連絡
携帯電話の設定等を確認してください。

インサイドキックは足首で蹴る

目次
1、インサイドキックは足首で蹴る
2、足首で蹴る理由 足首で蹴る魅力
3、インサイドキックの習得方法 インサイドキックの 覚え方
4、面白い蹴り方 足首で蹴る面白いシュート

目的
足首で蹴るインサイドキックを覚える
理由
足首を使う蹴り方だと他のキックに良い影響を与えるから

1、インサイドキックは足首で蹴る

  • インサイドキックは足首で蹴る

インサイドキックで蹴るときは、足首で蹴るといいでしょう。
インサイドキックを足首で蹴ることで、他のキックの経験値をインサイドキックに使うことが出来ます。
インサイドキックは、足首で蹴りましょう。(かかとでも大丈夫です)

足首を描いた絵

スポンサーリンク

2、足首で蹴る理由

足首を描いた絵

インサイドキックを使うときは、足首で蹴るといいでしょう。
足首(くるぶし等)で蹴ると、初心者でもしっかりとボールを飛ばすことが出来ます。
可能なら、足首で蹴るといいと思います。かかとに近い部分を使うのもいいでしょう。
上の図の(3)の部分で蹴るなら、足首を固定しなくても問題ありません。
インサイドキックで調べると足首を固定すると書いてあるものが多いと思いますが、上の図の(3)で蹴る場合、最初から固定されている骨で蹴ることになるため、ボールに当てることを考えるだけですみます。
一つ目の理由、足首の固定をしなくていいから。

二つ目の理由は、トラップに関係してきます。
足首を使うインサイドキックを覚えていると、インサイドでトラップをするときに便利だからです。
足首でインサイドキックをしていると、インサイドでトラップするときに保険をかけやすいと覚えておいてください。

三つ目は、他のキックと一つにするため。
全てのキックを足首で蹴ることで、他のキックの経験値をインサイドキックに利用することが出来ます。
足首で蹴ると、後で助かるからと思ってください。
他のキックと融合させるため。

スポンサーリンク

3、インサイドキックの習得方法

足首を描いた絵

インサイドキックを覚えるときは、浮いたボールで練習するといいでしょう。
上の図の(3)で蹴ることを目指しますが、(1)や(2)で蹴っても問題ありません。
最初は(1)にボールを当てることを目指すといいでしょうね。
(1)で蹴ることが出来たら、次は(2)で蹴ってみましょう。
足を振るときは、無理のない範囲で振りましょう。

インサイドキックを練習するときは、ボールを前に飛ばすのではなく、軸足の方に飛ばすようにしましょう。
右足で蹴るなら、自分から見て左側に飛ばす。左足で蹴るなら、右側に飛ばす。
まずは、足首にボールを当てる感覚を手に入れるといいでしょう。

インサイドキックで調べると、自分の前にボールを飛ばすと書いてあります。
上の方に書いた飛ばし方は、したらいけないと書いてありますが、全く問題ないので心配しないでください。
自分の前にしかボールを飛ばせない選手は、将来苦しみます。
特に、シュートを撃つときに苦しい思いをするので気をつけてください。
インサイドキックで蹴るときは足首に当てる。
今回はこれだけを覚えればいいでしょう。
出来れば、膝を伸ばした状態で蹴ると最高です。
最終的には、膝を伸ばした状態や曲げた状態でもインサイドキックを使えるようにしましょう。
最初は、膝の状態を気にしなくても良い

スポンサーリンク

4、面白い蹴り方

インサイドキックで浮いたボールを蹴ると、ドライブシュートになりやすい。
地面にあるボールを蹴ると、無回転シュートになりやすい。
私の場合、このようになります。
足首で蹴るインサイドキックを覚えたら、無回転シュートやドライブシュートが得意になると思います。
インサイドキックを使いこなしましょう。


インサイドキックメニュー

2015年1月22日公開。初期組

スポンサーリンク

感想を送信する

名前: 
サイトの文章の長さ: 少し短い 短い ちょうどいい 少し長い とても長い
ご感想やご意見等

サイトからの返信を希望の方は、受信メールの設定等の確認をお願いします。メールを送信できない場合もあります。

エラー等で感想を送信出来ない場合はお問い合わせを、ご利用ください。


スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク


頭の使い方の確認
身体の扱い方の確認
サッカー上達法の確認
シュート編

スポンサーリンク

自己紹介

はじめまして、「サッカーおでん」の竹串です。日本がW杯最多優勝国になるために、「サッカーおでん」を作りました。日本人の高い身体能力を活かす技術を習得しませんか。

「サッカーおでん」はシュート技術を専門に扱うサイト。


独り言

  日本代表には、いつも笑っていて欲しい。
  サッカーおでんは、日本代表と日本人選手を応援しています。

スポンサーリンク

ちょっとお知らせ

微調整。
最終更新
2018年12月8日。

よくある悩み一覧


日の丸サッカーおでんのおすすめ

スポンサーリンク

Copyright © 2015 socceroden All Rights Reserved.