールは「離れる」という挨拶を返す。
「ボールの芯をはずす」という挨拶には、「離れない」という挨拶が返ってきます。
ボールをより愛するために、1秒でも長くそばにいてほしい。
そのためには、「ボールの芯をはずす」という挨拶を使うといいでしょう。
ボールと1秒でも長く一緒にいるために、「ボールの芯をはずす」を選択します。

  • 好きなものを触るとき

好きなものを触りたくなるように、ボールにもたくさん触りたくなります。
ボールを触るとき、どのように触るか。
ボールの触り方で、ボールへの愛情が分かります。

好きなものを触るとき、乱暴に触れる人はいないでしょう。
力加減が苦手な人はいても、積極的に荒く触る人はいないと思います。
人や動物に乱暴に触ると、相手から好かれることはないでしょう。
ボールも人や動物と同じように、乱暴に触る人は苦手なようです。

スポンサーリンク

  • ボールの触り方

目の前に大好きな人がいたとしましょう。
相手の顔を触るとき、どのようにするでしょうか。
相手の顔に、拳をめり込ませる人はいないと思います。
顔を触るときは、「頭を撫でたり」、「頬に触れる」でしょう。
相手の体調が悪そうなときは、熱がないか「おでこを触る」と思います。

ボールにも、同じように接します。相手がボールだからといって、接し方を変えるのはよくありません。
ボールにも「頭を撫でる」、「頬に触れる」、「おでこを触る」ようにします。
いつもと違った反応があると思います。

  • ボールへの気持ちの伝え方

ボールは、人から愛されていることを、「人が触れること」で理解しているようです。
ただ、触れてくる人が「どのような感情を持っているか」までは、分からないようです。

こちらが気持ちを伝えなくても、ボールに気付いて欲しい。
こう思うのも、人として自然なことです。
人が「伝えなくても自分の気持ちを分かって欲しい」と思うように、ボールも「聞かれなくても人の気持ちを伝えて欲しい」と思っています。
人はボールを触ることは出来ますが、ボールは人を触ることが出来ません。
ボールが気持ちを表現出来るのは、「人がボールを触ったとき」だけです。
そのため、「もっとボールを触って欲しい」、「もっとボールに気持ちを伝えて欲しい」と人に伝えることが難しい。
自分から気持ちを伝えることが出来るのは、人だけであることを覚えておいてください。
ボールが人に気持ちを伝えるには、「人がボールに触る」必要があります。

ボールを触ることで、ボールに気持ちを伝えることが出来る。
ボールが人に気持ちを伝えることが出来るのは、人がボールに触れたときだけ。
人だけが、自分から気持ちを伝えることが出来る。

スポンサーリンク

3、ボールの愛し方

  • ボールの顔

ボールへの気持ちを伝えるために、ボールを触るようにしましょう。
人の顔に触るように、ボールにも触れます。
人の顔に触れるときには「頭を撫でる」、「頬に触れる」、「おでこを触る」がありました。
この中から、「頬に触れる(撫でる)」、「おでこを触る」を使います。
ボールの「頬」と「おでこ」の場所が分かりますか。
人が進む方向を見るように、ボールも動く方を向いています。
人は後ろに動きますが、ボールは後ろには動きません。ボールは常に動く方を向いています。
ボールは常に進む方を向く。

  • ボールを触る

ボールを触ります。「頬」と「おでこ」を触ります。
「ボールは常に進む方を向く」ので、ボールの「頬」と「おでこ」の位置は分かりますね。
ボールの顔の向きと、人の顔の向きは違うことが多いです。「自分がどこを向いているか」ではなく、「ボールがどこを向いているか」で判断します。
「ボールが中心」ですよ。ボールはどこに向かい、どこを見ているのか常に意識するようにしましょう。

「ボールの頬を触る(撫でる)」
ボールのほっぺたを触るようにします。
「ボールの頬」を触ると、ボールはあまり動きません。ボールは「頬」を触ってもらうと喜びます。
もっと「頬」を触って欲しいため、人が触りやすいようにしてくれます。
「触りやすい」とは、ボールの動きが変わらないということです。動きが変わると触るのが難しい。
ボールが急に反復横跳びを始めたら困りますよね。
「ボールの頬」を触ると、「今まで動きを続ける」傾向があります。

「ボールのおでこを触る」
「ボールのおでこ」を触るとボールは驚きます。「おでこを触る」のは、ボール界でも何か問題があったとき。「ボールのおでこ」を触ると、体温測定に協力してくれます。
「体温測定に協力してくれる」とは、ボールが止まるということ。
体温を測定するときは動かないですよね。ボールも止まってくれます。
「ボールのおでこ」を触ると、「今までの動きを止める」傾向があります。

「ボールの頬」を触っても、ボールの動きは変化しない。
「ボールのおでこ」を触ると、ボールの動きが変化する。

スポンサーリンク

  • 正しい気持ちの伝え方

ボールを触ったときの反応が分かりました。
この反応を使って、自分の気持ちをボールに伝えます。
「正しい気持ちの伝え方」を覚えましょう。

ボールに今の動きを続けて欲しいとき
ボールに今の動きを続けて欲しい場合は、「ボールの頬」を触るようにしましょう。
「ボールの頬」を触れば、ボールの動きは変化しません。
ドリブルをしているときに、今の動きのままで問題ない場合に使います。
ボールに「今の動きで良い」と伝えることが出来る。

ボールに今の動きを止めて欲しいとき
ボールに今の動きを止めて欲しいときは、「ボールのおでこ」を触ります。
「ボールのおでこ」を触ると、ボールは今の動きを止めます。
ドリブルをしているとき、今の動きを続けると問題がある場合に使います。
ボールに「今の動きのままでは良くない」と伝えることが出来る。

「今の動きで良い」なら、「ボールの頬」を触る。
「今の動きのままだと良くない」なら、「ボールのおでこ」を触る。

スポンサーリンク

4、赤い糸で離れない、運命ドリブル

ボールが足から離れないドリブルを習得しましょう。
磁石を使うのもいいですが、「赤い糸」の方がおすすめです。
では、「運命ドリブル」の説明をします。

  • 「運命ドリブル」のやり方

ドリブルをするときのボールには、大きく分けて2つあります。
1つめは、「扱いやすいボール」。
2つめは、「扱うのが難しいボール」。
「扱いやすいボール」は問題ありませんね。
ドリブルをするときに困るのが「扱うのが難しいボール」です。

ボールが速く動きすぎた場合、扱うのが難しいですよね。
速く動きすぎたなら、速度を落としてもらいましょう。
ボールに、速度を落として欲しいと伝えます。
「今の速度では問題」なので、「ボールのおでこ」を触ります。
「ボールのおでこ」を触れば、ボールが「減速」してくれます。
速く動かしすぎた場合は、「ボールのおでこ」を触って「減速」しましょう。
スピードの出しすぎは危ないですからね。

今のまま動いて欲しい場合。
今のままで問題無い場合、「ボールの頬」を触ります。
「頬を触る」、「頬を撫でる」ようにするといいでしょう。
「頬」を触っても、ボールは「加速」しません。
「頬を触る」のは、「今の動きを続ける」という意味ですからね。
動いているボールを無駄に「加速」させたくない場合は、「ボールの頬を触る」ようにします。

これで、「運命ドリブル」に必要なものは全部揃いました。
あとは、より強力にするための「魔法」をかけるだけ。

スポンサーリンク

  • 「運命ドリブル」に魔法をかける準備

「恐ろしいドリブル」を覚えたと思います。「日本人と南米特有のドリブル」ですね。
これを使って、「運命ドリブル」を強力にします。
さあ、魔法をかけましょう。

「恐ろしいドリブル」では、「インサイドキック」と「アウトサイドキック」を使いました。
実は、この魔法を覚えるだけで「運命ドリブル」を使うことが出来ます。ただし、「恐ろしいドリブル」を磨く必要があります。
一緒に「恐ろしいドリブル」を磨きましょう。

「インサイドキック」や「アウトサイドキック」を使うとき、どのようにしていますか。
「利き足」で触った後に、すぐにまた「利き足」で触ることが出来ますか。
出来ない場合は、出来るようにしましょう。
「恐ろしいドリブル」を磨く簡単な方法があります。
それは、ボールを左右に動かすこと。「恐ろしいドリブル」を高めますよ。

  • 「恐ろしいドリブル」を高める

歩くとき、人は左右の足を交互に着地します。
「利き足」で着地するときに「恐ろしいドリブル」を使えるようにします。
連続で使いますよ。「利き足」を休ませたらいけません。
常に「利き足」でボールを触るようにします。

下の図(5)を見てください。足を左右に動かしています。
前にある足が「利き足」になります。
後ろにある足は「軸足(利き足ではない足)」です。
(5)の動きをしながら、ボールを常に動かします。
「軸足」を着地させる位置は、多少変わっても問題ありません。
「利き足」を左右に大きく動かすことを意識してください。

色々な足の動かし方を描いた絵

「右利き」の場合
上の図(5)のように足を動かします。
右足でボールを左右に動かします。ボールを動かすときは、大きく動かしてください。
その場で足踏みをしながら、右足でボールを触ります。
ボールを左に動かすときは下の図(4)、ボールを右に動かすときは下の図(1)を使います。
「右」、「左」、「右」、「左」と着地する場合、成功すると次のようになります。(最初はボールを左に動かすとする)
「下の図4」、「左足」、「下の図1」、「左足」。
これを繰り返します。
「左利き」の場合
右利きと同じように、足を左右に大きく動かします。上の図(5)のように足を動かします。
その場で足踏みをしながら、次のようにを触ります。(最初はボールを右に動かす)
「下の図4」、「右足」、「下の図1」、「右足」。

「右利き」と「左利き」共通
「下の図4」、「軸足」、「下の図1」、「軸足」、「下の図4」、「軸足」、「下の図1」、「軸足」、「下の図4」、「軸足」、「下の図1」、「軸足」、「下の図4」、「軸足」、「下の図1」、「軸足」。
連続で出来れば大丈夫です。次に進みましょう。

足の色々な部分でボールを動かす絵

ボールを触るときの足の動かし方は「歩くように動かす」か「動かさない」を、ボールの触り方は「ボールに自ら動いてもらう」が便利です。
特に、「ボールに自ら動いてもらう」でボールに回転をかけると、次の動作が楽になります。

スポンサーリンク

  • 魔法がかかった「運命ドリブル」

磨かれた「恐ろしいドリブル」を使って、「運命ドリブル完全版」を習得します。
習得は簡単。頭で理解するだけ。

「加速」
「加速」する場合は、どの蹴り方を使っても問題ありません。
「減速」
「減速」する場合、「ボールのおでこ」を触ります。
ボールに触るときは、「インサイドキック」か「アウトサイドキック」で触るといいでしょう。
触りやすい方を選びます。
「方向を変える」
「方向」を変える場合は、「ボールの頬」か「ボールのおでこ」を触ります。
「ただ触る場合」
ボールの速さや方向も変えない場合は、「ボールの頬」を触ります。
「頬」を触ることで、ボールと息を合わせるのもいいでしょう。
これが出来ると、ボールが吸い付くようになります。

「運命ドリブル」を使うときは、ボールを左右に動かすと便利です。
「ボールの頬を撫でる」ように触るといいでしょう。
この動作をしなくても問題ありませんが、した方が良い。
なぜ、この動作を加えた方がいいかと言うと、左右に動かすと次が触りやすくなるからです。
例えば、最初に「アウトサイドキック」で触ったとしましょう。ボールが少しだけ「アウト側」へ動く。
少し「アウト側」へ動いているボールは、「インサイドキック」で触りやすい。
次は、「インサイドキック」で少しだけ「イン側」へ動かします。
「イン側」に動くボールは、「アウトサイドキック」で触りやすくなる。
この動作に特別な意味はないのですが、「少しだけ扱いやすいボール」にすることが出来ます。
一つひとつの動きには特別な意味はないのですが、積み重なることで大きな意味を持ちます。
ボールが自分から離れて困っている人は、この動作を加えるといいでしょう。
「斜め前を組み合わせて前に進む」のボール版です。
結構便利ですよ。

特定の場所だけでドリブルをすると、「加速」しすぎる傾向があるようです。
「アウトサイド」を使ったら「インサイド」、「インサイド」を使ったら「アウトサイド」を使うようにしましょう。
「インサイドキック」は「アウトサイドキック」を、「アウトサイドキック」は「インサイドキック」を止める効果があります。
同じ蹴り方を連続で使うと「減速」が難しくなり、「加速」が出来なくなります。(扱える速度に限界があるため)
「加速」を活かすのが「減速」であり、「減速」を輝かせるのが「加速」です。
一定の速さのドリブルは、次の動きが予測しやすい。
「緩急のあるドリブル」とは、「加速と減速」によって生まれます。
「減速」が無い人は、「ボールが足元から離れる」、「緩急が無いと言われる」、「相手の足にボールが引っかかる」といった傾向があるようです。
「止まれない自動車」でスピードを出したら危ないですよね。ドリブルも同じです。
「減速」がないドリブルは、「ブレーキがない車」と同じぐらい危ない。

おまけ
「運命ドリブル」は、私が自分に合わせて育てたものです。
自分が使いやすいように改良しましょう。
「運命ドリブル」の元の持ち主は「アルゼンチン代表のマラドーナ選手」です。

スポンサーリンク

5、上手くいかない場合

伝説の武器を手に入れることが出来ない場合、3つの可能性があります。

  • 「サッカーおでん」の説明が足りない
  • 「おでん式(日本式)キック」を習得出来ていない
  • 「おでん式(日本式)キック」と相性が悪い

上の3つが考えられます。
「上手くいかない原因」が「1、サッカーおでんの説明が足りない」ならば、今後の説明追加で改善される可能性があります。

「2、おでん式(日本式)キックを習得出来ていない」なら、習得出来る可能性が高いです。
「伝説の武器を手に入れる旅」に出ることをおすすめします。
「サッカーおでん」は「日本語サッカーで禁止されていること」を使うので、「一般的なサッカーの知識を持っている人」ほど苦労するかもしれません。
(例、足首を固定しない、足首を伸ばさない等)
「一般的なサッカー知識を持っている」なら、「頭を柔らかくすること」から先に行ってください。
「サッカーおでん」は「サッカーで許可されていること」を使います。
「指導者の禁止」等で「能力が制限されている」なら、「おでん式(日本式)キック」を使うのは「まだ難しい」でしょう。
「選手としての能力」を上げてから試してください。まずは、「制限を解除すること」から始めてくださいね。

「3、おでん式(日本式)キックと相性が悪い等」なら、別の方法を考えた方がいいかもしれません。
「相性の良い蹴り方」が他にあるなら、そちらを優先した方がいいでしょう。

伝説の武器を手に入れることが出来なかったら

伝説の武器を手に入れることが出来なかった場合、「おでん式(日本式)キック」を習得出来ていない可能性があります。
「蹴り足の膝の使い方」を覚えているか確認してください。
「蹴り足の膝」を上手に使えないと、「機体C」になることが出来ません。
「能力検査」で自分の力を調べることが、手に入れる近道になるかもしれません。

ここで扱う伝説の武器は、「サッカー選手が使える魔法」です。
「魔法」なので使えなくても問題ありません。
好みの選手が違うように、好みの「魔法」が違っていても不思議ではない。
もし、「おでん式(日本式)キック」が身体に合わないなら、「日本語サッカー」を選ぶことをおすすめします。
他にも魅力的な技術はありますからね。自分が欲しいものを手に入れましょう。

2015年1月22日公開。初期組
2017年5月28日、説明追加

スポンサーリンク

感想を送信する

名前: 
サイトの文章の長さ: 少し短い 短い ちょうどいい 少し長い とても長い
ご感想やご意見等

サイトからの返信を希望の方は、受信メールの設定等の確認をお願いします。メールを送信できない場合もあります。

エラー等で感想を送信出来ない場合はお問い合わせを、ご利用ください。



自己紹介

はじめまして、「サッカーおでん」の竹串です。日本がW杯最多優勝国になるために、「サッカーおでん」を作りました。日本人の高い身体能力を活かす技術を習得しませんか。

「サッカーおでん」はシュート技術を専門に扱うサイト。


独り言

  日本代表には、いつも笑っていて欲しい。
  サッカーおでんは、日本代表と日本人選手を応援しています。

スポンサーリンク

ちょっとお知らせ

「決定力、得点力は着地数で決まる。決定力を上げるコツ」を修正。文章の変更と画像が表示されるようにした。
最終更新
2019年3月21日。

よくある悩み一覧

サッカーおでんのおすすめ


日の丸サッカーおでんのおすすめ

スポンサーリンク

Copyright © 2015 socceroden All Rights Reserved.