連絡
携帯電話の設定等を確認してください。

ボールは蹴らない投げましょう。足と一緒に加速する

目次
1、ボールを蹴らずに投げる意味
2、ボールを投げる。膝を縦に振る 縦に振る動作で投げる
3、ボールを投げる。膝を横に振る 横に振る動作で投げる
4、蹴り足を止めずに投げてみよう 投げる動作を覚えたら

目的
「蹴り足の膝を前に引き抜く動作」を使って「上手な膝の使い方」を覚える
理由
「おでん式(日本式)キック」に必要な「膝の使い方」を覚えるため

1、ボールを蹴らずに投げる意味

「ボール」を足で扱うとき、「蹴る」ことが多いです。
「蹴る」とは、「蹴り足とボールが衝突して飛ぶこと」とします。
「投げる」とは、「蹴り足とボールが衝突せずに飛ぶこと」とします。(「蹴り足の膝を前に引き抜く」こと)
「蹴る動作」の悩みの一つに、「しっかりとボールを飛ばすことが出来ない」というものがあるでしょう。
いきなり「蹴る動作」を覚えようとしても、苦戦することが多いかもしれません。

そこで、「蹴る動作」を覚える前に、「ボールを投げる」を覚えましょう。
人が「歩くこと(立つこと)」を覚えてから「走る」ように、まずは「投げる動作」を覚えてから「蹴る動作」に挑みます。
最初から「蹴る動作」を習得出来る人もいます。そのような人は、「蹴る動作」から始めてください。
もし、「蹴ること」で悩みがあるなら、「投げる動作」を覚えるといいかもしれません。
「ボールをしっかり飛ばすことが出来ない」、「ボールの芯を蹴ることが出来ない」、「ドリブルからのシュートが苦手」、「ドリブルでボールが足に吸い付かない」等、悩みがある人におすすめです。
「日本語サッカー」では教えない内容だと思うので、悩みがない人にもおすすめ。

スポンサーリンク

「ボールを投げる動作」とは、「蹴り足の膝を前に引き抜く動作」に「ボールを扱う技術」を加えたもの。
「蹴り足の膝を前に引き抜く動作」には、「蹴り足の膝を縦に振る動作」と「蹴り足の膝を横に振る動作」がある。

「ボールを投げる動作」が影響を与えるもの。
「蹴ることが出来るボールの位置が最大に(機体C)
「身体能力が高いから撃てるぞシュート(小さい振りで強烈なシュート)」
「ノーモーションシュート」
「ドリブルからのシュートが得意に」
「ボールが足に吸い付くようになる(シュートやドリブルに影響大)」等。

機体Cについて
「自分の間合い」

スポンサーリンク

2、ボールを投げる。膝を縦に振る

「ボールを投げる動作」を覚えます。
「投げる動作」は、「蹴り足の膝を前に引き抜く動作」と同じです。
ここでは、「蹴り足の膝を縦に振る動作」で「ボールを投げる」ようにします。
「蹴り足を振る」ときは、「蹴り足の膝が自然な状態」になるようにしてください。(おへそと膝の向きを同じにする)
出来れば「裸足」で行ってください。「ボールの重さ」を「肌」で直接感じることが上達への近道です。

「足首は固定しない」で試してください。「蹴り足の膝」は「伸ばしたまま」の方が楽だと思います。(少し曲げるのも良い)
自分の身体に合った方法を見つけてください。

スポンサーリンク

  • 両足をそろえた状態からボールを投げる

下の図(イ)のように「蹴り足」の前に「ボール」を置きます。
「軸足」を前に踏み込み(下の図1)、「蹴り足を縦に振る動作」で「ボール」を投げます。(下の図2)
「ボールを投げる」ときは、「ボールの位置」が「軸足」よりも「後ろ」にくるようにします。
「ボール」をしっかりと「投げる」ことが出来たら成功です。
この動作は少し難しいので、出来なくても気にしない。
下の図(ロ)の状態で「ボール」を投げることが出来たら、再び挑むといいと思います。

ボールを蹴り足の膝を縦に振って飛ばす絵

ボールを投げることが出来なかった場合、簡単なやり方
「スネで投げる」
「ボール」と「床(地面)」の間に「足の甲」を入れ、「ボール」を「足の甲」に乗せます。
「ボールを足の甲に乗せた」のを確認したら、「蹴り足」をさらに加速させます。
「ボール」は「止まった状態」を保とうとしますが、「スネ」に当たって諦めるはずです。
「スネ」から「ボール」がこぼれる前に投げます。
このやり方だと、「蹴り足のスネ」で「ボール」を投げることになるはずです。
「スネ」を使えば、「ボールに与えられる選択肢(ボールが動くことが出来る方向)」が減るので、比較的簡単に投げることが出来ます。
「スネ」は「最初から固定されている」ので、「ボールを扱うときは足首を固定しないといけないよ派」でも安心です。
「ボールが選ぶことが出来る選択肢」は、「左右」だけ。

スポンサーリンク

ボールを投げることが出来なかった場合2
「足の甲全体を使って投げる」
今度のやり方は、「スネ」を使いません。「足の甲全体」を使って投げます。
「ボール」と「床(地面)」の間に「足の甲」を入れ、「ボール」が「足の甲」に乗ったのを確認したら(ボールの重さを感じたら)、「蹴り足」をさらに加速させます。
「ボール」を投げるときは、「指」や「足首に近い部分」等、色々な場所で試してください。
「ボール」が「スネ」に触れずに投げることが出来れば成功です。
「スネ」を使わないため、「ボールに与えられる選択肢」が少し増えるので大変かもしれません。
これが出来るようになれば、「ボールの扱い方」が上手になります。
「ボールが選ぶことが出来る選択肢」は、「左右」と「上下」

  • 蹴り足を横にした状態からボールを投げる

下の図(ロ)のように、「蹴り足」を「横」にした状態からボールを投げます。
「インサイドキックのような形」ですが、「インサイドキックではない」ので、「蹴り足を90度にしなくても」、全く問題ありません。出来る範囲で行ってください。

ボールを蹴り足の膝を縦に振って飛ばす絵

上の図(ロ)のように「ボール」を置きます。
「軸足」を前に踏み込み(上の図3)、「蹴り足」を「縦」に振ります。
「ボール」を「足(足の内側や足の甲等)」に乗せるようにしてください。
「ボール」をしっかりと「投げる」ことが出来たら成功です。

スポンサーリンク

ボールを投げることが出来なかった場合
「ボール」の位置を確認してください。
「ボール」が「内側のくるぶし」に近いほど、「投げる」のが難しくなります。
投げることが出来なかった場合は、「足の甲(下の図う)」を使うといいでしょう。
「親指の付け根(下の図い)」も悪くはないのですが、「シュート」で苦労するのでおすすめしません。
「足の甲(下の図う)」が難しい人だけ、「親指の付け根(下の図い)」を使ってください。ただし、「親指の付け根(下の図い)」で感覚をつかんだら、「足の甲(下の図う)」に戻します。
「おでん式(日本式)キック」では「インフロントキック」は使いませんので、「親指の付け根(下の図い)」を学ぶ時間はむだになるかもしれません。
「インフロントキック」を使わないのは、「精度が悪い」のと「威力が弱い」ためです。
最大の理由は「ボールの回転」が好ましくないから。(習得するまでの時間と得られるものを比べたとき、あまり価値があるとは思えません)
「インフロントキック」が好きな人は、積極的に学んでも問題ありません。「サッカーおでん」としては、すすめないだけです。自分の好みや考え方を優先してください。

足の甲の場所を細かく分けた絵

スポンサーリンク

3、ボールを投げる。膝を横に振る

「蹴り足の膝を前に引き抜く動作」の「蹴り足の膝を横に振る」で、「ボールを投げる動作」を覚えます。
「ボールを投げる」ときは、「蹴り足の膝」を振るようにしてください。
「蹴り足の膝」を大きく動かします。「蹴り足の膝の使い方」が大事です。
「蹴り足を振る」ときは、「蹴り足の膝が自然な状態」になるようにしてください。
「ボール」を投げたあと、「蹴り足の膝」が「おへその向き」と同じ方を向くようにします。(バランスを崩さないため)
「縦に振る」ときと同じように「裸足」がおすすめです。「ボールの重さ」を「肌」で感じることが上達への近道です。

「足首は固定しない」ようにします。そして、「足首を伸ばさない」。
「足首は自然な状態」にします。固定しなければ自然と下の図(か)のようになるはずです。
「足首の角度」は使いやすいものを選んでください。
下の図(き)は使わないようにします。(ボールを投げることが出来ないから)
下の図(か)がおすすめです。(か)が難しいときは(お)を使うといいでしょう。

色々な足首の角度を描いた絵

スポンサーリンク

  • 両足をそろえた状態から投げる

「インステップキック」のように投げたり、「インサイドキック」のように投げてください。
「投げ方(ボールに触るときの足の形)」は、自分が使いやすい方を選んでください。
出来れば両方とも試してほしい。

両足をそろえた状態からボールを投げます。
下の図(ハ)のように「軸足」を着地します。
次に、「蹴り足」を「ボールの近く」まで動かします。
「蹴り足」で「ボール」に触れてください。まだ投げません。
「ボールに蹴り足が触れた状態」から、「蹴り足の膝」を「横」に振り、「ボール」を投げます。
このとき、「足の甲全体」を使って投げてください。
どこを使っても問題ありません。出来れば「インステップキック」のような感じで投げてください。
「蹴る」のではなく「投げる」ようにしてください。
「ボール」を投げることが出来たら成功です。

蹴り足の膝を横に振ってボールを投げる絵

ボールを投げることが出来なかった場合
「足首の形」を確認してください。下の図(か)のように「足首」が曲がっていますか。「足首が伸びている」と「ボールが浮かない」で転がります。
ボールが浮かない人は「ボールの下の部分」に「足の甲(指先でも可)」が入るようにします。
「足の甲」に「ボール」が乗ったのを確認してから「蹴り足の膝」を「横」に振ります。
それでも難しい場合は「足首」を下の図(お)のようにしてください。
「足の甲」と「スネ」で「ボール」に触れるようにします。そして、「ボール」を投げます。
この動きで投げることが出来なくても気にしないでください。他の動きでも十分補えます。

色々な足首の角度を描いた絵

スポンサーリンク

  • おへその向きとは違う方へ投げる

下の図(ニ)のように、「軸足」を着地させます。
次に、「蹴り足」を「ボールの近く」まで動かします。
「ボールの直前で蹴り足を止めて」から投げます(蹴らないようにするため)。
「ボールの重さ」を感じながら、「蹴り足の膝」を「横」に振って投げます。
「足の甲全体」を使って投げてください。どこを使っても問題ありません。
出来れば「インサイドキックのような形」から投げ始めてください。(「インサイドキックのような形からのインステップキック」と「インサイドキックのような形からインサイドキック」の2つ)
「90度に開くのが難しい人」は無理のない範囲で。
「蹴る」のではなく「投げる」ようにします。
「ボール」を投げることが出来たら成功です。

ボールをおへその向きとは違う方へ投げる絵

ボールを投げることが出来なかった場合
「蹴り足の内側(インサイドキック風)」で投げるときは、下の図(か)のように「足の甲」を少し曲げるといいでしょう。
「足首」より「つま先側」の方が浮かせるのが簡単です。
出来れば「インステップキック」でも投げることが出来るようにしてください。

色々な足首の角度を描いた絵

「インステップキック(足の甲)」で投げるときは、「ボールを大きな場所で触るため」に、「蹴り足の親指側」は地面に近づけたままで「足の小指側」を地面から離すようにします。(ボレーシュートのように足の甲をボールに向ける)
このようにすることで「足の甲の面積」が「足の内側(インサイドキックで使う部分)」よりも大きくなります。
「インステップキック」は、「足の甲」以外にも「スネ」も使いますから、「インサイドキック」よりも「蹴る場所」が大きくなります。
「日本語サッカー」の「大きい場所で蹴る方が正確」という考えを使うなら、「インステップキックはインサイドキックよりも正確である」となりますね。
「足の甲」で投げるときは「足首」は曲げてください。上の図(お)や(か)がいいでしょう。
最初は(お)がおすすめです。「ボール」が「スネ側」や「つま先側」に動いたとしても、自然と「足首」に導かれますからね。
実際に試してみると違いが分かると思います。「足首を伸ばす」と「ボールが逃げます」から、「足首は曲げる(上の図お、か)」ようにしてください。

スポンサーリンク

  • インサイドキックのような形から投げる

これで最後です。ここでは2つの投げ方に挑戦します。
「足の甲(インステップキック)」と「足の内側(インサイドキック)」の2つ。「足首」は「曲げて」ください。
「インサイドキックのような形」から始まるのですが、「インステップキック」の場合、「蹴り足が地面から離れてボールに触れるまで」の間に、「インステップキック」の形にします。
「インサイドキック」の場合は、そのまま「ボール」を投げます。

まずは「足の甲(インステップキック)」から。
下の図(ホ)の状態で「蹴り足」を振ると「インサイドキック」になるので、「足の甲」で「ボール」に触れるように工夫します。
「蹴り足の爪(足の甲)」が「ボール」を向くようにします。(足の甲を横にする)
「蹴り足の親指側」は地面に近づけたままで、「蹴り足の小指側」を地面から離します。「小指が上で親指が下」になるようにします。(ボレーシュートのような足の形)
「足の甲」で「ボール」に触り、「蹴り足の膝」を「横」に振ります。
「足の甲」で「ボール」を投げることが出来たら成功です。

ボールをインサイドキックのような形から投げる絵 色々な足首の角度を描いた絵

足の甲でボールを投げることが出来なかった場合
「足首を曲げる」ようにしてください。「足首を伸ばす」と投げるのが難しくなります。
「足首」を上の図(か)のようにします。
「足の甲(下の図う)」と「スネ」で、「ボール」を優しく包み込むようにします。
そして、「蹴り足の膝」を「横」に振ります。
「足の甲(下の図う)」で「ボールが自分に近付くように」、「スネ」で「ボールが自分から遠ざかるように」します。
「足首を曲げる」と、「ボールが自動的に蹴りやすい位置」に修正されるようになります。
「足首を伸ばす」と、「ボールが離れていく」ので気をつけてください。(「足首もスネ」も「ボールを自分から遠ざける」になるため)
「足首を伸ばす」と、アウトサイド側に動くボール(ドリブルや味方からのパス等)を撃ち抜くのが難しくなります。(日本語サッカーがシュートが苦手な理由)

足の甲の場所を細かく分けた絵

スポンサーリンク

それでも難しい場合
上の図(あ)で投げます。「足の指も使って」投げてください。
もちろん、「足首は曲げて」投げます。
「足の指も使って足の甲全体(あ)」で、「ボール」を包み込みながら投げるのもいいでしょう。
このやり方で投げると、「手を使った横投げ」に近くなります。
「足の甲と地面の関係(足の甲が斜めになるかどうか)」は気にしなくても大丈夫です。
下の図(1)や(8)のように「足の甲が斜め」になっていても良いし、(2)や(7)のように「足の甲が縦」になっていても問題ありません。
ただし、「軸足」は「斜めにならないように(出来るだけ)」してください。
軸足を斜めにしないで欲しい理由
「歩くときの足は斜めにならないため(歩く動作との繋がりを自然にするため)」
「疲れた状態(止まっている状態)」でも、「シュートを撃つことが出来るようにするため」
「どのような状態」でも、「シュートを撃つことが出来る技術」を手に入れましょう。

蹴り足を斜めにしたり垂直にして蹴るインステップキックの絵

「軸足を斜めにして蹴る」のはいいのですが、「軸足を斜めにしないとシュートを撃つことが出来ない」のは良くありません。
「軸足を斜めにする動き」が「シュートを撃つ合図」にならないようにしてください。(シュートとの相性が最悪です)
「守る側に厳しく、攻撃する側に優しい技術」を手に入れてください。

スポンサーリンク


次は「足の内側(インサイドキック)」です。
下の図(ホ)の状態から「ボール」を投げます。
「ボール」の重さを「足の内側(インサイドキック)」で感じながら、「蹴り足の膝」を「横」に振ります。
「ボール」を投げることが出来たら成功です。
注意
「足の内側(ここではインサイドキック)」で投げるとき、「ボールに触れる足の部分」が変化します。(例えば、足の内側から足の甲、そして指先等)
最初の形が「足の内側(ここではインサイドキック)」であれば、最終的にどこで投げても問題ありません。
「ボールを投げ終わるまで」に、蹴り方を変化させるのも面白いでしょう。
例、「足の内側(インサイドキック)」で始まり、「足の甲(インステップ)」にして「足の外側(アウトサイド)」で扱う等。
ちょっとした遊びにいいかもしれませんね。

ボールをインサイドキックのような形から投げる絵

足の内側でボールを投げることが出来なかった場合
「ボール」を触る場所を少し変えるといいでしょう。
「足首(内側のくるぶし)」ではなく、「少しつま先側(下の図9や7)」で「ボール」に触れるようにしてください。
「足首から離れる」ほど「ボールが浮きやすくなります」が、「威力と精度」が落ちます。
「比較的足首に近い場所(下の図9や7)」で投げるようにしてください。

足首の内側を細かく分けた絵

スポンサーリンク

4、蹴り足を止めずに投げてみよう

ここまで紹介した方法で「ボール」を投げることが出来たら、今度は「蹴り足を速く」振ってみてください。
「ボールを手で投げる」ように「蹴り足で投げる」ことが出来たら、サッカー選手としての能力が上がっています。
「投げる動作」では、「蹴り足」を「ボールの直前」で止めましたよね。
今度は、「蹴り足を止めずに」行ってください。
「蹴り足をボールの直前で止めず」に「速く」振ると、「蹴る動作」に近付きます。
「ボール」を「蹴り足と一緒に加速させること」が出来るようになったら、「投げる動作」を習得出来ています。

「蹴り足を速く振る」だけでも、十分ボールを飛ばすことが出来ます。
この技術に「ボールの芯を撃ち抜く技術」を加えると、「蹴る動作(芯を撃ち抜く)」になります。
さらに上を目指すためにも、「ボールの芯を撃ち抜く技術」を身につけましょう。

「投げる動作」を覚えると、「コースを狙ったシュート」が使えます。
また、「軸足よりも後ろにあるボール」も飛ばすことが出来ます。

今回習得したのは「蹴り足の動かし方」です。(細かい説明は下にあります)
次は、「ボールの扱い方(芯を撃ち抜く、芯をはずす)」を覚えてください。

スポンサーリンク

  • 今回覚えた蹴り足の動かし方とは

今回習得した「蹴り足の動かし方」は、もともと日本人が使っているもので、「特別な動きではありません」。
「日本語サッカーで禁止されている動き」が含まれているため、サッカー経験がある人ほど難しいはずです。
まだ「日本語サッカーを覚えていない人」は、そこまで苦労しないかもしれません。
今回は、「日本語サッカーに封印された能力」をもとに戻しただけ。

「足首を固定しなくてもいいこと」、「足首を曲げること」、「膝から下を速く振らなくても問題ないこと」等を覚えてください。
「日本語サッカー」では禁止されていますが、「サッカー」では禁止されていません。
「日本語サッカー(指導者が好むもの)」よりも、「サッカーのルール」が正しいです。
ただ、「指導者のご機嫌取り」も必要だと思うので、そこらへんは上手くやってください。
「教師がすねる」と「職員室」までいかないといけませんからね。
貴重な時間を「大人をあやす」ために使うのはもったいない。「サッカー上達」に使いたい。

スポンサーリンク


蹴るメニュー

2015年12月31日公開。追加組

スポンサーリンク

感想を送信する

名前: 
サイトの文章の長さ: 少し短い 短い ちょうどいい 少し長い とても長い
ご感想やご意見等

サイトからの返信を希望の方は、受信メールの設定等の確認をお願いします。メールを送信できない場合もあります。

エラー等で感想を送信出来ない場合はお問い合わせを、ご利用ください。


スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク


頭の使い方の確認
身体の扱い方の確認
サッカー上達法の確認
シュート編

スポンサーリンク

自己紹介

はじめまして、「サッカーおでん」の竹串です。日本がW杯最多優勝国になるために、「サッカーおでん」を作りました。日本人の高い身体能力を活かす技術を習得しませんか。

「サッカーおでん」はシュート技術を専門に扱うサイト。


独り言

  日本代表には、いつも笑っていて欲しい。
  サッカーおでんは、日本代表と日本人選手を応援しています。

スポンサーリンク

ちょっとお知らせ

微調整。
最終更新
2018年12月8日。

よくある悩み一覧


日の丸サッカーおでんのおすすめ

スポンサーリンク

Copyright © 2015 socceroden All Rights Reserved.