連絡
携帯電話の設定等を確認してください。

ドリブルは身体全体で行う。触る場所は制限しない

目次
1、ドリブルの能力を制限しない
2、利用出来る場所は全て使おう
3、膝から下のドリブルで使いたい場所

目的
日本人の高い身体能力を活かせるドリブルを手に入れる
理由
能力を制限されたドリブルを学ぶ人が少なくないから

1、ドリブルの能力を制限しない

ドリブルが上手になりたい人は、「どこで触るか」が気になると思います。
サッカーで大切なのは「身体のどこで触るか」ではなく「ボールのどこを触るか」です。
「日本語サッカー」では、「親指の付け根」や「小指の付け根」でドリブルするように教えるでしょうか。
「日本語サッカー」は「触る場所」が決まっていますが、「サッカーおでん」は決まっていません。
「日本語サッカー」を使う人は、「特定の部分で触る感覚」を鍛えてください。
「サッカーおでん」を採用する人は、「身体のどこで触るか」は考えず「ボールのどこを触るか」を気にしてください。

「サッカーおでん」では「足首」を固定しません。「固定したい人」は固定する。(「足首を固定しないドリブル」がおすすめ)

「日本語サッカーのドリブル」と「サッカーおでんのドリブル」、どちらを採用するか悩む人は「特定の部分だけで触るドリブル」と「触る部分を制限しないドリブル」を比較するといいです。
パソコンのキーボードやピアノで説明します。

  • 特定の部分だけで触る

「特定の部分だけで触る」を「人差し指だけ使う」として説明します。
「人差し指だけ」でパソコンやピアノを使用しても問題ありませんよね。
「人差し指2本(両手使用)だけ」でもそれなりに扱えますが、どうしても苦しい場面が出てきます。
パソコンやピアノを上手に扱う人のほとんどは、「人差し指以外も使用している」ことが多いでしょう。
「何か特別な理由」が無い限り、「使用する指を制限しない」はずです。
「指2本」だけだと入力が間に合わないときがある。

スポンサーリンク

  • 触る部分を制限しない

「触る部分を制限しない」を「全ての指を使う」として説明。
パソコンやピアノを「全ての指」で扱う方が、出来ることが増えます。
上手い人は「全ての指を使う」ことが多いでしょう。
「人差し指だけ使う」よりも入力出来る量が増えるため、より高度なことが出来ます。

  • 「特定の部分だけで触るドリブル」と「触る部分を制限しないドリブル」

「特定の部分だけだと入力が間に合わない」、「無制限だと入力量が増える」ことが分かりました。
ドリブルで「入力が間に合わない」とは、「ボールが自分から離れすぎて触れない」になります。
ゆっくりとしたボールなら「ボールタッチが間に合います」が、ボールが速くなると「触れない(間に合わない)」人が増えるでしょう。
「制限したドリブル」では「自分より速く動くボール」を扱うのが難しくなるため、相手が怖がらないドリブルになります。
「指の付け根を使うドリブル」のお手本映像を探してください。「方向を変える(逆方向に動く)」ときに、「一度ボールを追い越す」ことが多いでしょう。
「ボールを追い越す」ためには、ボールが遅くないといけません。遅いボールだと相手は怖くないため、観賞用のドリブルになってしまいます。

「自分より速く動くボール」を扱うためには、「ボールを追い越さないドリブル」が必要です。「小指の付け根」で「自分よりも前にあるボール」を止められるか試してください。不可能ではないが非常に難しい。「速く動くボール」も扱える技術が試合用のドリブルになります。

お手本映像で見るところ
「ボールが前後に動くドリブル(ターン等)」なら、「前進するボールを止めるとき」と「ボールを加速させる(後ろ)とき」の「身体(特に軸足)の位置」を見てください。
おそらく、「一度ボールを追い越している」はずです。
「ボールが左右に動くドリブル(利き足のイン、アウト等)」なら、「アウトで触るときの軸足の位置」を観察してください。こちらも「ボールを追い越している」はずです。(反復横跳びのような動き)
「ボールの移動距離」よりも「人間の移動距離」が長いドリブルは、観賞用にした方がいいです。
ボールよりも速く動ける自信がある人は、試合で使ってください。

スポンサーリンク

  • 自分の能力を制限するかで決めよう

自分の能力を制限したい人は、「特定の部分だけで触るドリブル」を目指してください。
「小指の付け根」や「親指の付け根」でドリブルするといいでしょう。
「制限されたドリブル」では、「吸い付くようなボールタッチ」は難しいです。
ゴールデンエイジから磨いても苦しいでしょうね。「加速」は出来ますが「減速」が苦手になります。
ドリブルで大切なのは「減速」です。「減速」が使えるかどうかで出来ることが変わります。

それなりのドリブルを目指すなら「日本語サッカー」のドリブルがおすすめです。
「制限されたドリブル」を選ぶ人は、別のサイトを参考にした方が情報量が多くていいでしょう。

「日本人の高い身体能力を活かす」なら、「触る場所を制限しない」でください。
「制限されたドリブル」を選ぶと出来ないことが増えます。「触る場所を制限しない人」は、次に進んでください。

スポンサーリンク

2、利用出来る場所は全て使おう

ドリブルをするときは身体全体を使います。「頭」や「胸」、「もも」、「膝から下」等を利用しましょう。ボールの高さと同じ位置にある部分を使うと扱いやすいです。
「膝から下」のドリブルを簡単に紹介します。

「日本語サッカー」では「小指の付け根」や「親指の付け根」を使用しましたが、「サッカーおでん」では「足全体」を使います。
「アウト側のドリブル」と「イン側のドリブル」で使う場所は「日本語サッカー」よりも広いです。
「アウト」や「イン」と書いてありますが、「アウトサイドキック」や「インサイドキック」ではありません。
「アウト側」は「触る足(利き足等)の外側」、「イン側」は「触る足(利き足等)の内側」です。
「インステップキック(足の甲)」を「アウト側のドリブル」で使うこともあります。「イン側のドリブル」でも同じ。

「日本語サッカー」を学んだ人は思い出してほしいのですが、「小さい場所で触るよりも大きな場所で触る方が正確だ」と習いませんでしたか。
「小指の付け根」や「親指の付け根」は「小さい場所」ですよね。「日本語サッカー」の考えを貫くなら、「指の付け根」は避けるはずです。
でも、ご存知のとおり「正確ではない場所(小指の付け根等)」をすすめますよね。ちょっとしたミステリー。
「吸い付くようなドリブル」を習得したい人は、「足の甲のように大きな場所」でのドリブルがいいでしょう。

「サッカーおでん」では、「アウト側のドリブル」は「足首」や「足の甲」等を使います。「つま先側」ではなく「かかと側」の部分。(下の図の青い部分。色が濃いほど頻繁に使う)
「イン側のドリブル」は「足の裏(拇指球)」や「足首」、「足の甲」等を利用します。
「大きい場所」を使いたいので、「小指の付け根や親指の付け根」のように「小さい部分」を使いません。(たまに当たる程度)

ドリブルで使う部分に色をつけた絵
  • 小指の付け根や親指の付け根だけをすすめない理由

ゴールキーパーがバックパスを処理しようとするも、「ボールが急に跳ねて」失敗することがあります。
「ボール1つ分跳ねた」とき、「小指の付け根」や「親指の付け根」で自信を持ってボールを扱えるでしょうか。
おそらく難しいのではないでしょうか。「ボール半分跳ねる」だけでも苦しいでしょう。
「ボールは気まぐれ」です。「気まぐれなボール」を扱うときに、「小さい場所」を選択すると無駄に苦労します。
「小指の付け根」や「親指の付け根」を採用した人は、どのような地面を想定していますか。
「ボールが急に跳ねることの無い地面」を考えていませんか。
「特定の条件」でしか使えないドリブルは、自分を苦しめます。「ボールの気まぐれ」にも対応出来るドリブルを目指しましょう。

スポンサーリンク

3、膝から下のドリブルで使いたい場所

「膝から下」にあるボールを扱うときに「サッカーおでん」で使う場所を紹介します。
全て使う必要はありません。自分と相性の良い部分を選んでください。

ドリブルで使う部分に色をつけた絵

「サッカーおでん」では「足首や足首に近い部分(上の図一番濃い青)」を好んで使います。(インもアウトも)
上の図にはありませんが、「足の裏(拇指球)」も使います。「足の裏」は「イン側のドリブル」で活躍します。
「指の付け根」を使うことは非常に少ないです。「指の付け根」を使いたい人は使ってください。

  • イン側のドリブル

ボールが「イン側(利き足の内側)」にあるとき。
「足首(内くるぶしを含む)」、「足の内側(かかとから土踏まずの部分)」、「スネの内側(ふくらはぎの内側)」、「足の裏(拇指球)」等を使います。
「親指の付け根」に偶然当たることはあっても、自分から使うことはありません。(ボールの気まぐれ対策)
「内側全体」を広く使うドリブルです。「ボールのどこを触るか」を大事にしているので「身体のどこで触るか」は気にしません。

スポンサーリンク

  • アウト側のドリブル

ボールが「アウト側(利き足の外側)」にあるとき。
「足首(外くるぶしを含む)」、「足の甲全体」、「スネの外側(ふくらはぎの外側)」等を使います。
「小指の付け根」に当たることは滅多に無いです。

  • ボールのどこを触るか考えよう

ドリブルをするときは、「ボールのどこを触るか」を考えてください。
「足のどこで触るか」を気にするドリブルは、どうしても反応が遅れます。
「小指の付け根」と「親指の付け根」は「前」には強いですが、「真横」や「後ろ」が苦手です。(ボールが足から離れやすい)
「前」や「斜め前」にしかドリブルをしない予定なら「指の付け根」で十分です。
「真横」や「後ろ」を考えるなら「指の付け根」では苦しい。
どのようなドリブルを目指すかで決めてください。


おまけ

ドリブルで使う部分に色をつけた絵

「上の図は間違っているのではないか」と思う人もいるかもしれません。
図を見ると「濃い部分」が変ですよね。「足の甲の一番高い部分」から「足首」 までですからね。
間違いのように思えるかもしれませんが、この図は正確です。自分の足で確認してください。
まず、「足の甲」を見ます。インステップキックで使う一番高い部分がありますよね。
そこの部分を基準に「足の甲を半分」にします。
「かかと側の足の甲」が、「サッカーおでん」が好んで使う部分です。
「アウトのドリブル」は、ほぼ「かかと側の足の甲」を使います。
サッカーで大事なのは「ボールのどこを触るか」なので、「身体のどこで触るか」は気にしなくても問題ありません。
「サッカーおでん」の触り方を参考に、自分に合ったドリブルを見付けてください。

今回紹介した「かかと側の足の甲」ですが、「吸い付き」と「キレ」が違います。使いこなせたら「上から数えた方が早い人」になるでしょうね。「マラドーナ選手」や「ロナウド選手(ブラジル)」の近くに飛ぶはずです。

スポンサーリンク


ドリブルメニュー

2016年3月31日公開。追加組

スポンサーリンク

感想を送信する

名前: 
サイトの文章の長さ: 少し短い 短い ちょうどいい 少し長い とても長い
ご感想やご意見等

サイトからの返信を希望の方は、受信メールの設定等の確認をお願いします。メールを送信できない場合もあります。

エラー等で感想を送信出来ない場合はお問い合わせを、ご利用ください。


スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク


頭の使い方の確認
身体の扱い方の確認
サッカー上達法の確認
シュート編

スポンサーリンク

自己紹介

はじめまして、「サッカーおでん」の竹串です。日本がW杯最多優勝国になるために、「サッカーおでん」を作りました。日本人の高い身体能力を活かす技術を習得しませんか。

「サッカーおでん」はシュート技術を専門に扱うサイト。


独り言

  日本代表には、いつも笑っていて欲しい。
  サッカーおでんは、日本代表と日本人選手を応援しています。

スポンサーリンク

ちょっとお知らせ

微調整。
最終更新
2018年12月8日。

よくある悩み一覧


日の丸サッカーおでんのおすすめ

スポンサーリンク

Copyright © 2015 socceroden All Rights Reserved.