連絡
携帯電話の設定等を確認してください。

前に蹴り足を振りボールを3方向に飛ばすシュート

前に蹴り足を振り別々の方向に飛ばす意味を知ろう。蹴り足の逃し方を試すときは足首は固定しなくても良い。固定したい人は固定しても問題ありません。身体のどこで蹴るかは気にしない。最初は転がすだけでも大丈夫。

蹴りやすい方法でボールを正面に飛ばす。蹴り足が動く方向とボールが動く方向が同じなら次に進みます。

好きな蹴り方でボールを蹴り足側に飛ばす。蹴り足の動きとボールの動きが異なれば成功。

楽な蹴り方でボールを軸足側に飛ばす。蹴り足とボールが別々の方向に動けば成功です。

前に蹴り足を振るシュートを使う場面は、相手ゴールキーパーと勝負するとき。身体の動きをフェイントに使って点を取ろう。

目次
1、前に蹴り足を振り別々の方向に飛ばす意味
2、足首は固定しなくても良い
3、ボールを正面に飛ばす
4、ボールを蹴り足側に飛ばす
5、ボールを軸足側に飛ばす
6、前に蹴り足を振るシュートを使う場面

目的
前に蹴り足を振る動きで3方向に飛ばせるようにする
理由
シュートを撃つときに身体の動きをフェイントに使うため

1、前に蹴り足を振り別々の方向に飛ばす意味

「前」に蹴り足を振りボールを別々の方向に飛ばす必要はあるのか。
3方向に飛ばせなくても退場処分にはならないので、「覚えないといけない」とまでは言えない。
しかし、覚えた方がシュートが楽しくなります。
シュートを撃てる回数は選手の能力で決まりますからね。

「蹴り足の逃し方」は「3つ」ありました。
「前に蹴り足を振る」、「蹴り足側に蹴り足を振る」、「軸足側に蹴り足を振る」

  • 蹴り足の逃し方
  • 蹴り足を「前」に振る(今回扱う内容)
  • 蹴り足を「蹴り足側」に振る
  • 蹴り足を「軸足側」に振る

全て覚えた方が「試合」で活躍出来るでしょう。
ここで紹介するのは「前に蹴り足を振る」になります。

「ワールドクラス」と呼ばれる選手でも全て覚えているとは限らない。
「蹴り足を前に振る蹴り方」は、比較的多くの選手が使うでしょうか。
一般的にシュートと言われるものは、「前に蹴り足を振る動き」のことでしょう。

「ありふれた技術」を「魔法」にしてください。

蹴り足を前に振りボールを3方向に飛ばす絵

上にあるような動きになります。
「前に蹴り足を振るシュート」を覚えることで、迷いが消えるでしょう。
「得点力」を上げたいなら「前に蹴り足を振るシュート」を覚えてください。
「同じ動作」から別々の方向に飛ばせるようになると、シュートの幅が増えます。
「シュートの失敗(ミスキック)」が多い人ほど、覚える価値があるでしょう。

「ドリブルからのシュート」を考えると、「前に蹴り足を振るシュート」を習得していた方が有利になります。
「ドリブル」を武器にしたいなら、覚えた方がいいでしょう。
ここで扱う内容は「ボールの扱い方」になります。
「身体の使い方」ではありませんよ。

スポンサーリンク

2、足首は固定しなくても良い

ここで扱う内容は、初めて触れる人が多いはずです。
普通なら習うことは無いでしょう。
「サッカーおでん」が勝手におすすめしている蹴り方なので、普段使用する蹴り方とは「違うルール」で行います。
「足首を固定しなくても良い」
このことを頭に入れて、次に進んでください。

  • 足首を固定しないと不安な人へ

「強烈なシュート」を撃てるかは「ボールの芯を撃ち抜けるか」で決まります。
「足首を固定するか」は関係ありません。

「足首を固定しないと不安」なら、「固定」しても構いません。
ここで扱う内容は他の蹴り方とは違うので、「足首を固定しない蹴り方」も試してください。
ここを読んでいるのも「何かの縁」でしょうから、「普段とは違う蹴り方」に挑むのもいいでしょう。

「足の形」は好きなようにしてください。
「足首を伸ばす」のも良いですし、「足首を曲げたまま蹴る方法」でも大丈夫です。
「サッカー」は「おおらかなスポーツ」なので、「蹴り方は自由」に選んでくださいね。

  • 最初は当てるだけで良い

最初はボールを転がすだけでも問題ありません。
狙った場所に動かすことが出来れば成功です。
慣れてきたら「威力のあるシュート」を目指してください。

スポンサーリンク

3、ボールを正面に飛ばす

蹴り足を「前」に振る動きで、ボールを「正面」に飛ばします。(下の図2か5)
「ボールの芯を撃ち抜く」つもりで蹴るといいでしょう。
「蹴り足の動き」と「ボールの動き」が同じになります。
一般的な蹴り方に近いかもしれません。

蹴り足を前に振りボールを3方向に飛ばす絵

右足の場合
「右足」で行うなら、「上の図2」を参考にしてください。
蹴り足を「前」に動かし、ボールが「前」に転がれば成功です。
左足の場合
「左足」で蹴るときは、「上の図5」のように行います。
蹴り足を「前」に振り、ボールが「前」に動けば成功です。

「身体のどこを使うか」は気にしないでください。
「蹴り方は指定しない」ので、好きな蹴り方を選ぶといいでしょう。
「つま先」で行うのも面白いかもしれませんね。

蹴り足を「前」に振り、ボールを「正面」に飛ばすことが出来れば成功です。
前に転がるだけでも問題ありません。最初は「威力」が無くても大丈夫です。
「前に蹴り足を振る動き」で「ボールを正面」に飛ばせたら次に進みましょう。

  • ボールの扱い方

「ボールの扱い方」が分からない人は、下の図(2)を参考にするといいです。(右足も左足も同じ)
「ボールの芯を撃ち抜く」ように蹴ると「正面」に飛ぶはすです。
多少左右に動くぐらいなら問題ありません。「前」に飛んだら成功と考えてください。

ボールの芯を撃ち抜く13の組み合わせを説明した絵

上の図の「赤い部分」が「ボールの芯」です。「ボールの芯を撃ち抜く」ように蹴ってください。

スポンサーリンク

4、ボールを蹴り足側に飛ばす

蹴り足を「前」に振る動きで、ボールを「蹴り足側(アウトサイド側)」に飛ばします。(下の図1か4)
「シュートにアウトサイド回転をかける」つもりで蹴るといいでしょう。
「蹴り足が動く方向」と「ボールが飛ぶ方向」が「別」になります。
「アウトサイドキック」を想像しながら蹴るといいかもしれません。

蹴り足を前に振りボールを3方向に飛ばす絵

右足の場合
「右足」で蹴るときは、「上の図1」を参考にしてください。
蹴り足を「前」に振り、ボールが「右側」に動けば成功です。
左足の場合
「左足」で試すなら「上の図4」のように行います。
蹴り足を「前」に動かし、ボールが「左側」に転がれば成功です。

「何キックを使うか」は気にしなくても問題ありません。
「好きな蹴り方を選ぶ」ようにしてください。
「ボールの扱い方」を覚えているなら「インサイドキック」でも問題ありませんが、初めて試す人には難しいかもしれません。
「インステップキック」や「トゥーキック(つま先)」、「アウトサイドキック」が使いやすいでしょうか。
「蹴り方は指定しない」ので、蹴りやすい方法を選んでください。

蹴り足を「前」に振る動きで、ボールを「蹴り足側(アウトサイド)」に動かすことが出来れば成功です。
最初は転がるだけだと思います。まだ「威力」が無くても問題ありません。
「前に蹴り足を振る動き」で「ボールを蹴り足側(アウトサイド)」に動かせたら次に進んでください。

  • ボールの扱い方

「ボールの扱い方」が分からない人は、下の図(19か20)を参考にしてください。
「右足で蹴る」なら「下の図19」を、「左足で蹴る」ときは「下の図20」のように扱います。
細かいことは考えなくても問題ありません。
「適当」に蹴っても「ボールが協力してくれる」ので、「狙った場所」に飛ぶはずです。
「何をして欲しいか」が伝われば「ボール」が勝手に飛んでくれるので、「ボールの優しさ」に甘えましょう。

ボールの芯をはずす組み合わせを説明した絵

スポンサーリンク

5、ボールを軸足側に飛ばす

蹴り足を「前」に振る動きで、ボールを「軸足側(インサイド側)」に飛ばします。(下の図3か6)
「シュートに少しインサイド回転をかける」つもりで蹴るといいです。
「蹴り足が動く方向」と「ボールが飛ぶ方向」が違います。
「横回転(インサイド回転)をかけるシュート」を想像するといいかもしれません。

蹴り足を前に振りボールを3方向に飛ばす絵

右足の場合
「右足」で行うときは「上の図3」と同じようにしてください。
蹴り足を「前」に動かし、ボールが「左側」に転がれば成功です。
左足の場合
「左足」で試すときは「上の図6」のように行います。
蹴り足を「前」に振り、ボールが「右側」に動けば成功です。

ボールが「軸足」に当たりやすいので注意してください。

「何キックを使うか」は気にしないでください。
「自分が蹴りやすい方法」を選ぶといいでしょう。
「ボールの扱い方」を覚えているなら「アウトサイドキック」でも行えますが、初めて行うなら難しいかもしれません。
「インステップキック」や「つま先」、「インサイドキック」が蹴りやすいでしょうか。
「蹴り方は指定しない」ので、使いやすい蹴り方を選んでください。

蹴り足を「前」に振る動きで、ボールを「軸足側(インサイド側)」に動かせたなら成功です。
慣れていないと転がるだけですが、上手くなると「威力」が出てきます。
「前に蹴り足を振る動き」で「ボールを軸足側(インサイド側)」に動かせたら大丈夫です。

  • ボールの扱い方

「ボールの扱い方」が分からない人は、下の図(19か20)を参考にしてください。
「右足で蹴る」なら「下の図20」を、「左足で蹴る」ときは「下の図19」のように扱うといいです。

ボールの芯をはずす組み合わせを説明した絵

「ボールに何をして欲しいか」を伝えたら、あとは「ボールに任せるだけ」です。
「自分の考え」が伝わったなら「ボール」が勝手に飛んでくれます。
「ボールの優しさ」に甘えるのもいいでしょうね。

スポンサーリンク

6、前に蹴り足を振るシュートを使う場面

「前に蹴り足を振る動き」で「ボールを3方向」に飛ばすことが出来たら成功です。
「同じ動き」で「3方向」に動かせると、「点を取れる機会」が増えるでしょう。
今まで「シュートを撃つことが出来なかった場面」でも、自信を持って「シュート」を選択出来るはずです。

「ボールの芯をはずす」と「弱いシュート」になります。
「威力が足りない」ときは、「撃ち抜く場所を芯に近付ける」といいでしょう。


「前に蹴り足を振るシュート」があれば、「軸足の向き」がフェイントになります。
「軸足のつま先」とは「違う方向」にボールが飛ぶので、守る側は困るでしょう。
「どこに飛ぶか分からない」と守備が遅れるため、「点を取りやすい」
「蹴る動作が同じ」でも「飛ぶ方向が違う」なら対応が難しくなります。

「ドリブルからシュート」を撃つとき、「身体の向き(蹴り足の向き)」と「飛ばしたい方向」が異なることがあります。
「同じ振り方で3方向に飛ばす方法」を知っていると、「ドリブルの勢い」を「シュート」に活かせます。
「ボールの扱い方」を覚えたら、「シュートが楽しくなる」でしょう。

最初は「威力」が出ないと思うので、少しずつ「強いボール」を目指してください。
「ボールの扱い方」に慣れたら「強いボール」を撃てるでしょう。

「相手ゴールキーパー」と勝負するとき、「身体の動き」で「飛ばす方向」を「勘違いさせて」点を取ります。

例、「ゴールの近い方(ニアサイド)」に蹴るように思わせる。「身体の動き」は「ゴールに近い方を狙っている」が、「ボールの扱い方」で「遠い方(ファーサイド)」に飛ばす等。

シュートが入らなくても、入るまで撃ち続ける選手が使うことが多いでしょうか。
私の印象ですが「ヨーロッパの選手」が好むような気がします。
確認はしていませんが「ドイツ代表が好きそうな蹴り方」かな。(私が勝手に思っているだけです)
「相手の感情や点差」に関係無く撃ち続ける感じでしょうか。

2018年3月27日公開。追加組

スポンサーリンク


おでん式(日本式)キックメニュー

頭の使い方の確認
身体の扱い方の確認
サッカー上達法の確認
シュート編

スポンサーリンク

感想を送信する

名前: 
サイトの文章の長さ: 少し短い 短い ちょうどいい 少し長い とても長い
ご感想やご意見等

サイトからの返信を希望の方は、受信メールの設定等の確認をお願いします。メールを送信できない場合もあります。

エラー等で感想を送信出来ない場合はお問い合わせを、ご利用ください。


スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク


頭の使い方の確認
身体の扱い方の確認
サッカー上達法の確認
シュート編

スポンサーリンク

自己紹介

はじめまして、「サッカーおでん」の竹串です。日本がW杯最多優勝国になるために、「サッカーおでん」を作りました。日本人の高い身体能力を活かす技術を習得しませんか。

「サッカーおでん」はシュート技術を専門に扱うサイト。


独り言

  日本代表には、いつも笑っていて欲しい。
  サッカーおでんは、日本代表と日本人選手を応援しています。

スポンサーリンク

ちょっとお知らせ

微調整。
最終更新
2018年12月8日。

よくある悩み一覧


日の丸サッカーおでんのおすすめ

スポンサーリンク

Copyright © 2015 socceroden All Rights Reserved.