連絡
携帯電話の設定等を確認してください。

軸足を増やしてリズムを変える

目次
1、普通の足の使い方
2、軸足を増やしてリズムを変える 軸足を加えることでリズムを変え、得意なタイミングを増やす

目的
軸足を増やすことで、ボールに触ることが出来るタイミングを増やす
理由
全てのタイミングで利き足を使うことが出来るようにするため

1、普通の足の使い方

サッカーで使う「キック」。
「歩く動作」を特定の範囲で分けると、サッカーの「キック」になります。
「歩く動作」の一部を切り取ったものがサッカーのキックである。
歩くこととキックは同じ。
歩くときには、左右の足を交互に出すと思います。
この「左右の足を交互に出す」こと。結構大事です。
普通の状態だと、左右の足を交互に出します。
左右の足を交互に出さないことで、シュートやドリブルをより効果的に使うことが出来ます。
普段は左右の足を交互に出し、特定の場面では「足を交互に出さないこと」で特別な武器にする。

普段の足の使い方、まとめ
キックとは、歩く動作の一部を切り取ったものである。
左右の足を交互に出さないことが武器になる。

スポンサーリンク

2、軸足を増やしてリズムを変える

シュートやドリブルのとき、左右の足を交互に出すだけでなく、軸足を2回使うことで攻撃力を上げる。
歩き方を工夫するだけでも、十分戦えます。

例、ドリブルで相手を抜く
基本の動きは、左右の足を交互に出す。
ボールタッチ、軸足、ボールタッチ、軸足、軸足(ここでリズムを変える)、ボールタッチで相手を抜く。

ガリンシャ選手(ブラジル)のドリブルが、お手本になると思います。

軸足を2回使うことで、リズムを変えることが出来ます。
これを上手に使えば、急に近付いて来た相手も抜くことが出来ます。
相手が先に触りそうなボールでも、軸足を2回使うことで自分のボールにすることが出来る。
今までは自分のものに出来なかったボールでも、自分のものにすることが可能になります。

スポンサーリンク

日本人にとって身近な遊びの「けんけんぱ」が、サッカー上達のカギ。
ラジオ体操、第二の「片あしとびと、かけ足あしぶみ運動」の動きでも問題ありません。

軸足、軸足、ボールタッチの部分が、まさに「けん、けん、ぱ」。(「ぱ」はないかもしれない)
「けんけんぱ」をしたことが無くても、ラジオ体操第二で行ったことがある動作だと思います。

サッカーの中に、「けんけんぱ(軸足2回)」を取り入れたら、全てのタイミングでボールを動かすことが可能になります。
練習の仕方は簡単。
その場で足踏みをします。
右、左、右、左と、ゆっくりと足踏み。
一定のリズムで足踏みをしながら、途中で「けんけんぱ(軸足2回)」を取り入れる。
右足を軸足とするなら(左利き)、右、左、右、、左とする。
左足を軸足とするなら(右利き)、左、右、左、、右とする。
両方とも練習するといいでしょう。

ゆっくりの「足踏み」になれたら、今度は速くする。
「右、左、右、、左」「右、左、右、」を繰り返す。
「左、右、左、、右」「左、右、左、」を繰り返す。
「軸足、利き足、軸足、軸足、利き足、軸足、軸足」と、軸足を連続して使う間隔を短くするのも面白い。

速くするのも慣れたら、軸足を左右切り替えながら行う。
最初の軸足を右足にした場合。
「右、左、右、、左」「右、左、右、左、
軸足を2回使う間隔を短くするのもよし。
「右、左、右、、左」「右、左、、右」「左、右、、左」「右、左、、右」等
上の運動になれたら、今度は軸足を2回ではなく3回にしてみる。
3回も慣れたら4回。
回数は、4回ぐらいまでで問題ありません。
軸足を連続4回ぐらいまで出来るようになったら、サッカーの能力が上がっていると思います。
ボールを奪いに行くときや、ボールに触るタイミングが、今回の運動で増えているはずです。

スポンサーリンク

助言
足踏みをするときは、4回の足踏みを1つのグループと考えるといいでしょう。
上の足踏みでは、「右、左、右、、左」と、1つのグループが5つになっていますが、1つのグループは4つまでにすると足踏みしやすいと思います。
基本は、4回の足踏みを1グループと考え、グループ数を増やしていく。

左右交互に足を出す場合、利き足では半分のタイミングでしかボールを触ることが出来ない。
もし、軸足を増やしてリズムを変えることが出来たら、全てのタイミングでボールを触れることになります。
具体的に、どのような変化があるのか、気になりますよね。
試合中に、「利き足だったら、シュートを撃てたのに」という言葉を聞いたことはありませんか。
利き足じゃない方の足にボールが来た場合、シュートを撃つか悩みますよね。
利き足に持ち替えるか、それとも利き足ではない足で撃つか。
このような場面のとき、軸足を2回使うことで自分の理想のボールにすることが出来ます。


身体を動かして上手くなるメニュー

2015年1月22日公開。初期組

スポンサーリンク


おまけ

軸足を連続で使うことで、ボールを触るリズムを変えることが出来ます。
足を交互に使うと間に合わない場合、軸足を増やすといいでしょう。
シュートを撃つときや、ドリブルのときに活躍します。


スポンサーリンク

感想を送信する

名前: 
サイトの文章の長さ: 少し短い 短い ちょうどいい 少し長い とても長い
ご感想やご意見等

サイトからの返信を希望の方は、受信メールの設定等の確認をお願いします。メールを送信できない場合もあります。

エラー等で感想を送信出来ない場合はお問い合わせを、ご利用ください。


スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク


頭の使い方の確認
身体の扱い方の確認
サッカー上達法の確認
シュート編

スポンサーリンク

自己紹介

はじめまして、「サッカーおでん」の竹串です。日本がW杯最多優勝国になるために、「サッカーおでん」を作りました。日本人の高い身体能力を活かす技術を習得しませんか。

「サッカーおでん」はシュート技術を専門に扱うサイト。


独り言

  日本代表には、いつも笑っていて欲しい。
  サッカーおでんは、日本代表と日本人選手を応援しています。

スポンサーリンク

ちょっとお知らせ

微調整。
最終更新
2018年12月8日。

よくある悩み一覧


日の丸サッカーおでんのおすすめ

スポンサーリンク

Copyright © 2015 socceroden All Rights Reserved.