連絡
携帯電話の設定等を確認してください。

おでん式(日本式)キック実践編

サッカーが上手くなりたいなら、おでん式(日本式)キックを試してください。

最強で最高の技術を習得しましょう。偉大な選手達が使用する八百万軸、おみ足忍び足、ボールころんこ論、今日も美し蹴る動作を覚えることがサッカー上達の近道です。

サッカーでは八百万軸、おみ足忍び足、ボールころんこ論、今日も美し蹴る動作が大事。サッカーおでんは最強で最高を目指す。

最強で最高の自分になるために、全ての状況に対応出来るようにするといいでしょう。

偉大な選手も昔は普通の選手でした。サッカーおでんと一緒に偉大な選手の仲間入りをしませんか。

目次
1、「八百万軸、おみ足忍び足、ボールころんこ論、今日も美し蹴る動作」が大事
2、「サッカーおでん」は最強で最高を目指す
3、最強で最高の自分になるために
4、全ての状況に対応出来るようにする
5、「おでん式(日本式)キック」メニュー

1、「八百万軸、おみ足忍び足、ボールころんこ論、今日も美し蹴る動作」が大事

「サッカーおでん」が紹介する「おでん式(日本式)キック」を習得するには、「八百万軸、おみ足忍び足、ボールころんこ論、今日も美し蹴る動作」を理解する必要があります。
「理解」と書いてありますが、確認するだけなので非常に簡単です。
「必ず採用しないといけないというわけでは無い」ので、合わないなら使わなくても問題ありません。
「採用しない場合」は、「制限されたキック」になります。(制限されていても優秀です)

  • 簡単な紹介を

「サッカーおでん」が採用している4つの考え方。

上にある考え方は、全て同じです。
「ボールの扱い方」を覚えるときに「身体の使い方を覚える必要はありません」という内容です。
「身体の使い方を覚えたい人」は学んでください。
ただし、「サッカー(サッカーおでん)をするとき」は「身体の使い方」は忘れてください。

「サッカーおでん」が「身体の使い方を覚える必要が無い」と考えるのは、「自分の足で歩くことが出来るなら十分使い方を覚えている」と判断しているから。
「サッカー選手に必要なもの」は「ボールの扱い方」であって「身体の使い方」ではありません。

「ボールを扱うには身体を動かす必要がある」ので、「身体の使い方を覚える必要がある」と考えるのは自然かもしれません。
「サッカーおでん」では「自分の足で歩くことが出来るなら身体の使い方を十分理解している」と考えています。
「他のところ」は、「自分の足で歩くこと以上の能力が必要」だと考えているかもしれません。

他にも「動きの質を向上させる」という考えもあるでしょう。
これも理解出来ますが、「ボールの扱い方を覚えるとき」に「動きの質も勝手に向上する」ので、特別気にする必要はないでしょう。
「ボールが選手を鍛える」のであって、「宗教家が選手を育てるのではありません」
(「サッカーおでん」では「動きの質を上げる練習」を扱わないので興味がある人は個人で行なってください)

「何とか軸」や「何とか足」、「何とか理論」、「何とか動作」等を採用すると「選手としての能力が制限されます」
「サッカーおでん」の「おでん式(日本式)キック」を使うときは「何とか等」を採用しないでください。
「選手としての能力が制限されます」

スポンサーリンク

  • 「サッカーおでん」は「何とか等(身体の使い方)」を使わない

「何とか等(身体の使い方)」の存在を否定するものではないので、学びたい人は勉強してください。
「サッカーおでん」は「何とか等(身体の使い方)」とは「全くの別物」です。
同じだと思わないでくださいね。一緒にされると困ります。
「一緒だと勘違いする」と「入り口で間違います」

  • 「サッカーおでん」が採用しない考え方(何とか等)
  • 「何とか軸」
  • 「何とか足」
  • 「何とか理論」
  • 「何とか動作」
  • 「何とか力」
  • 「その他、ここで紹介していない身体の使い方等」
  • 「サッカー」では「サッカーのルール」が優先される

「サッカーで禁止される身体の使い方」はありません。(反則等は除く)
「サッカー」で大事なのは「ボールがゴールに入ったか」
「身体の使い方」ではありません。
「何とか等(身体の使い方)」では、「好ましくない身体の使い方」が「設定されている」はずです。

「宗教」で「禁止されていること」と「サッカーで禁止されていること」を比べたら分かります。
「教祖が禁止していること(好ましくない身体の使い方)」「サッカーでは禁止されていません」
「教祖の教え」と「サッカーのルール」、どちらを優先すべきか。
簡単です。「サッカー選手ならサッカーのルール」を「宗教家なら教祖の教え」を優先すべきですね。
「サッカーおでん」は「サッカー選手のためのサイト」なので、「サッカーのルールを優先すべきだ」と考えています。

「ボールがゴールに入った」とき、「サッカーのルール上問題無い(反則が無い等)」なら「得点」として認められます。
「シュート時の身体の使い方」が「宗教家の考える理想の動かし方」と違っていても「得点として認められる」
これは、「サッカーが認めていること」を「宗教家が勝手に禁止している」ことを意味します。
「サッカー」と「サッカーのようなもの」は別物です。

「サッカー」は「相手よりも点を多くとった方」が勝者になります。
「シュートの蹴り方で減点されることはありません」
「サッカーで認められていることを勝手に禁止したい」なら、「宗教家」になればいい。
「宗教家になりたい人」は「サッカーでは無い別のこと」を始めてください。
「邪魔」です。

「知らない間に宗教家に近付いてしまった人」でも、「サッカー選手として上手くなりたいと考えている」なら大歓迎です。同じ「サッカー選手」として歓迎致します。いつでもいらしてください。

スポンサーリンク

2、「サッカーおでん」は最強で最高を目指す

「サッカーおでん」は、「最強」で「最高」を目指します。
「最強」や「最高」と言われても、何のことか分かりませんよね。
そこで、簡単に単語の説明を。

「最強」とは「最も強いこと」を、「最高」とは「最も素晴らしいこと」を言います。
「ゲーム」で言う「最強装備」や「最高の機体」のことです。
「出来ないことが無い技術や肉体」のことを「最強で最高」と言うことにします。

「出来ないことがある技術や肉体」は、「最強でも最高」でもありません。
「サッカーに必要なこと」を理解してから、「サッカーおでん」の「おでん式(日本式)キック」を習得しましょう。
「最強で最高」か「初心者でも分かる」ように、判断材料はしっかりと提供します。
なぜ「最強で最高」なのか理解しながら学ぶと、比較的短期間で習得出来るでしょう。

  • サッカーはシュートを多く決めた方が勝つ

サッカーは「シュート」を多く決めた方が勝ちます。
勝敗は「シュート」で決まるため、「シュート」を使って「最強で最高」か判断するといいでしょう。

「全ての状況に対応出来るもの」が「最強で最高」です。
「おでん式(日本式)キック」は、「最強で最高」を目指します。

スポンサーリンク

  • サッカー選手に足りないものは1つだけ

サッカー選手に必要なものは「ボールの扱い方」だけ

サッカーでは、「ボールの扱い方」が上手い人の方が活躍します。
「サッカー上達法」で調べると、「身体の扱い方」を説明してあるところが多い。
「身体の扱い方」が必要なのは間違いありませんが、「サッカー選手に足りないもの」は「身体の扱い方」ではなく「ボールの扱い方」です。

「サッカーに興味を持っている人」で「身体の扱い方」を新しく学ばないといけない人はいないでしょう。(怪我からの復帰等は除く)
「このような使い方もありますよ」程度のことを確認することはあっても、「新しく習得する動き」は無いはずです。
「自分の足で歩くことが出来る」なら、「サッカーに必要な身体の扱い方」は「自分の身体」が知っています。
「大切な時間」は、「ボールの扱い方」を学ぶために使ってください。(時間が余っているのなら「身体の扱い方」を覚えるといいでしょう)

「身体の扱い方」を知っているか気になる人もいると思うので、「おでん式(日本式)キック」の最初の方で確認します。
「知識として知っているもの」を実際に使うだけです。とても簡単なので安心してください。

「サッカー選手に足りないもの」は「ボールの扱い方」だけ。
「サッカーに興味を持っている人」は、「身体の扱い方」を知っている。

  • 日本人の身体能力の高さは世界一

「日本人選手が苦戦する理由」として、「間違った考え」が広がっているようです。
「日本人の身体能力の高さは世界一」です。
まずは正しい認識をしてください。

「東アジア系の呪い(日本人差別)」で「勘違い」している人が多いですが、「日本人の身体能力は非常に高い」です。
「ボールの扱い方」で上手くいかないのは、「日本人の身体能力が高すぎる」から。
「身体能力が低いからではありません」

「日本人の高い身体能力でも壊れない技術」を学ばないと「サッカー」で苦労しますよ。
「ボールの扱い方」が上手くいかないのは、「日本人が学ぶボールを扱う技術」が「日本人に使われること」を「想定していないから」
「日本人のボールを扱う技術は非常に高い」のですが、「教わる技術が日本人が要求する水準を満たしていない(正確さや強度、安全性等)」
「日本人の身体能力が高すぎて」、「技術が千切れている」

「日本人が求めるもの」と「外国人が求めるもの」は違います。
「商品」で考えるといいでしょう。
「品質が安定しているか」、「性能は高いか」、「耐久性や安全性はあるか」等、「どこまで求めるか」は「国によって異なります」
「数回使えるなら問題無いと考えて作られたもの」と、「一生使えるものを追求して完成したもの」は「質が違います」よね。

「サッカーの技術」も同じです。
「外国人が満足する水準」と「日本人が納得する水準」は違うでしょう。
「日本代表」の試合を見ていると、「ボールを扱う技術」を「引き千切る日本人選手」がいます。
「漫画やアニメ」のようです。

もう少し「頑丈な技術」を習得した方がいいでしょうね。
「サッカーおでん」の「おでん式(日本式)キック」は、「日本人の高い身体能力」でも「壊れない技術」です。

スポンサーリンク

3、最強で最高の自分になるために

「最強で最高」になるためにも、自分の能力を判断する方法が必要です。
これが無いと、「自分は成長しているのか」、「あと何が足りないのか」が分からないため、貴重な時間を無駄に過ごしてしまうかもしれません。
まずは、簡単な判断基準を持ちましょう。

  • シュートを撃つときはどうする

「最強で最高」なら、「どのような状況でもシュートを撃てる」はず。(入るかどうかは別として)
「シュートを撃つ場面」を想像してください。相手ゴールキーパーと1対1です。
「シュート」は「右」、「真ん中」、「左」のどこかに撃ちます。(今回は「高さ」は考えない)
どこを選ぶかは個人の判断になりますが、3つの中から選択することになるでしょう。
「最強で最高ではない場合」、選択肢は1つか2つになるかもしれません。

「日本語サッカー」の場合、「右と真ん中(左利き)」か「左と真ん中(右利き)」を選ぶかもしれません。(「アウトサイドキックが得意な方向」が苦手な傾向にあるでしょう)

「蹴ることが出来ない場所がある技術」は「自分の能力を制限する蹴り方」です。
自分の能力を確認するときは、「左右」に蹴ることが出来るか確認してください。(右利きなら右、左利きなら左に飛ばせるか)

未完成の蹴り方の場合
「蹴ることが出来ない場所」があるなら、それは「未完成の技術」です。
「未完成の技術を習った人」は、「蹴ることが出来ない場所の確認をしない」でしょう。
「ゴールキーパーとの1対1」で分かるように、「右」、「真ん中」、「左」に飛ばすことが出来ない技術は、残念ながら「最強でも最高でも」ありません。
それなりの技術です。「3つの方向に飛ばす発想があるか」で判断するのもいいでしょう。

「最強で最高の自分」になるために、「蹴ることが出来ない場所」を無くしましょう。
「右」、「真ん中」、「左」に飛ばせるかは、「おでん式(日本式)キック」を自分のものに出来たか判断するときに使います。
「ボールがどこに飛んだか」は、初心者でも分かりますよね。素人でも使いやすい判断方法だと思います。

スポンサーリンク

4、全ての状況に対応出来るようにする

試合中、「自分の能力」を全て出す必要はありません。
必要な分だけ出すようにしましょう。まずは「全ての状況に対応出来る」ようにします。
一割の力」で「相手に圧勝する」ようにしてください。
「強い相手」でも「二割程度の力」で勝ちましょう。
「三割」は「出し過ぎ」です。
「最強で最高」を目指してください。

「一割の力」
全力を10としたとき、1の力で戦うことです。

「サッカーおでん」は「日本代表がW杯最多優勝国」になることを目指しています。
「一割の力」で「相手に圧勝する」ことを目指すのは、「W杯の決勝で勝つため」です。
「試合が一回だけ」なら「全力で戦う」のもいいですが、「続きがある」なら「体力を残す」必要があります。
「サッカーおでん」は、「日本サッカーの型」は「全員で攻撃し、全員で守る」と予想しています。
「人が動くサッカー」では、「疲労との戦い」になるため、「一割でも強豪国に圧勝する能力」を獲得してください。
「決勝で相手に圧勝する」ために、「最強で最高」を目指します。

「おでん式(日本式)キック」は、「走れない状態でも強烈なシュートが撃てる」ようになっています。
「足を振る元気がある」なら、「強烈なシュート」を撃てます。(助走無し)

スポンサーリンク


「インステップキック」や「インサイドキック」、「アウトサイドキック」等でも「おでん式(日本式)キック」を扱いましたが、ここからは更に踏み込んだ内容になります。
「おでん式(日本式)キック」には「ドリブル」や「トラップ」も含まれます。
「日本語サッカー」を学んだのに「シュートが上手く飛ばない人」や「理想のドリブルが手に入らない人」は、「おでん式(日本式)キック」を試してください。きっと良い結果が出るはずです。

「日本語サッカー」では扱わない内容が多くなるため、細かく区切って説明します。
自分の体調に合わせて進んでください。無理はしないでくださいね。

「経験者でも初めて触れる内容」だと思います。
一度に覚えようとするのではなく、少しずつ学んでください。
ここで紹介するものが必要ないと感じるなら、覚えなくても全く問題ありません。
「自分の考えを優先」してください。

スポンサーリンク

「おでん式(日本式)キック」実践編メニュー


頭の使い方の確認
身体の扱い方の確認
サッカー上達法の確認
シュート編

2018年1月25日公開。追加組


おでん式(日本式)キックメニュー

頭の使い方の確認
身体の扱い方の確認
サッカー上達法の確認
シュート編

スポンサーリンク

感想を送信する

名前: 
サイトの文章の長さ: 少し短い 短い ちょうどいい 少し長い とても長い
ご感想やご意見等

サイトからの返信を希望の方は、受信メールの設定等の確認をお願いします。メールを送信できない場合もあります。

エラー等で感想を送信出来ない場合はお問い合わせを、ご利用ください。


スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク


頭の使い方の確認
身体の扱い方の確認
サッカー上達法の確認
シュート編

スポンサーリンク

自己紹介

はじめまして、「サッカーおでん」の竹串です。日本がW杯最多優勝国になるために、「サッカーおでん」を作りました。日本人の高い身体能力を活かす技術を習得しませんか。

「サッカーおでん」はシュート技術を専門に扱うサイト。


独り言

  日本代表には、いつも笑っていて欲しい。
  サッカーおでんは、日本代表と日本人選手を応援しています。

スポンサーリンク

ちょっとお知らせ

微調整。
最終更新
2018年12月8日。

よくある悩み一覧


日の丸サッカーおでんのおすすめ

スポンサーリンク

Copyright © 2015 socceroden All Rights Reserved.