連絡
携帯電話の設定等を確認してください。

八百万軸を習得することがサッカー上達への近道

サッカーおでんは八百万軸を採用しています。八百万軸を習得することがサッカー上達への近道です。

偉大な選手が使用している八百万軸とは。心配性な人へ、八百万軸の詳しい説明もあります。

偉大な選手達が使う八百万軸を覚えないのはサッカー上達の遠回りです。

サッカー選手に忍び寄る宗教家の言葉とは。ボールの扱い方を学ぶことでサッカーが上達する。

目次
1、「サッカーおでん」は「八百万(やおよろず)軸」を採用しています
2、「八百万(やおよろず)軸」を習得することがサッカー上達への近道
3、「八百万(やおよろず)軸」とは
4、心配性な人へ。「八百万(やおよろず)軸」の詳しい説明
5、サッカー選手に忍び寄る宗教家の言葉
6、ボールの扱い方を学ぶことでサッカーが上達する

目的
サッカー上達に必要な八百万軸を習得する
理由
八百万軸を習得することがサッカー上達への近道だから

1、「サッカーおでん」は「八百万軸(やおよろず)」を採用しています

最初にはっきりと伝えておきます。
「サッカーおでん」は「八百万(やおよろず)軸」を採用しています。
「何とか軸」は支持していませんし、おすすめしません。
「サッカーおでん」が使う「軸」は「八百万軸(やおよろず)」だけです。
「何とか軸」は全く使用しません。

「何とか軸」を否定するものではありませんよ。
色々な考えがある方が、発展するでしょう。
「何とか軸」の存在を否定するわけではないので、学びたい人は自由に学んでください。
ただし、「サッカー(サッカーおでん)をするとき」は「何とか軸」を使わないでください。
「何とか軸」の専門家ではないため詳しいことは言いませんが、「何とか軸」は「サッカー選手の能力を制限する」でしょう。

「サッカーおでんの考え」は、「何とか軸」は「サッカー選手の能力を制限する」というものです。
学びたい人を止めることはありません。大いに学んでください。
ただし、「サッカー(サッカーおでん)」をするときは、「何とか軸」を忘れてください。
どうしても「何とか軸」を使いたいなら、「サッカーよりも別のこと」を始めた方がいいでしょう。

「サッカーおでん」は「八百万軸(やおよろず)」を採用しています。
「何とか軸」はおすすめしません。
「何とか軸」の存在を否定するものではありません。学びたい人は学んでください。

スポンサーリンク

2、「八百万(やおよろず)軸」を習得することがサッカー上達への近道

「八百万(やおよろず)軸」を習得することが「サッカー上達への近道」です。

  • 「一生懸命練習しているのに上手くいかない」
  • 「何十年もサッカーを続けているのに何か違う」
  • 「よく分からないままサッカーを続けている」

このような悩みはありませんか?

  • 「サッカーの勉強をしているのに良く分からない」
  • 「身体の使い方を勉強しているけれど改善されているのか分からない」
  • 「よく分からないまま、何となく練習を続けている」

上のような悩みを持っている「サッカー選手」は多いのではないでしょうか。
「サッカー選手」だけでなく「指導者」や「保護者」も「見えない壁」にぶつかっているかもしれません。
「見えない壁」にぶつかってしまうと、「たっぷりと時間を費やしても悩みは解決出来ない」でしょう。

「新しいことを学んだのに、自分が正しく出来ているか分からない人」に「面白い話」をしましょう。
「サッカー上達の近道」は「存在」します。
そして、「サッカー上達の遠回り」も「存在」します。
「何が正しい(近道)かは、その人の立場で変わる」。
このことを理解出来れば、「今までよりも上達する」でしょう。

「サッカー上達」に必要なものは、「八百万(やおよろず)軸」です。
「サッカー上達への近道」は、「八百万(やおよろず)軸」を習得すること。

「八百万(やおよろず)軸」を試しましたか?
おそらく、まだ試していないでしょう。
「八百万(やおよろず)軸」を紹介しているのは「サッカーおでん」だけですからね。
なぜ、「サッカーおでんだけしか紹介していないのか」。
それは、「八百万(やおよろず)軸」という言葉は、「サッカーおでん」が付けたから。
単純な答えですね。
「今までサッカーを頑張ってきたのに、思うような結果を出せなかった人」も安心してください。
「サッカーおでん」が紹介する「八百万(やおよろず)軸」があれば、「上達を阻む見えない壁」を一気に破壊出来るでしょう。
そして、憧れの選手を超えることも可能です。


独り言
サッカーおでんを作成しているときは説明しなくても問題が無いと考えていました。
「サッカーおでん」が考えていたよりも、「呪いの被害」が大きいようなので追加で作成。
予想以上の被害で驚いています。

「サッカー上達への近道」を、「日本人に馴染みのあるもの」で説明します。
「八百万(やおよろず)軸」を使って、一緒に上手くなりましょう。

「呪い」について
心のお守り

スポンサーリンク

3、「八百万(やおよろず)軸」とは

「八百万(やおよろず)軸」の「八百万(やおよろず)」とは、「たくさんの」という意味です。
「八百万(やおよろず)軸」の「八百万(やおよろず)」を「たくさんの」に変えるだけなので、「たくさんの軸」という意味になりますね。
「八百万(やおよろず)軸」とは、「たくさんの軸」があるということ。

  • 「八百万(やおよろず)軸」の正しい使い方

「八百万(やおよろず)軸」の使い方は簡単です。説明は数秒で終わります。
準備はいいですか?
「軸」とか、どうでも良い。

説明は、これで終わりです。簡単すぎて、すぐに終わりましたね。
では、「サッカー」を楽しんでください。

スポンサーリンク

4、心配性な人へ。「八百万(やおよろず)軸」の詳しい説明

「サッカー上達」に「軸」は関係ない?
これだと意味が分かりませんよね。今まで勉強してきた人ほど、納得出来ないでしょう。
「サッカー上達(ボールの扱い方)」に「軸(身体の使い方)」が必要ない理由を説明します。
「必要無い」だと刺激が強すぎるので、「ごま(食べるごま)」で説明します。
「身体の使い方(軸)」は、「ボールの扱い方の向上」に「ごま3粒分の影響」しか与えない。

「ごま3粒分の影響力」とは、「ま、ん粒分の影響」のこと。
つまり、「ごさ(誤差)の範囲内」
「ごまが全く無い状態」よりは「多く」、「市販のごま1袋分」よりは「少ない」。
「ごま」を使うときは、「3粒」程度じゃ、どうにもならない。
「3粒が多いかどうか」は、個人の判断に任せます。

「サッカーおでん」は「何とか軸」は「不要」だと考えています。

「身体の使い方(何とか軸)」を学んでも、「ごま3粒分」しか上達しない。

スポンサーリンク

  • サッカーが上達する人の特徴

ここで扱う「サッカーが上達する」とは、「ボールの扱い方が上手になる」という意味です。
「速く走る」や「長時間走る」といったことは含みません。

「サッカーが上達する人」と、「そうでない人」の違いが分かりますか。
「サッカーが上達する人」は、「自分に足りないもの」を吸収していきます。
「なかなか上達しない人」というのは、「自分に足りないもの」を吸収しません。

「サッカー上達に必要なもの」とは、「ボールの扱い方」です。
「身体の扱い方(軸)」ではありません。

「正しい位置」に「正しい答え」を「用意する」と「正解」になります。
何を言っているのか分かりませんよね。これは「サッカーの説明」であり、「サッカー上達の秘訣」でもあります。
「サッカー上達の秘訣」や「サッカー上達に必要なもの」が分からない人は、すでに理解している「算数」で考えましょう。
今回の説明では、「九九(くく)」を使いますよ。

学校で「九九(くく)」を習っていない人は、周りの大人に聞いてください。
日本の小学校を卒業しているなら、知っているはずです。
大人に質問する内容は、「九九(くく)の試験(テスト)で満点をとる方法(得意になる方法)」です。
「九九(くく)が得意になる方法」とは、「九九(くく)の上達法」のこと。


「九九が分からない子」の成績を上げる方法
いきなりですが質問です。
「九九が分からない子」が「算数の試験(テスト)」で「0点」でした。この子の成績を上げるにはどうしますか?

  1. 九九を教える
  2. 鉛筆の握り方を教える

「答え」は分かりますね。そうです、「2、鉛筆の握り方を教える」ですね。
「賢い子」は「鉛筆の握り方を知っている」から「満点」を取れる。
簡単な問題でしたね。「鉛筆を握るときの軸」が分からないから、「0点」を取るのですよね。
「算数の試験(テスト)」は、「何とか軸」を習得していれば常に「満点」ですね。
何も間違っていないので、誰も文句はありませんよね?
「算数の成績を上げる」には、「小さいときから何とか軸」を覚える必要がありますよね。
さあ、「我が子の成績を上げる」ために、「何とか軸」の練習をさせましょう。
「超一流の生徒」は、「何とか軸」を知っているから、「算数の試験(テスト)」で満点をとります。

上の説明を読むと、頭が痛くなりますよね。
「算数」のこと、特に「九九」については、「理解している大人」が多いです。
「勉強の仕方(上達の仕方)」を知っているから、「上の説明の間違い」に気付くことが出来ます。
「九九が分からない」から「成績が良くない」ので、「九九」を教えるのが正解です。

  • 「九九が分からない子の成績を上げる方法とは」
  1. 九九を教える
  2. 鉛筆の握り方を教える

この問題の正しい答えは、「1、九九を教える」ですね。
「九九を覚えた子」は、「算数の成績」が上がりました。
「算数の上達法」は、「九九を覚えること」でしたね。
めでたし、めでたし。

スポンサーリンク


「九九が分からない子」には、「九九を教えること」が「算数の上達法」でした。
では、「サッカー選手」にとっての、「サッカー上達法」とは何でしょうか。
答えは簡単ですね。「ボールの扱い方」を覚えること。
「勘違い」をしている人が多いですが、「自分の足で走ることが出来る」なら、「身体の扱い方」は十分過ぎるほど理解しているでしょう。
「まだ使っていない知識(千鳥足等)を利用すること」はあっても、「身体の使い方を知らないこと」はありません。
今までの説明でも、まだ心配な人がいるでしょう。次からは本格的な説明になります。


「何とか軸」が「九九(くく)」を生み出すのではない
「何とか軸」を覚えても、「九九(くく)」を覚えることにはなりません。
「何とか軸」が「九九(くく)」を生み出すなら、「九九(くく)を覚えずに何とか軸を覚える意味」はあるかもしれませんが、「何とか軸」と「九九(くく)」は関係ありませんよね。

「何とか軸」を覚えたあとに「九九(くく)」を覚えるよりは、最初から「九九(くく)」を覚えた方が「上達が早い」でしょう。
「何とか軸」が無くても「九九(くく)」を覚えることが出来るなら、「何とか軸の習得」は必要ありません。
学びたい人は学んでください。

スポンサーリンク

5、サッカー選手に忍び寄る宗教家の言葉

「サッカー選手に必要なもの」は、「ボールの扱い方」です。
「宗教家に必要なもの」は、「新たな信者」。
「同じサッカー」という競技を行なっていても、「その人の立場」によって「正解」は異なります。
「何が正しいかは、その人の立場で変わる」

「サッカー選手」にとって「正しいもの」とは、「サッカーが上手くなること」
「宗教家」にとって「正しいもの」は、「教祖の教え」です。

「宗教家」は、「新たな信者」を獲得しないといけません。
「自分の教え」を広めるために、「異教徒」を狙います。
「何とか軸の信者」の話を聞いたり読むと宗教の恐ろしさが分かります。
「サッカー選手」として「上手くなること」を放棄していますから。
「サッカー選手」として「上手くなりたい」なら「ボールの扱い方」を学んでください。

「何を信じるかは個人の自由」なので、「信者」になることを否定はしません。
ただ、「教祖の教えを守る時間」は、「サッカー選手としての能力を高めてはくれない」でしょう。

スポンサーリンク

  • 正しいものの違い

「宗教家の教え」が広まっているので、理解が困難な人もいるでしょう。
「伝わりやすい」ように、「算数の力」を使って説明します。「九九」ですね。

算数の正しい答え
「イチかけるイチ」の「正しい答え」は「イチ」です。
ここは問題ありませんね。知らない人は覚えたらいいですよ。
「正しい答え」は「イチ」でした。
まだ終わりではありませんよ。
「問題」の「答え」を、「答えを書く場所(解答欄)」に書かないといけません。
例え「正しい答え」を知っていても、「正しい場所(答えを書く場所)」に書いていないなら、「不正解」になります。
「正しい答え」を知らなくても、「正しい場所(答えを書く場所)」に「正しい答え(鉛筆を転がして決めた答え)」が書いてあれば「正解」になります。
「正解」になるには、「正しい答え」を「正しい位置」に「書く」必要がある。

  • 「正しい答え」を用意(準備)する
  • 「正しい答え」を「正しい位置」に書く

「算数の正しいもの」は簡単でしたね。
次は、「サッカー選手」と「宗教家」の「正しい答え」を説明します。
その前に、「サッカー」という競技の「正しい答え」から紹介しましょう。

「サッカー」の「正しい答え」とは
「サッカーの正しい答え」とは、「得点」のことです。
「得点」とは、「正しい答え(ボール)」を「正しい位置(ゴール)」に「用意(シュート)」すること。
「正しい位置(ゴール)」に「正しい答え(ボール)」が入れば「得点」です。
「強烈なシュート」でも「オウンゴール(自分のゴールに入れること)」でも同じです。

「サッカー選手」の「正しい答え」
「選手にとって正しい答え」とは、「相手ゴールへの得点」です。
「相手ゴールへの得点」は、「正しい答え(ボール)」を「正しい位置(相手ゴール)」に「用意(シュート)」すること。
「正しい位置(相手ゴール)」に「正しい答え(ボール)」が入れば「得点」です。

たとえ「正しい答えを知っていた」としても、「正しい位置」に「用意」出来なければ「点として認められない」ですよね。
「シュートや算数の答え」を「枠の中に用意」しても、何らかのことが原因で「正しい答えが枠の外」にある場合、それは「得点として認められない」
例、シュートは枠内に飛んだが、人に当たって枠の外にはずれる。答えを解答欄に書いたが、書く場所が一つずれていた等。

「宗教家」の「正しい答え」
「宗教家にとって正しい答え」とは、「教祖の教えを守っているか」です。
「正しい位置(理想とする身体の使い方)」に「正しい答え(実際の身体の部分)」を「用意する(動かす)こと」です。
「ボールが正しい位置に飛んだか」ではないことに注目

九九とサッカー、選手や宗教家の正しいもの
正しい答え正しい位置得点する方法
九九数字解答欄答えを解答欄に書く
サッカーボール2つのゴールボールをゴールに入れる
選手ボール相手ゴールボールを相手ゴールに入れる
宗教家教祖の教え理想の動かし方身体を教祖の教え通りに動かす

細かい部分もありますが、比較すると違いが分かりやすいですね。
更に分かりやすくするために、「成功として認められるか」の表を作りましょう。

成功として認められるか
相手ゴールから外れた相手ゴールに入った
審判の判断(サッカー)失敗得点
八百万軸を守ったシュート失敗得点
八百万軸を守らないシュート失敗得点
何とか軸を守ったシュート成功成功(得点)
何とか軸を守らないシュート失敗失敗(得点)

最初は「サッカー選手として上達するため」に「身体の使い方」を学んでいても、知らない間に「宗教家としての修行の道」に入ってしまうでしょう。
「サッカーで大事なこと」は「相手ゴールにボールを入れること」であり、「シュートを撃つときの軸の使い方」ではありません。
「新しい刺激」として利用するのは問題ありませんが、深みにはまり「宗教家としての活動に熱心になる」ことには賛成出来ません。
自分が何を目指しているのか、もう一度思い出してください。
「サッカー選手にとって正しい答え」とは、「シュートを相手ゴールに入れること」です。
「ボールを蹴るときの身体の軸を気にすること」ではありません。
「教祖の教え」を守らなくても、「サッカーでは得点として認められる」でしょう。

スポンサーリンク

6、ボールの扱い方を学ぶことでサッカーが上達する

「選手としての能力」を上げたいなら、「ボールの扱い方」を覚えてください。
「宗教家」は、「一流の選手は身体の使い方が素晴らしい」と言いながら「信者を増やす」でしょう。
「能力の高い選手」が「素晴らしい」のは、「身体の使い方が優れているからではなく」、「ボールの扱い方を知っているから」です。

「サッカーおでん」から、一つ質問をしましょう。
「身体の使い方(ここでは軸の話)」が上手になれば、自動的に別の球技も上手くなるでしょうか。
「優れた選手」が「素晴らしい」のは、「ボールの扱い方」を知っているからです。
「身体の使い方」を知るだけで「一流になれる」のは変だと思いませんか。
もし、「身体の使い方を知っているから一流」なら、「ある球技が得意な選手」は、「他の球技も当然上手いはず」ですよね。
「いわゆる、才能があると言われている選手」の中には、「特定の球技しか上手くない選手」も存在しますよね。
これは謎ではありませんか。

「サッカー選手の上手さ」は、「サッカーボールの扱い方を知っているか」で決まるでしょう。
ここで大事なことを伝えておきます。特に「元選手で熱心な信者」になった人に聞いて欲しいです。
「あなたはサッカーが上手」です。
「あなたの教祖はサッカーが下手くそ」です。
「教祖よりも信者である元選手の方が、サッカーが上手い」

「何とか軸」を学ぶのもいいですよ。貪欲に学ぶことは素晴らしいですから。
ただ、「何のために活動するのか」考えて勉強してください。
「教祖にサッカーボールを渡して」、「一流選手と同じボール扱い」を見せてもらうといいでしょう。
「身体の使い方を知っているとされる教祖」は、「サッカー経験者」よりも「サッカーが下手糞」でしょうね。
「サッカーボールを上手に扱える」のは、「サッカーボールの扱い方」を知っているから。

「身体の使い方」を学ぶとき、一番凄いとされる人がいますよね。
普通は、「その考えを広めた人」が「一番凄い」とされるでしょう。
「一番身体の使い方が上手い人」を「教祖」だとします。
「教祖」は「サッカーが上手い」のか。
それで答えが出ますよね。

「身体の使い方を一番知っているであろう教祖」が「ボールを上手に扱えない」としたら、「教祖の教え」を完璧に学んでも「サッカーは上手くならない」でしょう。
「教祖」に頼まなくても答えは分かりますよ。
「教祖の教え」を守っても、「大きな変化」は出ないでしょう。
「勉強熱心な信者」が一番分かっているのではないですか。

「サッカー経験者」は珍しくないので、別の球技をお願いするといいでしょう。
「サッカーおでん」がおすすめするのは、「ビリヤード」です。
「ボールの扱い方」を知っていれば、「初めてビリヤード」を行ったとしても、それなりに楽しめるはずです。
「身体の使い方だけ」で「ビリヤード」が上手いか確認してください。

「ビリヤード」を初めて行うときは、手球を上手に動かせないかもしれませんが、「狙いや考え方」は正しいか判断出来るでしょう。
ここで扱う「ビリヤードが上手い」とは、「どこを狙うかを知っている」程度のものです。
本格的な上手さではありません。
私も数回だけ楽しみましたが、「サッカーボールの扱い方」を学ぶのに非常に効果がありました。
4、5回も無かったかもしれませんが、「ボールの扱い方」に気付くきっかけになりました。

「教祖」は「サッカーが下手糞」
「信者(元選手)」は、「教祖」よりも「サッカーが上手い」

「八百万軸(やおよろずじく)」とは、「軸」を気にしなくても問題ないということ。
「何とか軸」は「サッカー上達(ボールの扱い方)に関係ない」です。

「宗教家」とは
「宗教家ではなくサッカー選手になろう」

スポンサーリンク

2018年1月26日公開。追加組


おでん式(日本式)キックメニュー

頭の使い方の確認
身体の扱い方の確認
サッカー上達法の確認
シュート編

スポンサーリンク

感想を送信する

名前: 
サイトの文章の長さ: 少し短い 短い ちょうどいい 少し長い とても長い
ご感想やご意見等

サイトからの返信を希望の方は、受信メールの設定等の確認をお願いします。メールを送信できない場合もあります。

エラー等で感想を送信出来ない場合はお問い合わせを、ご利用ください。


スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク


頭の使い方の確認
身体の扱い方の確認
サッカー上達法の確認
シュート編

スポンサーリンク

自己紹介

はじめまして、「サッカーおでん」の竹串です。日本がW杯最多優勝国になるために、「サッカーおでん」を作りました。日本人の高い身体能力を活かす技術を習得しませんか。

「サッカーおでん」はシュート技術を専門に扱うサイト。


独り言

  日本代表には、いつも笑っていて欲しい。
  サッカーおでんは、日本代表と日本人選手を応援しています。

スポンサーリンク

ちょっとお知らせ

微調整。
最終更新
2018年12月8日。

よくある悩み一覧


日の丸サッカーおでんのおすすめ

スポンサーリンク

Copyright © 2015 socceroden All Rights Reserved.