連絡
携帯電話の設定等を確認してください。

シュートを撃たない選手は優しさが足りない

目次
1、呪いをかけられ続ける日本のフォワード 歪められたフォワード像
2、優しさで撃ったシュートが呪いをとく シュートを撃つのはチームへの優しさである

目的
シュートを撃つことがチームへの優しさであることを知る
理由
呪いをかけられてシュートに消極的な選手に、点を取る喜びを知って欲しいから

1、呪いをかけられ続ける日本のフォワード

  • 呪いをかけられ続ける日本人選手

「FWは、周りの状況を無視してでもシュートを撃つぐらいが良い」と言う人がいる。
我が強くないといけないらしい。
我が強いという言葉には、あまり良い印象を持たない人が多いかもしれない。
過激なものでは、日常生活では問題になるような性格の方が良いという人もいる。

日本代表の試合でシュートが少ない場合、謙虚、遠慮、譲り合い等、性格が原因でシュートを撃たないと言う人もいる。
「シュートを積極的に撃たないのは、そのような国民性だから」と主張する人もいる。
このような主張する理由には、2種類あると思う。
一つ目は、本当にそう思うから、そう主張する。
二つ目は、日本が強くなると困る人が、日本人のふりをして日本が強くならないように妨害するため。
国民性や遺伝子を原因にすれば、日本人が諦めやすいのでは、と考えたのだろう。
過激な意見には、「国民性を変えないと無理」とか、「遺伝子を変えないと無理」といったものもある。「遺伝子」や「血」にこだわる人達のようだ。
全てに共通しているのが、「日本人が日本人であることに自信を持たせないようにしていること」
自信を奪う言葉は「呪い」ですので無視しましょう。「呪い」を吸収したらいけません。

呪いの言葉を聞くと、シュートを撃たない選手の方が正常のように錯覚してしまいます。
呪いによって、日本人フォワードがいなくなってしまう。
これは大問題。

呪いについては「心のお守り」に詳しく書いてあります。
「よくある質問、呪いとは何か」にもあります。

スポンサーリンク

  • 「呪い」を受けていないかの確認する

「ゆずる」、「シュート」、「積極的」、「責任」、「他人」、「自分」という言葉を使って、シュートを撃たない理由を作ってください。
サッカーで「国民性」という言葉を好む人が、日本人を理解していないことが分かると思います。
日本人を理解していない、日本人に「呪い」をかけたい国の人は、次のような文章になるでしょう。(「呪い」にかかった人も同じような傾向があるようです)
「呪い」をかける人の文章
「シュート」をはずしたときの「責任」を「自分」がとりたくないため、「シュート」を「他人」に「ゆずる」。そのため、「シュート」を「積極的」に撃たない。
このような理由を言う人の話は、聞かない方がいいでしょう。
日本や日本人に悪意を持っている人は、このように主張することが多いです。

あれ、何か変ではないか。
「呪い」をかける人が主張する意見は、何かがおかしい。

シュートは入らないものなので、はずれても本当は問題ないのですが、仮に問題があるとしましょう。
正しい認識
点が入るまでシュートを撃ち続けないことが問題です。
シュートは入らないものなので、シュートがはずれたことは全く問題ありません。

スポンサーリンク

2、優しさで撃ったシュートが呪いをとく

責任感がないことを理由にあげる意見が目立ちます。
「責任感」を調べると、自分の仕事や役割を果たそうとする気持ちと出るようです。
サッカー選手の仕事や役割とは、点を相手より多くとって勝つことでしょうね。
これから扱う「責任感」とは、「シュートを積極的に撃ちチームを勝利に導くこと」と「自分のしたことについて責任をとろうとすること」とします。

  • 責任感がない人の場合
「責任感」が「シュートを積極的に撃ちチームを勝利に導くこと」の場合

チームを勝利に導くことに興味が無い場合、自分の好きなことをするでしょう。
負けることが好きで、積極的に負けようとする人はいないと思います。
もし、存在したとしても、そのような人は試合に出れないでしょうから。

チームの勝利に興味がない選手は、自分の好きなことをするでしょう。シュートを選択することもあると思います。
シュートを撃つのが好きである。だから、自分の好きなことをする。
そうなると、責任感のない選手は積極的にシュートを撃つようになると思います。
責任感がないから自分の好きなことをする。そうなると、どんどんシュートを撃つでしょうね。

「責任感」が「自分のしたことについて責任をとろうとすること」の場合

自分のしたことに責任をとろうとしない人は、「シュート」をはずしたぐらいで責任を感じるだろうか。
責任感が無い人は、シュートをはずしたとしても責任を感じないはずだ。
何度シュートをはずしても、涼しい顔をしているはず。
むしろ、責任感が無い人ほど、シュートを積極的に撃たないとおかしい。
では、責任感がある人ほどシュートを積極的に撃たないのだろうか。
次は、責任感がある人の場合で考えてみよう。

スポンサーリンク

  • 責任感がある人の場合
「責任感」が「シュートを積極的に撃ちチームを勝利に導くこと」の場合

チームを勝利に導こうと考えている人は、積極的にシュートを撃つはず。
チームの勝利とは、相手より点を多くとることである。
だから、シュートを積極的に撃つ。
「責任感」がある人は、積極的にシュートを撃つはず。

「責任感」が「自分のしたことについて責任をとろうとすること」の場合

責任感がある人は、人が嫌がることでも引き受ける傾向がある。
「シュート」をはずしたときの「責任」を「他人」がとらされるのは可哀想だから、「自分」が「積極的」に「シュート」を撃ち、「責任」を「自分」がとる。
これが責任感がある人への正しい理解だろう。
点をとったら、「素晴らしいパスのおかげです」と言えば完璧だ。
「たまたま自分のところに良いボールが転がってきた」と言うのもいいだろう。
責任感がある人も、積極的にシュートを撃つはずだ。

「謙虚」や「譲り合い」は綺麗なもののはず。
「国民性」が原因と言う人の「謙虚」や「譲り合い」は、何か別の「汚いもの」であることが多い。
もし、日本代表や日本人選手への愛情があるならば、日本人に合った言葉で表現するはずだ。
悪意を無理やり隠そうとするから、変な文章になるのだろう。

  • 呪いを受けてしまうのはサッカーへの理解が足りないから

責任感が強い人も、そうでない人も積極的に撃つのが自然だと分かった。
では、なぜシュートを積極的に撃たない選手がいるのか。
それは、日本人がサッカーと日本人を理解していないから。
日本人のことやサッカーを理解していないから呪いを受けてしまうし、知らないうちに別の誰かに呪いをかけようとしてしまう。
「日本人は積極的で失敗を恐れない性格」なので、一番ふさわしいポジションはFWになるはずだ。
二番目に合うポジションはDFとGKだろう。理由はFWと戦うポジションだから。

日本人の国民性や一番ふさわしいポジションについて
「日本人は積極的で失敗を恐れない性格」

スポンサーリンク

  • 悪意を持った人間の攻撃とどう向き合うか

サッカーを理解し、日本人の国民性を考えたら、自然と日本人にあったFW像が出来ると思います。
上の方で少し書きましたが、「シュートを譲る行為」は優しいように見えますが、「悪意を持った人間からの攻撃」を相手に渡すことでもあります。
成功しなかった場合、シュートを譲ることは優しさではなくなります。(ただし、すでに自分が得点している場合や、誕生日等、特別な日でおいしいところを譲る場合は除く)
「悪意を持った人からの攻撃」を譲るのは、味方選手への優しさがないのと同時に、チームへの優しさも不足していることになります。

  • 成功するための失敗

チームメイトが失敗したら責められるとしたら。それなら、私が代わりにシュートを撃とう。成功すれば皆で喜びを分かち合い、失敗したら自分が責任をとろうと考えるのが、味方選手やチームへの優しさではないでしょうか。
私の目には、味方選手を無視してまでシュートを撃つ海外の選手は自己中心的な選手ではなく、チームメイトやチームに対して思いやりのある選手にうつります。味方のためにおとりになる選手を生かしているわけであり、自分がパスをしないという印象を相手に植え付けることで、味方のために役立とうとしているわけですから。
シュート練習は試合でしか出来ません。シュートを積極的に撃ちつづけることは、チームを勝利に導くことであり、自分の能力を高めることでもあります。
自分の能力が高くなれば、チームにも良い影響がでます。
「シュート練習をするな」というのは、「チームに負けろ」と言うのと同じです。

シュートを撃ち、点をとることは勝利が近付くこと。
シュートを撃つのは、チームメイトやチーム等が欲しがっているものをあげるようなもの。
味方やチームのために積極的にシュートを撃つことで、相手のマークが自分にたくさんつけば、味方が前より楽になるでしょう。
そうなると、味方がシュートを撃ちやすくなります。
味方も積極的にシュートを撃つようになると、さらに勝利が近付きます。
人に優しくすることは、自分にも良い結果をもたらします。
皆が積極的にシュートを撃つようになれば、魅力的なチームになるでしょうし、今までよりも勝利の喜びを味う回数が増えるでしょう。

サッカーのシュートは優しさで撃つ。
優しさで撃つシュートが呪いをとき、チームを勝利に導きます。
今度からパスではなく、シュートを選択しませんか。

スポンサーリンク


文章を読んで上手くなるメニュー

2015年1月22日公開。初期組

スポンサーリンク


おまけ

シュートは自分や味方の「呪い」を解く。積極的にシュートを撃ち、味方を助けよう。
点を取りにいくことはサッカー選手として当然のこと。ゴールキーパーも得点王を目指そう。エースストライカーとは、日本人のためにあるようなもの。皆で高め合おう。


スポンサーリンク

感想を送信する

名前: 
サイトの文章の長さ: 少し短い 短い ちょうどいい 少し長い とても長い
ご感想やご意見等

サイトからの返信を希望の方は、受信メールの設定等の確認をお願いします。メールを送信できない場合もあります。

エラー等で感想を送信出来ない場合はお問い合わせを、ご利用ください。


スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク


頭の使い方の確認
身体の扱い方の確認
サッカー上達法の確認
シュート編

スポンサーリンク

自己紹介

はじめまして、「サッカーおでん」の竹串です。日本がW杯最多優勝国になるために、「サッカーおでん」を作りました。日本人の高い身体能力を活かす技術を習得しませんか。

「サッカーおでん」はシュート技術を専門に扱うサイト。


独り言

  日本代表には、いつも笑っていて欲しい。
  サッカーおでんは、日本代表と日本人選手を応援しています。

スポンサーリンク

ちょっとお知らせ

微調整。
最終更新
2018年12月8日。

よくある悩み一覧


日の丸サッカーおでんのおすすめ

スポンサーリンク

Copyright © 2015 socceroden All Rights Reserved.