連絡
携帯電話の設定等を確認してください。

ボールころんこ論を覚えることがサッカー上達への近道

サッカーおでんは、ボールころんこ論を採用しています。ボールころんこ論を習得することがサッカー上達への近道です。

初心者でも分かる正解がないと上達は難しい。

偉大な選手が採用しているボールころんこ論とは。心配性な人へ、ボールころんこ論の詳しい説明もあります。

サッカー選手を惑わす宗教家の正解はどこにあるのか。正解を教えず隠し続ける宗教家正解を教え続ける健気なボール。

ボールの動きを知ることがサッカー上達の近道です。

目次
1、「サッカーおでん」は「ボールころんこ論」を採用しています
2、「ボールころんこ論」を習得することがサッカー上達への近道
3、「ボールころんこ論」とは
4、心配性な人へ。「ボールころんこ論」の詳しい説明
5、宗教家の正解はどこにある
6、正解を教えず隠し続ける宗教家
7、正解を教え続ける健気なボール
8、ボールの動きを知ることがサッカー上達の近道

目的
サッカー上達に必要なボールころんこ論を覚える
理由
ボールころんこ論を覚えることがサッカー上達への近道だから

1、「サッカーおでん」は「ボールころんこ論」を採用しています

誤解されると困るので、最初にはっきりと伝えておきます。
「サッカーおでん」は「ボールころんこ論」を採用しています。
「何とか理論」は支持していませんし、おすすめしません。
「サッカーおでん」が使う「論」は「ボールころんこ論」だけです。
「何とか理論」は全く使用しません。

「何とか理論」を否定するものではありません。
色々な考えがある方が面白いですから。
「何とか理論」の存在を否定するわけではないので、興味がある人は自由に学んでください。
ただし、「サッカー(サッカーおでん)をするとき」は、「何とか理論」を使わないでください。
「何とか理論」は専門外なので詳しいことは言いませんが、「何とか理論」は「サッカー選手の能力を制限する」でしょう。

「サッカーおでんの考え」は、「何とか理論」は「サッカー選手の能力を制限する」というものです。
興味がある人が学ぶのは問題ありません。上手くなるために様々なことを吸収しようとするのは素晴らしいことですからね。
ただし、「サッカー(サッカーおでん)」をするときは、「何とか理論」を忘れてください。
どうしても「何とか理論」を使いたいなら、「サッカーではない別のもの」を始めた方がいいでしょう。

「サッカーおでん」は「ボールころんこ論」を採用しています。
「何とか理論」はおすすめしません。
「何とか理論」の存在を否定するものではありません。勉強したい人は学んでください。

スポンサーリンク

2、「ボールころんこ論」を習得することがサッカー上達への近道

「ボールころんこ論」を習得することがサッカー上達への近道です。

  • 「頑張っているのに上手くいかない」
  • 「サッカーを長く続けているのに何かが違う」
  • 「目標の人と何が違うのか分からない」

このような悩みはありませんか?

  • 「自分の身体の使い方が正しいのか自信を持てない」
  • 「身体について学んでも上達していない気がする」
  • 「正しいと自信を持てないままサッカーを続けている」

このような悩みを持っている「サッカー選手」は多いかもしれません。
「選手」だけでなく「指導者」や「保護者」も「見えない壁」で戸惑っているかもしれません。
「見えない壁」にぶつかってしまうと、「何百年努力をしても問題は解決しない」でしょう。

「自分に自信が持てない人」に「面白い話」をしましょう。
「サッカー上達の近道」は「存在」します。
残念ながら「サッカー上達の遠回り」も「存在」します。
「何が正しいか(近道)かは、その人の立場で変わる」
このことが理解出来れば「今までよりも上達出来ます」よ。

「サッカー上達」に必要なものは、「ボールころんこ論」
「サッカー上達への近道」は、「ボールころんこ論」を習得すること。

スポンサーリンク

「ボールころんこ論」を試しましたか?
まだ、試していないですよね。
「ボールころんこ論」を紹介しているのは「サッカーおでん」だけなので、試しているはずがない。
「ボールころんこ論」は、「サッカーおでん」が考えたので、他で習うことは無いでしょうね。

「今まで頑張ってきたのに、思うような結果を出せなかった人」も安心してください。
「サッカーおでん」が紹介する「ボールころんこ論」があれば、「上達を阻む見えない壁」を一気に飛び越えることが出来るでしょう。
そのままの勢いで、憧れの選手も超えましょう。


独り言
サッカーおでん作成当時は説明しない予定でした。
「サッカーおでん」が考えていたよりも、「呪いの被害」が大きいようなので追加で作成。
予想以上の被害で驚き。

「サッカー上達への近道」を、「サッカー初心者でも分かるもの」で説明します。
「ボールころんこ論」を使って、一緒に上手くなりましょう。

「呪い」について
心のお守り

スポンサーリンク

3、「ボールころんこ論」とは

「ボールころんこ論」とは、「ボールが転がる様子」を説明したものです。
「ボール」が「ころんころん」と「転がる」。そのままですね。
「ボールの転がる様子」を注意深く観察することが、「サッカー上達の近道」になります。
「ボールころんこ論」とは、「ボールの動きを観察する」ということ。

  • 「ボールころんこ論」の正しい使い方

「ボールころんこ論」の使い方は簡単です。説明は数秒で終わります。
準備はいいですか?
「理論」とか、どうでも良い。

「ボールころんこ論」の説明は、これで終わりです。簡単なので、すぐに終わりましたね。
それでは、「サッカー」を楽しんでください。

スポンサーリンク

4、心配性な人へ。「ボールころんこ論」の詳しい説明

「サッカー上達」に「理論」は関係ない?
これだけだと意味が分かりませんよね。今まで勉強してきた人ほど、納得出来ないでしょう。
「サッカー上達(ボールの扱い方)」に「理論(身体の使い方)」が関係無い理由を説明します。

「身体の使い方(理論)」は、「ボールの扱い方の上達」に「ごま3粒分の影響」しか与えない。

「ごま3粒分の影響力」とは、「ま、ん粒分の影響」のこと。
つまり、「ごさ(誤差)の範囲内」
「ごまが全く無い状態」よりは「多い」ですが、「市販のごま1袋分」よりは「少ない」ですね。
「ごまが必要なとき」は、「3粒程度」では足りないでしょう。
「3粒が多いかどうか」は、個人の判断に任せます。

「サッカーおでん」は「サッカー上達(ボールの扱い方)」に「何とか理論」は「必要無い」と考えています。

「身体の使い方(何とか理論)」を学んでも、「ごま3粒分」しか上達しない。

スポンサーリンク

  • サッカーが上達する人の特徴

ここで扱う「サッカーが上達する」とは、「ボールの扱い方が上手になる」という意味です。
「速く走る」や「長時間走る」といったことは含みません。

「サッカーが上達する人」と、「そうでない人」の違いが分かりますか。
「サッカーが上達する人」は、「自分に足りないものを吸収」し「自信」を得ます。
「なかなか上手くならない人」は、「自分が上達しているか」分からず「不安になる」でしょう。

「同じ練習」をしても、「自分に自信を持つ人」と「不安になる人」がいます。
「練習しても不安になる」なら、「サッカー歴が長い人」ほど「自分に自信が持てない」でしょう。
「練習すれば自分に自信を持てる」なら、「今日サッカーを始めた人」でも「自分に自信が持てる」でしょう。

「サッカーを遅くから始めた人」の方が、「小さい頃からサッカーを習っていた人」よりも上手い場合もあります。
「不思議」ですよね。
「サッカーの指導法を学んでいる人」なら、「小さい頃にサッカーを始めた人の方が有利」だと考えると思います。
「指導者向けの教科書等」では、「開始年齢が重要」だと書いてあるかもしれませんが、「それだけでは説明出来ないこと」もありますよね。(私は指導者ではないので教科書等を確認したことはありません)
「自分の知識で説明出来ないこと」を「どのように処理する」か。
答えは簡単ですね。「あの人は才能があるから」と「特別扱い」すればいい。

「サッカー上達に必要なもの」とは、「ボールの扱い方」です。
「身体の使い方(理論)」ではありませんよ。

「正解」とは、「正しい位置」に「正しい答え」を「用意する」こと。
何を言っているか分からないかもしれませんが、これは「サッカーの説明」であり、「サッカー上達の秘訣」でもあります。
「サッカー上達の秘訣」や「サッカー上達に必要なもの」が分からない人は、すでに理解している「算数」で考えましょう。
ここでは、「九九(くく)」を使います。

まだ「九九(くく)」を習っていない人は、周りの大人に聞いてください。
日本の小学校を卒業しているなら、知っているはずです。
大人に質問する内容は、「九九(くく)の試験(テスト)で満点をとる方法」です。
「九九(くく)が得意になる方法」とは、「九九(くく)の上達法」ですね。


「九九が分からない子」が成績を上げるには
いきなりですが質問です。
「九九が分からない子」が「算数の試験(テスト)」で「0点」でした。
この子の成績を上げるには、どうすればいいですか?

  1. 九九を教える
  2. 鉛筆の握り方を教える

「答え」は簡単ですね。そうです、「2、鉛筆の握り方を教える」です。
「賢い子」は「鉛筆の握り方を知っている」から「成績が良い」のです。
簡単ですね。「鉛筆を握るときの理論」が分からないから、「0点」を取るのです。
何も間違っていないので、誰も文句はありませんよね?
「算数の成績を上げる」には、「何とか理論」を覚えないといけません。
さあ、「算数の成績を上げる」ために、「何とか理論」の勉強をさせましょう。
「超一流の生徒」は、「何とか理論」を知っているから「算数の試験(テスト)」で満点を取る。

上にある、頭が痛くなるような説明を読んで正しいと思えますか。
「算数のこと」、特に「九九」については「理解している大人」が多いので、「正しい選択か判断出来る」はずです。
「勉強の仕方(上達の仕方)」を知っているから、「上にある、頭が痛くなるような説明」が間違っていることに気付けるはずです。
「成績が良くない」のは、「九九が分からない」ことが原因なので、「九九を覚えること」が正解です。

  • 「九九が分からない子の成績を上げるには」
  1. 九九を教える
  2. 鉛筆の握り方を教える

この問題の正しい答えは、「1、九九を教える」です。
「九九を覚えた子」は「算数の成績」が上がりました。
「算数の上達法」とは、「九九を覚えること」ですね。
めでたし、めでたし。


「九九が分からない子」には、「九九を教えること」が「算数の上達法」でした。
「サッカー選手」にとっての「サッカー上達法」とは何か。
簡単ですね。「ボールの扱い方」を覚えることです。

「勘違い」しないように説明しておきますが、「自分の足で走ることが出来る」なら、「身体の使い方」は十分過ぎるほど理解しています。
「まだ使用していない知識(千鳥足等)を使うこと」はあっても、「身体の使い方を知らないこと」はないでしょう。
ここまでの説明では納得出来ない人もいるかもしれません。また、まだまだ心配な人もいるでしょう。
次からは、本格的な説明になります。

スポンサーリンク

5、宗教家の正解はどこにある

「サッカー選手に必要なもの」とは、「ボールの扱い方」です。
「宗教家に必要なもの」は「新たな信者」
「同じサッカー」をしていても、「選手の考え方」で「正解」は変わります。
「何が正しいかは、その人の立場で変わる」

「サッカー選手」にとって「正しいもの」とは「サッカーが上手くなること」です。
「宗教家」にとって「正しいこと」は、「教祖に従い続けること」です。
この違いが分かりますか。

「宗教家」は「獲得した信者」が「逃げないように」しないといけません。
「自分の影響力を増やす」ために、「信者が離れない」ようにします。
「何とか理論の信者」の意見を聞くと興味深いです。
「サッカー選手」としてではなく「信者としての活動」を重視していますから。
「サッカー選手」として「上手くなりたい」なら、「ボールの扱い方」を学びましょう。
「宗教家」になるのは、「ボールの扱い方」を学んだ後にしてください。

「何を信じるかは個人の自由」なので、「信者になること」を否定はしません。
一つだけ言わせてもらえば、「あなたに足りないもの」は「教祖の教え」ではなく、「ボールの扱い方」でしょう。

スポンサーリンク

  • 九九で学ぶ「サッカー上達法」

また登場しました「算数の九九」。
「九九」を知ることで、「サッカー上達法」を理解できますよ。
また、「教祖の教えを守ってもサッカーが上達しない理由」も分かるでしょう。
「九九」って、本当は凄いって知っていましたか。
「九九」が、「サッカー選手の悩み」や「信者の悩み」を解決してくれますよ。

目の前に「役に立たないとされるもの」がある場合、「二つの可能性」がある。
一つ目は、それが「本当に役に立たない」場合。
二つ目は、「自分が「それ」を使いこなせない」場合。

「一の段」から「九の段」までを覚えるとします。
(まだ「九九」を習っていない人は、「ひらがな」や「じぶんのなまえ」で考えてください)
「九九」を覚えるときに「何を準備する」か。
「正解(九九を書いた表)」を準備しますよね。
「九九を覚える人」は「正しい答え」をもらって覚えようとします。

正しい答えをもらって覚える」ことの大切さが分かりますか。
「九九を覚える」とき、「正しい答え」を「もらう」必要があります。
ここで重要なことは「九九が分からない人」でも「正しい答え」を「知ることが出来る」ということ。
何を言っているのか分かりませんよね。「サッカーおでん」は、変なことばかり言うから。

  • 「初心者」でも「九九」が上達する理由

「九九を覚えていない人」は「九九の初心者」とも言えますよね。
「九九の初心者」でも「九九が上達する(覚えることが出来る)」のは、「初心者でも分かる正解」を「もらえる」からです。
これが、今回の話で一番強調したいこと。

「九九を覚える」ときには、「自分が正しい答えを覚えているか」を確認しないといけません。
「正しい答えを覚えている」なら、「自信」が持てますよね。
「間違って覚えている」なら、「正しい答えに修正すること」で「自分の成長を実感出来る」でしょう。
「九九の初心者」が「自信」を持ったり「成長を実感出来る」のは、「初心者でも判断出来る正解」を持っているからです。

では、「選手」や「宗教家」はどうでしょうか。
「サッカー初心者」の「正しい答え」とは、「ボールの扱い方」です。
「宗教家」の「正しい答え」とは、「教祖の教え」

スポンサーリンク

6、正解を教えず隠し続ける宗教家

「宗教家」にとっての「正しい答え」とは、「教祖の教え」でしたね。
「何とか理論を学んでいる人」に質問してみたいのが、「何とか理論の正解とは何か」
「何とか理論の正解」とは「何」でしょうか。
「サッカーおでん」は「ボールころんこ論の専門家」ではありますが、「何とか理論の専門家では無い」ので、「何とか理論の正解」は分かりません。
ただ、一つだけ言えることは、「何とか理論の正解」は「初心者には分からない」ということ。

「何とか理論」では、「身体の使い方」を扱うはずです。
「ボールの扱い方」を学べることは無いでしょう。
「蹴るときの身体の動かし方」は「身体の使い方」であって「ボールの扱い方」ではありません。

  • 「初心者に分からない正しい答え」

「正しい答え」が分からないと、「自分が正しいか判断出来ない」ですよね。
「初心者に分からない」なら、「自分が正しく覚えているか」確認出来ないため、「自分に自信を持つこと」や「正しい答えに修正すること」も出来ません。
「九九の初心者」が「九九が上達する」のは、「九九の正解が初心者でも分かる」から。
「何とか理論の初心者」に「何とか理論の正しい答え」を教えないのは、「自信を得る機会」や「成長を実感する機会」を与えないのと同じです。
「身体の使い方」を覚えることを否定はしませんが、「サッカー選手に必要な答え」ではないでしょう。

「九九の初心者」に「問題だけ」与え続けるだけでは、「九九の初心者」は「自分が正しい」か分からず「自信が持てない」でしょう。
「九九を間違って覚えている」可能性もあります。
「初心者に正解を与えないこと」や、「初心者を不安にさせる勉強法」は支持出来ません。
「自分が正しい答えを覚えているかを知ること」が、「上達」につながるでしょう。

スポンサーリンク

  • 信者に正解を教えないことが教祖にとっての正解

「教祖」にとっての「正解」とは、「信者に正しい答えを教えないこと」
理解しやいように、簡単に考えましょう。
「教祖」は「信者を獲得」したい。
「獲得した信者」は、「失いたくない」
「悩みを持っている信者」に、「教祖が不要になる情報(教祖に相談しなくても良くなる情報)」は与えませんよね。

「信者だけで判断出来る正解」を与えてしまうと、「教祖に質問しなくても解決出来る」でしょう。
「教祖が必要ない」なら、「信者である必要もない」でしょう。
「悩みを解決してもらうこと」で「熱心な信者になること」はあるかもしれませんが、「信者が減る可能性」もあるので、「初心者でも分かる何とか理論の正解」は与えないでしょうね。
「問題が発生している時間」は、「信者が離れない時間」でもありますから。

「信者」として生きるなら、「教祖とのつながり」を大事にしてください。
もし、「サッカー選手」として生きたいなら、「初心者でも分かる正解」を見つけてください。
「サッカー選手の正解」は、「あなたのそば」にいますよ。

スポンサーリンク

7、正解を教え続ける健気なボール

「ボールころんこ論」とは何か。
上の説明で、「理論とか、どうでも良い」とありましたね。
他にも、「ボールの動きを観察すること」とも書いてあります。
そうです。「サッカー選手」にとっての「正解」とは、「サッカーボールの動き」です。
「ボールの扱い方」を覚えることが、「サッカー上達の秘訣」であり「サッカー上達の近道」です。

  • 初心者でも分かる正解と分からない正解

「九九の初心者」でも「九九が上達する」のは、「初心者でも分かる正解」があるからでした。
「初心者でも分かる正解」でないと、「自分が成長しているのか判断出来ない」ですよね。
「サッカー初心者」が「上達する」には、「初心者でも分かる正解」が必要です。
「サッカー初心者」でも「ボールの動き」は分かりますよね。
「ボールの動き」とは、「ボールの回転や音」のことです。
「ボールの回転」は見ればいいだけなので、「サッカー初心者でも分かります」よね。

「身体の使い方や感覚」のように「初心者では分からないもの」が「正解」だと、「上達出来ない」でしょう。
「勉強熱心な人」の方が、私よりも「正解が確認出来ない苦しみ」に詳しいかもしれません。
「自分が正しいか判断出来ない状況」だと、「不安になる」のが当たり前です。
「今まで自分に自信が持てなかった人」も安心してくださいね。
これから「上手くなれば良い」ですよ。
「サッカーおでん」が、「サッカー上達のお手伝い」をしましょう。

「初心者でも分かる正解」が無いと、「初心者が自分の力で判断出来ない」です。
「自分で確認しなくても良いのでは」と考える人もいるかもしれませんが、「指導者等がいないと確認出来ない」のは、「サッカー選手が上達する環境としては最悪」です。
「選手だけで答え合わせが出来ない環境(いわゆる、自主練習の禁止等)」は異常でしょう。
「正解を指導者が独占する」のは「選手を依存させる」には最適かもしれませんが、「選手が育つ環境」としては最悪です。

スポンサーリンク

  • ボールの動きを観察する

「ボールを動かしたとき」の「ボールの動き」を観察してください。
「ボールの回転」や「触ったときの音」も判断材料になります。
「サッカー初心者」におすすめなのは、「ボールの回転」ですね。
「ボールの回転」なら、「視力が良ければ」問題ありませんから。
「回転が分からない」ときは、「ボールに近付く」か「誰かに見てもらう」といいです。

「ボールの音」は少し判断が難しいかもしれません。
「ボールの芯を撃ち抜いたとき」は、「低い音や重たい音(ズドンやドン)」が出ます。
「ボールの芯をはずしたとき」は、「高い音や軽い音(パンやペチッ)」になります。

「音」で判断出来なくても「ボールの回転」で判断すれば問題ありません。
「ボールの芯を撃ち抜く」と、「回転」は「無回転」に近付き、「音」は「低い音や重たい音」になります。
「ボールの芯をはずす」と、「ボールの回転が多め(ボールの文字が読めない等)」で、「高い音や軽い音」になります。

  • サッカー選手に上達法を伝え続けるサッカーボール

「ボールを蹴るとき」に「サッカーボール」のことを考えたことはありますか。
「サッカーボール」は「サッカー選手が触るたび」に「サッカー上達法」を教えてくれます。
たとえ「サッカー選手に無視され続けた」としても、「サッカーボールは選手に正解と上達法を伝え続けます」
「サッカーボール」は可愛いですよね。
「選手に無視され続けても」、「選手のために自信と成長を実感する機会を与え続ける」のですから。
「健気で可愛いサッカーボール」

「サッカーボール」を見ていると、「困難な状況に立ち向かう勇気」が湧いてきます。
「サッカーボール」は「選手に必要な心の強さ」も教えてくれます。
「サッカー選手の先生」ですよね、「サッカーボール」って。
「ボール」は「選手のお手本」であり「理想のサッカー選手」でもある。
「サッカーボール」は「苦しい状況でも絶対に折れることは無い」(多少空気が抜ける程度。失った空気は補充すれば良い)

「サッカーの上手さ」は「サッカー歴」で決まるのでは無く、「ボールを愛した時間」で決まる。

スポンサーリンク

8、ボールの動きを知ることがサッカー上達の近道

「サッカー上達の近道」は、「ボールの扱い方」を知ることです。
「ボールの動き」を観察することで、「サッカーが上達」します。
「ボールの回転」や「ボールに触れたときの音」にも注意してください。

「ボールの動きが同じ」でも、「ボールの扱い方」が異なることもあります。
例えば「ドリブル」。もう少し先で扱う予定ですが、「ボールを左右に動かすとき」に、「一回だけ音が出る切り返し」と「二回音がする切り返し」、「無音の切り返し」があります。
「ボールの動き」は同じですが、「ボールの扱い方」が違います。

「ボールの扱い方」には様々なものがあるので、自分が好きなやり方を選んでください。
「ボールの動き(移動する方向)はそのまま」で、「ボールの回転や音」を変えるのも面白いかもしれません。
特に「ボールの回転」は面白いですよ。
「ボールの回転」を覚えると「ドリブルが上手になる」でしょうね。

「ボールの動きを知ること」が「サッカー上達への近道」
「ボールの回転」や「ボールに触るときの音」も観察しよう。

スポンサーリンク

  • サッカー上達の秘訣

「サッカー上達の秘訣」は、「初心者でも分かる正解」を見つけることです。
「一部の人しか分からない正解」は、「正解とは言えない」でしょう。
「正解を独占すること」が「正解になる場合」と「間違いになる場合」があります。

「正解を独占することが正解になる場合」とは、「安全」や「お金」に関することでしょうか。
「国家の安全のため」に、「外国人や攻撃集団に情報を公開しないこと」は正しいです。
「お金を稼ぐため」に、「主力商品の作り方や信者を増やす方法を教えないこと」も正しいでしょう。

「九九」のように「知らないものを学ぶとき」は、「正解を教えること」が正しい。
「教えたら本人のためにならない」、「自分で気付くことが大事」と「九九を隠し続ける」と「九九が上達しない」ですよね。
「何を学ぶか」も大事ですが、「誰に学ぶか」も大切です。

「先生を探すとき」は、「正解を教えてくれるか」、「初心者でも理解出来る正解を準備出来る人か」を確認しましょう。
「九九を生み出すまでの時間」は「無駄」でしょう。
「九九」は「自分で発見するために学ぶ」のではなく、「別の答えを導くため」に学ぶはず。
「九九を覚える時間」よりも、「覚えた九九で別の答えを探す時間」の方が長いです。
これは、「九九を使って何かを生み出すこと」を目的としているからでしょう。
「九九」は「九九を使って点をとるため」に学ぶ。
「九九を覚えること」が「ゴールでは無い」。「ゴールは九九の先にある」

「サッカー選手」は「何のため」に「ボールの扱い方を学ぶ」のか。
「九九」と同じように、「覚えた技術で点をとるため」に学ぶはず。
「ボールの扱い方を覚える時間」よりも「覚えた技術で点をとろうとする時間」の方が長いのが正常です。
「何のために学ぶか」と聞かれたら、「試合で点をとるため」と答えるでしょう。

「点をとること」に時間を使わずに、「点をとるための技術を発見させること」に時間を使わせるのは理解出来ない。(基礎練習を否定するわけではありません)
「技術習得に個人差があり時間をかける」のは理解出来ますが、「技術を覚えるための身体作り」に時間を費やすのは全く理解出来ない。
「九九を覚えるための身体作りに時間を使う」ようなもの。生徒は退屈でしょう。
貴重な時間は大切に使いましょう。「楽しさ(得点や勝利等)」に近付けませんよ。

「九九を覚えること」が「ゴール」ではない。
「ボールの扱い方を覚えること」も「ゴール」ではない。
「ゴールとは、本番で点をとること」
「ゴールは覚えたものの先にある」
「覚えること」は「終わり」ではなく「始まり」です。


「ボールころんこ論」とは「理論」を気にしなくても問題ないということ。
「何とか理論」は「サッカー上達(ボールの扱い方)に関係ない」です。

「宗教家」について
宗教家ではなくサッカー選手になろう

スポンサーリンク

2018年1月26日公開。追加組


おでん式(日本式)キックメニュー

頭の使い方の確認
身体の扱い方の確認
サッカー上達法の確認
シュート編

スポンサーリンク

感想を送信する

名前: 
サイトの文章の長さ: 少し短い 短い ちょうどいい 少し長い とても長い
ご感想やご意見等

サイトからの返信を希望の方は、受信メールの設定等の確認をお願いします。メールを送信できない場合もあります。

エラー等で感想を送信出来ない場合はお問い合わせを、ご利用ください。


スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク


頭の使い方の確認
身体の扱い方の確認
サッカー上達法の確認
シュート編

スポンサーリンク

自己紹介

はじめまして、「サッカーおでん」の竹串です。日本がW杯最多優勝国になるために、「サッカーおでん」を作りました。日本人の高い身体能力を活かす技術を習得しませんか。

「サッカーおでん」はシュート技術を専門に扱うサイト。


独り言

  日本代表には、いつも笑っていて欲しい。
  サッカーおでんは、日本代表と日本人選手を応援しています。

スポンサーリンク

ちょっとお知らせ

微調整。
最終更新
2018年12月8日。

よくある悩み一覧


日の丸サッカーおでんのおすすめ

スポンサーリンク

Copyright © 2015 socceroden All Rights Reserved.