連絡
携帯電話の設定等を確認してください。

地面を蹴るのは足首を地面に近付けるから

目次
1、地面を蹴るとは
2、地面を蹴る理由 地面を蹴る理由
3、地面を蹴らないようにする方法 地面を蹴らない蹴り方を探す、おまけ

目的
地面を蹴らない蹴り方を手に入れる
理由
安心して足を振りたいのと、怪我をしないため

1、地面を蹴るとは何か

  • 地面を蹴るとは

サッカーをしていると、地面を蹴ることがあるようです。
特にインステップキックをするときに、地面を蹴る人が多いようです。
地面を蹴るとは、どのようなことなのか。
また、地面を蹴らないようにする方法はあるのか考えます。

地面を蹴るとは、足が地面に当たること。インステップキックを使うときによく起こります。
地面を蹴るには、足と地面の距離が近くないといけません。
足と地面の距離が近くなり続け、最終的に足が地面とぶつかる。
このことを、地面を蹴ると呼ぶようです。

サッカーで地面を蹴るとは、足が地面に当たること。

スポンサーリンク

2、地面を蹴る理由

  • 地面を蹴る

地面を蹴るとは、足が地面に当たることだと分かりました。
では、なぜ足が地面に当たるのか考えましょう。

足が地面に近付くとどのようなことが起こるか。
サッカーの蹴り方では、足を地面に近付けると地面を蹴ってしまいました。
他の動作でも同じことが起こるのでしょうか。

人が歩くとき、足が地面に近付きます。歩くときに足が地面に近付くのですが、地面を蹴ることは少ないでしょう。
何もない地面でつまずく場合は、「前脛骨筋(ぜんけいこつきん)」が衰えていることが少なくないようです。
足の筋肉が衰えてくると、何もないところで転びそうになるようです。

筋力の低下を除いて、歩くときに地面を蹴ることは少ないと思います。
歩くときは地面を蹴らないのはなぜか。
ボールを蹴るときと、何か違いがあるのかもしれません。

スポンサーリンク

  • 足が地面に近付く2つの動作

歩くときは足が地面に近付くのですが、地面を蹴ることは少ない。
同じような動作のサッカーのキックでは、地面を蹴ることが少なくない。
この違いが気になりますね。

地面を蹴るのは、インステップキックが多いようです。
ここに地面を蹴る原因がありそうです。
インステップキックを観察しましょう。

  • インステップキックの特徴

インステップキックで調べると、足首を伸ばして蹴ると書いてあることが多いようです。
足首を伸ばすことが大事らしい。この「足首を伸ばす」が気になりますね。
歩くときは足首を伸ばしません。インステップキックでは足首を伸ばす。
ここに、地面を蹴る理由が隠されているはずです。

スポンサーリンク

  • 足首が必要とする空間

足首を伸ばして足を振るとき、歩くときよりも広い空間が必要になります。
普段歩くように足を動かしても、足首が伸びた分だけ足が地面に近付きます。
しっかりと足を動かしたつもりでも、足首が伸びた分の空間を増やすことが出来なかったのでしょう。
地面を蹴るのは痛い。だから、思い切り足を振ることが出来ない。
地面を蹴る痛みを知ってしまうと、足を振るのが怖くなっても不思議ではありません。

  • 足首を伸ばさなければいい

歩くときに地面を蹴らないなら、インステップキックを使うときも足首を伸ばさなければいいですよね。
足首を伸ばすから地面を蹴るのだとしたら、足首を伸ばさなければ地面を蹴ることは無いはず。
この方法なら地面を蹴ることが少なくなるでしょう。

地面を蹴る理由
足を地面に近付けるから。
足首を伸ばすから。

スポンサーリンク

3、地面を蹴らないようにする方法

地面を蹴らない究極の方法は、足を動かさないことです。
でも、これだとサッカーが出来ません。
別の方法を考えましょう。

地面を蹴る理由を2つ見つけました。
足を地面に近付けるからと、足首を伸ばすから。
これを、もう一度確認します。

足を地面に近付けるから地面を蹴るなら、足を地面に近付けなければいいですよね。
地面から遠い場所で足を振ると、地面を蹴ることは無い。
これは正しいようです。

今度は、足首を伸ばして確認してみましょう。
地面から遠い場所で足を振ると、足首を伸ばしているのに地面を蹴ることはありません。
空中に足があるなら、足首を伸ばしても関係ないようです。
足首を伸ばしていても、地面を蹴らないこともあることが分かりました。
少し考え直す必要がありそうです。

スポンサーリンク

  • 足を地面に近付けない方法

足を地面に近付けると地面を蹴ることが分かったので、足を地面に近付けない蹴り方を考えましょう。
ボールを蹴るとき、足を下の図のように動かします。
下の図を見ると、足が地面に近付くのは(2)のときですね。
(2)のときに地面を蹴るようなので、この動作を工夫しましょう。

足を前後に動かす絵
  • 足が地面から離れていく蹴り方

大胆に考えましょう。
足が地面から離れていく蹴り方はどうでしょうか。
足が地面から離れていけば、地面を蹴ることはない。
足が地面から離れていくので、安心して足を振ることが出来るでしょう。
この蹴り方を使うとよさそうです。

足を前後に動かす絵

ボールを蹴るときの動作を確認すると、上の図(1)で足を後ろに引く。テイクバックと呼ばれているようだ。
後ろに引いた足を、ボールに向かって動かす。(2)の動作。
この(2)の動作のときに、足が地面に近付くことになる。
ここの動作を変えて、足が地面から離れていく蹴り方に変えてみよう。

足を地面から離すように動かす絵

上の図(1)から(3)のようにすると、足が地面から離れる蹴り方になる。
この蹴り方を使えば、地面を蹴ることはなくなるはずだ。
(4)を見ると、足が地面から離れていくことが分かる。
飛行機が離陸するような動きになっている。
飛行機が離陸するように足を動かそう。そうすることで、地面を蹴るのを避けることが出来る。

スポンサーリンク

  • 足が地面から離れていく蹴り方の良いところ

地面から離れるように足を動かすことで、地面を蹴ることがなくなる。
地面を蹴ることがないので、足をしっかりと振ることが出来る。
他にも、足首を伸ばした状態でも足を振ることが出来るため、足首を伸ばす蹴り方も可能になる。
この蹴り方を使えば、低く強烈なシュートを撃つことが出来るようになる。

蹴り足を後ろに大きく引くと、地面を蹴るだけでなく、相手にシュートを撃とうとしていることが伝わってしまう。
蹴り足を後ろに引く蹴り方は、地面を蹴りやすいのと相手にシュートを読まれやすいので避けた方がいいでしょう。

蹴り方には色々なものがあります。自分が良いと思った蹴り方を選ぶといいでしょう。
今回紹介した「足が地面から離れていく蹴り方」は、「おでん式(日本式)キック」の「蹴り足の膝を横に振る」で扱います。
「おでん式(日本式)キック」では、「蹴り足を縦に振る蹴り方」も扱います。
日本語サッカーとは違う足の使い方をします。
色々な蹴り方がありますので、自分がいいと思う蹴り方を選びましょう。

おまけ
「蹴り足を地面から離す蹴り方」は、飛行機の離陸に似ています。
「蹴り足を後ろに大きく引き、地面に向かって動かす蹴り方」は、バンジージャンプに似ています。

「おでん式(日本式)キック」は地面を蹴らないようにするため、「蹴り足を地面に向かって勢いよく近付ける動き」を使いません。安心して足を振りたいですからね。
より速く、より力強く動かすことを目指しています。もっと速く、もっと先へ。
シュートを、もっと楽しくしたい。

スポンサーリンク


文章を読んで上手くなるメニュー

2015年1月22日公開。初期組

スポンサーリンク

感想を送信する

名前: 
サイトの文章の長さ: 少し短い 短い ちょうどいい 少し長い とても長い
ご感想やご意見等

サイトからの返信を希望の方は、受信メールの設定等の確認をお願いします。メールを送信できない場合もあります。

エラー等で感想を送信出来ない場合はお問い合わせを、ご利用ください。


スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク


頭の使い方の確認
身体の扱い方の確認
サッカー上達法の確認
シュート編

スポンサーリンク

自己紹介

はじめまして、「サッカーおでん」の竹串です。日本がW杯最多優勝国になるために、「サッカーおでん」を作りました。日本人の高い身体能力を活かす技術を習得しませんか。

「サッカーおでん」はシュート技術を専門に扱うサイト。


独り言

  日本代表には、いつも笑っていて欲しい。
  サッカーおでんは、日本代表と日本人選手を応援しています。

スポンサーリンク

ちょっとお知らせ

微調整。
最終更新
2018年12月8日。

よくある悩み一覧


日の丸サッカーおでんのおすすめ

スポンサーリンク

Copyright © 2015 socceroden All Rights Reserved.